2010-10-29

NOAHの最強UMA・モハメド・ヨネ総帥、賢者タイムに突入も、帝王・高山善廣の横槍が…(10/10/29 特別18)

 

 先日の人間廃業・UMA宣言で、大いにファンを心配させたモハメド・ヨネ総帥。明らかに常軌を逸してましたね。新潟に存在が確認されているディスオベイ後援会も、今後の身の振り方を考えていたはずです。

 そんな思いを知ってか知らずか、さっそく翌日、第二弾の声明を発表した総帥。

 勢力拡大はディスオベイの宿願、最重要課題ですからね。

 鉄は熱いうちに打て!

プロレス/格闘技DX ヨネ総帥のコメント (10月21日)

(潮崎には)ディスオベイを増員したいってだけで、安易に手を差し伸べたわけじゃない。大きな気持ちを持ってのこと。

» web.peex.jp

 って、打って変わった深みのありそうなコメントじゃないですか。

 前日のコメントは手を差し延べたというよりも、明らかに救いの手を求めているものでしたが…。

プロレス/格闘技DX ヨネ総帥のコメント(10月21日)

たとえ潮崎が向こう(小川&鼓太郎)と組み続けても、俺らと組んだとしても、どっちに転んだって面白いと思うから。とにかく大いに悩んでもらって、それで決めてほしい。

» web.peex.jp

 アレでしょうかね。前日熱いパトスをほとばしらせたので、スッキリしすぎてるんでしょうか。

 いわゆる、男性で言うところの「賢者タイム」。

 全てを吐き出した反動で、全てに鷹揚としきっている、人格者モードの時間です。

 潮崎と実績を比較したとき、若干、上から目線が気にならないでもないですが…まあ総帥ですからねしょうがない。やんごとない。

 さて、これを聞いた潮崎。

 安心しきったのか、総帥とのタッグ結成2連戦(札幌)後も、はっきりした態度を示しません。総帥には札幌で決めたいという裏の思いもあったようなのですが…物わかり良すぎです、プリンス。

 ただ、態度保留の割には、蠱惑的態度なんですよね。

プロレス/格闘技DX 潮崎のコメント(10月24日)

(健介と組んで挑む新潟でタッグ王者に自ら勝って挑戦権だけ確保していきたい?)そのつもりですよ。タッグのベルトは今まで巻いたことがないし、年内には巻きたいと思ってます。

» web.peex.jp

 GHCのタッグベルトを巻きたいと。

 それを勝ち得る正パートナーが欲しいと。

 ならば当然、ジュニアクラスの反ディスオベイ軍は弱いとなるわけで…。どちらが意中の相手なのかはほとんど明らか。それでも決意を口に出さないのは何のため?総帥とのパワーバランスを有利に導くための手管?

 ここで総帥は、旗色をはっきり示せと言うべきだったんですよね。

 ダメを押すべきでした。

 こんな横槍が入ってくるのならば。

プロレス/格闘技DX 高山のコメント(10月26日)

(潮崎はタッグ王座挑戦を見据えているが?)これでダメだって分かっただろ?健介と組んでじゃダメだったってことも分かったかな。だったらノアで一番強い人間にお願いしちゃえばいいんじゃないの。

» web.peex.jp

 26日の新潟大会で潮崎・健介組を跳ね返した現タッグ王者・高山善廣からの思わぬ提案が、総帥のアドバンテージを打ち砕きにかかります。

 健介と組んでダメだったんだから、その上の男を連れてくるしかない。

 その上といえば、現在怪我の無い選手の中ではGHCチャンピオン杉浦貴しかいない。

 そう高山は言っているわけです。

 そんなアドバイスを送る義理は無いはずなんですが、総帥がほのかに見せる大物的態度にカチンと来たのかもしれません。それが帝王。

 いずれにせよ、長すぎた賢者タイムでした。

 対する潮崎。

プロレス/格闘技DX 潮崎のコメント(10月27日)

(10.30)後楽園では杉浦さん、ヨネさんと組むんでね。どっちがしっくり来るか確かめてみたい。杉浦さんは谷口と組んでますけど、場合によっては ”略奪” も視野に入れようかな…。

(略)

小川さんと組んでも実はうまく行くのかもしれないし、鈴木さんと組んだってスピードとパワーで意外とよいのかもしれない。

» web.peex.jp

 面白いように揺れ動いてます。

 ハーレム漫画の主人公のような優柔不断ぶりです。

 こうなってしまうと総帥は厳しい。

 赤子同然のディスオベイ…じゃなかった、ディスオベイにかかれば赤子の手をひねるも同然と思われていた反ディスオベイ軍のみならず、杉浦も視野に入れた二正面作戦で潮崎を奪い合わなければいけないわけですからね。「現役チャンピオン」という肩書きの相手は、かなり分が悪い。

 理想を言えば、明日の後楽園より前に決定打を放ち、潮崎を掌中に収めたいところです。

 敵の準備が整う前に、電撃作戦を決めるのが吉。

 今夜、杉浦と闘う吸血獣「チュパ」の中に入り、地の利と浅野社長らのアシストを得て劇勝、「それともモハメド・ヨネはノアで一番強い人間じゃないかな?」と列伝のゴッチさんばりのカミングアウトを見せれば、UMA好きかつ中二病の潮崎の心を射貫くこと間違い無いのですが…。

 UMAを自称する総帥ならば、是非踏み切って欲しいところです。

レスログ on Twitter(フォローしとくといいことあるかも…と書きつついまいちモチベーションが)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ツアー詳細][2010年10月30日][Autumn Navig.2010 ~日テレ G+ presents 第4回日テレ杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦~](解決篇となるセミも気になりますが、金丸・平柳 VS サスケ・東郷も気になる)

賢者タイム/ 同人用語の基礎知識/ ハイパー賢者タイム/ 賢者モード(下ネタで正直スマンかった)

しかし今の潮崎のフラフラぶりは面白いですね。プロ格DXの日記の書きぶりと凄くシンクロしてくる。脳天気というかなんというか…。

2010-10-22

NOAHのディスオベイ・モハメド・ヨネ総帥、煮え切らぬ潮崎豪に毅然とした姿勢(キリッ(10/10/22 特別17)

 

 10.17有明大会で、ディスオベイとつばぜりあう小川&鼓太郎に加勢、すわ「本格的反ディスオベイ軍結成か!」とファンを騒がせた潮崎豪。

プロレス/格闘技DX 潮崎のコメント

 あれはただ、体が勝手に動いただけ。小川さん、鼓太郎さんにはお世話になってるし。続くかは分からない。フィーリングで行っただけ

» web.peex.jp

 義理と本能という根源的動機付けで動いたことを示唆しつつも、やや火消し気味の姿勢を見せていましたが、その後も順調にトーンダウン。

 19日・福島の6人タッグ戦(潮崎・小川・鼓太郎 VS ヨネ・金丸・平柳)では試合中から不協和音を奏で、

プロレス/格闘技DX 潮崎のコメント

 一緒にやっていくのかどうか、今日は確かめたかったんだけどね…もうこれで分からなくなっちゃった

» web.peex.jp

 全てを白紙に戻す発言。

 更には驚くべき方向転換で、

プロレス/格闘技DX 潮崎のコメント

 ヨネさんは今、力皇さんが怪我してパートナーがいない。俺もパートナーがいないから、タッグを組んでも良いのかな…

» web.peex.jp

 まさかのディスオベイ入りまで示唆。大いに周囲を翻弄します。ヨネ総帥も怒ったり喜んだりと大忙しです。

 しかし、潮崎の迷走はそれに止まりません。

 翌日の東スポでは、更に周囲を翻弄します。

東京スポーツ(10月21日付け紙面) 潮崎のコメント

 そういえばIWAと対抗戦をやるんですよね? 見たいな~。なにせ相手は未確認動物ですよ! 夢があっていい。僕の場合は対抗戦をやるより、組んだほうがいい。杉浦さんに新パートナーを見つけてもらう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ヨネ総帥と組んでもいいと言った舌の根も乾かぬうちに、UMAとのタッグ結成を熱望。両天秤ですよ。

 あるいはディスオベイと反ディスオベイの狭間で揺れて、現実逃避に走ったのか。

 両者の間をとった結果、UMAに着地したのか。

 いずれにせよ、ヨネ総帥からすれば馬鹿にされたということ。

 言いたいことも募っているでしょう。

 戦局を見極めかねて日和見のUMA軍とは恥を知れ、と。

 NOAHのリングで生きたいなら旗色を示せ、ショウ・ザ・フラッグだ、と。

 東スポもそんな威勢のいい言葉を聞きたくて、取材に来ています。

 ガツンと言ってやってください、ヨネ総帥!

東京スポーツ(10月22日付け紙面) ヨネ総帥のコメント

 実は俺はUMAなんだ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ちょ、ちょっと待ってくださいよ。

東京スポーツ(10月22日付け紙面) ヨネ総帥のコメント

 ここだけの話だが、リングネームも実はモハメド・UMAに変えようと思っていたんだ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 …そう来ましたか。

東京スポーツ(10月22日付け紙面) ヨネ総帥のコメント

 あれは2週間前だった。オフは青梅の御岳山での滝修行を恒例にしているんだけど、滝つぼでツチノコを目撃したんだ。1ヶ月前には…(以下、オカルト話が長々と続くので省略)

» www.tokyo-sports.co.jp

 毅然とした土下座。

 世に言うヒールが、こんなに堂々と土下座外交するさまを、僕は初めて見ました。明らかな嘘で潮崎に秋波を送る、そうまでして自軍に引き込みたい…なんというか見てはいけないモノを見てしまった気がします。

東京スポーツ(10月22日付け紙面) ヨネ総帥のコメント

 (そんなにUMAが好きで)不思議な体験をしたいのならウチに来い。

» www.tokyo-sports.co.jp

 確かに、一年間ほぼヒールらしいことをせず、それでも反体制ヒール軍を名乗り続けられるのは、「存在が不思議時空にあるから」としか言いようがありませんが…。

 それにしたって強引すぎるでしょう。

 やはり、この前の武道館大会で、金丸にKENTA問題を託したばかりにみすみすディスオベイ拡大の好機を逸してしまったことがトラウマになっているんでしょうか。ディスオベイシャツを着て ”かごの鳥” になったKENTAを勝手に解き放たれたことが、焦りにつながっているんでしょうか。

 急いては事をし損じるという言葉もあるはずなのに。

 ヨネ総帥の今後の暴走ぶりが気懸かりです。

レスログ on Twitter(フォローしとくといいことあるかも…と書きつついまいちモチベーションが)

 総帥、焦ったらダメ。こんなところと絡んだら…と、引かれたら負け。絡んだらヤケドするとばかりに、団体内の誰からも絡まれなかったディスオベイにNOAHのプリンスが絡んできている、こんな絶好のチャンスはありません。引かれない程度の勧誘で、最悪、対立軸の向こう側にはとどまらせましょう。

2010-10-15

対IWAジャパン・UMA軍団戦が発表されたNOAH・佐野巧真、やはりハメられていた(10/10/15 特別16)

 10.29新宿フェイスでUMA軍と闘う、NOAHのメンバーが決定しましたね。

杉浦貴   VS   ビッグフット

志賀賢太郎 VS   宇宙人アサター

佐野巧真  VS   雪男

橋誠    VS   河童小僧

井上雅央  VS   ゴム人間

 泉田だ、菊地だ、高山だ、メキシコ産のUMAだ、と噂が飛び交っていたミステリアスメンバーは、一人を除いて順当な顔ぶれに収斂しました。

 そう、佐野巧真以外は。

 

 GHC王者・杉浦貴は真っ先にメンバー入りしていたので、これは順当。

 ハル・ミヤコ狙いでの参戦宣言が記憶に新しいですね。

 杉浦、勢いに乗り、小橋、丸藤を出場させると宣言したが、これは仲田GMが全否定。残りの選手はNOAHの二軍メンバー「HONA」として二戦級を派遣することを示唆していました。

 その筋からいけば、志賀、橋、雅央も順当。

 志賀と橋は厳密に言えばNOAHじゃないだろうとか、雅央様はバリバリの一軍だろうとか、そういう声もあるかも分かりませんが、パブリックイメージとしてはアリでしょう。

 そんな状況でどうしても浮かび上がってしまうのが、やはり現役GHCタッグチャンピオン。二軍扱いの、崇高王者。

 「これが現実だよ、佐野」

 「チャンピオンになっても二戦級は二戦級」

 などと口さがない向きに言われるかもしれませんし(実際言われがちなありようではあるんですよね…)、本人的にはどうにもメリットがなさそう。

 よくこの扱いを受諾したものだと、驚きを隠せません。

 あるいはこれも杉浦効果?

 満員にならない武道館に憤りを吐露したエースにインスパイアされ、捨て身の参戦表明?

 とかなんとか思っていたのですが、そうでないことが判明しました。

東京スポーツ(紙面)

 佐野は「U系との対抗戦がある」と関係者から聞き「それなら」と出場を志願。その後同じU系でもUWFとは縁もゆかりもないUMA軍と知らされ「まさかそんなものが存在するとは…」と頭を抱え込んだという。

» www.tokyo-sports.co.jp

 SWSでは旧UWF(藤原組)の船木・鈴木相手に孤軍奮闘した男。

 その後戦場をUインターに移し、キングダムまで道を極めた男ですからね。

 特にSWS時代、対藤原組時代は佐野のレスラー生活のハイライトと言っていい時間。プライムタイムともいうべき、充実した時代を過ごしました。

 そんな佐野が「U系との対抗戦…」と聞けば俺の出番が来たと思い込んでもしょうがない。分かりすぎる。

 誰も「こんな罠にハマるなんて…」などと、佐野を責めることはできません。

 ただ、頑張ってもらうしかありません。

 しかし、別の角度からの心配が首をもたげてくる伏魔殿。それが世間です。

 一度悪徳商法やオレオレ詐欺に引っかかった人間の情報は、裏のネットワークで共有されるといいます。カモとして身ぐるみをはがされていくワケです。

 今後は、元ユニバという意味においてU系の浜やんや、「You!」と軽快にトークするタイガー服部とのマッチメイクにもハメられかねません。なんとなく、墜ちていくイメージ…。

 佐野は充分な注意が必要になってくるでしょうし、NOAHもケアしていくしかないでしょう。

 

 さて、当の佐野。

 発表されてしまった今となっては気丈なもの。

東京スポーツ(紙面) 佐野のコメント

 決まった以上は勝つしかない。でも、なんだか面白そうだね

» www.tokyo-sports.co.jp

 と、前向きな姿勢を見せているとか。

 これだけが救いです。

 まあ、案外、奇跡は起こるかもしれませんし、前向きに闘うのが吉でしょう。

 なにしろ、鈴木みのるあたり、今や戦場を選びません。メジャー・インディー関わらず乞われたリングに出て行く、ブロディのような生き方で、リングを渡り歩いています。雪男のチャックを開けてみたら、あの憎々しいベロ出し顔が出てくるかもしれない。感動の再会の可能性、ゼロとは言い切れません。

 とりあえず、ヒールホールドの掛け合いのさなか「俺がU・M・Aだ! 俺がU・M・Aだ!」と叫ぶ雪男の姿があったら、鈴木が正体で間違い無いでしょう。

レスログ on Twitter(フォローしとくといいことあるかも)

新宿フェイスで気になるポスター発見 on Twitpic(遅くとも10月11日時点ではハメられてたみたい)

 難易度高いラストですいません。しかしあの試合は泣けましたね。

«NOAH・小橋建太、結婚式を終える。妻・みずき舞さんは浮気容認発言も…(10/10/03 特別15)

アンケート

最近のコメント

過去アンケート