« 棚橋、潮崎を大挑発(09/12/15 第1位) | トップページ | GK版プロレス大賞発表(09/12/15 第2位) »

2009-12-16

女子プロ大賞・さくらえみ、大いに語る(09/12/13 3位)

 アイスリボンのブログにて。

【東スポプロレス大賞物語・1】女子プロレス大賞::アイスリボン:OFFICIAL SITE

【東スポプロレス大賞物語・2】もうないものにはできない::アイスリボン:OFFICIAL SITE

【東スポプロレス大賞物語・3】次はこの厳しい戦いに臨みます::アイスリボン:OFFICIAL SITE

【東スポプロレス大賞物語・4】来年の受賞者はこの人!::アイスリボン:OFFICIAL SITE

 僕的に一番フックしたのはここ。

【東スポプロレス大賞物語・4】来年の受賞者はこの人!::アイスリボン:OFFICIAL SITE

私はもともと、トップ争いには絡めないポジションの選手です。
これは今後も変わらないです。年齢、ルックス、身体能力、持ち合わせているものがそもそも厳しい。
2年前の田村戦で12年に一度の頑張りを見せて、今年たまたま風向きが来て、いつだっていることにはいるけれど今がまさにプロレス人生の頂点というか、ミラクルが起きているわけです。

なので、ちょっとテングになってもいいですか。
自分ひとりの力ではどうにもできないから、みんなを巻き込みたいの。

禁句は「審査員が女子プロレス見ていない、興味ない、小さい会場に足を運んでいない」「賞をとるためにプロレスやっているわけではない」「いつかはとりたい」

いつかっていつ?その時、何歳?この時代新人選手に「15年頑張れば認められるよ」といって、はたして夢を見せられるのか。
評価されるのを拒否しないでほしい。自己満足の世界にいかないでほしい。
たった一人のお客様を喜ばせるのも素晴らしいことだと思う。でも、それだけだと女子プロレスはなくなっちゃうよ。
こんなに素晴らしいものを、どうしてたくさんの人に見てもらいたくないの?
審査員が女子プロ見ないのはなぜ?興味がないのはなぜ?小さい会場に足を運ばせることができないのはなぜ?
会場に足を運ばせる工夫をするのもよし、大きな会場で大会をするのもよし、どうにでもなるよ。
» ice-ribbon.ne07.jp

 確かに、さくらがトップたる外見や身体能力を備えているとは思わない。

 だけど、それでも、僕はさくらが女子プロレスを「修正」していくと思っている。トップになれなくても、キーマンとして女子プロレスを変えていくと思っている。いや、正確には、そうであってほしいと願っている。

 女子プロレス界にはさくらの持っているような、理想とそれを推進していく強かさが必要だ。

 今の女子プロレスの液状化は、対抗戦華やかなりし時代の女子プロレスを体感した人間からすると「何かの間違い」というレベル。今後専業の女子プロレスラーが存在し得なくなるのではないかと思える今の状態を、それでいいのだよ、時代の流れだという人もいるかもしれないが、個人的にはそれは寂しい。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

« 棚橋、潮崎を大挑発(09/12/15 第1位) | トップページ | GK版プロレス大賞発表(09/12/15 第2位) »

スポーツ」カテゴリの記事

女子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47033511

この記事へのトラックバック一覧です: 女子プロ大賞・さくらえみ、大いに語る(09/12/13 3位):

« 棚橋、潮崎を大挑発(09/12/15 第1位) | トップページ | GK版プロレス大賞発表(09/12/15 第2位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート