« 【ニュース有象無象】村上和成が、佐々木健介に、また会いに行く(10/01/29 第4位) | トップページ | 【ニュース有象無象】GURENTAI・鈴木みのる、言いたい放題 ほか(10/01/29 第2位) »

2010-01-30

NOAH・丸藤、次の主催興行は3月14日。敵はマシン軍から金髪無法軍に進化?(10/01/29 第3位)

 1月28日、NOAHの丸藤が記者会見。自身の主催興行「不知火」第4弾を、3月14日ディファ有明で開催することを発表しました。カード編成については「まだ決まってない」ともったいをつけたものの、

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント
東京スポーツ(紙面) マシン軍団には今回も出てもらう。俺がIWGPジュニアを持っていたら、保永昇男とだったらやります。
» www.tokyo-sports.co.jp

 とコメントしています。

 これについてはちょっと補足が必要かも。

 記者団から「IWGP防衛戦は?」みたいな質問が出たんですよね。この興行について。でも、NOAHの興行でのIWGP戦は前々から否定しているんです、丸藤は。記者がちょっと勉強不足(?)なわけです。で、同じことをいちいち繰り返し答えるのも馬鹿らしい丸藤が、「あり得ない」を婉曲的に答えているという感じ。まあ丸藤の心情の部分は想像ですけどね。

 ただ、対戦相手としてはともかくとして、マシンと連関して保永の名前が出たということは、伝説のヒールユニット、ブロンドアウトローズが丸藤の頭の中に入っているってことです。ヒロ、後藤達、保永のオリジナルメンバーにマシンを加え、後にレイジングスタッフに進化していった、あの味わい深き男達。長州のラリアットを受けるたびにふわっと抜け落ちた、後藤の無理に染めた金髪が印象的な、あの、強さよりも哀愁が先に立つ悪党軍団が、丸藤構想の中(の、たぶん隅っこ)に入ってるってことですよ。

 土曜夕方4時の辻アナ実況がよく似合う彼らは、きっと丸藤の少年時代のアイドル(を彩った名脇役)の一人。それは僕らおじさんファンにしても同じこと。復活となれば懐かしくて、見たくなる。できることなら、我々おじさんファンを喜ばすため、また自身の満足度を高めるためにも、彼らを呼んでほしいものです。たとえセコンドであったとしても。

 この日、NOAH興行では、丸藤VS金丸のジュニア王者対決が行われました。

 IWGPとGHC、どちらが上かを序列づけるともいえた注目の一戦は、金丸の、切れ味微妙な懐刀・平柳のインターセプトにより、丸藤の反則勝ち。10分4秒の短い試合でした。

 まあこういうのがきっちりと勝負つかないのはしょうがないんですけど、色々思うところはあります。というか色々わからない。この試合がなんのために組まれたのかも分かりませんが、金丸の「狙い通り。こういう戦いもあるって覚えとけ!」という捨て台詞もよく分からない。ただ、それらは(僕にとっては)小さなこと。

 一番分からないのはDISOBEYのアイデンティティ。普段は(結果的に)真壁から仲田GMを守る、権力に忠実な近衛兵。こんなときにはヒールユニットらしさ爆発。今ひとつしっかりした軸が無いというか、便利屋扱いというか、ユニットとしては死に体です。

 こういう問題点も、ブロンド軍にヒールの手本を見せてもらうことで解決するかもしれません。決して大成功したヒールユニットではないですが、少なくとも今のDISOBEYよりはヒートを買っていました。ひたすら悪いことをするという軸も、ぶれてなかったはず。また、彼らもDISOBEYも、明らかにハートが良さそうな人が無理に主力を張っているのが共通点。きっといいお手本になると思います。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (※ミニ情報:丸藤興行記念Tシャツ購入者には、潮崎豪とハグできる権利が付くそうです。なんか棚橋っぽい)

 (すいません。僕も棚橋に一票入れちゃいました。どこにも入れないでおこうと思ったんですが、棚橋評価が高いのが嬉しくて、つい。右サイドバーでアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 【ニュース有象無象】村上和成が、佐々木健介に、また会いに行く(10/01/29 第4位) | トップページ | 【ニュース有象無象】GURENTAI・鈴木みのる、言いたい放題 ほか(10/01/29 第2位) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

丸藤」カテゴリの記事

コメント

棚橋はあの事件があったからあんまり好きじゃないですね。
後、試合でもあまり衝撃を受けることがないのもあるのかもしれませんが・・・。
頑張ってるのはわかるんですが棚橋と同じ年齢の頃の三銃士と比べるとやっぱり物足りないですね。
潮崎との試合もあっさり終わったのが残念です。
もっと殺伐としてくれたら武藤高田みたいに盛り上がったのかもしれませんね。

まあ好みは人それぞれですよね。
三銃士がインパクトでかかったのは分かります。
僕も三銃士直撃世代ですから。

というか、右サイドバーで新着コメント分かりますから、最新の場所に書かなくても大丈夫ですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47426928

この記事へのトラックバック一覧です: NOAH・丸藤、次の主催興行は3月14日。敵はマシン軍から金髪無法軍に進化?(10/01/29 第3位):

« 【ニュース有象無象】村上和成が、佐々木健介に、また会いに行く(10/01/29 第4位) | トップページ | 【ニュース有象無象】GURENTAI・鈴木みのる、言いたい放題 ほか(10/01/29 第2位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート