« 棚橋VS潮崎、杉浦VS後藤(09/12/9~11 第3位) | トップページ | TAJIRI、青義軍とキャッチボール開始(09/12/09~11 第1位) »

2009-12-11

光っている男は表紙にしたい(09/12/09~11 第2位)

SportsClick:週刊プロレス
SportsClick:週刊プロレス













週刊プロレス 12月23・30日合併号
WEEKLY PRO-WRESTLING No.1503
2009年12月 9日発売
A4変判
特別定価 500円
» www.sportsclick.jp

 と、いきなり宣伝っぽいですが、気分がよかったので。
 週プロモバイルでは、毎週火曜日に翌日発売の週プロの表紙と概要を掲載しているんですけど、今回の表紙はびっくり。
 うぉぉぉぉ、と声を出してしまった。
 何がびっくりかってこのコピー、かつてのターザン時代の週プロ表紙の名コピーです(今調べたら91年の423号だって。隔世の感)。
 オリジナルは大きく川田の横顔だかあおった顔だかが映った表紙で、当時もやっぱり本屋の前でうぉぉぉとなってしまった。
 当然、初見のインパクトで。
 当時の川田はまさに光っていたけれど、それでも全日本の序列的には3番手か4番手だから、なかなかピンで表紙という訳にはいかなくて、それが不意打ちで来たからかなりびっくりした。
 若かったこともあって凄く興奮して、感激してしまった。
 これも含めて、ターザン全盛時代の週プロの表紙は毎週がサプライズ、けれどファン的には妥当、というミラクルなもの。
 友人と今度の表紙はなんだろうと毎週予想しあってました(これも隔世の感)。

 佐久間編集長によると、やっぱり自分がファン時代に好きだった表紙で、いつか使いたいと思っていたとか。
 使いたいから使う、編集長の特権ですね。

 願わくば、中身の方もあの頃の週プロのよかった点を踏襲していただきたい。
 ベース的にはターザン時代は禁忌になっているらしい旨、週プロ周年記念本か何かで読みました。でも、いいものはいいと自信を持ってページを割いてほしい。押し出してほしい。団体の大きさに縛られないでほしい。普段日が当たっていなくても自分の力で「光っている男」のファンは、それだけで嬉しくて、自信が持てて、プロレスをもっと好きになっていくものだから(それとも今はそういうファンはいないのでしょうか)。
 僕はもう何年も買わなくなっていた週プロを8月から再び買い始めて、分かっていたけれど、やっぱりちょっと寂しくなってしまいました。
 買わなくなったときから、業界ばかりを気にしてる違う雑誌のようになっていたけど、せっかくプロレスがよくなりつつある(と僕は思う)この時代、誌面ももっと面白くなってほしい。ネットで無料で読める記事とかコラムとかそういうものに負けないでほしい。ダイナミックに紙面を使って、もっと週プロの主張を見せてほしい。今だったら週プロモバイルの方がまだいい。誌面に限りがないから大きい団体も小さい団体も、同じように扱えるので。
 専門誌がもはや一誌しかないこの時代、なかなか冒険もできないでしょうが、もっともっと頑張ってほしいです。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

« 棚橋VS潮崎、杉浦VS後藤(09/12/9~11 第3位) | トップページ | TAJIRI、青義軍とキャッチボール開始(09/12/09~11 第1位) »

スポーツ」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/46998155

この記事へのトラックバック一覧です: 光っている男は表紙にしたい(09/12/09~11 第2位):

« 棚橋VS潮崎、杉浦VS後藤(09/12/9~11 第3位) | トップページ | TAJIRI、青義軍とキャッチボール開始(09/12/09~11 第1位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート