« 新日本・後藤、またちょっとヤバイ(10/02/27 No.2) | トップページ | NOAH・丸藤、コロコロと…(10/02/27 No.4) »

2010-02-27

三沢光晴さん、ちょっといいエピソード(10/02/27 No.3)

 今週の週プロ、アメトーーク特集は、趣きの違うページ多数あり。全体的にkamiproっぽくしてみましたという感じがあり、好き嫌いもあると思うけれど、チャレンジする姿勢は買いたいところ。週プロにはアグレッシブさが必要です。

 プロレスエクスポやUWAI STATIONとの再会を喜びつつめくったページのその先には、西口プロレス若手(?)選手の特集。

 また湯沢次長の縁故? と食傷気味に思った次の瞬間、見出しに「三沢がだけは本人公認」とあるのを見て手が止まる。三沢さんの名前が出てくると、ちょっと弱い。

 読み進めると”三沢が光晴”なるキャラクターが、三沢さんに公認をもらったときのエピソードを発見。細かくは省きますが、三沢さんに、三沢さんコスプレで挨拶に行ったときの話です。

週刊プロレス1514号
失礼なデフォルメでメイクしてるわけですよ。
(略)
で、絶対怒られると思いながら、三沢さんの控室へ。
(略)
それでずっと「すいません、すいません」って言ってたんです。そしたら三沢さんはニコニコしながら「俺はそんなに謙虚じゃないぞ」って言ってくれて。心の広い方で、試合も見ていただいたらしくて、あとから聞いたんですけど「俺も出たかったなぁ。こういう面白いプロレスやりたい」って言ってくれたらしくて。
» www.sportsclick.jp

 物真似芸人絡みのエピソードでいえばイジリー岡田のそれが有名ですが、これもいいですね。仄聞する三沢さんらしさが溢れる話。えらぶりもせず「俺はそんなに謙虚じゃないぞ」なんて、なかなか言えません。その一言で、恩着せがましくなく、「俺」だって認めてくれるんですから、相手も感激することでしょう。また、「俺」が出る試合を楽しむ余裕というか、無邪気な一面というか、こういうところもたまらないですね。

 このエピソードにザ・グレート・カブキが絡んでくるのですが、そこらへんは週プロ誌面でどうぞ。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください。それなりにやる気が出ます)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (三沢さんが亡くなったとき、人は信じられないことがあると何も反応できないんだなぁと、実感しました。涙も出てこないし、感情も沸いてこないし、何もできませんでした。一ファンの僕がこんなふうになるなんて変かもしれませんが、本当に突然で想像もしていなかったことだし、僕の少年時代、青年時代を象徴する選手でしたから。今回のエピソードを読み、改めて惜しい人が逝ってしまったんだと思いました)

 (「柴田勝家は、柴田勝頼がやらなきゃ!」。全くもっておっしゃるとおりですね。UWAI STATIONに出たことを思えば、このくらい全然ありでしょう。右サイドバーで戦国武将祭とNJCのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。今日はNJCアンケートの最終日。駆け込み投票大歓迎です)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 新日本・後藤、またちょっとヤバイ(10/02/27 No.2) | トップページ | NOAH・丸藤、コロコロと…(10/02/27 No.4) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47676312

この記事へのトラックバック一覧です: 三沢光晴さん、ちょっといいエピソード(10/02/27 No.3):

« 新日本・後藤、またちょっとヤバイ(10/02/27 No.2) | トップページ | NOAH・丸藤、コロコロと…(10/02/27 No.4) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート