« 2010年2月23日 | トップページ | 2010年2月25日 »

2010年2月24日の3件の記事

2010-02-24

武藤と蝶野かく語りき。気になる戦国武将祭(10/02/24 No.3)

 このblogでも第一報だけはとりあげた戦国武将祭。その後はとりあげてないんですけど、注目だけはしてます。どんな選手が出るのかとか、なんとなく押さえてます。なんでその後取り上げてなかったかというと、凄く単純で、誰がどの武将とか人名が多くて色々読んでみるのが面倒だったから。そんなもんです。

 でも、こんなリリースあるのね、知らなかった。これならビジュアルで見やすいですね。誰と誰が試合するのか、一目瞭然。もっと早く見ておけばよかった。

 で、ここにきて僕的注目度があがっている戦国武将祭ですが、プロモーション活動の方も活発になっている模様。先日からはスポナビに、今日は週プロにと、武藤と蝶野のインタビューが掲載されています。その中からちょっとかいつまんで。

 まずは、アイ・アム・ノブナガ! の制作発表会見挨拶で我々の度肝を抜いた蝶野の信長観から。自分が信長をやると決まったときのファーストインプレッション。

週刊プロレス1514号
闘魂三銃士の中では橋本選手が信長を目指してたから、ちょっとイメージが違うかなというのがあって。最初はピンとこなかったんですけど(略)
» www.sportsclick.jp

 橋本が信長を目指していたから自分とは違う。

 …ちょっと心中察しにくいですね。

 スポナビの方はもっとダイレクトに蝶野の心情を伝えてます。

スポーツナビ|格闘技|「戦国武将祭」直前、武藤信玄と蝶野信長がトークバトル(前編)
蝶野 橋本選手がいつも信長、信長って言ってたから、何か信長がデブなイメージがあったけど(笑)、今回の衣装とか見て、これならオレでも大丈夫かな、と思って。
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 わかりやすい!

 ていうか蝶野、あまりに歪んだ信長観といいますか。他に信長に触れる機会はなかったんでしょうか。人生で。でもまあそれだけ橋本のインパクトが強いということなんでしょうね。愛すべき男。

 スポナビはこんな一幕も面白かったですね。

スポーツナビ|格闘技|「戦国武将祭」直前、武藤信玄と蝶野信長がトークバトル(前編)

――信長といえばやはり「本能寺の変」における家臣・明智光秀による裏切りが有名ですが、蝶野選手の中で、今までで一番大きな裏切りとは?

武藤 オレだろ(一同爆笑)。オレが全日本に行った時。

蝶野 まあ、一応同盟を組んで、対(アントニオ)猪木さんということをしていたつもりだったんで。でも、裏切りはどの時代も、どんな歴史でもあるし。
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 言われる前に言っちゃえって感じでしょうか。武藤らしい感じがします。

 このあと蝶野の、

スポーツナビ|格闘技|「戦国武将祭」直前、武藤信玄と蝶野信長がトークバトル(前編)

蝶野 確かに、武藤さんに裏切られた時は、ものすごい被害者の意識があったけれど、時が経ってみると、裏切った方にも何か目的があったはずだから。

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 なんて発言も引き出してます。そこから更に明智光秀の目的とは何かと思いを馳せる展開。イベントの趣旨に話をうまく戻していきます。

 週プロも二人の気安い感じをほどよく抽出。

 歴史上の人物を演じる難しさについて語る武藤から。

週刊プロレス1514号
武藤 ただね、ゲームやってるヤツが思い描く武田信玄のイメージに追いつくっていうのは凄え難しいんだよ。だいたい俺らだってそうじゃん。坂本龍馬とかさ、小説を読んでこういうイメージだろうなって頭にあると、このタレントじゃねえよ! ってなるじゃん。これは凄え難しいよ。

(略)

----蝶野選手はどうですか?

蝶野 オレは逆に自分のキャラクターの方が信長より上を行くと思ってるからさ。

武藤 さすがだねぇ(笑)
» www.sportsclick.jp

 ホント気安い感じ。しかし蝶野はホントに凄い。信長よりキャラ立ってるとか、常人にはなかなか言えません。橋本=信長だったと思っていただけのことはあります。

 さすがに写真抜いて2ページある週プロインタビュー。イベントの内容についても、結構核心に触れてます。

週刊プロレス1514号
----今回のイベントはプロレスファンだけでなく、ゲーム、音楽とさまざまなジャンルのファンが集まります。

蝶野 出る選手はみんな勉強になると思いますよ。オレなんかも海外に行ったときにプロレスの知識がない人の前で試合したりとか(略)

----武藤選手は(略)

武藤 うーん、難しいと思うよ。ただ、それが一つの勉強であり、糧になる。(略)(他のジャンルに)プロレスも負けてないと思うけど、ばらけた会場でやるのって意外と難しいと思うよ。(略)お客さんがいろんなものをランダムに見てるわけでしょ。(略)
» www.sportsclick.jp

 この手のミックスイベントの難しさは二人とも十分承知している様子。

 プロレスでの成功例ってあんま聞いたことないですからね。休憩時間に歌うたうヤツとかも、結構悲惨ですもんね。成功したのはDDTの松野さんと田代さんくらいでしょうか…ってアレは参考にならないか。

 気になるのは「ばらけた会場」「ランダムに見る」という言葉。もしかしたら、会場の一部でプロレスやって、一部では別のイベントやってとかなんですかね。それだったら確かに集中できないかも。まあ本当に知らないのでアレですけど。

週刊プロレス1514号
----コスチュームも今回のために用意するわけですよね。

武藤 難しいんじゃないの。プロレスラーとしては難しいって。(略)レスラーはマスクマンやるのは凄え難しいから。(略)コスチュームをまだ見てないからわからないけど、どこまで表情が伝わるのか。それとも機械的になってしまうのか。(略)
» www.sportsclick.jp

 そんな顔とか隠れるような格好で試合するんでしょうか。これも謎。制作者blogでは後ろ姿だけ確認できますが…。

 微妙に不安を感じさせるイベントですが、フリーとなった蝶野(と武藤)のプロデュース大会第1弾であること、フジテレビが主催する近年まれに見る豪華イベントであることを考えると期待したくもなります。こういうメガイベントっぽいのが今後もできるかどうかの試金石にもなりますし、プロレスにはこのチャンスを是非活かしてもらいたいですね。高山と飯伏の絡みとか、知ってる人にも知らない人にも訴求するものがあるんじゃないでしょうか。

▼アンケートにご協力ください。

▼こちらもよければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。おお、まだランクアップ継続中ですね。こんな続くと思わなかった。棚橋だったら「俺の進化がとまらねぇ」って言いますね。実際はストップ寸前なので応援のつもりでひとつ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (今ここであげた以外にも興味深い話満載なので、是非とも両方全文を読んでほしいです)

 (NJC、列車様人気が頭ひとつ抜けてます。右サイドバーでNJCとNOAH武道館についてアンケート取ってます。是非是非ご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

ムタ、永田に静かな怒りも、世界に目を向ける(10/02/24 No.2)

 全日本プロレス3.21両国大会の対戦カード第一弾が発表されて一週間を経過。今のところ両国にしてはややパンチに欠けるカード(今回は新味を重視?)なので、第二弾カードに期待したいところ。ここで武藤の名前が出てくれば華やかなものになるのではないか、そう期待しているところであります。

 そんな中、ムタが眠りから目を覚ましたようです。

東京スポーツ(紙面) 武藤のコメント
東京スポーツ(紙面) (ムタは)いい形でジェロニモとドッキングできたようだ。両国あたりで魔界の扉が開かれるかもしれない。
» www.tokyo-sports.co.jp

 ムタ代理人の武藤がコメントしています。

 1月のロス遠征の帰り際にカリフォルニアの先住民居住区を訪れ、かつてのアパッチ族の軍事指導者の血を受け継いだムタは…って書いてて気が狂いそうですけど、東スポ…じゃないや武藤が言ってるんだから事実なのでしょう。

東京スポーツ(紙面) 武藤のコメント
ムタさんは今までいろんな大物と戦ってきた。一番凶悪で邪悪なムタの相手が現れてくれればいいんだけど
» www.tokyo-sports.co.jp

 このもってまわった言い方がサインするところは、今回の対戦相手が大物であるということ。更に東スポが補足するのは「全世界へ向けて対戦相手を募っている」ということ。そうなるとちょっと期待してしまいますよね。外国人の大物相手ということでしょう。今、外国人で来日可能な大物は限られると思いますが、「一番凶悪で邪悪なムタ」に相応しい相手とは誰なんでしょうか。気になります。

 さて、世界に目を向けている武藤とムタですが、ミクロな世界にも目配りを忘れません。

東京スポーツ(紙面) 武藤のコメント
こっちは先駆者だ。国内外問わず、毒霧をパクられるのにも慣れてくるよ
» www.tokyo-sports.co.jp

 毒霧のパクリ事情にお気づきの様子。というか東スポが御注進したあとのリアクションっぽいですね。口調からして。

 先住民居住区で「ガラガラヘビとサソリの毒の調合に成功」したらしいムタ。その威力は「白目をむくどころの騒ぎではない」らしいので、あの人を意識しまくりなこと明白です。

 自業自得とはいえ挑発受けてますよ、永田さん。

 「それとも永田裕二は超大物じゃないかな?」と、永田さんが対戦相手に名乗りをあげることもあるんでしょうか。往年の、というか列伝のカール・ゴッチばりに。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。おお、まだランクアップ継続中ですね。こんな続くと思わなかった。棚橋だったら「俺の進化がとまらねぇ」って言いますね。実際はストップ寸前なので応援のつもりでひとつ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

■関連ビデオ

ムタVS馳(僕的ムタベストバウト。日本版)

 (でもムタって試合は…なんですよね。80年代末から90年代初めにかけてのWCWでは、水にあってる感じだったんですが)

 (川田なら何かを与えてやれるかもしれないって、確かにあるかも分かりませんね。大爆発する要素があるだけに何かをつかんでほしいですね。右サイドバーでNJCとNOAH武道館についてアンケート取ってます。是非是非ご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

還暦・天龍、ちょっと伝わりにくい名言(10/02/24 No.1)

 最近は真壁や中邑の名言に痺れまくってる僕ですが、昔のアイドルはなんといっても天龍。コクのあるナイスミドルの名言は、10代の僕にも響きまくってました。特に相手を揶揄するときの発言、光り輝いてましたね。ひどい言いようが多くて。

 今で言えば、元猿岩石の有吉みたいなもんでしょうか。あの人がベッキーを称した「元気の押し売り」にも我が意を得たりと驚嘆しましたが、昔の天龍の発言にもそれに通底するものあり。「鶴田は銭湯の湯船に浮いたへにゃへにゃのヘチマ」「大仁田は便器に捨てたタバコ。流しても流してもしつこいくらい流れていかない」なんてひどいもんです。

 あと、比喩的表現じゃないですけど、「誰が一番強いのか言ってみろ!」にも痺れました。

 かつてSWSの主導権争いでリアルな遺恨のあった谷津、懐刀だった仲野という存在がありまして、その仲野が、巡り巡ってWARのリングにあがってきたんですね。このとき出た発言。にっくき仲野を痛めつけ、大の字に倒したその口元にマイクを突きつける天龍。「誰が一番強いのか言ってみろ!」。(おそらく)日本プロレス史上初の「無理矢理言わせる公開羞恥プレイ」ですよ。「谷津嘉章だ!」と仲野が意地で言い返すところまで含めて、たまらない名言でした。

 さて、そんな天龍が一昨日のメビウスで4ヶ月ぶりの復帰を果たしました。天龍・平井VS川田・折原という趣深いカードの最後を、投げっぱなしパワーボムで決めてご満悦の天龍。3.18リアルジャパン後楽園で決まっている初代タイガーとのシングルに向け、お口の方も絶好調。

東京スポーツ(紙面) 天龍のコメント
東京スポーツ(紙面) (今日のパワーボムは)8年ぶりくらいになるかな。(タイガーとの試合は)みんなが使うから使わなくなった(完璧な)パワーボムで決めるよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 完璧なパワーボムを使わなくなったのは、みんなが使うから!さすが「ミスター北向き」天龍源一郎です。

 更にタイガーの体重問題にも触れますが、

東京スポーツ(紙面) 天龍のコメント
108キロに増量した?ニュートンの法則と一緒で落とされたら俺のほうが有利だ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 源ちゃん、インテリゲンチャン過ぎてわかりません。ていうか誰か僕に説明してください。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。おお、まだランクアップ継続中ですね。こんな続くと思わなかった。棚橋だったら「俺の進化がとまらねぇ」って言いますね。実際はストップ寸前なので応援のつもりでひとつ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

■関連ビデオ

鶴田VS天龍(1/3)(最高の抗争だった鶴龍対決の中でも、最高の一番)

鶴田VS天龍(2/3)

鶴田VS天龍(3/3)

 (昔も「俺はプロレス界の山下久美子だな」という伝わりにくい名言がありました。まああれはジェネレーションギャップによるところが大きかったですが…)

 (確かに中西があがってきたら意表つきまくりですね…。右サイドバーでNJCとNOAH武道館についてアンケート取ってます。是非是非ご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年2月23日 | トップページ | 2010年2月25日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート