« やっぱり棚橋に目が行くわけだが(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第3位) | トップページ | 岡田戦を通じて考える、棚橋と後藤(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第1位) »

2010-01-31

後藤、岡田に餞別「昇天・改」ほか(1.30新日本後楽園大会を観て思ったこと)(10/01/30 第4位)

 1.31ディファを最後に、TNAに無期限遠征に出る岡田。この後藤戦が壮行試合第1弾になるわけで、良き先輩を相手にどんな頑張りを見せるか注目していました。

 結果、岡田は凄く頑張ったと思う。

 よく弾んだ動きからのリングインで、いつもよりど派手に見えた岡田。後藤への握手の手もすんでで引っ込め得意顔。かなりのハイテンション。

 期待感の表れで大物との試合に組み込まれることが多い岡田は、それゆえ持ち味を出せてないと思わせることが多いのだけれど、この日は違っていた。もちろん後藤も大物の一人なんだけど、やはり「気心が知れている感」があるのは違うのだろう。試合は、岡田の長い手足を使ったプロレスがダイナミックに映える好試合に。途中、座り込んだ後藤の頭を、後藤コールを叫びながら右に左に連打した岡田。荒武者相手になんて屈辱的なことをするのか、と思ったらあっさり報復を受ける。ノーモーションのヘッドバットを、鼻に二連打。きつい。気心しれているのが、なれ合いにならない素晴らしい試合。

 最後、昇天・改に沈んだ岡田。大器の片鱗は見せたと思う。僕が見た中では岡田のベストマッチだった。

 また後藤も今日は良かったと思う。最近は星にめぐまれず、かといって好試合も(田中戦以外は)見せられない「底」の状況が続いていたけれど、今回の荒武者らしい試合で復調なれば、これから数年の新日本は盤石でしょう。

 

 あと、後藤、岡田といえば、タイチ。

 結果としてミラノの花道というより、外道を引き立てる花道になってしまった。熱さは完全にすかされ、田口への眼球攻撃をひたすら見ているだけ。最後は外道クラッチに沈められる。うーん。メキシコから帰ったら一番にやってやるよじゃ、ちょっと寂しい。

 また急なマッチメイク変更、急な怒りアピールだったから、観客に遺恨が浸透してなかったのも辛かった。タイチの怒りを観客がもてあましてる感じで。ミラノの名を叫びながら打ったスーパーキックにも、反応は鈍かった。残念です。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (TAJIRIの敬礼しながらの倒れ込みも、永田さんの青義ぶりも抜群でした。充実の興行でしたね)

 (新日本のエースと蝶野について、右サイドバーでアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« やっぱり棚橋に目が行くわけだが(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第3位) | トップページ | 岡田戦を通じて考える、棚橋と後藤(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第1位) »

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47438624

この記事へのトラックバック一覧です: 後藤、岡田に餞別「昇天・改」ほか(1.30新日本後楽園大会を観て思ったこと)(10/01/30 第4位):

« やっぱり棚橋に目が行くわけだが(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第3位) | トップページ | 岡田戦を通じて考える、棚橋と後藤(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第1位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート