« 【ニュース有象無象】新日本・春の祭典、対戦カード決定。傷心・後藤の名前無し…と思ったら ほか(10/02/15 第 位) | トップページ | 【ニュース有象無象】日の目を見なかった週プロ表紙写真が公開される(10/02/16 第 位) »

2010-02-16

棚橋VS矢野に足りなかったもの(2.14新日本両国大会)(10/02/15 第3位)

 2.14新日本両国大会セミファイナルは棚橋VS矢野の遺恨戦。

 唐突にスタートし、唐突にハサミがクローズアップされたこの遺恨。短い期間でやれるだけのことはやった(1,2,3,4,5,6,7,8)印象でしたが、蓋を開けてみれば、棚橋的に佳作の試合。去年のビッグマッチでは常に名作を生み出していた棚橋からしてみると、不作といってもいい試合でした。

 いろいろ原因は考えられます。まずは棚橋と矢野のいかんともしがたい序列の差。勝負の行方をハラハラしながら見つめる試合ではなかったということ。フィニッシュが、ビッグマッチでよく見せる”よく焼き”のハイフライフローでなく、片面だけのそれであったことからも、そのことが分かります。それが二人の今の関係なのです。ハサミを使って付加価値を高めてはみたものの、やはりこの格差を埋めきることはできませんでした。マッチメイクに難ありというところです。

 矢野が元来地味なレスラーであることも原因でしょう。あのぽてっとした体、試合が進むにつれ爆発していく金髪。僕的にはフックしないこともないこの風貌も、技を乱発しない雰囲気美人系の試合スタイルも、まだまだ求心力を得るところまで至っていません。

 ただ、これって、僕的にはそんな大きいことだと思わないんですよね。そういう食い合わせでも、燃える試合ってあるんですから。

 僕的に一番厳しいなと思ったのは観客の熱量。テレビを通じて伝わってくる歓声や熱気、それが圧倒的に足りなかったんだと思うんですね。こういう遺恨戦って狂ったようなお祭り騒ぎの中見るのが正解なんですが、そういうムードが乏しかった。少なくともテレビを通じてみた印象では不足していた。

 それは、ライブの観客がどうだというわけではなくてね。

 やっぱり観客の量が圧倒的に足りなかったと思うんですよ。主催者発表6,300人の観衆はテレビを通じてみてもやはり寂しかった。上の方の席がちらっとうつったときに、本当にドキッとしてしまいました。これだけ足りないと、どんなに頑張っても辛いんじゃないでしょうか。これで爆発的に沸かせる試合もありえるでしょうが、ちょっとハードルが高いです(むろん、棚橋が日本一のプロレスラーを自称し、エースであるとするならば、それを言い訳にしてはいけませんが)。

 僕が今回の大会を谷間だとか凪だとか書いたのは、結局これに影響されちゃったからなのかなぁと、今では思ってます。

 メインの試合も、改めて見直すと第一印象より悪くない。でも客席が爆発してないんですよね。いい感じはいい感じなんだけど、やっぱり少し正気っぽさが残ってる。それで僕もちょっと乗れなかったんだと思うんです。これはPPVだからかも分かりませんよ。ライブで観たらまた違う感触があったかもわかりません。でも、これが僕の感じた2.14両国でした。

 選手は凄く頑張ってます。空回りしてる場合もあるけれど、みんな力を尽くしてると思います。だから、フロントはその選手たちに報いるようなお膳立てをしてほしいです。世界的に不況だし、娯楽も多様化しているし、色々あります。言っていけばきりがありません。でも、売れているモノは売れているし、売っている人は売っている。プロレスだってもっと売れると思います。そんなに力の無いコンテンツじゃなかったし、まだまだいけると僕は思っています。

ミニアンケートにご協力ください。

こちらもよければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。…なかなか現実はうまくいかないものです。ランキング、「これが現実だ、これが現実だ」と真壁が吠えそうなアレになってます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (やったこと1から8までリンクしましたが、実は幻の9というのもありました。ほんと湯沢次長は気がきかない男…(言いがかりです))

 (興行過多…今となってはそうなんでしょうね。昔はそのくらいものともしなかったのになぁと90年代プロレス景気を知る者は思うのです、って同じくらいの世代の人ですね。もろもろについてのアンケートを右サイドバーにも設置してます。ご意見、是非お聞かせください)

 (少なくともアンケートやってる間は今の形で続けます)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 【ニュース有象無象】新日本・春の祭典、対戦カード決定。傷心・後藤の名前無し…と思ったら ほか(10/02/15 第 位) | トップページ | 【ニュース有象無象】日の目を見なかった週プロ表紙写真が公開される(10/02/16 第 位) »

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

棚橋」カテゴリの記事

コメント

両国、期待してたけど
興奮する試合というか 印象に残る試合はなかったように思えます
でもミラノにはやはりジーンと来ました

あっ 一番印象的だったのは
実況のアナウンサー 絶叫して声が裏返りまくり… 盛り上げようとすごく頑張ってましたね(^^)


ミラノ、うるっときましたよ。
家族にばれないように必死でした。

セミの終盤はホントもの凄い裏返りっぷりでした。
興奮しすぎ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47583681

この記事へのトラックバック一覧です: 棚橋VS矢野に足りなかったもの(2.14新日本両国大会)(10/02/15 第3位):

« 【ニュース有象無象】新日本・春の祭典、対戦カード決定。傷心・後藤の名前無し…と思ったら ほか(10/02/15 第 位) | トップページ | 【ニュース有象無象】日の目を見なかった週プロ表紙写真が公開される(10/02/16 第 位) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート