« 新日実況・倉橋アナ、痛恨かつありがちな事実誤認(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第3位) | トップページ | イタリアの伊達男、東洋医学に生きる(2.14新日本両国大会)(10/02/15 第1位) »

2010-02-15

リミット寸前?NO LIMIT(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第4位)

 第6試合にラインアップされたNO LIMITのIWGPタッグ戦。メキシコでの抗争相手を招聘しての満を持してのタイトル戦でしたが、やはり「世界のスーパースター」を見ることはできませんでした。

 試合中、その場その場の、刹那的なリアクションはあるんです。瞬発力的な動きはいいですからね。でも、それが試合を通じてうねっていくかというとそうではない。どうしても日本のファンを唸らせることができない。

 二人の志はたぶん立派。かつての一生懸命のファイトスタイルを捨てて、本場のルチャとジャパニーズスタイルの落としどころを探っているアグレッシブな姿勢は買えます。誰もやってないことで、好んで協力する人もいないでしょうし。でも、それだけではIWGP王者とは言えないでしょう。そろそろ(観客を熱狂させるという)結果を出してほしいところです。

 ただ、あれだけ大風呂敷を広げてしまっていると、マイナーチェンジも難しいかもしれません。難しいというか、かっこ悪い、か。まあ、結果が出ないからと言って、すぐになかったことにしたり、フォームを変えてしまったりするのは、日本のプロレスの悪い癖かもしれません。WWEを見てもわかるとおり、定着するまでこれでもかこれでもかと押していくのは決して悪じゃない(ダメだと結論出したあとの処理は素早いもんですが)。

 棚橋の最初の「愛してま~す」も相当寒かったらしいですからね。武藤のシャイニングウィザードも、中邑のボマイェも最初は「え~」って感じでしたし。特に武藤のは凄かった。村上戦、客席がどよめきましたからね。殺伐とした試合が予想される中で、ぱっと見軽い技で終わってしまいましたから。猪木の延髄切りが最初に決まったときも、きっとそんな感じだったんじゃないでしょうかね。みんなそれを乗り越えてきた。定着するまで耐えてきた。

 でも、単発の技じゃなくて試合スタイルの問題だしなぁと思うとなんとも言えません。NO LIMITは岐路に立たされている気がします。

ミニアンケートにご協力ください。

こちらもよければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。日付を超えてランクアップ継続中。凄い凄い。今日はきっとダウンするので、その前に一度見てみてください。そして喜びを分かち合いましょう。そんな義理はないでしょうけど…(猪木の石井戦発言に対する中邑風に)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (ちょっと手癖で書いちゃいましたね。時間が…)

 (確かに読後感の良さはありましたね。だから決して悪い興行じゃなかったと思うんですが。もろもろについてのアンケートを右サイドバーに設置してます。時間のある方はぜひご意見を!女子プロレスアンケートは終了です。ご意見ありがとうございました)

 (少なくともアンケートやってる間は今の形で続けます)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

 

« 新日実況・倉橋アナ、痛恨かつありがちな事実誤認(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第3位) | トップページ | イタリアの伊達男、東洋医学に生きる(2.14新日本両国大会)(10/02/15 第1位) »

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

コメント

記事しか見てませんけど、「金的狙ってグラチェかぁ」って(ぷち)悪質発言で締めたいところですね。

NO LIMITについては無言で蔑んだ目で見てほしいものです。
闘うとなれば、結構異次元対決な気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47572237

この記事へのトラックバック一覧です: リミット寸前?NO LIMIT(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第4位):

« 新日実況・倉橋アナ、痛恨かつありがちな事実誤認(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第3位) | トップページ | イタリアの伊達男、東洋医学に生きる(2.14新日本両国大会)(10/02/15 第1位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート