« さくらえみ、ちょっといい名言(09/12/19 第2位) | トップページ | 望月成晃は新日本の夢を見るか(妄想篇)(09/12/20 第4位) »

2009-12-20

今、ゼネラルマネージャーが熱い?(09/12/20 第5位)

 あっちのGMもアレですが、こっちのGMも元気です。

 週プロモバイルで連載されているIGF宮戸GMのインタビューが熱い。団体論、道場論、興行論とプロレス団体にとって根源的なテーマについてディープに語っています。

 90年代のファンならば、宮戸氏の理論派かつ武闘派というある意味厄介なキャラを御存知のことと思われますが(かつてUインターの会場で練習生とおぼしき坊主頭を客前で怒鳴りつけてるところを見たことがあります。アレって興行論的にはアリなんでしょうか)、その姿勢は今も変わらず。ただし年をとったことは自覚しているようで、最新回では疾走していたインター時代を懐かしく語っています。

週刊プロレスmobile

(大幅に前略)

──でも、Uインターはホントに常に戦闘モードな団体でしたよね。

宮戸 でもね、疲れますよあれは(笑)。みんなが若くて燃えてたからできたっていうのもあったよね。

──(笑)疲れますか。

宮戸 そりゃそうですよ。今回、中邑問題がありましたけど、あれをもっと両者エキサイトした状態のなかで何度もやってるわけですから。それも新日本だけじゃない。

(以下も大幅に略)

» www.sportsclick.jp

 今も十分若いですよ。

 ちなみに団体論とかはこんな感じ。

週刊プロレスmobile

興行というものは日程を出した時点で、常にチケットを売らないといけないというのが目の前にあるわけでしょ。つまり興行会社であるならば会場を先に押さえなきゃいけない。良くなったから明日取るというわけにはいかないから。まず会場があって、基本的に興行会社としての仕事を組んでいくわけじゃないですか。一年間なら一年間で。ということは、そこのチケットを常に埋めていかないといけないじゃないですか。そうするとまずチケットを売ることで、ほかが後回しになる。

──なるほど。

宮戸 そうなると「プロレスとはこうでなきゃいけない」「プロレスとはこういう風にしなきゃいけない」ってことよりも、チケットを売ることにまず振り回されるから。

» www.sportsclick.jp

 他にも最初にIGFを見た時アントニオ猪木の名を汚すものだと思ったとか(もうちょっと婉曲的に表現)、味方にも容赦無い発言も。かなり面白いので全文の購読をお薦めします。

 僕的には上司や友人にいるとかなり辛い方だと思いますが、遠くから見るならとてもインタレスティングな人。個人的には、高木三四郎との対談とか見てみたい。同じく週プロモバイルの連載で、道場不要論をぶち上げている高木となら激論は必至。まあ、アンドレvs前田ばりの無間地獄、平行線バウトになる可能性の方が高いですか。

 ちなみに宮戸氏の職名、初出時はリング・ゼネラル・マネージャーで多分今も変わってないと思うのですが、通常GMと称されています。RGMとは寡聞にして聞きません。プロレス界に現在進行中の黒歴史に関わってしまうからなんでしょうか。だとすれば賢明。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

« さくらえみ、ちょっといい名言(09/12/19 第2位) | トップページ | 望月成晃は新日本の夢を見るか(妄想篇)(09/12/20 第4位) »

その他インディー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47070020

この記事へのトラックバック一覧です: 今、ゼネラルマネージャーが熱い?(09/12/20 第5位):

« さくらえみ、ちょっといい名言(09/12/19 第2位) | トップページ | 望月成晃は新日本の夢を見るか(妄想篇)(09/12/20 第4位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート