« 2009年12月24日 | トップページ | 2009年12月26日 »

2009年12月25日の5件の記事

2009-12-25

NOAH軍VSマシン軍、見ました(09/12/25 第4位)

 23日からの積み残し。

 NOAHの丸藤興行、テレビで見た限りアレな感じでしたが、ちょっと面白かったのはメインイベント。丸藤・青木VSマシン・”S”マシンの軍団対抗戦です。マシンマスクに青義軍シャツで揃えたバk…じゃなかった傾奇者4人がトレインで入場というゴキゲンなスタートから始まり、ギガガガガからのストンピング、弱すぎるマシンセコンド、お約束の攻防、お約束のマイク、と内容も充実(?)。加えてGHC王者がこれをやるというのに新しい息吹を感じました。

 これまでも主力がクリスマスイベント等で笑いに走ることはありましたが、それはあくまでお祭りだからという感じ。ファンのために頑張っちゃってます感が常に垣間見えました。杉浦の場合、やりたいようにやったらこうなりました的な空気が新しい。閉塞感が無くて気持ちいい。僕はそういう空気のNOAHをもっと見てみたい。どんどん風穴空けてってほしいですね、NOAHに。

 あと、個人的にはバックステージでのコメントが一番面白かった。

新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS- “マシン軍団”が初上陸のノアマットを占拠!/12月23日プロレスリング・ノア有明大会試合結果
マシン「(“S”マシンに向かって)誰だ、コイツ? 喋んないのか、ギギギガガガってよ。機械か? マシン軍初勝利だ、初戦にして。何か、何処かで聞いた事がある声だよな。夏あたりに聞いたような」
“S”マシン「ギギギガガガ……」
マシン「日本語分かんねぇか。(記者に向かって)何か質問してみろよ」
“S”マシン「(記者が『杉浦さん』と言うと)俺は杉浦じゃねぇよ!」
マシン「あっ、喋ったじゃん。俺も平田じゃねぇよ、マシンだ」
“S”マシン「(マシン軍団の一人に向かって)お前誰だ?」
マシン軍団の一人「……俺は谷口じゃねぇよ」
マシン「(マシン軍団のもう一人に向かって)誰だ? 安田忠夫か?!」
“S”マシン「ジョージ高野か?!」
マシン「以上!」

» www.njpw.co.jp

 文字で伝わるかどうか分かりませんが、凄くグダグダ。谷口じゃないと言っている谷口の喋りもつたない。最初は仕切る感じだったマシンもいつのまにか責任を放棄。そういったものが渾然一体となって奇跡的なグルーヴを出していました。
 最後の「ジョージ高野か」のあとの、得も言われぬ”間”も緊迫感抜群。何故か二の句が継げなくなったマシンが、「以上!」と切り上げたのも間違いなくシュート。何かあったのでしょうかね、烈風隊時代に。公募していたチーム名を、ジョージが勝手に烈風隊にしたのが決め手でしょうか。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

石井慧、小川にミラクルアンサー(09/12/25 第5位)

 総合デビューを控えた石井に対し、「判定とかふがいない試合をしたら容赦しない。その代わり勝てばIGFに出してやる。俺が対戦相手になってもいい」と対戦受諾の押し売り(しかもIGFで)を仕掛けていた小川

 これは石井に酷、激戦の末のド派手なKO負け以外選択肢が無い、と同情したものですが、さすがオリンピックゴールドメダリスト。全てを解決するアンサーを発見しました。

東京スポーツ(紙面) 石井のコメント
東京スポーツ(紙面)だったらIGFで小川先輩と総合格闘技をやりますよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 やんわりとした拒絶ですね、分かります。

 これで押し売りもシャットアウト。まさに最適解です。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

男色ディーノの次の標的は棚橋?(09/12/24 第1位)

 J-CUP二連戦で一躍時の人となった男色先生。

 タイムリーなことに週プロモバイルで読者インタビューの連載中です。

 この中で、プロレスラーの中での好みを聞かれた男色先生は、なんだかんだと言いつつも具体的な名前を挙げます。

週刊プロレスmobile

今のところはデヴィちゃんだけど、昔からは棚橋選手が気になるところよね。接点は特にないけど「愛してま~す」というのは、あまりにも露骨すぎなんじゃない?あれはだって男女問わずに言ってるわけでしょ?愛せるのよ、彼は。どっちもイケるってことよね。

» www.sportsclick.jp

 この後も延々ともっともらしい男色節を続けますが、詳細は携帯電話からどうぞ。

 まあ確かに棚橋戦は面白そう。二人の経歴の共通点を考えても手が合うものと思われる。でもちょっと実現は難しいですかね。順番踏んでいかないと。

 とりあえず次のオファーも夢じゃなさそうな男色先生だからこそ、現実的な線で考えてみましょう(勝手に)。僕的には井上亘がいいのではないかと。彼氏、異様なテンションで青義軍劇場出演中なので忘れられがちですが、なかなかの男前。男色先生が興味を惹かれるのも違和感ありません。くわえて青義軍の肩書きに先生がインスパイアされることも必然。性技軍として対戦要求するのもやむなしです。一皮剥けないでいる(このフレーズにも食いつきそう)井上にとっても、殻を打ち破り支持を得るいいチャンス。今のディーノの相手は儲け役です。井上にはむしろ自分から対戦の名乗りをあげるくらいの気持ちが必要では?取り返しのつかないことになる可能性もありますが。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

 

やりたい放題男色ディーノ(09/12/24 第2位)

 男色先生、J-CUP2日目も絶好調だったようです。

 攻防の詳細は新日本オフィシャルで。

 僕的に一番フックしたのはフィニッシュ。マンハッタンドロップから、股間へのダイビングフットスタンプってコンボがパーフェクトですね。前日の外道のフィニッシュに匹敵するインパクト。足蹴にする技ってのがまた、ディーノへのアティテュードとして大正解といいますか。またこの新日本オフィシャルの写真がムイビエンですね。

 コメントの方もまた凄い量。きっと思いつきでしゃべってるんでしょうけど(思いつきといえば週プロのBHHインタビューが凄かった。全篇整合性無視の無駄話!未見の人はこちらからエッセンスをどうぞ)、言葉の瞬発力が凄い。見る人の心を揺さぶることができてこそプロレスラーとか、なかなかの名言が連なっていますが、一番フックしたのはこのあたり。

新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -試合結果-
新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -試合結果- (山本)小鉄さんがなんだって言うの。小鉄さんのやり方で行き詰ったから、今こんなにいっぱい団体があるんじゃない。私のような生き方も許されると思うわよ。
» www.njpw.co.jp

 フジタ”Jr"ハヤトの試合ばりの向こう見ずです。最後のセレモニーの時に、代わりにクマちゃんのぬいぐるみを置かれるレベル。やっぱ新日本は懐が深くなったと思う。台所が苦しいとか、そういう話だけでもなく。

 ちなみに男色先生、人目につかない所でも大活躍だったそうでこんなエピソードも。

クリスマスイブ:新・石狩生活:So-net blog
トンガから来た練習生のファレの横では、男色ディーノ選手にファーストキスを奪われ、涙を流している練習生高橋(20歳)

ファーストキスを男色ディーノ選手に奪われてしまうとは…

しかも3回も!

そのうちの1回は誰も見ていない裏の階段ですれ違った時に、無理矢理キスされてしまったようです…

» ishikari.blog.so-net.ne.jp

 誰も見てなくてもやる。日本プロレス界黎明期、一部レスラーは、ガラスを食べたりビールを信じられない量飲み干したりといった蛮行を人前で見せ、超人ぶりをアピールしたといいますが、それを凌駕するエピソードです(ちなみにタイチBLOGは相変わらず面白いのでみんな読んでください)。

 さて、それでは最後に後楽園を後にしたディーノのエピソードを紹介してこのエントリーを終わりとします。

296のオフィシャルブログ 【296のド~ンとやってみよう!】 powered by プレイヤーズ (プロレス): J-CUP覇者
所用でDDTの事務所行ったら、J-CUP帰りのディーノさんが。
結果は?と聞くと優勝しました!との事。
» 296.blog.players.tv

 オフシーンでもこのデタラメぶり。写真の誇らしげな顔がまた。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

東スポ柴田さんがシュートを敢行(09/12/24 第3位)

 気分も新たに。

 柴田さんが隠し持っているナイフをぎらつかせています。

 ディーノについて語りながら、

貞操の危機:今日も一緒にプロレスを楽しみましょう:東スポWEB-東京スポーツ新聞社
貞操の危機:今日も一緒にプロレスを楽しみましょう:東スポWEB-東京スポーツ新聞社 東スポ入社以来、27年。シンには何度も蹴られ、ブッチャーにはフォークで刺されてYシャツをビリビリに引き裂かれた。ハンセンのブルロープにイスの上を舞ったこともある。ストロングなお方にお尻を触られたこともある。背筋の凍る経験を積んできたが、今回ほど必死に逃れたのは初めてである。
» www.tokyo-sports.co.jp

 さりげなく。

 元東スポ所属選手なのに。

 まあ公然の秘密的な扱いがなされているアレですが、これだけの重鎮から話が出るのは珍しいかと。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

« 2009年12月24日 | トップページ | 2009年12月26日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート