« 中西&吉橋、麗しき師弟愛(09/12/16 第3位) | トップページ | 杉浦、またもNOAH批判(09/12/16 第1位) »

2009-12-17

結局、ハッスルの勝ちじゃない?(09/12/16 第2位)

 長い闘いに終止符が打たれました。

インリン、ハッスルのギャラ未払い訴訟に「勝訴」と報告 「勝手に引退させられた」
インリン、ハッスルのギャラ未払い訴訟に「勝訴」と報告 「勝手に引退させられた」  タレントのインリン・オブ・ジョイトイが16日、昨年5月まで“インリン様”として出場していたファイティング・オペラ『ハッスル』を運営するハッスルエンターテインメントに対してギャランティの未払い分を求めた民事訴訟の結果を「圧勝!」と自身の公式ブログで公表した。

 インリンは「私の所属事務所ステイトリーズ・ガーデンが求めていた請求額だけではなく、支払が遅れたことによる損害金についてもハッスルが認めることにより裁判は終了しました」と説明
» www.oricon.co.jp

 確かに圧勝ですね、裁判的には。

インリン、ハッスルのギャラ未払い訴訟に「勝訴」と報告 「勝手に引退させられた」
裁判は10月26日にインリン側の主張を全面的に認め、ハッスルも支払いを認める形で結審。それから「ハッスル、山口氏からの誠意ある対応を待った」が何の音沙汰もなく、12月15日現在で支払いが完了しておらず、誠意ある対応もみられないことから今回の公表に踏み切ったという。
» www.oricon.co.jp

 外形的には、払う気が無いように見えてしまう。

 この裁判の話が無くても、ハッスルの先行きは非常に暗く見えます。もし万が一、本当に万が一、ハッスル・エンターテイメントが倒産、山口代表が破産となれば回収は不可能になるでしょう。さすればまさにハッスルの勝利となってしまう。インリン側は、ハッスルが「そもそも契約違反を最初にしたのはインリン」と声高に主張していたことを腹に据えかねていて、名誉毀損だと主張しているようですが、この名誉もどうやれば回復するのか分からないし、万が一の場合には損害賠償も取りはぐれる。はっきり言ってハッスルの、やったもの勝ちの世界。

 でも、こんなこと許されないよ。

 景気の悪いプロレス界、他に業者への不払いの事例もあるでしょう。僕の好きなあの団体にもこの団体にも、あるいはそういう話があるかもしれない。でも、裁判になるのは全く別の事例と言っていい。社会に出て仕事をしていれば、契約書を交わす事例が多くある。結んだ契約書は何に使う。普通はしまい込んで終わり。契約書片手にあれをやれ、これをやれという話は実そんなになくて、お互いの信頼関係の中でお互いの責務を果たしていく。仮に支払いが遅れたり契約違反があっても、お互いの信頼関係があればなんとかできる。契約書にこう書いてあるだろうと、熱くなってやり合うのは終わりの方の話。裁判まで発展するのは最後の最後の話。なんでそんな状態まで放置したのか、信頼関係を回復しようとしなかったのかという問題です。もっともっと真剣に向かい合えば良かったのに。プロレスにも、仕事相手にも。

 これで「やっぱりプロレス(笑)」とか後ろ指を指されたら、苦しい状況の中、前を向いて頑張っているレスラー達が救われない。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

« 中西&吉橋、麗しき師弟愛(09/12/16 第3位) | トップページ | 杉浦、またもNOAH批判(09/12/16 第1位) »

その他インディー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47040635

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、ハッスルの勝ちじゃない?(09/12/16 第2位):

« 中西&吉橋、麗しき師弟愛(09/12/16 第3位) | トップページ | 杉浦、またもNOAH批判(09/12/16 第1位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート