« 祝!WWE殿堂入り。あの人、ちょっといいエピソード(10/02/13 第 位) | トップページ | 僕的MVPは…中邑、なのかなぁ(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第1位) »

2010-02-14

NOAH・秋山、(僕的に)気になる発言(10/02/13 第1位)

 丸藤に力強く勝ってからこっち、GURENTAI入りを匂わせたり、全日本・諏訪魔の怒りを軽くいなしたりと、何かと東スポ周辺を賑わしている秋山。僕の中でも秋山に対する期待度が上がっています。そうそう、今右サイドバーでとってるアンケートでも秋山へのもう一頑張りを望む声が多い。今もなお期待感が大きいんですね。

 その秋山が今週の週プロインタビューを受けています。「NOAHは大丈夫か!?」という、週プロ的には一歩も二歩も踏み込んだ刺激的な特集内のインタビューに登場です。僕は今こんなことやってるから、なかなか週プロが読めずに、後で読んで面白いと思っても旬を逃したぁと紹介できないことが多いんですが、今週は死ぬほどやりくりして読んだので、そこからちょっとだけ気になったところを。

 まずは自分のことを口にする秋山。

週刊プロレス1512号 秋山のコメント
丸藤相手に「オレ、ちゃんと動けるのかな」って感じの不安はあった。
今でもあるよ。丸藤との試合が終わってもまだだろうなって、オレの中では結果だけじゃなくて、そこまでの過程とかもあるからね。
» www.sportsclick.jp

 現在の自分の精神、肉体についてさらけ出すことを厭わない。強がりがない。

週刊プロレス1512号 秋山のコメント
今までは怒ってることを作ってきたオレもいたけど、これからは怒ってる時には本当に怒ってる表情になるだろうし、嬉しいときは嬉しい、良かったなってときは良かったって出すから。それがリング上で表現できるようになってるのが40の良さというか、今までやってきて自然と培われた良さであると思うし。
» www.sportsclick.jp

 作り事のない自分をさらけ出していきたい。同じ号のインタビューで健介も似たようなこと言ってましたね。素人の僕が言うのもなんですけど、それでいいんだと思います。プロレスの試合って生の感情が出たときにぐっと印象深くなる気がするので。しっかりした選手ならそれで試合が破綻することもないですし。

週刊プロレス1512号 秋山のコメント
丸藤とやった時なんて自分の中の作り事なんかなく、試合終わった後によかった!できた!!」って思ったからね。
» www.sportsclick.jp

 フロントネックロックで倒れた丸藤に力強くアピールした瞬間。興奮冷めやらぬ表情。確かにグッとくるものがありました。

 話は進まぬ世代交代に。NOAHの大きなウィークポイントです。

 上を倒しても世代交代なんて無理だという秋山。

週刊プロレス1512号 秋山のコメント
オレらもよく言ってたよ。三沢さんを倒して、とか。倒したけど、だからと言って、じゃあ抜かしたかっていったら、抜かしてないわけじゃん。小橋さんもそうだし。
(略)
自分たちのものを確立するしかない。やってる人はそうじゃないって絶対に言うと思うよ。オレもやってる時はそう思ったもん。だけど、そうなの、絶対に。自分たちのモノを確立すればいいんだよ。
» www.sportsclick.jp

 その後、ジュニアは直接対決なくても世代交代できた、同世代の中でのせめぎあいで超えていくしかないんだ、という説明もしていました。ただ、ジュニアって小川なり菊地なりが超える対象だったのかどうなのかっていうところは絶対あります。

 同時代の選手同士で実績積むのは当たり前。でも、リング上で上の世代を超えたという証だって必要でしょう。上の世代に強烈なインパクトがある場合だったら必要不可欠。

 三沢だって鶴田と勝った負けたの試合をして、世代交代を果たしていった。三銃士が時代を確立したのだって、長州や藤波をコロコロいかせたという前提があってのことだと思うし…。初代タイガーマスクだって試合内容もさることながら、負けないことで伝説をつくってます。リング上の勝ち負けってやっぱり重要ですよ。意味を持ちます。禅譲でトップの座を確立した偉大なる先人、ジャンボ鶴田という例もありますけど、才能から考えたら凄い時間を費やしています。今、NOAHにそんな時間があるんでしょうか。

週刊プロレス1512号 秋山のコメント
下の世代はみんな「上の世代が動けなくなる前に早くやらないといけない」って言うと思うけど、すでに動けないからね(苦笑)
(中略)
(世代の確立は)自分たちのところで考えてもらいたいよね。小橋さんと今バチバチできるかって言ったら、できないと思うよ。
» www.sportsclick.jp

 でも実際はこれが現実なんですよね。秋山の言うようにやるしか選択肢がないんです。これがNOAHファンの苦悩でしょう。

 全体的に、(言える範囲の中で)本当にぶっちゃけてるインタビューという印象があります。言い訳だ、弱音だ、詭弁だと言われることを全くおそれていない、自然体のインタビューです。秋山って勇気あるなと純粋に思いました。

 そんなもろもろのぶっちゃけ発言の中で、僕的に一番フックしたのは、丸藤に対するこの発言。

週刊プロレス1512号 秋山のコメント
もっともっと自分の考えで自分のアイデアで自分がこれだと思ったら、周りに何を言われることなく、突き進んでほしいなと。丸藤が考え、丸藤が起こす行動なら、ボクは協力を惜しまない。
(略)
彼がやれば変わっていく。でも、そこに今までのモノが何か入ってくるようであれば、今までと変わらなくなるだろうし。
» www.sportsclick.jp

 全日本プロレス時代、三沢が小川と「アンタッチャブル」を作った際に、その名の由来は秘されていました。「誰にも触らせないということだよ」くらいの説明はなされていたけれど、それ以上の話はなし。だけど週プロの記者はその名の由来を理解しているような書きぶりで、記事を進めていたことがありました。

 後にそれが、当時の全日本の権力者にもガタガタ言わせないという趣旨からつけられた名称であるということがわかり、なるほどと思ったものです。週プロの記者は共犯関係だったのだなぁとも思ったものです。

 僕は上の、丸藤だけに限定した協力発言に秘めたるもの感じました。丸藤の理想に異を挟む者に対する牽制、そして週プロもまたその牽制を是としてバックアップしている、そういう事象の発露ではないかと瞬間的に思ってしまいました。飛び交う様々な噂がそんなことを思わせたのかもしれません。

 「アンタッチャブル」が再び出来なければならない何かが、なければいいのですが。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります▼

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。あれ、まだランクアップ継続中。凄い凄い。ぜひ一度見てください。そして喜びを分かち合いましょう。そんな義理はないでしょうけど…(猪木の石井戦発言に対する中邑風に)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (秋山インタビュー、一見の価値ありです。ぜひ全文をご覧ください)

 (雅央…。まあ、みんなが2番目に見たいカードだって思ってたら結果的に投票ゼロですからね。やむをえない!って何フォローしてるんでしょうかね、僕は。もろもろについてのアンケートを右サイドバーに設置してます。時間のある方はぜひご意見を!女子プロレスアンケートは14日・日曜日が最終日。駆け込み投票大歓迎です)

 (少なくともアンケートやってる間は今の形で続けます)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 祝!WWE殿堂入り。あの人、ちょっといいエピソード(10/02/13 第 位) | トップページ | 僕的MVPは…中邑、なのかなぁ(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第1位) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

丸藤」カテゴリの記事

本日の第1位」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47565024

この記事へのトラックバック一覧です: NOAH・秋山、(僕的に)気になる発言(10/02/13 第1位):

« 祝!WWE殿堂入り。あの人、ちょっといいエピソード(10/02/13 第 位) | トップページ | 僕的MVPは…中邑、なのかなぁ(2.14新日本両国大会)(10/02/14 第1位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート