トップページ | GK、新日ジュニアに苦言(09/12/02 第4位) »

2009-12-03

三田さん、11.29DDT後楽園大会を総括(09/12/02 第5位)

第59回 DDT全ブランド集結に泣き笑い。 三田佐代子の猫耳アワー
第59回 DDT全ブランド集結に泣き笑い。 三田佐代子の猫耳アワー さて、そんなこんなで年に一度の全ブランド集結、DDT後楽園大会はものすごいボリュームで、最初から最後まで中身の濃いとても面白い大会でした。ユニオンのダークマッチにはまた小笠原先生(最近あちらこちらで大活躍)やらものすごい調子っぱずれの「15の夜」を歌う神様が出てきたり、「本場のエンターテイメント」を学んできたマッスル坂井選手が改めてDDTに入団したり。新北京プロレスにやってきた曹磨刀と元大老のコンビネーションは素晴らしかったし、また図らずも試合をやる羽目になった村田晴郎アナの豹変ぶりも見事でした。
» www.samurai-tv.com

 と、三田さんらしい「笑い」のサマリー(この前にはバラモン兄弟の起用方法への絶賛も)から、話題は「泣き」の主題の石川修司KO-D戴冠に。周辺の証言から試合内容までその完璧な書きっぷりは全部好きだけど、今回僕にフックしたのはここらへんのパラグラフ。

「あいつは本当に真面目で、自分の殻を破りたくてバチバチさんに参戦させて頂いたりハードヒットなんかが始まる前から、実は格闘技の道場に通ったりして練習しているんですよ。またすごくあいつらしいのは、それを誰にも言わないんですよね」と石川修司選手について語っていたのが高木大社長です。「あんなに頑張って、でも不器用だからそれがなかなか形にならなくて悩んでたと思うんですけど、やっぱりユニオンになってから変わったんですよ。ユニオンの仲間が出来たことが、あいつが変わった一番の原因ですよ」と

かつての高校の先輩である佐々木貴選手も話していましたが、「典型的な、体は大きくて気は優しくて力持ちタイプ」。「絶対にプロレスラー向きじゃないと思ってたから、俺はやめろって言ったんですよ」と。

 石川修司には、新日本の選手との試合で全く弱く見えなかったのが印象的だったこと以外、野暮ったい選手だなぁ(新日本でいったら矢野通って感じ?)、だけど要所要所で陽が当たってるんだよなぁ、というイメージしか無かったんだけど、当たるには訳があるというか。日頃の石川にバックアップしたくなる何かがあるんだろうなと。

 こういう新しい発見で、プロレス観るの楽しくなるよね。

 しかし三田さんは相変わらずのコラム巧者。チャーミングでいて、ほのかに香るインテリジェンス。読後に心が動かされる。業界で3本の指に入ると思う。

 関連リンク

  三田佐代子 - Wikipedia

 石川修司 - Wikipedia ジャイアント日記 - livedoor Blog(ブログ)

 スポーツナビ|格闘技|石川がKO-D無差別級初戴冠! 飯伏を下す=DDT

 DDT 11/29 - Extreme Party

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

トップページ | GK、新日ジュニアに苦言(09/12/02 第4位) »

DDT」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

三田さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/46938710

この記事へのトラックバック一覧です: 三田さん、11.29DDT後楽園大会を総括(09/12/02 第5位):

トップページ | GK、新日ジュニアに苦言(09/12/02 第4位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート