« メインは、インディー・ジュニア戦(10/01/04 第4位) | トップページ | プロレス日本シリーズは熱かった(10/01/05 第2位) »

2010-01-05

1.4新日本・東京ドーム大会反省会(10/01/04 第3位)

 後半、かなり見応えがあった東京ドーム大会。まずは、僕的に悶々としたところをあげていきます(ネガティブな話が嫌いな人は次のエントリーからどうぞ)。

■NO LIMIT、心に響かず。

 世界かぶれのマイトガイ&タフガイがどんな横紙破りを見せてくれるのかと期待しましたが、ニントモカントモでした。他の2チームと意外と馴染んでいて、「さすがメヒコのトップヒール」と思わないでもありませんでしたが、悪い方に馴染んだ感も強かった。緊張感に欠けるといいますか。また、ちょっと当たりが弱いのが気になりました。大きさがあれだけ違うならもっと硬く行ってちょうどいいのではないかと。イキがいいね!って感じが見受けられません。あと、フィニッシュがズル勝ちなのかなんなのか分からないのも微妙な感じ。3Dを受けたあと孤立したアンダーソンを、2人がかりで攻略では、ちょっとその意味を測りかねます。あるいは、せこい勝ち方をして控え室で理不尽に虚勢を張っていくのが彼ら流のアティテュードなのかしら?それはTAJIRIと若干かぶる気も。とりあえず、もうちょっと様子を見る時間が必要かと思わせる2人でした。

 

■投げっぱなし、よくない。

 ホント、みんな、広げた風呂敷をどうにかしよう。NO LIMITはダルマでピンするんじゃなかったの。中西はブッチャーをかつぐんじゃなかったの。TAJIRIは、暑苦しいの真逆で目立つんじゃなかったの。実際できたできないはともかくとして、やろうともしないのは、いかがなものかと。DDTとか見慣れてると、こういう回収されない伏線が凄く気になる(まあ、あっちはあっちで、別の意味の投げっぱなしがありますが)。これじゃ事前の会見の意味が無くなっていく気が。後藤が鎧を着て入場ってのは、後に撤回したからいいですが(撤回するってのもまた凄いよね)。

 

■ヨネ、どうしちゃったの。

 後半戦のワーストバウトが真壁VSヨネであることは、衆目の一致するところでしょう。ヨネのあの威勢の良さはどこに。5分ちょっとで、キングコングニーでピンされるとは普通に三下の役回りです。あまりにあっさりしすぎて、悪い意味で観客がどよめいてました。これでどうやって抗争を継続させて行くのでしょう。

 でも試合前からちょっと怪しかったんですよね。煽り映像で、ヨネの存在感よりも仲田GMのが大きく感じられましたから。仲田GMの前座がヨネといった感じで、選手みたいな煽り映像でしたから。もしヨネが勝つとしたらセコンドで仲田GMがちょっかい出して、とかをまず考えてしまうくらいのアレ。真壁の勝ち誇った退場時にも、いつ仲田GMが刺しに来るのかとソワソワしてしまったくらいのナニ。「NOAHのGMだかSMだか知らねえが仲田龍含めてクソ食らえだ」との真壁発言(試合前)も、この抗争のNOAH側の主役を教えてくれているような気がします。

■特効、やりすぎ。

 入場時スモークが凄すぎて、カメラが選手を捉えられないこと幾度か。入場は試合並の見せ場なのに。

 

 まあでも悶々としたのはこのくらい。こっちの度合いを1としたら、良く感じた度合いは100です。次からは良かったところを。

※ブログランキングに参加しています。

クリックいただけると幸いです。

 ■人気ブログランキング
 
 ■にほんブログ村 プロレス

« メインは、インディー・ジュニア戦(10/01/04 第4位) | トップページ | プロレス日本シリーズは熱かった(10/01/05 第2位) »

NOAH」カテゴリの記事

TAJIRI」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

真壁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47207630

この記事へのトラックバック一覧です: 1.4新日本・東京ドーム大会反省会(10/01/04 第3位):

« メインは、インディー・ジュニア戦(10/01/04 第4位) | トップページ | プロレス日本シリーズは熱かった(10/01/05 第2位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート