« 2009年12月17日 | トップページ | 2009年12月19日 »

2009年12月18日の4件の記事

2009-12-18

NOAH・仲田GM、ドームのボイコットも厭わず(09/12/18 第1位)

 ドル箱の武道館大会前にドームでの対抗戦をぶち上げた新日本に対して、不快感を示したことが記憶に新しいNOAH仲田GM。

 その仕返しとばかりに、真壁・本間組のグローバルタッグリーグ参戦を、本人達の許諾無しに発表したのは昨日のこと

 これまで「リーグ戦参戦の判断は俺がする」と、誰にも縛られないことを主張してきた真壁です。当然、ボイコットをちらつかせることが予想されましたが、仲田GMはその機先を制します。

東京スポーツ(紙面) 仲田GMのコメント
東京スポーツ(紙面)出なくても結構。ただリーグ戦に出ないのなら、ウチもドームに出しませんから。
» www.tokyo-sports.co.jp

 明らかに新日本の方がダメージが大きいですね。

 新日本が出さざるを得ない形。

 NOAHとしては一矢報いた形。

 しかし、僕的にそれよりも気になるのが仲田GMが徐々にストーリーに絡み出していることです。

 仲田GMの辣腕ぶりは良くも悪くも有名ですが、それが振るわれてきたのは基本的に裏舞台でのこと。我々ファンがその権勢を知る術は、舞台裏から漏れ聞こえてくる話だけでした。今回のように表舞台で矢面に立つのは珍しいのです。不快感といい、ボイコット宣言といい、昔だったら三沢さんのコメントとして出たはず。今だって背広組でない社長もいるのに。これは何を表すのでしょうか。

 こと日本のプロレス界に限って言えば、背広組の社長や権力者が表舞台に出て来るのは赤信号のサイン。

 WARの武井社長、FMWの荒井社長、新しいところではハッスルの山口代表。みんなリング上のストーリーに絡んでいき、その後団体は末期を迎えました。それぞれ、いっときは勢いのある団体だったのに。

 僕は上の3つの例をリアルタイムで見ていましたが、その中で自分なりの結論を出しています。

 彼らは出たくて出てたんじゃない。選手をコマとして動かせなかったから自分をコマにしてたんだ、と。

 資金の問題、派閥の問題、人間関係の問題、色々あって、選手が言うことを訊かない。割をくうことを嫌う。キャストを揃えられない。だから自分が役割を果たして話を進行していくしかない。泥をかぶるのを厭えない。そういうことだったのだと思います。みんな、出場選手のレベルが落ちて、リング上が荒れ気味になった状態での登場でした。

 仲田GMがどうかは分かりませんし、スガちゃんはどうなのとなりますし、妄想ですが。

(それにしても仲田氏、いつの間にこんな役職になってたんでしたっけ。相談役だった気が。リアルに分からない)

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

東スポプロレス大賞授賞式雑感(ネット篇)(09/12/17 第1位)

 僕が見た中で面白かったものをピックアップ(かなりインディー寄り)。

 まずは猫耳アワー

 写真がいっぱい楽しいな。

 僕的にフックしたのは、さくらが棚橋と飯伏に囲まれた内舘先生をうらやましそうに見つめる写真。構図の面白さもいいけど、内舘先生が大きく相好を崩していらっしゃるのもいい(僕、この人の本読んだけど、ほんとチャーミングな人だと思う)。それからさくらに寄り添われて迷惑千万といった表情を浮かべる飯伏。なんかさくらばっかだけど、やっぱおいしい立場にいるんだよな、いつの間にか。

 あと写真以外に良かったのがこのコメント。

三田佐代子の猫耳アワー 第63回 東スポプロレス大賞授賞パーティ写真リポート!(画像超多め)
伊東選手談、「小鹿社長がしゃしゃり出て壇上に上がってきたらどうしようかと思ってましたよ」
» www.samurai-tv.com

 ありそう!

 で二人の話をする前振りに、日プロ時代からの波乱の人生とか長々話し出しそう(イメージです)。

 その小鹿社長をウォッチしてたのが小佐野さん。

maikai: 2009年度プロレス大賞授賞式
大日本のグレート小鹿社長が「最高だにぃ~!」と、ベストバウトの表彰を受ける伊東と葛西を自らカメラを持ち出して熱写している姿は結構感動的だった。
» mimi.sub.jp

 壇上に上がらずとも目立ってる。ほほえましい。

 で、その写真がアップされてるっぽいのがこちら。

小鹿注意報!:昨日は感動の一日でした!
此処の雛壇に並んでいる選手達の顔ぶれを見ても分かる通り、レスラー達の憧れの舞台に伊東・葛西両選手が真ん中の位置で堂々の記念スナップ
» blog.livedoor.jp

 小鹿社長にもおめでとう。

 式にはDDT勢が多く出席しています。

 CEOは当然出席。

マイケルのヌルヌルブログ:プロレス大賞受賞式→かっこいいカラダ打ち合わせ
受賞式にはなぜかヨシヒコも出席。 たしかにあの試合は技能賞への評価につながった重要な一戦かもしれません。きっとライバルとして受賞を見届けたかったのでしょう。 しかしなぜか表彰式後にヨシヒコがMVP受賞者の棚橋さんに四の字固めをかける暴挙に!来年は自分こそがMVPだというアピールだろうか?
» blog.livedoor.jp

 四の地固めの写真はこちら。棚橋もノりがいい。昔の血が騒ぐ?

 棚橋といえばこんなエピソードも。

DDTレフェリー松井のびっくりのススメ:東スポ大賞授賞式!
会のスタート間際にヨシヒコをテーブルにつかせようとして、
「す、すみません、ここよろしいでしょうか?」
と聞いたときの、
「はい!ヨシヒコ選手ですよね?」
と爽やかに答えてくれた棚橋選手の笑顔には、危うく惚れそうになりました。
» blog.livedoor.jp

 三田さんのところにもありますが、鶴見五郎ちゃんが遅刻。五郎ちゃんゆかりの人は大喜びだったみたい。

新宿御苑で働く社長レスラーのblog:プロレス大賞授賞式 - livedoor Blog(ブログ)
そういや鶴見さんが授賞式終わり間際にあわててやってきました。12時から開始だったのですが「14時からだと思ってたよ。もうご飯がないじゃないか。」とプリプリしながらお皿を持ってウロウロしてました(笑)。今年、出れなかったので来年の両国こそ出ていただこうと思っていたのですが不安になってきました…
» blog.livedoor.jp
プロレスラー 佐々木貴のバキューン日記 - livedoor Blog(ブログ)
パーティーも佳境に入り、少しずつパーティー参加者が減って行く中…、

人の流れに逆らってズシズシとパーティー会場に入って来る巨体の持ち主が一人…

まさか…、と思いよぉ~く目をこらして見てみると…、



つ、鶴見さんだ!!

パーティー会場で高木さんと『今年は鶴見さん来ないんですね…』と寂しがっていた後だっただけに殿は大喜び!

ソッコー、高木さんを探して報告しました!

そんな殿達の姿を見てサムライTVの三田さんもニヤニヤしています♪

パーティー会場が一気に和みました
» blog.livedoor.jp

 最後に我らがMVPの様子を。

カタクなっちゃった棚橋:今日も一緒にプロレスを楽しみましょう:東スポWEB-東京スポーツ新聞社
MVPに輝いた棚橋弘至は、いつになく緊張している。会場入りする時から、ちゃらさは消えていた。まっすぐ前を見据えた、その歩き方はまるで右手と右足が同時に前へ出ているかのようだ。ファンから声をかけられると、笑顔で答え、サインを求められれば「ハイ」といやな顔ひとつせずに応じていたが、どこか違う。控室ではドライヤーで自慢のヘアスタイルをきめにかかる。エクステ(つけ毛・部分ヅラ)も入念にチェック。なかなか決まらない。珍しく緊張を隠せなかった。
» www.tokyo-sports.co.jp

 壇上では「愛してま~す」も忘れてしまったとか。

 また女性ファンが増えそうなナイーブさだこと。

 他に授賞式参加者のブログがありましたら教えてください。

追記

 アイスの面々のブログを見てみたら、みんな東スポの一面(実際の一面はこの写真の別バージョン)に載った喜びばかりで笑った。もっとさくらを持ち上げてあげて!

東スポ一面!|藤本つかさオフィシャルブログ「★今日も元気におつっかれ~★」Powered by Ameba

東スポ一面!!!|松本都のみやここブログ☆

東スポWeb|安藤あいかオフィシャルブログ「I LOVE ME YOUR LOVE AIKA」Powered by Ameba

東スポ|安藤あいかオフィシャルブログ「I LOVE ME YOUR LOVE AIKA」Powered by Ameba

さくらさんっおめでとうございます!!|安藤あいかオフィシャルブログ「I LOVE ME YOUR LOVE AIKA」Powered by Ameba

↑辛うじてこれだけは授賞式に言及

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

東スポプロレス大賞授賞式雑感(東スポ篇)(09/12/17 第2位)

 棚橋が不思議の国のアイス達に囲まれてご満悦の図が一面を飾った本日の東京スポーツは、プロレス大賞授賞式特集。1面から4面までみっちり詰まった紙面構成で僕たちプロレスファンを喜ばせます。

 その中から僕的にフックした部分だけピックアップ。

○新日本・坂口相談役のコメント

 「受賞者がバラエティーに富んだ年だったね。デスマッチがベストバウトに選ばれたり、俺はこういうのもいいと思う。今はそういう時代だから」

 新日本の社長だった人がこういうコメントを残す。まさにそういう時代なんですね。

○飯伏、来年両国でのヨシヒコ戦を熱望

 ベルトを奪還してチャンピオンシップにしたいとか。もはや状況がそれを許さないかもしれないが、がんばりたまえ。

○葛西、記念撮影に大活躍

 記念撮影で大活躍。真壁とチェーンをかみ合ったり、半裸でコンパニオンから有刺鉄線バット攻撃受けたり。

○僕的フォトジェニック賞はさくらえみ

 アイスの面々と記念撮影中の飯伏をうっとり見つめるさくら、その視線に気づき表情に戦慄の色を浮かべる飯伏。奇跡の一枚。見ておこう。どっちも凄い。

○杉浦、レスリング3人娘の人生相談を受ける。

 吉田以下3人の女子レスリング選手と、人生相談という名のセクハラトークを繰り広げる企画。浮気相手には「好き」とは言わず「やりたい」と言って目的をはっきりさせるとか、遊ばれるのが嫌ならコンドームに穴をあければいいとか、オリンピックメダリストの誰それがソープに行っているとか、言いたい放題の杉浦に対して「キャー」「凄い」「コラコラ」といちいちいいリアクションをとっていく3人娘。司会を含め、誰一人知性を持ち合わせていないと思わせる奇跡のトーク。最後まで読み終えた僕もたぶん脳ミソないと思う。

 ちなみに3人娘のトーク後の感想は「いろいろためになったかもしれない」「ありゃ、本当に遊んでいるね」「男はやっぱ浮気するもんなんだね」「女はだまされるかもね。服を脱いだらムキムキだったしね」

 なんか可愛い。

 やっぱ東スポの授賞式は華やか。顔ぶれのバラエティ感が更に色を添える。年に一度のお祭り日。これからもずっと続けてください。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

NOAHタッグリーグ参加は、やはり真壁&本間(09/12/17 第3位)

 ちょいと時間が無いのでさっくりと。

 グローバル・タッグリーグに真壁・本間組の参戦が正式決定しました。

 プロレス大賞受賞授賞式では「ノアのタッグリーグにも出ろって?バカかあいつ(ヨネ)は。試合する前から次に戦う場所考えてどうする。テメーとはドームで終わり。タッグリーグに出る意味あるのかはオレが判断してやる」とうそぶいていた真壁ですが、随分あっさりと出場することに。ここらへんがチグハグしてるのか何なのか。

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ニュース詳細][2009年12月17日][「グローバル・タッグリーグ戦 '10」参加チームのお知らせ]
力皇猛&モハメド ヨネ
(第19代GHCタッグ選手権者)

杉浦貴&谷口周平

佐々木健介&森嶋猛
(第18代GHCタッグ選手権者、「グローバル・タッグリーグ'09」2位)

潮﨑豪&齋藤彰俊

高山善廣&佐野巧真
(「グローバル・タッグリーグ'08」5位)

バイソン・スミス&キース・ウォーカー

クリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリ

真壁刀義&本間朋晃
(新日本プロレス)
» www.noah.co.jp

 (タッグリーグ5位ってのはあえてリリースする実績なんでしょうか。)

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

« 2009年12月17日 | トップページ | 2009年12月19日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート