« 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月8日 »

2010年3月7日の3件の記事

2010-03-07

プロレスは、いかに戦国を闘ったか(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07 No.3)

 前回のエントリーの続きです。

 選手達が行ったプロレスの試合は極めて普通のものでした。というか、普通の試合よりもややテンションが落ちるものだったかもしれません。印象の話なんですけど、こころもち動きがゆったりした試合だったような気がします。派手な動きもやや抑えた感じ。メインより前は特にです。プロレスを普段見ない人向けのなんらかの配慮があったのかもしれない、とやや穿った見方をしたくなるほど。いつもどおりの試合だったら凄く沸いた気もするんですが…。

 というのが、決して、プロレスファンでないと思われる人達の反応が悪くなかったんです。自分の目当てのもの以外のものもきちんと楽しむ心構えがあったように見受けました。というか、プロレスの試合を含んだ歴史イベント、ゲームイベントを楽しもうという気持ちがあったんでしょうね。

 その代わりプロレスの試合で予定調和的に沸くところで沸かなかったり、沸かないだろうというところで沸いたりと、かなり面白い様相を呈していました。

 グランドの攻防では全く反応がありません。武藤がグランドでフェイスロックを極めたシーンなんかホントに静か。まあフェイスロックって確かに沸く技じゃないですよね。でも、純粋なプロレスの会場なら、そこで「ムトー!」とか歓声が飛んだりするじゃないですか。それが本当に水を打ったように静かなんです。生体反応無しって感じで。器が大きいだけに凄く空気が重くなりました。

 続いて武藤の話で恐縮です。武藤が、つなぎでシャイニングウィザード(だと思う)撃ってったシーンがあったんですけど、そこも全く静か。これは当たりが非常に浅かったから。こういうとき、純粋プロレス会場でも微妙なリアクションになりますが、あの場では微妙でなくて無。そういうところに凄くシビアなんですね。その代わり、けれんみたっぷりに撃ったフィニッシュのSWにはいいリアクションでした。沸かないわけじゃないんです。

 第一試合、ドロップキックの相打ち後、きりっと向かい合ったりするのにはいいリアクション。こういう殺陣っぽいのは「分かる」んです。ちょっとトンボきったりするのにも拍手。それからメインで、青木が高山にカナディアンバックブリーカーやられてるときに、「負けるかぁ」だったかな、そんなこと言った局面があったんですが、ここでも沸いて、大拍手。いい動き、いい気迫には沸くんです。それって凄く当たり前のことなんですけど、凄く新鮮。僕たちが見過ぎてて、見過ごしてることがたくさんあるということですよね。

 そういえば、拍手が長く続くのもプロレス会場らしくなかった。プロレス会場だと拍手しつつも、次のアクションにも身構えるから、必然拍手が短くなります。それが、惜しみない拍手って感じの長い拍手がくる。試合中なのに。へぇと感心することしきりでした。

 今まで書いてきたリアクションが、プロレスを知らないけれど、プロレスを楽しむ気がある人達のリアクションなんですね。案外地方興行とかのヒントになったりして。

 一方で、プロレスファンにもそうでない人にも「分かった」のは飯伏の凄玉ぶり。ひいき目抜きに、これは伝わってたと思います。その場跳びのファイアーバードスプラッシュとか、独自の動きが、会場全体を沸かせてました。高山を大きな弧を描くジャーマンで投げきったのも圧巻でしたね。

 思えば、飯伏と石森だけが武将名で声援もらってました。ミツナリ! とか、モトチカ! とか。歴史ファンにも彼らの試合が届いた、そう信じたいところです。実際、ああいうタイプの選手が一見さんにも届くのでしょうし。あ、あと高山も呼ばれてましたね。「忠勝、行けぃ」って野太い声で。次の瞬間、ほんとに出て行く流れだったから、笑ってしまいました。あの忠勝も凄かったですね。体の縮尺が一人ずば抜けて違うから存在感が圧倒的でした。

 

 あれ、まだ書きたいことがあるな。雑感的に。最後の最後にもう一回だけ続きます。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

(獅子一色興行、行ってきました。高梨ってホント凄い。いるところにはいますよ、地上の星が)

(昔から限られた書店でしか見かけませんでしたが、輪をかけて見なくなりましたね、週プロ。コンビニも、僕の周辺では置かれる場所がだいぶ限られてきました。右サイドバーで「2月」及び「週プロ」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。「秋山と全日本」アンケートは終了しました。ご意見ありがとうございました。まさか船木がトップとは思いませんでした。過去アンケート置き場に移動済み)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

合戦とは何だったのか。やっぱ武藤は貫禄がある(3.6戦国武将祭さいたま)(10/03/07 No.2)

 前回のエントリーでは合戦周辺のことを書きましたが、今回は合戦のことをちょっと。

 意欲的でした。

 試合周辺は。

 試合は各合戦の中に組み込まれています。合戦は、声優により演じられるドラマからスタート。リング上に語り手(これも声優)、ステージに武将役の声優が並んで、声のドラマを演じます。大きなビジョンにはそれに合わせて、CG紙芝居的な映像が流れる仕組み。舞台の上で台本読んでるのが興ざめな感はあるんですが、そういうものなのでしょう。「あの声優の演じてる姿が見られる!」ってのがキモなんでしょうしね。

 そうそう、声優がその役で初めて喋ってビジョンに映るとき、声優ファンからキャーーって声が飛ぶんですね。これ、面白い。WWEでロック様(僕のWWE知識が古いもんですいません)が、ビジョンに映ったらキャーーってなるじゃないですか。スキットのとき。ああいう感じです。って、ちょっと伝わりにくいですかね。日本プロレスファンにも分かりやすくいうと、高木がぼよんぼよんギャルの電話番号消されて途方にくれ「どっかにぼよんぼよんいないかなぁ」と嘆いてたとき、横でポールダンスしてる唯我が映り込んだあの瞬間みたいな感じ。マッスル4でランジェリー武藤が映り込んだあのときと言ってもいいでしょう。…えー、もっと伝わりにくいですね、すいません。しかも微妙に違うし。ともかく、こんなところでWWE的世界が感じられるとは思いませんでした。

 で、話戻しますけど、ああいう異文化ファンが盛り上がるときって、プロレスファンはやさぐれてしらけムードになるものと相場が決まってるんですが、今回はさにあらず。思ったより、みんな楽しんでる様子。歴史物語っていう軸があるからなんでしょうかね。非常に好意的な空間でした。

 そして声優演じるドラマが終わると、パフォーマンスに突入。多くのパフォーマーが登場してステージ上やステージ花道脇で何かを表現。あえていうと、ここらへん蛇足な感なきにしもあらずなんですが、許容範囲でしょう。特に会場から拒絶反応は見られませんでした。

 そうそう、合戦する武将のCG、ビジョンに並べて、対戦カードを一枚画で紹介するんですよ。WWEでやってるこんな感じで。これも面白いですね。今や日本のプロレスでもこういうの出したりしますけど、やりたい放題のCGだとバラエティ感が凄いんです。本家WWEも顔負けのゴージャス感が漂ってきます。ちなみに表示される対戦カードに選手名は無し。武将名のみ。こだわってます。

 そしていよいよ選手入場。入場曲は選手の入場曲でないオリジナル。ゲームで使ってる音楽なんでしょうかね。そこらへん良く分かりませんでした。

 どの選手も武将のコスプレで入場。

 やっぱり武藤の我が物顔感は凄い。第一試合、しょつぱなの入場なのに実に堂々。俺がスターだ、文句があるかという感じで入場してきます。しかもノリノリ。はい、誰も文句言いません。

 あとはAKIRAはさすが。雰囲気ある、けれんみたっぷりの入場。こういうとき舞台俳優の経験が生きてくるんでしょうかね。舞台俳優といえば船木もそうですが、こちらも別の意味で雰囲気があったといいますか。けれんみはゼロなんですが、リアルに合戦に出向く感じでした。まあ、いつもどおりが、あの場にはまっていたというところ。けれんみをなくしたスティーブ・ブラックマン(これも古いね)みたいですね、船木。高山は出てくるだけで凄い。でかくて迫力あるから。首のまわりのなんかよく分からないでかい玉(数珠?)も素敵です。飯伏幸太はテンパってる感じですが、コスプレの嬉しさも隠せない感じ。妙な半笑い。この日一番素の自分のまま入場したのは飯伏かもしれません。そして試合で一番パフォーマンス出してたのも飯伏かもしれませんね。

 なかなか試合に触れられませんが、もう一回だけ続きます。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください。ああ、10時付けで「にほんブログ村」の方、最高位獲得。同率ですからすぐランクダウンでしょうが)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

(姫武将の水野裕子ちゃんも格好良かったです、はい)

(ミノワマンとネクロはホントに面白かった。いい意味でのデタラメ試合。ファンタスティック。ちょっとタイミング無くてエントリーにはできませんでしたが…。右サイドバーで「2月」及び「週プロ」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。「秋山と全日本」アンケートは終了しました。ご意見ありがとうございました。まさか船木がトップとは思いませんでした。過去アンケート置き場に移動済み)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

MVPはGackt。これ、しょうがない(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07)

 家からそう遠くないので行ってきました、戦国武将祭このblogで取ったアンケートでもプロレスファンの関心が薄いイベントだと伝わってきましたし、僕もパスかなぁと思っていたんですけど、それでも新しい試み、見ないと後悔すると思って行ってきました。

 朝10時頃に様子を見に行ったら、既にスーパーアリーナ凄い行列。ファン層も随分プロレス会場と違う。若い女の子が多い。男もまあいわゆるマニアっぽいといえばマニアっぽい人が散見されるわけですが、それでもプロレスファンと空気が違う。「これって凄いこと! メディアミックス、シナジー効果の威力! 」と思いつつ、よくよく話を聞いてみると、楽市楽座(物販スペースほか)の参加者の行列なんですって。楽市楽座は早めに開場なのね。なるほどねぇ。

 楽市楽座、時間を改めて行ってみましたが、ちょっと寂しい感じでした。色々展示の数はありましたけど、そう長く滞在する場所じゃない感じ。僕は家族4人で行ったんです。全国の戦国ゆるキャラ大集合とか、イベント的なものもあったので、子供も楽しめるかなぁと思ったんですね。でもそうでもなかったです。子供も早々に倦怠期に。

 プロレスグッズのスペースもありましたけど、そこも一回見れば終わりといいますかね。ゲームファン、歴史ファン、声優ファン、アーティストファンも、物足りなかったんじゃないでしょうか、たぶん。あ、でもゲームとかパチンコの試有スペースみたいのがあったから、それはもしかしたら楽しめたのかも。あと生「大家健」と生「高木三四郎」に会えた妻は感激してました。我が家では、紛う事なきTVスターですからね。

 公式サイトのFAQがコスプレにスペースさいてたので、もしかしてコスプレを楽しむイベント? とも思ってたんですが、そうでもなし。確かに何組かいらっしゃりまして、おお、生コスプレってたぶん初! とか興奮しましたが、そんなにどこ見てもコスプレさんがいるって感じじゃなかったです。まあ行った時間の問題もあるかもしれませんが。

 唯一評価できたのが、食べ物がそう高くなかったこと。こういうイベントだと食べ物が高くて、えーーっとなることがあったりするわけですが、そういうのはなし。まあ普通って感じでした。でも、これ物販スペース入るのに1,800円かかるわけですからね(戦国武将祭本体のチケット持ってる人は無料)。これで食べ物まで高かったらおそろしいイベントです。

 あの価格設定って何なんでしょうか。1,800円出して物足りないもやもやを、イベントチケットへのアップグレードの原動力にしようということなんでしょうかね。昔の全女の地方興行方式といいますか。招待券で入れてひどい仕打ちで…、みたいな。でも、それよりなによりガッカリ感が強い気がしますが。1,800円でアレだと、ホントびっくりだと思います。

 結局、僕らは30分くらいで出てしまいました。

 戦国武将祭本体については大名シートで入ったんですが、小雨そぼ降る中、30分開場を待たされました。90年代前半のウイングが甦ります。入ったら入ったでエスカレーター使用禁止。階段による苦行を強いられます。「これが大名への仕打ちか! いざ打ち首! 」と思いましたが、10,000円でそこまで人間えらくなれないのだろうと、すぐ思い直しました。謙虚。記念品でもらった特製ペットボトルホルダー(っていうの? )は、たまたまほしかったのでありがたかったです。

 試合の中身については、一旦分けて次のエントリーに譲りますが、興味深いものがありました。面白さという意味においてはチケット代には及ばぬこと当然ですが、勉強になったといいますか。案外5,6回やったらわかんないよという感じでした。そんなチャンスはないのかもしれませんが。

 プロレスのメインが終了し、最後まで会場に一体感がなかったなぁと思っていたところで、突如プロモーションビデオ。観念的な映像。と、同時にこれまで聞いたことがなかった歓声の渦。音楽聞いたら分かるんですかね。Gacktの登場です。大河ドラマの上杉謙信を思い出させる武将姿! 2曲を披露!

 もう凄い騒ぎ。Gacktファンばかりじゃないんですよね。声優ファンも、さっきまで試合に歓声送ってた男性ファンもみんな手を前後に振って、ノリノリです。うそ~ん、という感じ。終始自分の好みでないであろうジャンルに好意的であったこの日の客席でしたが、それにしたってこれは凄い。参りました。最後の最後にこの一体感。格が違います。どうしょうもない壁の高さを感じました。プロレスがこういう境地まで達することが果たしてあるのかと、素直に思いました。

 MVPはGackt。これ、しょうがない。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください。)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 (今日はもう一つの武将祭に行きたいかも)

 (僕は第一部のジョジョが一番好きです。あとは余生といいますか。まあ少数派ですね、すいません。右サイドバーで「2月」及び「週プロ」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。「秋山と全日本」アンケートは終了しました。ご意見ありがとうございました。まさか船木がトップとは思いませんでした)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月8日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート