« 2010年2月3日 | トップページ | 2010年2月5日 »

2010年2月4日の4件の記事

2010-02-04

池上本門寺で「プロレス王者審議委員会」開催。杉浦、崇高王座返上発言も(10/02/04 第1位)

 今年も多数のプロレスラーが参加した池上本門寺の節分会。

 そこで開催されたのが「プロレス王者審議委員会」なる聞いたこともないもの。委員長が佐々木健介というと、それなりの権威があると思われるものの、主催は(たぶん)東スポ。みなさん思った通りのアレになってます。

 東スポがその議事録を公開しているので、以下、かいつまんで。

 まず冒頭の2委員の発言が、この委員会の性格を示しています。

東京スポーツ(紙面)
鈴木 あらかじめ言っとくけど、俺らが言うことは批判じゃないからな。建設的な提言だからカン違いすんなよ。

高山 そうそう私たちは王者様のシモベですから、食べさせてもらっている分際で悪いことなんか言えません。
» www.tokyo-sports.co.jp

 審議委員会の名を借りて現役王者をいびる会ですね。

 まあこの2委員の発言はもとよりアレなので、委員長の手綱さばきに期待するしかありません。

東京スポーツ(紙面)
佐々木 さっそくだけど、委員長の立場として言わせてもらいたい。先輩より先にすしを食べていた人間(小島のこと)がいた。いくらチャンピオンとはいえ、この業界はキャリアも重要。上下関係は大事だぞ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 ああ、誰もコントロールする気ないみたい。

東京スポーツ(紙面)
鈴木 (前略)そもそも教育が悪いんだ。誰だよ教育係は?

高山 新日本時代っていうと健ちゃん(健介)じゃん。
» www.tokyo-sports.co.jp

 委員同士でも気が抜けません(このあとにも健介はキャバクラネタでシュートされます)。

 ちなみに審議を受けているのはGHC王者の杉浦と三冠王者の小島。

 キャバクラ問題やら老後の保障問題やらで、ねちねちいびられる2人。

 最後には杉浦、こんな泣き言も。

東京スポーツ(紙面)
杉浦 (前略)こんなに委員会さんからいろいろ言われるなら、もう僕チャンピオンじゃなくていいです。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まさかのGHC王者返上宣言ですが、健介に「簡単に返上なんて口にしちゃダメダメ」と咎められ、更にご高説を聞くハメに。

東京スポーツ(紙面)
健介 (前略)チャンピオンにはプロレス界を明るくしてもらいたい。そして子供たちにも夢を与えてほしいし、ドンドン外に発信してくれよ。あと、さっきの上下関係のように古き良き伝統は守り続けてほしいね。
» www.tokyo-sports.co.jp

 最後の一言で説得力ゼロとなる説教を甘んじて受けなければなりません。

 もう一人の王者、「豆まきの参加メンバーを聞いてイヤな予感」がしていた小島は、司会者から発言を促されるほどの黙りっぷり。

東京スポーツ(紙面)
小島 やっぱり18年前を思い出してしまいまして…(当時の健介は鬼教官として小島を指導していた)
» www.tokyo-sports.co.jp

 と、健介が喜ぶ発言を絞り出すのが精一杯でした。

 

 いやな委員会であったことは、大きく添えられた写真から一目で分かります。

 硬い表情で杯を傾けあう二王者の後ろで、ビールを頭からかけようとする高山、巨大なとげ付き棍棒を構える鈴木、その真ん中で腕組みして睨みをきかせる健介。

 チャンピオンは大変ですね。明らかにレアケースですが。

 我らが小坂健一郎記者渾身の作品、詳細は紙面をご覧になってください。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (杉浦撮影タイムに携帯構えて混じる高山。「パンチのないチャンピオンだな」と吐き捨てられ「失礼な記者だな」と笑っていなす杉浦。そんなシーンが、Sアリで放送されてました。仲良いですね)

 (右サイドバーで色々とアンケートを実施しています。新日本のは今日4日が最終日。時間のある方はご意見を)

 (ちょっとこの一週間くらいやった感触で、これからここどうするか決めます。テストでしたから…)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

田中将斗、宿敵・後藤の新妻を…(10/02/03 第1位)

 去年、田中将斗がTAJIRIのパートナーになると聞いたとき、とても驚きました。

 いや、同じインディーあがりだし、同じくECWで活躍した男、ともにそこらのメジャー選手を上回る評価とあれば、全然不思議じゃないと思う人、あるかもしれません。でも僕にとってはちょっと不整合でした。

kamipro.com | ニュース | 9.13新日本後楽園大会、TAJIRIはやっぱりキャンセルか!?
TAJIRI「有言不実行に終わることが確実で、しかも無個性の象徴である言葉、『ぶっ潰す』。日本人レスラーが好んで用いる、バカバカしいことこの上ない常套句ではあるのですが……。業界一のメジャー団体である新日本プロレスリングの未来を担う本間クンがこんな安っぽく、無責任な言葉を軽々しく口にしてしまったことが“残念”でなりません。(以下略)」
» www.kamipro.com

 こんな発言した後だったから、やっぱびっくりしますよね。まさにその権化とタッグだよと。

 田中といえば日本有数の「ぶっ潰す」の使い手。

 僕がTAJIRIの発言聞いたとき、最初に思い出したのは天山。そこから栗栖、サンボと続いて4番目に田中。あくまでも僕の印象の話なので、実際に使った回数カウントしたら全然違うんでしょうけど、とにかく田中にはそういう言葉の印象がある。

 言ってみれば、凄くSっぽい感じ。先日ディファで後藤を竹刀でいじめ抜いたアレも、凄かった。裂けるチーズというか、人体の不思議展というかの、ささくれだった状態に変わり果てた竹刀が無残でしたよ。そしてまた、試合終わってそれを誇らしげにしてましたからね、彼氏。真性のSですよ(と僕は思った)。

 あるいは、そんなこと言ったらヒールはみんなSかと言われるかもしれませんが、あんな普通っぽい顔した男がそうだからリアルな怖さがあるわけです。悪そうなやつが嗜虐的なのは当たり前。日常茶飯事で、取り立ててどうこういうこともない。悪そうでないからこそ、生来そんな嗜好があるのではと思えてしまう。本物だ、と見ちゃうわけです。

 そんな田中が2.14両国で闘う後藤に対して、吠えてます。

東京スポーツ(紙面) 田中のコメント
後藤は今までに落ちたことがないくらい落ちてる。今以上にドン底に落としてやるよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 もう、弱ってるの見るとほっとけない感じ。いい意味じゃなく。

 やっぱ本物っぽい。

 更にターゲットは後藤本人ばかりではない様子。

東京スポーツ(紙面) 田中のコメント

後藤の奥さんは見に来るの?だんなの醜態を見たいのであればどうぞ両国に。有頂天になっているところで、現実を見てもらおうか。

» www.tokyo-sports.co.jp

 嬉しい盛りの新妻を「有頂天」呼ばわり。そして羞恥プレイ。

 S過ぎる。

 両国大会、もう、見ていられません。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (でも僕、田中好きなんです。やっぱ新生FMWの柱だったし。ちなみに今年は海外で勝負したいとか。新日本はあがっちゃうのかな)

 (右サイドバーで色々とアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を。新日本のは今日が締め切りです)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

【ニュース有象無象】蝶野の「それ」って業界初なんでしょうか? ほか(10/02/03 第 位)

 引き続き。

蝶野が映画館と強力タッグ! 業界初のプロレス劇場上映

 力道山時代とかなかったんでしたっけ。あと第2次UWFのクローズドサーキットとか。後者は確か生だったし。

 

■蝶野、2.22IGF東京大会来場予告。「挨拶に行きます。猪木さんの50周年という区切りの大会なんで。懐かしい顔もいるしね、サイモンとか宿敵が(苦笑)」(週プロモバイル)

 試合するわけではないと強調も。全日本やNOAHの名前も出して、IGFが特別ではないことも強調。慎重です。なにやら4月に発表することもあるとか。ちょっと先だなぁ。

 

■「フリーとなった蝶野、どの団体で見たい?」アンケート、 全日本 38、NOAH 28、IGF 21、新日本 12、その他 6、華麗にスルー 12(レスログ)

 総投票数117にまずびっくりしました。人気ブログランキングとか、にほんブログ村の実績から推測するに、この半分もいかないと思ってたので。やっぱ、蝶野は業界のアイコン。結果としては、全日本で見たい人が多いんですね。三銃士の盟友・武藤との絡みへの期待が大きいのでしょうか。やっぱプロレスは歴史が大切ですね。ご意見ありがとうございました。

 

ちっちゃなクチバシ

 可愛いな、おい。

 

健介「今年こそ優しい嫁になりますように」

 これも可愛い。

 

■NOAH・森嶋「ほとんど勝ってた試合をぶち壊されてしまった。辛いものが苦手なのに前夜、タコスを食べてしまったから調子が出なかったのか…」(東スポ)

 可愛すぎだろう。

 

■元全日実況アナ・倉持さん「実は猪木さんのファン…実況したかったな」

 知られたエピソードですが、一応。でも、あの「ございます」口調は全日のが合ってたと思う。

 

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (普通のエントリーもあげる予定)

 (そうなんですよね。後藤が確立されると盤石なの。右サイドバーで色々とアンケートを実施しています。新日本のは今日が最終日。中邑の逆転もあるかしら。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

【ニュース有象無象】NOAH・杉浦、真壁対策秘策あり ほか(10/02/03 第 位)

 引き続き。

NOAH・杉浦「あらかじめレバーとほうれん草をいっぱい食べておく」

 真壁の「ノアに乗り込んでいってやる」発言を受けて、前哨戦にやる気満々。流血対策を披露。馬場さんが、原爆頭突き対策に髪の毛伸ばしたのと通底する愉快さですね。

 

NOAH・森嶋「試合に関してはアウェーな感じで久しぶりにROHの頃を思い出しました。 自分が求められているのはこれだと切に思いました。 自分の原点に戻った。 日本でもこれを出せる様にしよう」

 やっぱ森嶋はモンスターじゃないと。ベルト獲れなかったのは残念だけど、まぁしょうがない。

 

新日本・中西「中邑の必殺技であるボマイェ。自分はそれをスカしたり、逃げるんじゃなく、真っ向から(受ける)。逆にアイツがボマイェをやってきた時がチャンスだと思って、自分も技をかけて行く」

 坂口相談役との柔道特訓で体得した、捕まえてから、逆十字あるいはレッグマフラーに移行する一連の動作を「荒鷲掴み」と命名。切札に。切札をまたも公開するのが中西らしい。しかし、千葉で披露したという「ルーテーズプレスでの切り返し」は、やっぱ無理があったんでしょうか。想像できないもんなぁ。

地方興行…トイレで“増殖”する?エル・サムライ

 拾い忘れてたけど、このエピソードは抜群でした。

 

新日本・邪道、シリーズ全戦欠場

 1.31ディファでのケガが頸椎捻挫と判明。これで両国のIWGPジュニアタッグに穴が空いたが…。

 

新日本・外道「ディファはミステイクだよ、滅多にねぇミステイクだ。兄弟の欠場が決まったけどよ、俺のタイトルマッチの変更はねぇよ!王座を捕る最大のチャンスをやすやすと手放すかよ」

 で、「最高のパートナーを呼び寄せた」とか。「とんでもねぇ実力者」らしく「邪道・外道っていう最高の“マスターピース”に匹敵するコンビ」になるんだって。外道の最高のパートナーでマスターピースになるといえば、”バッドカンパニー”パット・タナカと相場が決まってますが、さすがに今はないよねぇ。ディックちゃんかな。気になります。

 

元NWA王者・ジャック・ブリスコさん亡くなる

 対馬場NWA戦、対猪木賞金マッチ。僕が分かるのはこのくらい。歴史上の偉人という感じです。小佐野さんとかロッシーのブログに追悼文あり。猪木は「激闘を繰り広げた仲間が先に旅立っていくのは寂しいものです。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と東スポにてコメント。安らかにお休みください。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (もう一回続きます)

 (右サイドバーで色々とアンケートを実施しています。新日本のは今日が最終日。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年2月3日 | トップページ | 2010年2月5日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート