« 2010年2月4日 | トップページ | 2010年2月6日 »

2010年2月5日の3件の記事

2010-02-05

新日本・中邑、朝青龍と「闘いたい」(10/02/05 第1位)

 中邑がまた「闘いたい」です。

 相手は大相撲引退となった朝青龍。

 ソースは東スポの囲み記事。小見出しは「”朝青龍引退”に中邑は『プロレスで戦いたい』」

東京スポーツ(紙面) ”朝青龍引退”に中邑は「プロレスで戦いたい」
東京スポーツ(紙面) 【中邑真輔の話】(前略)プロレスのリングにあがるのであれば、夢やロマンはあると思いますね。戦ってみたい?それはありますね。僕の中で相撲こそ幻想の塊。それを取り払った先に何があるのかを体感はしてみたい。総合でいろいろなものを制限するより、プロレスのリングでタガを外して戦う姿のほうが興味深いですね。(後略)
» www.tokyo-sports.co.jp

 東スポのことだから、またファンタジってるのかと思いきや、そんなことない。むしろ、東スポのほうが「プロレスで」とつなげて入っている分、控えめな印象。去年いろいろ大変だった新日本から、釘を刺されてるんでしょうかね。

 ニュアンス的には、ロマンがあるから闘ってみたい、そんな純粋な願望であるような気がします。相撲幻想の深淵を体感してみたいというか。強者、英雄に対するプリミティブな興味。猪木戦を口にしたときと(僕にとっては)同じ感じっていうの?夢がある相手や偉人と、手合わせしてみたいということなんでしょう。そういうのってファン的な視点とも言えるのかな。プロレスクイズ王決定戦でムキになって優勝したり、NHKFMのプロレステーマ曲特集でワカマツの曲をリクエストしたりした、中邑の「ファン気質」に通底している気がします。また中邑が実現不能なことを…という向きもあるかも分かりませんが、僕はこういう無邪気な中邑が大好きです。誰を傷つけているわけでもないでしょうし。

 ちなみに今回プロレス関係者からの朝青龍に対するコメントが少ないですね。ハッスルがあれば、また紙面を賑わしていたことでしょうが、今回はそういうのほとんどなし。プロレスラーも別の世界のこととして感想を漏らしている人が多い。いかに中邑の発言が踏み込んだものであるか(去年いろいろ言われたにも関わらず)が分かります。あの猪木ですら「とりあえずお疲れさん」(東スポ)ですから。

 中邑以外で、一番踏み込んだ(?)コメントを出してるのが新日本・管林社長。

東京スポーツ(紙面) 管林社長のコメント
ウチからの軽はずみな発言は控えさせていただきますが、もしもプロレス、格闘技方面にという考えがあるのでしたら、あれだけ有名な大横綱なんですから興味がないということはないでしょうね。
» www.tokyo-sports.co.jp

 まあこれもちょっと別世界というか、他人事っぽい言いぶり。

 これには、騒動を起こしたうえでの引退だから、という理由が一つあるでしょう。ただ、それ以上に、プロレスが朝青龍を受け容れる器ではなくなってしまっているというのが大きいでしょうね。金銭的にも、イベントの規模的にも。

 こういうときにプロレス団体の名前が真っ先に出てくるくらいの状態に復興してほしいですね、プロレス界。

 

 よければ、アンケートに御協力ください。

 

 こちらもよければクリックを。このBLOGへの投票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (しかしさぁ、東スポ、この写真はどうなのよ。叩かれまくってる高砂親方のライフはもうゼロよ!)

 (NOAHのエース問題についてもアンケートを実施しています。時間のある方は右サイドバーでご意見を。丸藤、ヘビー級だったらどんだけ票集めてたんでしょうかね。興味あります)

 (ちょっとこの一週間くらいやった感触で、これからここどうするか決めます。テストでしたから…)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

中嶋勝彦、逆転の発想で丸藤にキャッチアップ(10/02/04 第3位)

 2.11健介オフィス後楽園大会で、ノンタイトルでのシングル戦が決まっている中嶋と丸藤。池上本門寺節分会で呉越同舟となりましたが、やはり火花を散らします。

 「丸藤は復帰からすぐに挑戦しIWGPを獲った。僕も同じ事ができる」とIWGP挑戦権がほしい中嶋。「タイトルマッチは新日本でしかやらない」と従来からの主張を繰り返す丸藤。

 こういう状況はやはりチャンピオンが強い。チャンピオンがベルトを賭けるといえば、たいがいその意志がとおるのがプロレス界。チャンピオンの意向が最優先です。ましてや丸藤はジュニアグランドスラムを達成した男。その権力たるや絶大なものと思われます。

 思えば中嶋もグランドスラムにリーチをかけていた男。一月前までは丸藤と同じ最高峰への挑戦者であったのに、随分差をつけられてしまいました。2.11後楽園で丸藤に勝ったとしても、その差は縮まりません。ノンタイトルならグランドスラムは達成できないのですから。

 そこで中嶋、逆転の発想。

東京スポーツ(紙面) 中嶋のコメント
東京スポーツ(紙面) 僕は3大メジャーにドラゴンゲート(オープン・ザ・ブレイブゲート王座)も含めた4本がリアル・グランドスラムだと思っている。丸藤さんに勝って、その目標に向けて幸先のいいスタートを切りたい。
» www.tokyo-sports.co.jp

 グランドスラムを再定義して、丸藤を、同じ最高峰挑戦者の位置に強制召還です。

 この発想は無かった!

 丸藤は「興味ねえよ」と、にべもありませんが、気の持ちようです。

 中嶋くん、その発想力で2.11は頑張って。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (うーん)

 (右サイドバーでNOAHのエースについてアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 (ちょっとこの一週間くらいやった感触で、これからここどうするか決めます。テストでしたから…)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

新日本・真壁、NOAHの経営状況にも配慮(10/02/04 第2位)

 真壁の火照りが収まらない。

 1.31ディファ、消化不良な試合に悶々としたバックステージでNOAHシリーズへの殴り込みを示唆した真壁。しかしNOAHからは音沙汰なし。14日からは新シリーズが始まるというのに。いらいらは頂点に達してる様子です。

 拒否されたっていい、無視されるよりは。拒否されようが、乗りこむだけだし。リアクションがないのがスーパースター様のお気に召さないところでしょう

 そこで真壁は路上での襲撃プランを提示。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント
東京スポーツ(紙面) まだまだアイツをいじめ足りねえ。渇いて渇いてしかたねえからよ。試合を組まねえってんなら乗りこむまで。路上マッチだこのヤロー!
» www.tokyo-sports.co.jp

 NOAHに揺さぶりをかけます。そして、

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント
自販機からスパイダージャーマンでコンクリートに打ち付けてやってもいいぞ、バーロー。どうせ逃げ場なんかねえんだから、キッチリ試合組んで俺にギャラ払ったほうが得だと思うけどな、ノアさんよ!
» www.tokyo-sports.co.jp

 何が利益か丁寧指導。確かに路上でやって一円にもならないよりは、ギャラ払ってでも有料入場者数増やした方がいいですね。今の真壁は外敵としての求心力持ってます。チャンピオンが大ケガするリスクもありますし、リングでやる方がメリットがある。まあ僕らは路上でもいいですけど。

 暴走コンサルタント・真壁刀義が提案するこのソリューション(という名の恫喝)、果たしてNOAHは受けいれるでしょうか。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (右サイドバーでNOAHのアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 (ちょっとこの一週間くらいやった感触で、これからここどうするか決めます。テストでしたから…)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年2月4日 | トップページ | 2010年2月6日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート