« 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月1日 »

2010年2月28日の3件の記事

2010-02-28

ドラゲー・YAMATO、催眠術師募集中(10/02/28 No.3)

 米レスリングオブザーバー誌で世界のカリスマレスラー第5位に選出されたYAMATO。今や世界のプロレスマニアに名だたるレスラーになっています。確かに艶もあるし、マットさばきも悪くない。新日マット参戦時にも異彩を放ってました。

 当然、ドラゲーのリング上でも大活躍。CIMAに完勝し、政権獲りに向け着々。土井の持つドリームゲート王座挑戦(3.23両国)も決まり順風満帆。のはずなんですが…。

東京スポーツ(紙面) YAMATOのコメント
東京スポーツ(紙面) 毎日がプレッシャーで正直、胃が痛いッス。プレッシャーに打ち勝つよう、催眠術で自分に暗示をかけたい。誰かいないかな…
» www.tokyo-sports.co.jp

 デビュー5年目で、ドリームゲート挑戦は初、両国のメインも初という状況が非常にプレッシャーなんだそうです。ワイルドな風貌の割には可愛いところがありますね。それが女心もくすぐるんでしょうか。可愛い~、もう好きにして~とか。…なんかむかついてきましたね。

 と本音の吐露はさておき、催眠術の先生をと乞われるのであればなんとか紹介してあげたいところ。そうですねぇ。プロレスという特殊な業界に精通している人が理想でしょう。

 そうなってくると、まずあげられるのがKYワカマツ先生。レスラー、マネージャーでありながら、新日マットでは催眠術師として名を馳せました。レフェリーのミスター高橋を催眠術にかけ操縦、マシン軍に有利なレフェリングで猪木をあと一歩というところまで追い詰めた手練。これは大きな実績です。ただし、猪木の加撃により最終的には破られてしまいましたから、選手にかけた場合の有効性には疑問符がつきます。しかし猪木、20年以上前にこんなことやってたんですから、よくも悪くも途方もない男です…。

 もう少し現実的なところで言うと、ザ・グレート・サスケ先生でしょうか。去年のDDT両国大会での高木戦実現のため、催眠術(だと思う。本人「遠隔ヒーリング」って言ってますが)を使った男です。決戦当日には、催眠術で観客を洗脳。8,865人のブーイングを高木に浴びさせる大イリュージョン。更にはDDT選手にまとめて催眠術をかけ、高木を袋だたきの憂き目にあわせました。影響力絶大です。しかもフットワークも軽い。ていうか、東スポ記事読んでサスケがYAMATOの元に押しかけていってもおかしくない。そう思わせるものがサスケにはあります。適任云々じゃなく、もうなっちゃってるよ的な……。

 えー、色々考えてみましたが、結局分かったのは真面目に考える気が沸いてこないということ。やっぱモテ男への嫉妬が持つ負のエネルギーはおそろしいですね(ひとごとみたいに)。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。強化週間を終え、現在のランクはYAMATOクラスといったところでしょうか。差のつき方からするとアラケンクラスって感じですが。とりあえず、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください。それなりにやる気が出ます)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

■関連ビデオ

サスケの催眠術(高木戦を決定させた。4:20あたりから)

ミスター高橋、何もできず(本文とは関係ありませんが…。ことの経緯を知ってから見ると凄く面白い)

 (YAMATOがどこまで上り詰めていくのか、どうなっていくのか気になります。今までにない風のレスラーですよね)

 (右サイドバーで「秋山と全日本」及び「戦国武将祭」のアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。NOAH武道館大会とNJCのアンケートは過去アンケート置き場に移動しました。ご協力ありがとうございました)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

自殺の二所ノ関部屋マネージャー、NOAH入り寸前の過去があった(10/02/28 No.2)

 昨日の東スポ一面に大きく打ち出されていた「自殺!!二所部屋マネ 三沢さん後追いか」の文字。びっくりしました。こんな局面で三沢さんの名前を見るとは思いませんでした。

 亡くなった方が、生前「三沢さんに会いたい」と漏らしていたことを受けての見出しなんですが、三沢さん及びNOAHとこの方には特別な関係があったそうです。

東京スポーツ(紙面) NOAH・仲田GMのコメント
東京スポーツ(紙面) ノア旗揚げの時(2000年8月)は三沢社長が誘って、入社が決まっていました。三沢社長がノアの名刺まで用意していましたが、律儀な方でしたので『後任がいないので部屋が困る』という理由で断っていました。三沢社長は『落ち着いたら(ノアに)おいでよ』と話されていました。それだけ信頼関係があったのだと思います。
» www.tokyo-sports.co.jp

 フロントとしてNOAHに入社が内定してた方なんですね。そもそもプライベートな親交が深く、多いときは年間100回近く酒席をともにしていたとか。入社内定もその縁でしょう。記事には、追悼興行やお別れ会にも参加されていたともあります。僕らと同じく、いや僕ら以上に三沢さんの死を悼んだ方なんでしょうね。

 紙面には更に、三沢さんとの親密ぶりや、天龍との関係、維新力のコメント等、プロレス関係の話が散見されます。そちらの方は実物をご覧になってください。

 東スポその他の記事を読んでいろいろ感じるところはありますが、人の生き死にに関すること、軽々しくどうこう言えません。今はただ、ご冥福をお祈りします。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください。それなりにやる気が出ます)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

■関連ビデオ

三沢さんお別れ会行列(暑い日でした)

 (昨日は三沢さんづいた一日でした)

 (秋山アンケート混戦ですね。右サイドバーで「秋山と全日本」及び「戦国武将祭」のアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。NOAH武道館大会とNJCのアンケートは過去アンケート置き場に移動しました。ご協力ありがとうございました)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

NOAH・杉浦、後輩・浅田真央に捧げもの(10/02/28 No.1)

 杉浦と浅田真央、安藤美姫といえば知る人ぞ知る、中京大中京高校同窓。当然、杉浦も2人のオリンピックでの活躍をwatch済みです。

 浅田はキム・ヨナには及ばなかったものの、堂々の銀。胸を張れる成績。安藤だって5位は決して卑下される順位じゃない。2人は立派に闘い抜きました。

 かつて同じくオリンピックを志した杉浦からすれば、感慨もひとしおでしょう。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
東京スポーツ(紙面) 彼女たちは雲の上の存在だけど、後輩に触発された。
» www.tokyo-sports.co.jp

 か弱い女の子達を「雲の上の存在」というラーメン職人…じゃなかったGHC王者にはおかしみを感じますが、スポーツエリートの世界にはきっと厳然たるヒエラルヒーがあるのでしょう。(まあでも、そんなヒエラルヒーお構いなしのトークもしてた記憶がありますが…)

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
俺も五輪を目指した時期があったしな。よし、俺も回るぞ。3回転、いや3回転半だ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 何が回るかといえば、必殺、オリンピック予選スラム。3回転半のひねりを加えて相手を叩きつける「バンクーバー五輪スラム」の予告です。

 にっくき真壁を粉砕するためばかりではありません。そこには杉浦の心意気があるのです。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
浅田選手は金を目指していたと思うけど、銀でもすごいこと。まだ若い(19歳)から次もある。
(略)
俺はエールを込めて、この技を後輩に捧げたい。
» www.tokyo-sports.co.jp

 果たして、これが真壁に決まるのかどうか。

 …ってヒューマンビーイングの限界もあり期待できないですけど、やる素振りくらいは見せてもらいたいですね。

 期待できないついでに言うと、真壁の放ったスパイはどうなっているのか。こちらも気になります。武道館直前まで全く動きがありませんでしたが、さて…。

 東スポプロレス報道の沽券にも関わる決戦は、今夜です。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください。それなりにやる気が出ます)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (彰俊と松永も同窓ですね。フィジカルエリート(?)が揃ってます)

 (小島人気がまず頭ひとつ抜けてます。適材適所というところでしょうか。右サイドバーで「秋山と全日本」及び「戦国武将祭」のアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。NOAH武道館大会とNJCのアンケートは過去アンケート置き場に移動しました。ご協力ありがとうございました)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

 

« 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月1日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート