« 2010年3月4日 | トップページ | 2010年3月6日 »

2010年3月5日の4件の記事

2010-03-05

NOAH・杉浦の次の防衛戦は中邑? 棚橋? (10/03/05 No.4)

 一夜明け会見をキャンセルしてファンを心配させた杉浦でしたが、既に体調も回復。3日遅れの一夜明け会見を開きました。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|GHC王者がウイルス性胃炎に完敗!? 杉浦「半泣きです」=ノア
2.28プロレスリング・ノア日本武道館大会で新日本プロレスの真壁刀義を下し、2度目のGHCヘビー級王座防衛に成功しながら、翌日の一夜明け会見を体調不良により欠席した王者・杉浦貴が4日、あらためて東京・ノア事務所で会見を開いた。
» sportsnavi.yahoo.co.jp
杉浦が一夜明け会見キャンセルで平謝り - 格闘技ニュース :
一夜明け会見を欠席し、「キャンセルして申し訳ありませんでした」と平謝りしていた。
» www.nikkansports.com

 急性胃腸炎はかなりの症状だった様子。

週刊プロレスmobile

大会後に友人と食事している最中に「調子が悪くて、風邪みたいにだるくて。酒もビールも2杯くらい飲んでダメだって感じになった」

(略)

午後11時には帰宅。夫人も「なんでこんなに早く帰ってくるのよ!」とビックリ

(略)

胃薬を飲み安静にしていたが「ギューッて締め付けられる感じ」の痛みが続き、ベッド、ソファー、床に這いつくばるばかりで寝付けなかった。

(略)

そこで杉浦は食べ物か風邪から入ったウイル性の菌が原因の急性胃腸炎と診断(される)。

» www.sportsclick.jp

 ただ精神性のものやストレスによるものではないそうです。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|GHC王者がウイルス性胃炎に完敗!? 杉浦「半泣きです」=ノア
「精神的なものとかストレス性のものだったら、ちょっとカッコいいかな」ともチラリと思った杉浦だったが、胃自体は幸いにも健康そのものだったという。
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 カッコいいかなぁ。まあ悲運の男って感じではありますが。繊細さにあこがれるってのは、あるのかも分かりません。

 さて、「ちょっとお腹に力が入らない」様子ではあるものの、復活となった杉浦。当面の目標は、グローバルリーグ戦。一選手としてではなく王者として参戦すると意気込みます。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|GHC王者がウイルス性胃炎に完敗!? 杉浦「半泣きです」=ノア
「毎試合、防衛戦のような見方をしてもらっていい。負けられないですよね。チャンピオンなんだから、シングルで負けたら『何やってんだ!』ってなる。でも、それは早くから望んでいたこと。今はノアで誰が一番強いのか、やってみたいですよね」
(略)
公言どおりの全勝優勝となれば「完全に僕の天下ですね」
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 そして全勝優勝となれば、ノアに敵無しということになります。必然的に視線は外部に。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
東京スポーツ(紙面) 本当は次はノアの選手と防衛戦って思ってた。だけど全勝優勝したら、ノア内でやる意味がなくなるから、また外敵とやる。まだ借りを返せてない相手が何人かいるしな。
» www.tokyo-sports.co.jp

 東スポ曰く、借りを返せてない相手とは棚橋、中邑、天山の3人。

 棚橋にはIWGP戦で敗れ、中邑と天山にはG1で敗れています。天山はまだ負傷中(そもそも新日本と契約してるんでしょうか。ずっと保留してた気がしますが)ということで、必然的に対象は棚橋、中邑に絞られてくる。

 杉浦が狙うのは、新日本の二大看板です。

 まあ、そもそも全勝優勝すればという条件付きなので、なかなか難しい話ではありますが。

 ただ、もし全勝優勝となれば、新日本の無敵王者・中邑との頂上対決への機運が高まってくるはず。もちろん、そうはうまくいかないのが対抗戦なんですが、たまには僕らファンを心底びっくりさせてほしいといいますか。目が覚めるようなインパクトがほしいといいますかね。

 でも、そうなると…。もろもろ考えた結果、中邑の方が分が悪い気もするので痛し痒しです。新日好きの僕的には。

■右サイドバーの新しいアンケートにご協力ください→

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (これが今日の僕の限界ですね)

 (「中邑真輔が表紙だと2冊は必ず買う」。ファンの鑑ですね! 僕も仲間由紀恵ちゃんが好きだったときは…、って誰も幸せにならない話なのでやめましょう。右サイドバーで「2月」、「週プロ」及び「秋山と全日本」アンケートを実施しています。是非是非ご意見を。「秋山と全日本」は明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

NOAH・田上社長、噂の10周年記念興行についてチラリ(10/03/05 No.3)

 田上社長ネタで1日2回更新するブロガーも僕くらいのもんでしょう!

 

 今週月曜の東スポで夢プランとして明かされた、NOAH10週記念興行3回開催案。

 曰く

  •  ドームクラスの会場で1回開催する計画だったが、路線変更。
  •  対新日本、対全日本、対インディー&フリーの3大会に分けて開催。
  •  開催時期は7~8月。
  •  会場は有明コロシアム、大阪府立第1、武道館、両国あたりが候補

 なんだとか。

 丸藤副社長の、

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント
東京スポーツ(紙面) ひとつの興行にすべてを詰め込んでしまうと、一試合一試合の価値が落ちるような気がする。それに他団体の選手に(出場を)お願いした場合は、ひとつの興行では収まりきらない。それなら複数に分けた興行もありだと思う。
» www.tokyo-sports.co.jp

 なんてコメントも載ってました。

 でも、これ見たとき、本当にこんなの出来るの? と思いました。

 「レスログ、夢が無いな」と言われればまあそうなんですが、現実問題、前日の武道館大会がかなりの不入りだったわけじゃないですか。いくら他団体呼ぶとはいえ、3分割して大丈夫? 営業も3分割しなきゃだけど大丈夫? って思っちゃいます。小坂記者には悪いんですが、こんなタイミングでこんな夢みたいな記事持ってこられても…と思ってしまいましたね。まあ、暗い話題を吹き飛ばすという意味では良かったんでしょうけど…。

 そんな10周年記念興行について、田上社長が初めてコメントを出しました。

週刊プロレスmobile

ある程度大きい大会を考えてます。予定としてはうちの旗揚げが暑かった頃だから、暑くなる頃。うちだけじゃなく、よその日程も考えて。

(略)

東京が主体でしょうけど、大阪も考えてます。(大会を)やることはやるけど、どこで誰を呼ぶっていうのはまだ決まっていない。

» www.sportsclick.jp

 複数日、複数会場、7~8月っていうのは、あながち嘘じゃないっぽいですね。東スポ、ゴメン。でもそうなってくると、「フリー&インディー」の日には本当にIWAのUMA軍団が出てくるんでしょうか。デスマッチヘビー級選手権が行われ、有刺鉄線、金網マッチも行われたりするんでしょうか(以上、今週月曜の東スポより)。まあそれはそれで見たい気もするんですが…。続報を待ちたいですね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (「ちょっと異色なのも入れてみたい」。前のエントリーには書きませんでしたけど、グローバルリーグ戦参加メンバーについてこんなコメントもしてました。「タイトルコンテンダーばかりの厳選メンバー」からちょっとだけ路線変更ですかね。誰が出てくるのか気になるところ)

 (「全日時代最後のパートナーとの師弟対決」。こんなの僕も忘れてましたよ。素晴らしい記憶力。右サイドバーで「週プロ」及び「秋山と全日本」アンケートを実施しています。是非是非ご意見を。「秋山と全日本」は明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

たまには小川直也のいいところも拾ってみます(10/03/05 No.2)

 東スポプロレス面トップ記事は「小川 1対2マッチ要求 蝶野&健介」。ああ、そうなんだというのが正直な僕の印象。

 今ひとつ小川直也には乗り切れないんですね。言ってること(いかにもプロレスの達人)とやってること(試合になると…)のギャップが、僕的には整合性とれなくて。

 人間は矛盾する生き物というのは分かってるし、もしかしたら昔のクリスチャンとかデビュー当時のカート・アングルみたいな勘違い系ヒールを志向しているのかしらんと思ってみたこともあったんですが、それでも乗り切れない。こちらの方みたいにファンタスティックな見方ができればなぁと思わなくもないんですが、そこまで到達できないといいますか。

 乗れたら、こんな痛快な選手いないと思いますけどね。僕の修行が足りないんでしょう。

東京スポーツ(紙面) 小川のコメント
東京スポーツ(紙面) 健介もこれでトンズラしちゃいけない。今、どこのリングに上がるのがレスラーとしてやりがいがあるのか考えろ。IGF以外に上がったところで、レスラーとしての張り合いはあるのか
» www.tokyo-sports.co.jp
東京スポーツ(紙面) 小川のコメント
(蝶野と健介)1対2でまとめてかかってこい! レジェンドに行きたがってるヤツと、いつまでもカミさんのケツに敷かれてるヤツなら1対2で十分だ。今度、IGFに上がる時は生活感にじませてくるんじゃねえぞ。
» www.tokyo-sports.co.jp
東京スポーツ(紙面) 小川のコメント
(澤田と中嶋)弟子対決は巌流島でやらせたい。
» www.tokyo-sports.co.jp

 東スポっぽい発言連発でいろいろレスポンスしていきたいところなんですが、誰も愉快な気持ちになれないと思うので断念します。

 ただ、僕的にフックしたのが一カ所。

東京スポーツ(紙面) 小川のコメント
(蝶野について)だいたい、客の前でテンぱるな。師匠が言ってたじゃねえか、一寸先はハプニングってな。
» www.tokyo-sports.co.jp

 これって2.22IGF東京大会で、小川が解説席の蝶野を挑発してたときのことですよね。蝶野が不意打ちにニヤニヤしながら何もリアクションしなかったときの。あれを称してテンぱってると言ってるわけですよね。

 あのときの小川の「モジモジしてねえで、あがってこい!」みたいな発言(うろ覚え)、あれ良かったです。

 蝶野がニヤニヤしながら、体を微妙にゆさぶってた姿。トイレでも我慢してるのかしらんといった感じのあの振る舞い。まさに「モジモジ」と表現するのがしっくりくるアクションでした。あれを、当意即妙にぱっと表現できた小川は凄いと思う。マスコミのどこも拾ってない(と思われる)発言ですが、あれこそここ数年の小川の発言で一番納得ができたものです。

 ミクロなことを言いやがって、と思ってはいけません。細部にこそ真実は宿ります。小川言うところの「プロレス村」なら、「チキン」とか、「びびってんのか」とか常套句で片付けがちなあのシチュエーション。でも異分子小川ならこう表現できる。ブロレスらしくない表現が躊躇なく出てくる。そういうことって他にもいっぱいあると思うんですよ。試合の中であってもどこであっても。

 小川が、自分の異分子性をうまく使えば、まだまだ新鮮さがでてくる。やりようがある。あの「モジモジ」からはそんな希望が垣間見えました。紋切り型の暴走キャラにブラスアルファがつけば……って、まあうまく使うのが難しいから今のアレなんでしょうがね。

 そんなことを思い出させ、考えさせてくれたこの東スポ発言は、僕にフックしました。って、無理矢理ですかね、はい。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (倦怠感)

 (「ゴングがないので」。行間を読ませるコメントです。右サイドバーで「週プロ」及び「秋山と全日本」アンケートを実施しています。是非是非ご意見を。戦国武将祭アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

NOAH・田上、身を引く(10/03/05 No.1)

 丸藤副社長の大車輪ぶりばかりが目立つNOAHの首脳陣。全日本の社長に三沢が就任したあの頃を思い出します。あのときの三沢も、試合に、会見に、興行改革に孤軍奮闘していました。大車輪という言葉がぴったりでした。

 社長といえば、田上社長は何やってるの?と首を傾げる善男善女もいらっしゃるかもしれません。僕もそう思った瞬間がありました。もちろん次の瞬間には、社長には色々な仕事があるはずと思いなおしましたが。トップマネジメントはやったことないから分かりませんけど、大きなスポンサーまわりとか、社長の格でなければできなくて表には出ない仕事もあるはずです。

 あるいはリングの上で意地を見せるのも、社長レスラーの立派な仕事じゃないでしょうか。48歳という高齢になりはしたものの、まだまだ田上火山の噴火に期待するファンも多いはず。プロレスは歴史に重きをおくものですからね。そういったファンの期待に応えることもまた、社長レスラーとしての責務です。

東京スポーツ(紙面) 田上のコメント
東京スポーツ(紙面) (グローバルリーグへの)出場? 考えてません。もう自分で自分の力を知ってるんで。俺が出てお客さんが喜ぶかよ、バーロー。
» www.tokyo-sports.co.jp

 って、やる気ゼロですね、あなた。

 東スポも「いかにも面倒くさそうに不参加を予告」と煽ります。

 でもまあ確かに、厳選メンバーを謳うGHCリーグ戦に今の田上社長が出るのは厳しいものがありますね。それこそNOAHのヘビーはそこまで人材難なのかと思われてしまうかもしれません。ここで身を引くのは当然でしょう。

週刊プロレスmobile

(俺が出て)社長できなくなると困るから。元気がいいところが出てくれると思う。

» www.sportsclick.jp

 社長業に期待しろと、自らハードルをあげる田上社長。期待してますよ。

 

 それにしても、東スポの「田上もう春眠」という記事。実に43行を費やして田上社長を語っていますが、この会見の本来の趣旨であった、マイティ井上レフェリー引退記念興行については最後の最後に6行触れて終わり。このドラスティックぶりが東スポらしいですね。読者が知りたいのはこれだ! という取捨選択が実にダイナミック。ダイナミックT3と呼びたい。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (ダイナミック・マシンについては「分からない。高山かもしれねえだろう」とコメント)

 (「鈴木健次長が退社して読まなくなった」。僕も寂しく思ったものです。右サイドバーで「週プロ」及び「秋山と全日本」アンケートを実施しています。是非是非ご意見を。「秋山と全日本」は明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年3月4日 | トップページ | 2010年3月6日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート