« スーパースターになって帰ってきた真壁(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第2位) | トップページ | 後藤、岡田に餞別「昇天・改」ほか(1.30新日本後楽園大会を観て思ったこと)(10/01/30 第4位) »

2010-01-31

やっぱり棚橋に目が行くわけだが(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第3位)

 セミファイナルで組まれた中邑・矢野VS中西・棚橋の一戦は、それぞれの遺恨深まる相手同士がタッグを組んだスペシャルマッチ。矢野が一枚落ちるものの豪華なカードが嬉しいところ。

 僕的にはこの中でも、やはり棚橋に目が行ってしまいます。その図抜けた明るさが新日本のなかでオンリーワンだから、自然とそちらに興味が行ってしまう。

 試合序盤、なかなか中邑と直接対決にならなかった棚橋。ようやく顔合わせとなった瞬間、喜びをアピール。リングで軽く吠えたりします。それを見た中邑、あからさまに不機嫌そうに矢野とタッチ。あぎゃ、とか言ってヒザついてずっこける棚橋が哀れな局面です。

 これがエースのありようだというのは画期的ですよね。エースはどしっと構えるのが普通でしょう。そこを、中邑相手にやりたくてしょうがないと全面的に押し出す。中西というホントに中邑と闘いたい相手がいるのに、隠すことなくアッピールする。こういうフットワークというか腰の軽さというか、大好きです。しかも最後にオチをつける。今までにない価値観なので目立ちます。

 また凄かったのが、そのカリスマ性。

 中西が、ガオとか言いながらパンチ打つのがちょっと滑稽に映って場内で失笑が勝った瞬間があったんですね。それまでの開放感と緊張感の心地よいバランスがわずかながらほころびを見せた瞬間。それを察知した棚橋、待機してるエプロンで、更に続く中西のパンチにボディーランゲージを合わせて行くんです。大きなアクションで一緒に拳を振るうの。何をやり出すのかと思ったら、これが不思議。観客の目が棚橋に引きつけられて、いい感じでバランスが戻っていくの。凄い。こんな様見せつけられると、やっぱ棚橋って天才だなと思わずにいられません。観客の空気をちょっとした動きでコントロールできるんです。

 もしかしたら前書いたかな。ディティールは忘れましたけど、去年の棚橋の復帰戦(か復帰第2戦くらい。地方だったと思う)で、試合前にパートナー(岡田かな)にコールが起こっちゃった局面があったんです。どう考えたって棚橋の復帰を祝う局面で、なんでこのパートナーにって凄く謎のコールだったんですが、そこでも棚橋少しも慌てず。表情で軽く「オレは悲しい」みたいなサインを送ったんですよ。客席に。そしたら、コールが棚橋コールに変わって、びっくり。ブラソス(なつかしい)とかがやったオーバーアクトでじゃないですよ。やっぱ器が違うんですよね。

 もっともこういったキャラクターが、全ての観客に気持ちいいかといえばそうでもないみたいで、今日も棚橋嫌い派のリアクションは健在でした。矢野が棚橋のハイフライフローを剣山で切り返し沈めた直後、ハサミ持ちだしてアピールしたんですね。棚橋のこの鬱陶しい髪を切ってやる、みたいな感じで。そしたら場内悲鳴じゃなくて歓声が勝っちゃって。もう、いい大人が指でチョキチョキってアクションしたり、女性ファン(後に丸藤応援してました、凄い勢いで)が大歓声あげたりで、大騒ぎ。賛否両論あるキャラを打ち出してるから当たり前と言えば当たり前で、それも覚悟の上なんでしょうが、茨の道ですね。

 棚橋にはこれにめげずに、新しいエース像を切り開いていってもらいたいです。応援してます。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (中西と棚橋っていいチームになるかも。棚橋が中西をうまくヘルプして、引き出して。ディーゼルとショーンみたいな感じに見えなくもないし)

 (こっちも棚橋がぶっちぎってますね。右サイドバーで新日エースについてアンケートを実施しています。あと蝶野についても。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« スーパースターになって帰ってきた真壁(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第2位) | トップページ | 後藤、岡田に餞別「昇天・改」ほか(1.30新日本後楽園大会を観て思ったこと)(10/01/30 第4位) »

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

棚橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47438367

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり棚橋に目が行くわけだが(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第3位):

« スーパースターになって帰ってきた真壁(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第2位) | トップページ | 後藤、岡田に餞別「昇天・改」ほか(1.30新日本後楽園大会を観て思ったこと)(10/01/30 第4位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート