« はぐれNOAH軍団不発(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第3位) | トップページ | 東スポ、ゴメン!猪木、WWE殿堂入り。レッスルマニア”参戦”も(10/02/01 第1位) »

2010-02-01

永田、秘技ブルーミストで名誉の反則負け。されど…(1.31新日本有明大会)(10/01/31 第4位)

 永田とTAJIRIの遺恨戦。本日は永田・井上vsTAJIRI・飯塚。

 飯塚が入ることによりもの凄い混沌が起こると思ったのですが、大事には至らず。むしろうまくTAJIRIが飯塚をコントロールしててびっくり。カットに入ってこいという手まねきのアクションを、飯塚が戸惑いながらもしっかり解して従ったシーンにはちょっとした感動を覚えました。襲撃マシーンの飯塚にもまだ人の心があったんだと。いつか「かゆ、うま」とか言い出しそうな気がしてましたが、まだまだ大丈夫!

 いろいろあった試合は、TAJIRIの毒霧を飯塚に誤爆させた永田が、逆にブルーミスト(といっても肉眼では透明に見える)でTAJIRIに復讐。名誉の反則負けを選択しました

 このときの画は凄かったです。猛毒に苦しむTAJIRIがリングサイドでのたうち回る中、永田は何故かオールドスタイルのプロレスラーのファイティングポーズ(やや前屈みになり、両手を腰のあたりで構えるタイプ)をとった上で静止。ひたすら静止。場内がどよめき出すと、最後にビシッと敬礼。凄い間です。看板役者だけが持てる間です。さすがのTAJIRIも度肝を抜かれるという展開。僕らも度肝抜かれましたけど。ここは本当に面白かった。このあと「やり遂げた男の顔」をして颯爽と退場するシーンも抜群。試合中のアイアンフィンガー被弾の結果、いまだのたうち回ってる井上を、すっかり忘れて置き去りにしてるところも含めて。

 でも、何故かこの2人の試合、スイングしない感じなんですよね。やってること単発単発は面白い。昨日のTAJIRIの倒れ込みながらの敬礼も面白かったし、今日の毒霧も面白かった。だけど、それで引き込まれていくことがないんです。試合の中に引き込まれていくような何かがないんです。TAJIRIの客と対話しながらの試合とか、いわゆるサイコロジーとか感心することも多いんですけど、そこに永田がいなくても変わりがないはず。

 なんでなんでしょう。以前永田も言ってましたけど、軟投派と合わないというのが本当にあるんでしょうか。あるいはハッスル外伝で既に完成品をつくり上げてしまったから、もうあまりモチベーションが沸かないんでしょうか。ちょっと気になりました。

↓1日2回のクリックでmoriがやる気になります↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (どっちも相手を選ばない試合巧者なのに不思議なものです)

 (いつの間にか秋山がいい感じになってる!右サイドバーで色々とアンケートを実施しています。時間のある方はご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« はぐれNOAH軍団不発(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第3位) | トップページ | 東スポ、ゴメン!猪木、WWE殿堂入り。レッスルマニア”参戦”も(10/02/01 第1位) »

TAJIRI」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

永田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47446957

この記事へのトラックバック一覧です: 永田、秘技ブルーミストで名誉の反則負け。されど…(1.31新日本有明大会)(10/01/31 第4位):

« はぐれNOAH軍団不発(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第3位) | トップページ | 東スポ、ゴメン!猪木、WWE殿堂入り。レッスルマニア”参戦”も(10/02/01 第1位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート