« 2009年12月30日 | トップページ | 2010年1月1日 »

2009年12月31日の4件の記事

2009-12-31

【ニュース有象無象】タイチblog、なぜ ほか(09/12/31)

 今年も今日で最後。ニュースなんかないだろうと思ってましたが、なにかしらあるものですね。まあ僕だけが面白がってるものばかりですが(突然の悲しいニュースもありましたが、それはいずれ)。

■タイチblogのエントリー、何故か消失

 今朝にはあったはずの最新エントリーが何故か消える。何か問題があったようにも思えないですが(注:今見たら大幅加筆のうえ復活してました)。内容は、今年1年を振り返ったもの。読んでて色々思い出しました。ちなみに僕が今年一番面白いと思ったエントリーはこれ。棚橋が神のよう。でもその棚橋で落とす。ひどい。来年も他選手からのクレームで閉鎖にならない程度に楽しませてください。

夢の忘年会、一夜明け

 昨日のエントリーで紹介した、忘年会のレジェンド3人。ロッシー邸にて一夜を過ごしたみたい。朝からちゃんこってどんだけパワフルなの、ロッシー。ビデオの正体もここで明らかに。

こちらも豪華な忘年会

 上の3人に続き、今度は本当に豪華な3人が。90年代ど真ん中をFMWに費やした僕としては嬉しい顔合わせ。いまだに仲がいいんですね。黒田はちょっとオーバーウエイト気味なのかしら。

リッキーさんも忘れないでください

 呼んでよ、リッキーさんも。電話だけでなく。ていうかEXILEが好きなロックンロール軍団総帥ってどうなんでしょう。

※ブログランキングに参加しています。

クリックいただけると幸いです。

 ■人気ブログランキング
 
 ■にほんブログ村 プロレス

GENTARO、澤、それぞれのフルタイム(09/12/31 第3位)

 昨日のエントリーでも取り上げたGENTAROvs澤の61分フルタイム戦。

 両者の感想がそれぞれのblogにエントリーされています。

 まずはGENTARO。

GENTARO日記「乙女の愛の夢」:鬼神道61分!
ロックアップは最初だけ。後はもう、お互い隙を突いて殴るか蹴るか極めるか投げるか。
それしかなかった。
試合前におぼろげに思い描いていた展開はすべて消し飛んだ。
無差別に噛み殺さんと襲ってくる猛獣を必死で押さえ付けるのみ!
そんな戦いを経験する日が今日だったなんて…とは少し考えてた。だってさーくんだもの!
» blog.livedoor.jp

 ほんといい試合だったみたい。またGENTAROはこういう描写がうまいんですね。過去の試合の感想読むと分かりますが、凄く幻想が膨らむ書き方をする。

 一方の澤もいい話を書いてるんですが、僕的にフックしたのはこのあたり。

澤宗紀のオフィシャルブログ 【モテナイ・ドリル】 powered by BATTLARTS: 61分3本勝負
昨日61分やって引き分けてわかった事。

(中略)

あと四の字固めはガッチリ決められると痛くてなかなかひっくり返せない。

» sawamunenori.blog.players.tv

 初々しい感想。ていうか、61分やらないと分からないものなのかしら。

 僕は、澤のことを「インディージュニアの最終兵器」と2年くらい前から勝手に思ってるんですけど、なかなか世に出てくれません。いつメジャーで活躍してもおかしくないはずなにのに、何故か縁が無い(ランジェリー武藤で、全日本の企画マッチに出たことはあった?)。バトラーツって所属団体に問題があるのかしら。なんか業界の日陰に追いやられてる気がするし。でも、バトこそ澤のアイデンティティでしょうから、ねぇ。

追記(10/01/01):

 ここで写真入りの詳細が。ありがたいですね。

※ブログランキングに参加しています。

クリックいただけると幸いです。

 ■人気ブログランキング
 
 ■にほんブログ村 プロレス

週プロ記者、プロレス大賞ベストバウトに異議唱える(09/12/30 第1位)

 週プロモバイルのコラムの中ですが。

 ハッスル担当で、中継の解説を始めた矢先にハッスルがアレになったことでお馴染みの、井上記者が、「腑に落ちない」とプロレス大賞ベストバウトに意見表明しています。といってもボノちゃん軍VSフランソワーズ軍はどうしたとか電波がかった話ではないので、まずはご安心を。

 意見の一点目は、GK先生のそれと同じで、なんで選考委員のほとんどが取材していない試合がベストバウトになるのかという話。まあ確かに一理ある話ではあります。

 二点目は、彼のもう一つのメイン担当団体、NOAHの試合が一つもエントリーされていないのは何故かという話。シッシーの意見も持ち出しての力説です。まあこれも分かると言えば分かる。彼一押しの力皇VS潮崎はともかくとして、潮崎VS杉浦はエントリーくらいはされても良かった気がします。言われてみれば。

 実際会場も盛り上がってたし、新味があってコンディションの良い2人(特に杉浦)によるGHC戦には、「ベストバウトの一つ」と呼ばれるに足る花も実もあったように思います。足りないのは格くらい?あるいはNOAH(の中で辣腕を振るっている人)には煮え湯を飲まされてきたマスコミが多いから…、ということもあるんでしょうか。

 いずれにせよ、自分のところの編集長が選考委員だったのになかなかやるなぁと感心してしまいます。大丈夫かしら。意見言うのが仕事と言えば仕事ですが。

 やばいかどうかは、各人コラムを全文読んで判断してみてください。

※ブログランキングに参加しています。

クリックいただけると幸いです。

 ■人気ブログランキング
 
 ■にほんブログ村 プロレス

【ニュース有象無象】TAJIRIが今年一番と絶賛した相手 ほか(09/12/30 第2位)

 今更ですが、年末って忙しいですね。

 ということで、今日も独立してエントリーを立てるほどでもない(けど僕的にはフックした)情報をまとめてお届け。

TAJIRI、田中将斗を絶賛

 「今年ボクが対戦した日本人の中で、総合力断トツのNo1」ですって。その条件だと、凄いんだか凄くないんだかよく分からないですが。でも少なくとも棚橋より上ってことか。確かにこの前の決着戦はちょっとピンと来なかったけど。やる側にしか分からない部分を聞いてみたいものですね。

GENTAROvs澤、61分フルタイムドロー

 メジャーでも珍しい60分クラスのフルタイムが、インディーの、しかも新木場大会で実現。心意気ですね。調べてませんが、インディーでいったら、2000年の冬木VSハヤブサ「アイアンマンマッチ」@後楽園以来くらい?そっちはちょっと冗長に感じる部分もあったけど、今回のは、かなり濃密な試合だった様子(一方しか見てないから比較できませんが)。詳細はリンク先を。攻防の詳細は、週プロモバイルの熱戦譜が一番詳しいかも。雁ちゃんのコメントもいい。

追記(10/01/01):

 ここで写真入りの詳細が。ありがたいですね。

gosaku、まだ33歳

 一つ上のと同じエントリーにて発覚。僕もびっくりした!棚橋と同い年なのね。選手名鑑で調べようとしたら…載ってない。あ、非道ちゃんも載ってないや。どっちもデビュー当初を見てきた選手。もっと頑張って!

ミッキー、シッシー、ロッシー、夢の忘年会

 ある意味、業界のレジェンドが集う宴。僕も遠くから見たかった!いや、近くでもいいか。色々話を聞いてみたい。シッシーがミッキーに渡したビデオも気になる(あ、想像してたのと違った)。

Dynamite!!全対戦カード及び試合順が決定

 盛り上がってるみたいなんで格闘技の話題も。全17試合とか今どきの格闘技って凄いですね。なんでこんなに盛りだくさん?僕も「桜庭、シウバに2回目の敗戦」くらいまではPRIDEに通ってましたが、隔世の感ですね。

※ブログランキングに参加しています。

クリックいただけると幸いです。

 ■人気ブログランキング
 
 ■にほんブログ村 プロレス

« 2009年12月30日 | トップページ | 2010年1月1日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート