« 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月1日 »

2010年1月31日の5件の記事

2010-01-31

岡田戦を通じて考える、棚橋と後藤(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第1位)

 前日の後楽園の熱狂とはうって変わって、地味なムードになってしまった有明大会。カード的にはIWGPジュニア戦を除けば甲乙つけがたいものであったが、それ以上の差があったように感じた。僕が今日はリングから遠い席で見たからというのも若干あるかもしれないけれど、きっとそれだけではないと思う。やはり、後楽園とディファでは選手の意気込みも変わってくるのかもしれない。

 そんな中、僕の印象に一番残ったのは、破格のセミファイナルで行われた棚橋VS岡田。岡田にとって、本当に最後の壮行試合。前日の後藤の試合がなかなかフックしてくる試合だったから、今日の試合にもかなり注目していた。

 最初にリングインした岡田のテンションはやはり高い。棚橋の入場前、リング中央に伸びた花道前のロープに、背を向けた状態で座り込む。棚橋をリングに上げない格好。颯爽と入場の棚橋は、しばし困惑の色を隠せず、結局岡田を避け、空いているところからリングに入った。今日の岡田も期待できそうだと感じさせるプロローグ。

 ところが試合は昨日とはうってかわった展開を見せる。棚橋が岡田にいいところをとらせない。腕をとり、寝技をしかけ、ヘッドロック。地味な技で岡田を封じ込めにいく。普段の棚橋ならば、いいところを引き出しておかしくないのに、甘い顔を見せない。岡田も教科書に出てくるような綺麗なジャーマンで見せ場をつくり、張り手の連打で意地を見せたものの、目立った攻撃はそのくらい。あとは流れの中でおきまりの技を決めただけ。13分26秒、棚橋のハイフライフローの軍門に下った。

 決して好勝負ではなかったと思う。地味で艶のない試合、そう言ってしまっていいと思う。前日の後藤との試合とは対照的な試合となった。

 後藤は岡田に好きに攻めさせ、岡田のいいところを見せたうえで叩きつぶした。

 棚橋は岡田を封印し、格の差どおりに岡田をしとめた。

 逆であってもおかしくない試合。むしろ逆である方がしっくり来る試合。

 北風と太陽の寓話とか色々なものに喩えようとしたけれど、どれもしっくりこない。定型的なひな形に落とし込めない、ひっかかりのある2つの試合。

 敢えて、本当に敢えて言うと、棚橋は、岡田に観客との試合を強いたのだと思う。

 うまく立ち回れない岡田に対して場内からは厳しい声が飛ぶ。焦れて名前を呼ぶ声。張れと叫ぶ声。岡田はそれらの声とも闘わなければならなかった。棚橋は、後藤が自らの手で厳しく岡田を打ちのめしたのと違い、観客の声で岡田を打ちのめしたのだ。プロとしては、きっとそちらの方が辛いだろうから、それで何かを感じさせたかったのではないだろうか。

 岡田に対し発憤を促す声が続く中、「アメリカはもっと大変だぞ」という声が飛んだ。そのとき、棚橋は声のした方向を指さし、大きくうなずいてみせた。我が意を得たりという仕草。あるいは、ここで発憤した岡田の底力が見たかったのかもしれない。そこからの岡田が見たかったのかもしれない。そういう岡田を受け止める器量を、棚橋は持ち合わせているのだから。

 後藤は岡田のマックスを見せたかった。棚橋は岡田のマックスを超えた部分を見せたかった。根っこの優しさは同じでも、トップを賭けて闘ったキャリアの長さから、棚橋の方がより厳しい要求をしてきた。近い将来、必ずトップグループに入ってくるであろう岡田には、それをやっておくべきだと考えた。結果、今の岡田ではそこまではできなかった。そう仮定できるかもしれない。

 まあ全て空想ですが。

 でも、こういう風に考える楽しさもプロレスの魅力だと思うんですよね。また、そんなことでも考えないとやりきれない試合でした。二つの試合を見た人は、同じように色々考えてほしいです。

 案外、そんな難しい話じゃなくて「出る杭は打たないとね。将来オレの牙城に迫ってくるだろうから、苦手意識持たせてやろうと。トラウマにしてやろうと思って完封してやりましたよ。ハッハ」とか言う棚橋がいそうな気もしますが。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (棚橋の試合と後藤の試合、日時と場所入れ替えてやったら、ムードも何も違ったでしょうね)

 (新しくNOAHのエースについてのアンケートを開始しました。新日本のエースと蝶野についてのアンケートも継続中です。時間のある方は、右サイドバーでご意見を。武藤、蝶野、船木、鈴木が参加のチャンピオンカーニバル、実現したら凄いですね。そこに諏訪間と小島、うまく行けば高山も加わるわけですから。これが夢物語でもない今の状況も凄い)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

後藤、岡田に餞別「昇天・改」ほか(1.30新日本後楽園大会を観て思ったこと)(10/01/30 第4位)

 1.31ディファを最後に、TNAに無期限遠征に出る岡田。この後藤戦が壮行試合第1弾になるわけで、良き先輩を相手にどんな頑張りを見せるか注目していました。

 結果、岡田は凄く頑張ったと思う。

 よく弾んだ動きからのリングインで、いつもよりど派手に見えた岡田。後藤への握手の手もすんでで引っ込め得意顔。かなりのハイテンション。

 期待感の表れで大物との試合に組み込まれることが多い岡田は、それゆえ持ち味を出せてないと思わせることが多いのだけれど、この日は違っていた。もちろん後藤も大物の一人なんだけど、やはり「気心が知れている感」があるのは違うのだろう。試合は、岡田の長い手足を使ったプロレスがダイナミックに映える好試合に。途中、座り込んだ後藤の頭を、後藤コールを叫びながら右に左に連打した岡田。荒武者相手になんて屈辱的なことをするのか、と思ったらあっさり報復を受ける。ノーモーションのヘッドバットを、鼻に二連打。きつい。気心しれているのが、なれ合いにならない素晴らしい試合。

 最後、昇天・改に沈んだ岡田。大器の片鱗は見せたと思う。僕が見た中では岡田のベストマッチだった。

 また後藤も今日は良かったと思う。最近は星にめぐまれず、かといって好試合も(田中戦以外は)見せられない「底」の状況が続いていたけれど、今回の荒武者らしい試合で復調なれば、これから数年の新日本は盤石でしょう。

 

 あと、後藤、岡田といえば、タイチ。

 結果としてミラノの花道というより、外道を引き立てる花道になってしまった。熱さは完全にすかされ、田口への眼球攻撃をひたすら見ているだけ。最後は外道クラッチに沈められる。うーん。メキシコから帰ったら一番にやってやるよじゃ、ちょっと寂しい。

 また急なマッチメイク変更、急な怒りアピールだったから、観客に遺恨が浸透してなかったのも辛かった。タイチの怒りを観客がもてあましてる感じで。ミラノの名を叫びながら打ったスーパーキックにも、反応は鈍かった。残念です。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (TAJIRIの敬礼しながらの倒れ込みも、永田さんの青義ぶりも抜群でした。充実の興行でしたね)

 (新日本のエースと蝶野について、右サイドバーでアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

やっぱり棚橋に目が行くわけだが(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第3位)

 セミファイナルで組まれた中邑・矢野VS中西・棚橋の一戦は、それぞれの遺恨深まる相手同士がタッグを組んだスペシャルマッチ。矢野が一枚落ちるものの豪華なカードが嬉しいところ。

 僕的にはこの中でも、やはり棚橋に目が行ってしまいます。その図抜けた明るさが新日本のなかでオンリーワンだから、自然とそちらに興味が行ってしまう。

 試合序盤、なかなか中邑と直接対決にならなかった棚橋。ようやく顔合わせとなった瞬間、喜びをアピール。リングで軽く吠えたりします。それを見た中邑、あからさまに不機嫌そうに矢野とタッチ。あぎゃ、とか言ってヒザついてずっこける棚橋が哀れな局面です。

 これがエースのありようだというのは画期的ですよね。エースはどしっと構えるのが普通でしょう。そこを、中邑相手にやりたくてしょうがないと全面的に押し出す。中西というホントに中邑と闘いたい相手がいるのに、隠すことなくアッピールする。こういうフットワークというか腰の軽さというか、大好きです。しかも最後にオチをつける。今までにない価値観なので目立ちます。

 また凄かったのが、そのカリスマ性。

 中西が、ガオとか言いながらパンチ打つのがちょっと滑稽に映って場内で失笑が勝った瞬間があったんですね。それまでの開放感と緊張感の心地よいバランスがわずかながらほころびを見せた瞬間。それを察知した棚橋、待機してるエプロンで、更に続く中西のパンチにボディーランゲージを合わせて行くんです。大きなアクションで一緒に拳を振るうの。何をやり出すのかと思ったら、これが不思議。観客の目が棚橋に引きつけられて、いい感じでバランスが戻っていくの。凄い。こんな様見せつけられると、やっぱ棚橋って天才だなと思わずにいられません。観客の空気をちょっとした動きでコントロールできるんです。

 もしかしたら前書いたかな。ディティールは忘れましたけど、去年の棚橋の復帰戦(か復帰第2戦くらい。地方だったと思う)で、試合前にパートナー(岡田かな)にコールが起こっちゃった局面があったんです。どう考えたって棚橋の復帰を祝う局面で、なんでこのパートナーにって凄く謎のコールだったんですが、そこでも棚橋少しも慌てず。表情で軽く「オレは悲しい」みたいなサインを送ったんですよ。客席に。そしたら、コールが棚橋コールに変わって、びっくり。ブラソス(なつかしい)とかがやったオーバーアクトでじゃないですよ。やっぱ器が違うんですよね。

 もっともこういったキャラクターが、全ての観客に気持ちいいかといえばそうでもないみたいで、今日も棚橋嫌い派のリアクションは健在でした。矢野が棚橋のハイフライフローを剣山で切り返し沈めた直後、ハサミ持ちだしてアピールしたんですね。棚橋のこの鬱陶しい髪を切ってやる、みたいな感じで。そしたら場内悲鳴じゃなくて歓声が勝っちゃって。もう、いい大人が指でチョキチョキってアクションしたり、女性ファン(後に丸藤応援してました、凄い勢いで)が大歓声あげたりで、大騒ぎ。賛否両論あるキャラを打ち出してるから当たり前と言えば当たり前で、それも覚悟の上なんでしょうが、茨の道ですね。

 棚橋にはこれにめげずに、新しいエース像を切り開いていってもらいたいです。応援してます。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (中西と棚橋っていいチームになるかも。棚橋が中西をうまくヘルプして、引き出して。ディーゼルとショーンみたいな感じに見えなくもないし)

 (こっちも棚橋がぶっちぎってますね。右サイドバーで新日エースについてアンケートを実施しています。あと蝶野についても。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

スーパースターになって帰ってきた真壁(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第2位)

 今日も大人気の長州力。80年代のワールドプロレスリングの映像をふんだんに使ったビデオと、パワーホールの最強連携は、プロレスファンの心を掴んで離しません。流れた途端、どよめきが足元からあがってくる感じ。やっぱり入場時の一番人気でしょう。今日に限っては、真壁を除いての話ですが。

 NOAHのグローバルタッグリーグを予選敗退で終えた真壁は、それでも人気が衰えず。むしろ人気がいっそう増した印象がありました。最高の盛り上がりを見せた長州の入場の後に、特別枠で真壁が入場すると、会場のボルテージが更に上がっていくのが分かりました。長州のお膳立てというのはあるでしょうが、やはりグローバルタッグリーグ参戦で真壁のグレードがあがった気がします。観客の期待感が一段あがった感じです。またCHAOSとの試合ということで必然的に大乱戦となったのも、真壁にマッチしてよかったですね。自然と真壁に視線が集まります。8人タッグという存在感を出しにくい試合で、しゃかりきにならずとも存在感が出ていたのはトップの貫禄というところでしょう。

 中邑とのIWGP戦から年明けまで真壁の存在感ってちょっと薄れてた気がするんです。飯塚との連戦シリーズに引き込まれた結果、トップ戦線から一歩後退した感じで、G1優勝であがった期待感が急速に萎んでいきました。このまま前年の覇者・後藤っぽくなっていくのかとも思われました。それがグローバルタッグリーグ参加でまた盛り返してきた感じ。いや、盛り返してきたっていう自然現象っぽい言い方はちょっと違いますかね、真壁が再び自力で勝ち取ってきたんです。外から。アパッチプロレス軍から自力でのし上がってきたときのように。こういう地力がある選手は強い。応援のしがいがある。

 先日のドーム大会のPPVの最後に、GKが「新日本は対抗戦でNOAHにもパワーを与えているんです」と総括してました。随分踏み込んだ発言ですが、まあその通りでしょう。新日本とNOAHのリング内の充実ぶりには明らかに差があります。できる選手同士の力量差はともかくとして、できる選手の層の厚さが明らかに違う。そういう中での対抗戦というか交流戦は、必然的に下の方の団体からのスターを生みがちです。潮崎も認知度が上がったと思うし、杉浦は新日参戦をテコにGHC王者まで上り詰めました。後藤を寄せ付けない強さを見せつけられ、悔しかった新日本ファンも多いはず。でも、真壁が全部取り返して来ました。そこまでのポジションとして起用されたわけではないでしょうに、本当に全部持って帰ってきました。NOAHの会場で堂々一番の不人気ぶりを見せつけて、会場を自分のものにし続けたのですから。表現者としての格の違いをNOAHの会場で見せつけたのですから。怨敵ヨネですら、あれを見習わなきゃいけないと言っていたくらいなので、間違いないでしょう。

 こうなってくると最近の東スポに載ったこの言葉も誇張ではなくなりますね。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント
東京スポーツ(紙面) 蝶野が辞めようが休もうが関係ねえ。オメーが戻ってきた時、新日本の勢力図はガラリと変わってるぜ。誰がトップにいると思う?このオレ様だ。
» www.tokyo-sports.co.jp

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (でも、この試合ではタイチに頑張ってもらいたかったのよね、ホントは)

 (真壁人気はアンケートでも高いですね。できるか新しいエース像。南町田ではどんなだったんでしょうか。右サイドバーのアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

サイコロジーなんていらねえよ、冬(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第1位)

 二アライブとか観てから書けばいいんですが、あんま時間ないんでガンガンいきます。

 

 1.30新日本後楽園大会で、一番素晴らしかった試合はなんといってもメインイベント。丸藤VSデヴィット、IWGPジュニア戦。

 凄いものを観たという感じ。僕が後楽園に行ったのが久々だったというのもあるんだけど、それを割り引いても、異常なムードだった。僕が観た後楽園の試合の金字塔って、全日本の鶴田軍対超世代軍の6人タッグマッチだと思ってるんだけど、それを超えたと思った。無論、片方は思い出の中のことだから、まともに比較なんて出来ないけど、10年代にまだこんな熱狂があるんだと驚嘆した。

 丸藤とデヴィット。どっちも素晴らしい。どっちが欠けてもできない試合。めまぐるしく動くお互いをきっちり受け止めながら、それでもなお動くことをやめない2人。2人の動きが素晴らしすぎて、グラウンドでバック取っても、ドロップキック決めても、それくらいの動作で会場が沸く。トビウオのようなノータッチトペコンヒーロなんか出たらお祭り騒ぎ。

 普段使ってる動きばかりじゃない。普段出てこないような動作も出てきて、それがまた会場を沸かす。なんて技か分からないけど、スタンド状態で相手の両腕を後ろからクロスさせて引っ張り、頸動脈締める技をデヴィットが決めたんだけど、それをするするとパンツでも脱ぐように腕をさげていき、足を上げて、またいで、ほどく丸藤。なんでそうなるの。革新的な動きに序盤戦から会場が沸いた。全部書いてくとキリがない。もう、知ってる技、知らない技、様々な技をお互いが繰り出していくんです。休む間もなく。相手の引き出しに元々あるかどうかとか関係なしに。

 こういう高度な動きの試合になってくると、闘いじゃないみたいだという批判も出てくると思うんですが、この試合観てそれを言うのはもうひねくれてるんじゃないかと。なんか心に闇を抱えてしまってるんじゃないかと。まあ、ちょっとそれは言い過ぎかもしれないけど、もっと自由に考えるべきなんじゃないかとは思いますね。せっかくプロレスなんてアナーキーなスポーツ観てるんだから、もうちょっと闘いの定義を広げていかないとつまらないですよ。プロレスを見てセンス・オブ・ワンダーを感じた頃の気持ちを忘れてしまってるんでしょうかと、言いたくなります。そういう考えのある人にも敢えて説得を試みると、「少なくとも」二人は、いかにスマートに相手のあらゆる動きをさばくか、いかにプロレス頭があるかをリングで競いあってたんです。そこだけもってしても、立派な闘いなんです。

 あるいは、矢継ぎ早に繰り返されていく技の数々を見れば、サイコロジーがないという批判もあるかもしれない。特に今回の試合ぶりって、甦る全女というか、赤いベルトの魂というか、90年代の全女テイスト(けなしてません)が随所に見られたから、そういう批判もあるでしょう。でも、前々から思ってたんだけど、サイコロジーってそんな絶対的なもんなんでしょうか。

 はっきり言ってサイコロジーって「やる側の論理」なんだと思うんですよ。

 最小の力で最大の効果を得る。少ない技で最大のフィーバーを得る。それがスマートである。そういうことをやる側が言うのは凄く分かるんです。そして、その精神を伝えていきたいのも分かる。それが秘伝で、高度な技術なんでしょう。

 でも、それを見る側が唯々諾々と受け入れるのはちょっとどうなんですかね。僕らファンから見たら結果が全てじゃないですか。サイコロジーをふんだんに使っていようがなんだろうが、凄いものは凄いし、凄くないものは凄くない。サイコロジーも技のオンパレードも、必要であればデスマッチアイテムも、全て含めてトータルでどう感じたか。それが見る側にとっては全てなんじゃないでしょうか。今本当に一部にあるサイコロジー至上主義って、会社経営は効率的じゃなきゃいけないっていうのを、社員でも、社長でも、株主でもない消費者が言うのに似てる。効率的にしたらサービスも品質も落ちる(場合がある)よ。もっとファンの立場から見るところがあるんじゃないかしら。もっと面白いところがあるんじゃないかと。そういう思いがありますね。

 えーっと、随分話がそれましたけど、サイコロジーとか関係なく2人の試合は素晴らしかった。僕はそう思います。

 もう一つ言えるのは、やはり、対抗戦ムードがこの試合を別格の凄いものにしたということ。いくらこの2人であっても対抗戦でなければここまで盛り上がらなかったと思います。今回の対抗戦は対抗戦ムードが希薄だという声も多くあるようですが、あのホールにいたらそんなこと思わないですよ。2人の動きと技術とスマートさだけが熱狂を作ったんじゃない。

 こういう両方の選手が凄い試合って、両方頑張れみたいな雰囲気になりがちで、そこで緊張感が削がれる場合があります。この試合も一時的にはそういう雰囲気になったんですが、トータルで観ると応援合戦でいい緊張感が持続しました。暇さえあれば、「レッツゴーデービット」と「丸藤」コールの交錯。錯綜。数的不利を克服するために「レッツゴーデービット」のあとに「マールフジ!」と叫ぶという斬新な応援手法を編み出したNOAHファンには、(自分が新日寄りであることから)敵ながらあっぱれと思いました。NOAHのフラッグを掲げて応援してる女性ファン、何人かいてとても目立ちました。今は女性ファンも強いですね。面白いことに丸藤への声援は女性が主で、デヴィットへの応援は男性が主でした。とまあ、網羅的に言おうと思いましたがやめます。面白くなくなるから。いろいろありましたが、どっち陣営も思い思いに声を出して、信じる側を、声を嗄らして応援していました。ホールの中は喧噪が至るところから飛んできて、戦争みたいでしたよ。って他人事みたいに言ってますけど、僕も終盤は思わず声出して応援しちゃいましたね。もういい年だし、1人で行ったから、そうはならないと思ったんですけど、あの熱狂の中に身を置いちゃったらもうそうなっちゃいます。馬鹿になって応援しましたよ。

 試合結果は、丸藤が無敵の必殺技タイガーフロウジョンで勝ち。ただしどっちがスマートでどっちがプロレス頭が回るのかという闘いは甲乙つけがたくドローというところでしょう。そしてトータルの勝者は僕ら、客。こんな凄いもの見せられたら、まだ2,000円くらい払ってもいいです。せこい金額かな。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (今、ニアライブで休憩前の試合見てますが、やっぱり観客の熱気って伝わってこないですね。今更ながら、生観戦しないと分からないことってたくさんあると思いました。追記:メイン改めてみたらあの場で感じたよりメリハリがついてますね。やっぱこれは最高の闘いであって最高のプロレスであると思いましたよ)

 (右サイドバーでアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月1日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート