« 2010年2月11日 | トップページ | 2010年2月13日 »

2010年2月12日の4件の記事

2010-02-12

【ニュース有象無象】2.11DDT後楽園大会は熱かった(10/02/11 第4位)

 行けばよかったです。

 

飯伏&オメガがIWGPJr.タッグ挑戦に名乗り

 出ました。ケニーが再来日し、飯伏も復帰してる5月にやりたいんだって。さっそく新日本・西澤管理部長(飯伏の中では社長)に直訴したとか。

 

中澤マイケルのDDT契約更改をかけた変則マッチは、「マイケルをもっとも光らせる試合をする」はずが、相手チームの元相撲取り、現役グラビアアイドル、ボディービルダーにことごとくおいしい場面を持っていかれる結果に。

 素晴らしいですね。週プロモバイルの試合レポート、かなりいい感じ。

 

佐藤光留に狙われ続けているあいかちゃんを見て、 「俺が守ってあげなければ!」 と勝手に思ってしまいました。 正直途中から中澤とかどうでもよくなりました。

 そりゃそうだ。リンク先、あいかちゃんの写真あり。こういうポーズって…ずるいよね!

 

コンソメスープみたいだったぜゲヘヘ!!

 あいかちゃんを狙い続けた変態のコメント。何が何だかと思って、且つ何を読んでも文句言わない人だけクリックしてください。写真は神が舞い降りてると思う。

 

今回の試合は… 自由にアピールが出来て楽しかったです( ´∀`) そして 佐藤さんが怖かったです。

 またきてね。DDTのブッキングセンス冴えまくり。

 

しかし、CEOとしてはともかく、ケニーの通訳としては必要とされているのではないか?

 どんな小さなことでも幸せを感じられるって…才能ですよね!

 

ヤゴウ・アズナブル

 なんかこれ思い出した。これよりはいいけど…。

 

新王者となった2人は、さっそく初防衛戦のアイデアとして「リングのないところ」での試合を提案。どインディー、ローカル、女子プロなどに挑戦を呼びかけ、「底辺からの活性化」をブチ上げた。

 KO-Dタッグ奪取の高木&澤。澤の眼が…。

 

眼? エロビデオ観てりゃあ、明日には治るでしょ!

 やっぱりガンガン売れてほしい人。

 

あー、そうだ澤くんから連絡ありました。縫いましたが骨に異常はないそうです。

 よかったよかった。「とにかく底辺から活性化していきたい。俺らが行くことで20人しかいないお客さんが30人になればいいじゃん」との今後の意気込みも。いろいろとお疲れ様です。

 

ユニオン所属でありながらこれでV4に成功した石川は、2.28ユニオン新木場1stRING大会で行われる関本大介との一騎打ちをタイトルマッチに変更するよう要求。これを飲んだ高木三四郎社長の提案により、その試合の勝者がDDT14周年記念興行となる3.14後楽園大会で高木の挑戦を受けることが決定した。

 なんか、この連戦すらクリアしそうな勢いが。

 

大家さんからは尻を攻めろとの秘策を伝授されました・・・。

 あ~、なるほど(…すいません。今日のはこんなのばっか)。

もう寝る!

 負けたディーノはblogに超短いコメント。悔しさの現れか(最近いつもこんな感じよ)。

 

石川修司の進化

 小佐野さんのメイン評。地味にDDT好きよね。

 

高木三四郎は、この一座のゆるぎなき座長とみた。たいした男だ。セミファイナルの4人タッグマッチに登場。その試合内容のセンスには正直、舌を巻いた。 「こいつは現代のアントニオ猪木だ!」と思った。

 珍しい方の戦評も。それよりこれからどこに住むの。

 

よければクリックを。このBLOGへの投票になります。

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (興行の総括はここここがいいですよ。ああ、知ってるって…。あと松井レフェリーのとこがエッセンスをサマってていい感じ)

 (猪木アンケート、面白い。やっぱ猪木は凄いなぁと思う。みなさんの意見がもっと聞きたいです。もろもろについてのアンケートを右サイドバーに設置してます。時間のある方はご意見を。朝青龍アンケートは終了。ありがとうございました)

 (少なくともアンケートやってる間は今の形で続けます)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

新日本・永田、中西放し飼い宣言(10/02/11 第3位)

 中西の大一番には常に永田の影あり。

 思えば去年の中西初戴冠試合では、永田が中西を献身的にサポート。試合後抱き合い喜びを分かち合う二人の姿には、それはもう感動的なものがありました。第三世代の絆ですよ。

 それが2.14両国ではセコンドにつかないんですって。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント
東京スポーツ(紙面) オレがアドバイスするより、ハチャメチャにやらせた方が絶対にいい。今はリミッターが外れている状態。ああなると中邑でも対応は難しいだろ?
» www.tokyo-sports.co.jp

 だったら何故これまではセコンドについてたのかという疑問は残りますが、ここらへんの矛盾は東スポが解決。

東京スポーツ(紙面)
また自身も昨年12月以来の王座挑戦を虎視眈々と狙っている。中西が王座奪取に成功すれば即ライバルになるという状況下だけに過度な肩入れは禁物だ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 なるほど、自分のため。ていうか、こっちが本命の理由じゃないの?

 さすがは永田、抜け目が無いといいますか。

 あと僕的には、

新日本プロレスオフィシャルWEBサイト 2.6春日部大会試合後の永田コメント
やっぱり、何をするのか分からないという、計算できないところが中西学の魅力だし、それが爆発した時、間違いなくベルトを腰に巻くでしょう。だから、当日はもう何も考えずに、やりたいようにやって欲しいですね。きっと、野人Tシャツを買って来てくれた人達を喜ばす事ができますよ。絶対勝ちますよ。負けたら返金してくれるみたいなので。以上
» www.njpw.co.jp

 この無責任発言の連帯債務を負うのがイヤだからというのが多分にあると睨んでます。そこらへんどうなんですか、永田さん。

よければクリックを。このBLOGへの投票になります。

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。って、まだランクアップ続いてるのね、凄い凄い。記念に是非見ていってください。ダウンしたらもう見られないかもですよ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (ちなみに上の永田発言、中西の試合後マイク「14日のタイトルマッチの時には、あそこ(売店)にある中西Tシャツを着て俺が入場します! みんなもあれを買ってきて、応援して下さい! 宣伝だけちゃうで! 思いっきり凄い試合するから、よろしくお願いします!」に起因してます。宣伝だけちゃうでって、まあ「だけ」じゃないでしょうが…)

 (「試合中の選手の絶叫が嫌いです。技の軽さを気合いでカバーしているつもりでしょうが、醜悪です。」。なかなか辛辣な発言。よく言われることではありますが…。もろもろについてのアンケートを右サイドバーに設置してます。時間のある方はご意見を。朝青龍アンケートは明日12日に締め切り。駆け込み投票大歓迎です)

 (少なくともアンケートやってる間は今の形で続けます)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

佐々木健介、IGFをまたぐ。されどIGF、健介オフィスをまたがず(10/02/11 第2位)

 昨日も触れましたが、佐々木健介のIGF初参戦が決定しました。

 はっきりいってこれは死角。猪木との関わりが切羽詰まったものでなかった(ように見えた)健介は、だからこそ、猪木50周年とリンクせず、まったくもってノーマークでした。そういう人多かったんじゃないでしょうか。

スポーツナビ|格闘技|健介がIGF初参戦 小川と8年ぶりに対戦へ
自身のデビュー20周年の際に猪木から「プロレスラーは20周年でやっと成人式」という旨の色紙をもらったという健介は、今大会への参戦オファーを受け、「自分はもう20年かと思っていたのに、あの色紙を見てまだ20年なんだなと思った。50年もプロレスにかかわっているというのはすごすぎる。ぜひ、リング上での戦いでお祝いしたい」とIGF初参戦を決意。
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 こんなエピソードがあったんですね。

 でも、僕的には、宮戸GMの存在が決め手だったんじゃないかと思ったり。

週刊プロレスmobile

今日こうやって会見にきて、横にいる宮戸と20何年かぶりにこんなに近くで会ったのかなって。俺達も新弟子の若い頃、闘い抜いてきたからね。

» www.sportsclick.jp

 まあそう思いたいのがプロレスファン。前座戦線の絆が残ってるのが嬉しいんです。

 対戦カードは小川・澤田VS健介・中嶋。

 小川と健介には遺恨あり。

スポーツナビ|格闘技|健介がIGF初参戦 小川と8年ぶりに対戦へ

小川との対戦は新日本プロレス02年1.4東京ドーム大会での一騎打ち以来、実に8年ぶり。前回の対戦では両軍のセコンドが暴走したこともあり、ノーコンテストという不明瞭な結果に終わっている。

 8年前の一戦について「当時はよく知らなかったし、『このヤロー』という気持ちしかなかったので、闘うスピリットだけで試合をしていた」と振り返った健介は、「今なら成長して、違った戦いが見せられると思う」と、今度こそキッチリとリング上で決着をつけることを宣言。

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 ちなみに新日オフィシャルによるその試合のレポートはこちら

 猪木派と長州派の確執による不穏試合なんて見方もされてましたね。

 健介は、今回「違った闘い」を見せるという。

 セコンド暴走のゴタゴタにはしたくないということでしょう。

 ただこの顔合わせ、真っ向勝負にするとなると、どちらにとっても試練の試合です。

 小川・澤田のプロレスレベルは、健介と比べて天と地の差。特に小川は純プロレスの経験もあるから、合わせようとするかもしれないけど、ロープワークすらおぼつかないから、たぶん力量差がはっきり出てしまう。

 健介・中嶋からすれば、ほうきとやった方がいわゆる「いい試合」ができると思う。ほうきなら頭や感情を持っていないからいかようにもコントロールできるけど、人間はそういうわけにはいかないから。余計な動きで試合を乱される可能性も高いはず。

 殺気で見せる試合で、ガチャガチャしつつもうまく噛み合えば大ベストバウトになるでしょうけど、どんなものかという気はします。まさに諸刃の剣。

 ただゴング前までの緊張感が凄いモノになるのは間違いないはず。

 ニアライブ中継がちょっと楽しみになってきました。

 さて、健介オフィスは昨日が後楽園大会でした。IGFが発表をその前日にしたのは、てっきり後楽園の予告篇につなげるためだと思ってたんですが、さにあらず。スポナビ見ても週モバ見てもその形跡はなし。パブリシティするにはもってこいのタイミングだったのに…。IGFが選手を拘束しきれないからでしょうか。中邑が「IGFは団体じゃないでしょう」と率直な意見を言っていましたが、その弱みが出たということなんでしょうか。ちょっと気になりました。

よければクリックを。このBLOGへの投票になります。

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (まあ健介オフィスの興行の雰囲気にIGF勢がそぐわないというのはあるのかもしれません。あるいはパブリシティうたなくても、JCBなら余裕というのもあるかも)

 (「NEOはパッケージとして完成度が高いです。アイスリボンの今後に期待」。確かにNEOは最後の団体プロレスって感じがしますね。きっちり布石をうちながら興行もできてるし。問題はそこらへんがどこまでみんなに伝わってるかなんでしょうね。もろもろについてのアンケートを右サイドバーに設置してます。時間のある方はご意見を。朝青龍問題は今日が最後。駆け込み投票アリです)

 (少なくともアンケートやってる間は今の形で続けます)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

流浪の王者・川田、NOAH再建に(控えめに)名乗り(10/02/11 第1位)

 本ブログ既報のとおり(って言いたいだけですが)、新天地での修行を終えた川田が、いよいよプロレスに本腰を入れそうです。

東京スポーツ(紙面) 川田のコメント
東京スポーツ(紙面) 今年はもう少し、プロレスの幅を広げていきたい。
» www.tokyo-sports.co.jp

 そっちの方向?と思わないでもない一言。なにしろ川田、ハッスルで相当幅広げてますからね。これ以上広げるとなるとアイスリボンか田中安全プロレスかとなってしまうわけですよ。

 しかし、そういう意味ではないようで、ハッスル専属っぽかった去年の活動から幅を広げたいという意味らしい。

 そして川田の選択肢のひとつにNOAHがあると。

 東スポ曰く「主力選手のケガが相次ぎ、苦戦を強いられている」NOAHの「再建のため、一肌脱ぐ」らしいです。

東京スポーツ(紙面) 川田のコメント
俺が出たから、どうのこうのというのはない。力になれるかどうかは分からないけど、今までそんなにあがったことのない団体だし、やりたいこともある。
» www.tokyo-sports.co.jp

 控えめ且つ他人行儀な言い方ですね。

 以前三沢戦をやった際のフライング発言が大不評で、結果として継続参戦の道を絶たれたあの体験が効いてるんでしょうか(そんな裏話公表しなければよかったのに…)。まあそれとは関係無く川田らしい言い方ではあるんですが。

東京スポーツ(紙面) 川田のコメント
俺が全日本にいた頃に入ってきて、成長した人とやりたいね。みんな思った以上に成長して、ノアのスターになっちゃったからね。
» www.tokyo-sports.co.jp

 川田自身の言葉が少ない記事なので、本当のところどうなのかは分かりませんが、東スポの補足によると丸藤、森嶋あたりと闘いたいらしい。

 正直、わかりにくい記事。川田は「定期参戦は考えてない」とも言ってるんですが、それで「再建」も何もないじゃないですか。更に「2.28武道館だけではなく、2月シリーズへのスクランブル出撃も辞さない」とうたいあげてる部分があるんですが、これも武道館の話なんて前提に一言も出てないですからね。分からないことだらけ。ただ東スポの中では、日付の次に信用できるのがプロレス記事ですから。案外そうなってくるのかも。

 僕的には秋山との対戦が見たい。シングルで、ベテランの意地をぶつける試合をしてもらいたい。遺恨がないわけではない、むしろ積極的にある二人なのだから真っ正面からぶつかりあってもらいたい。多分、これが最後のチャンスだろうから。

 更に願わくば、そのまま二人に結託してもらって、若い選手の壁になってほしい。NOAHの世代交代実現のため、義理はなくても体を張ってほしい。わがままですいません。でも、そう思ってしまったのだから仕方無い。三沢が命を賭けた団体のため川田が立ち上がってくれるなら、超世代軍の試合に足を踏み鳴らしていた僕らにとって、こんなに嬉しいことはないのだから。

よければクリックを。このBLOGへの投票になります。

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。というか、今なら珍しくランクアップしてるレスログの姿が見られます。たぶんすぐダウンしますのでお早めに

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (ちなみに川田の新天地での活躍具合はコメント欄にレポートいただいてます。ニュース有象無象は読んでない方が結構いるっぽいので念のため)

 (猪木アンケートが熱かったのでミニアンケートから普通のアンケートに格上げします。肯定派と否定派、もっと拮抗するかと思ってましたが…。もろもろについてのアンケートを右サイドバーに設置してます。時間のある方はご意見を)

 (少なくともアンケートやってる間は今の形で続けます)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年2月11日 | トップページ | 2010年2月13日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート