« 2010年3月8日 | トップページ | 2010年3月10日 »

2010年3月9日の3件の記事

2010-03-09

全日本・武藤も長期欠場へ。両国も出場せず。されど気持ちは前向き(10/03/09 No.3)

 全日本プロレス3.21両国大会のカードが発表されました。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|メーンは小島vs.浜の三冠王座戦、船木vs.みのるは完全決着へ=全日本プロレス
■全日本プロレス「2010プロレスLOVE in 両国 vol.9」
3月21日(日)東京・両国国技館 開場15:00 試合開始16:00

<メーンイベント 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
[王者]小島 聡
[挑戦者]浜 亮太
※王者小島聡は2度目の防衛戦

<セミファイナル 世界ジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
[王者]カズ・ハヤシ
[挑戦者]KAI
※王者カズ・ハヤシは9度目の防衛戦

<第6試合 シングルマッチ ~金網マッチ~ 時間無制限1本勝負>
船木誠勝
鈴木みのる
※レフェリーストップ、ロープブレイク無しの完全決着ルール

<第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
西村 修、曙、近藤修司
TARU、ビッグ・ダディ・ブードゥー、稔

<第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
諏訪魔
河野真幸

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
KIYOSHI、BUSHI
チェスマン、ダーク・オズ

<第2試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
太陽ケア、NOSAWA論外、MAZADA
レネ・デュプリ、ヘイト、歳三

<第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負
真田聖也、大和ヒロシ
スペル・クレイジー、中之上靖文
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 はい、武藤の名前もムタの名前もありません。特にムタに関しては、ジェロニモがどうとかで出現を煽っていたのに、肩すかしです。

 正直、ややパンチが欠けるカードになったことは否定できません。武藤(ムタ)の不在は大きい。そういう声が巷に溢れることでしょう。

 ただ、ビッグマッチに穴があいたのには、当然、理由があります。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|武藤が右ひざ手術を決断、長期欠場へ=全日本プロレス
全日本プロレスの武藤敬司代表取締役社長は9日、都内の全日本プロレス事務所で会見を行い、変形性膝関節症右膝関節内遊離体の手術のため12日の千葉・銚子市体育館大会から今シリーズ全戦を欠場すると発表した。
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 主力の欠場続きのマット界(というかNOAH界)ですが、ここまで波及してしまうとは。

 本当にプロレス界は踏んだり蹴ったりです。

 症名はなんだか難しいですが、いわゆる「関節ねずみ」というヤツですね。このねずみが膝関節の動きを邪魔しているため、除去する手術を行うというわけです。

 せめて大事な両国くらいは出た方がいいのでは、という人もあるかもわかりません。僕も第一印象でそう思いました。上のリンク先にもありますが、手術は4月なのですから。

 ただ本人的にはそれも辛いみたい。

週刊プロレスmobile

今年に入ってから痛みが大きくなって、日々、痛みと闘っていた。それで今シリーズ入ってプロレスをやる中で、逆に周りの足を引っ張ってるなって思って、そういう精神的なショックが自分の中でありましたね。

» www.sportsclick.jp

 だいぶ切羽詰まった状況なんでしょうね。

 また、いつかは直面する武藤の引退に向けて、他の選手の奮起を期待したいところもあるのでしょう。

週刊プロレスmobile

オレはつねづね言ってるけど、全日本プロレスっていうのは根付かないといけないし、オレがいようが、いまいが今後ずっと残らないといけない。そういうなかでこれは逆にチャンスであり、ほかの選手に頑張ってもらいたいですね。

» www.sportsclick.jp
週刊プロレスmobile

(自分がいない全日本への不安は?)不安はあるけど、こんなものはなるようにしかならないから。いずれは武藤敬司という肉体は絶対に滅びるわけで、それと同時に全てが滅んだら本末転倒になるわけでね。

» www.sportsclick.jp

 継続性ある事業活動が求められる昨今、全日本にもその試金石となるイベントが発生したということなんですかね。

 ただ、本当にチャンスではあるんです。天龍離脱後の全日本で三沢が頭角を現したように、猪木が現場から消えると同時に三銃士が芽を出したように、ポジションによって人は作られます。磨かれる機会がなければ、玉も光ることはありません。無論、本人の気持ちは必須でしょうが。

 復帰の時期を問われる武藤。

週刊プロレスmobile

わからないね。オレ一人でどうこうできるものではないから。生まれたままの元通りの足にはならないんですよ。

(略)

(ヒザの中を)開けてから分かることもあるだろうし、医者の方の手応えもあるだろうしね

» www.sportsclick.jp

 ショッキングなことをさらっと言ってのけます。もう戻らない足にも淡々とした語り口です。

 そういえば「この足、プロレスにくれてやる」も武藤の言葉でしたかね。多分に売り言葉ではあるんでしょうが、まぎれもなくそれを実践しています。起こってしまったことは売っていくしかないプロレス界。プロレスラー。

 プロレスラーの覚悟、凄味はこういうところにも感じられます。今となっては限られているであろうギャランティが、決して体の慢性的な痛みに報うことはないのに、それでもレスラーは闘い続けるのです。

 しかし武藤のコメントに悲壮感はありません。あくまでも前向きです。

週刊プロレスmobile

レスラーである以上、(試合内容の)クオリティーも追求したいわけであって。それができなくないからこそ、今回の手術にいたりました。

» www.sportsclick.jp

 まだ希望があるから手術に踏み切る。ごまかしの無い試合をするために、あえて欠場の断を下し、手術の道を選ぶ。手術は今回で4度目なんです。それでも前を向き続けているんです。

週刊プロレスmobile

またオレが戻って来るときに、オレにジェラシーを抱かせるような現場になっていて欲しいな。オレもきっちり治して、よりいい武藤敬司で帰ってきますので、

» www.sportsclick.jp

 願わくば、この武藤の言葉どおりの現場であってほしいですね。

■アンケートに御協力ください。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

■関連ビデオ

武藤WCWからの凱旋帰国第一戦(武藤が全部もってった試合。生で観ました。当時の新日らしくなかったのに凄く盛り上がった)

(ちなみに両国への来場はあるみたいですね、武藤。何かちょっとしたアクションくらいは期待したいのですが、ダメですかね)

(行く末が心配になったのは田中戦の敗戦からででしょうか。発言の危うさからでしょうか。右サイドバーで「全日本3.21両国」、「2月」及び「週プロ」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

歴史を塗り替えた男・蝶野正洋からすると、もはや小川直也戦など小さなことなのか(10/03/09 No.2)

 戦国武将祭2日目で、生き霊として「関ヶ原の戦い」に乱入。東軍を勝利に導き、歴史を塗り替えることに成功した、蝶野”第六点魔王・信長”。日本史に名を残す大仕事でした。

 ってまあ自分でも何書いてるんだと思わないでもないアレですが、その蝶野が試合後コメントを残しています。小川の、次期GENOMEでのハンディキャップ戦(小川VS蝶野・健介)要求に対してです。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント
東京スポーツ(紙面) 体のオーバーホール期間に入ったばかりだし、5月と言われても視界には入ってこない。
(小川に対して)
特に何も言うことはないよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 まったくにべもないですね。

 やはり天下統一の立役者になった蝶野からすると小さな仕事なんでしょうか(しつこい)。

 だけど、実際、武将祭初日の蝶野を見る限り、現時点での小川戦は早計でしょうね。ベストな体調でもいい試合ができるのか微妙な顔合わせで、ましてや体調不十分。本当に業界のことを考えるならもう少しひっぱったほうがいいのではないかと、老婆心ながら思います。

 あるいは、やりようで体調をごまかせる試合形式ならアリかもしれないです。そう、ストリートファイトマッチならアリかも。

 遺恨試合を表現するにはもってこいの形式ですし、ああいうセオリー無視の試合ならば小川が映える可能性も高い。かつての大仁田FMWの成功はストリートファイトマッチが鍵だったと思うんですよね。

 願わくば蝶野にはスーツ姿で臨んでもらいたい。小川は「ふざけてんのか、コノヤローッ!」とか言うと思うんですけど、「路上の俺は正装だ、オエー」くらい言えばなんか納得得られるし、スーツ姿が格好いい蝶野なら観客興奮すること請け合い。そういえば昔、川崎球場でサンボとリッキーがスーツ姿でやったことありましたね。ストリートファイト。あれは、グラジ(だっけか)とかに蹂躙されてひどい姿になってましたが、蝶野ならばそれも(たぶん)大丈夫。もし「ストリートファイトマッチ」が大仁田臭してイヤなら、「ドレスアップワイルドファイト」ということで一つ。こちらはこちらでJWP的名称ですが…。

 スーツの蝶野に対して、小川が柔道着着てくるなら、更に盛り上がるんじゃないかしら。ってトゥー・マッチですか。それで、健介はパワー・ウォリアーでとかなったら、喜ぶの僕だけ。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント
メジャーと言われる団体にも解説という立場で行く話が固まりつつある。
» www.tokyo-sports.co.jp

 と、今後について語る蝶野。今は何を挑発されても、臥薪嘗胆がいいかもしれません。ていうか、全日本の両国かしら、解説。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

(はい、25分で頑張りました! ちなみに蝶野、戦国武将祭については「楽しいイベントだったし、他ジャンルとの融合は刺激になった。業界のためにも、今後も継続してこういうことをやっていければ」とコメント。僕も刺激になりましたよ。反省点も色々あると思いますが、やってよかったんじゃないでしょうか)

(右サイドバーで「2月」及び「週プロ」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

NOAH・杉浦、全治一ヶ月。今こそNOAHに夢がほしい(10/03/09 No.1)

 NOAHの杉浦が昨日のSEMを欠場しました。

 左ひじ骨折。

 聞くだにこの日の欠場だけでは済まなそうな診断です。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|丸藤が井上に“完ぺきな”勝利=ノア
試合開始前には左ひじ骨折により今大会を欠場した現GHCヘビー級王者・杉浦貴がリング上であいさつ、「戦国武将祭(6日、さいたまスーパーアリーナ)で左ひじを骨折してしまい、申し訳ないです。4月のリーグ戦には必ず戻ってきたいと思います」と、4.10後楽園から始まる「SpringNavig.'10」シリーズでの復活を約束した。
» sportsnavi.yahoo.co.jp
週刊プロレスmobile  杉浦のリング上欠場挨拶

3月のシリーズは全休すると思いますが、4月のリーグ戦には必ず間に合わせたいと思います。

» www.sportsclick.jp

 バックステージでは更に詳しい状況についても。

週刊プロレスmobile

戦国(武将祭)でキックもらって最初はちょっと痛いなと思ったんですけど、もともとヒジはよくないし、いつものことだなと思って試合もできたんで。

» www.sportsclick.jp

 そんな状況で、オリンピック予選スラムを決めたんですね。

 家康を全うするために、忠勝(高山)を退かせて。

 当たり前のことですけど、プロレスラーは大変です。

週刊プロレスmobile

その日の夜はなんでもなかったけど、次の日にすごい晴れだして(略)もう寝られないぐらい痛くて我慢できなくて、今日昼ぐらいに病院に行って。そしたら大きな骨じゃないけど、骨折しているということで、全治1ヶ月と言われました。

» www.sportsclick.jp

 全治一ヶ月ということは、確かにギリギリ、リーグ戦に間に合いますが…。

週刊プロレスmobile

望んでいたシングルのリーグ戦だし、会社で盛りあげたいって気持ちなんで、それは絶対に参加したい

» www.sportsclick.jp

 悲壮な決意をにじませる杉浦。チャンピオンだから別枠でリーグ戦不参加、というのは新日本のNJCの例を引くまでもなくありだと思いますが、全勝優勝達成なるかが今回の一つの焦点。ましてや看板レスラーとなった今そう簡単にビッグイベントを欠場するわけにはいかない、プロとして退くわけにはいかない、ということなのでしょう。でも、本当にうまくいくのか。無理に出場して悪化したりしないのか。悪い想像をしてしまいます。

 この前、余裕があってなによりです、と半ば皮肉めいた書き方をした森嶋・石森の3月シリーズ一部欠場も、どうなるんでしょうかね(ってやっぱ行くみたいですが)。果たして杉浦も無しで回していけるものなのか。ここにきてのGHC王者欠場は、地方興行においてトラブルの元になるやもしれません。もちろん2人が出場する興行についてだって、大きな痛手であることに変わりはありませんが。欠場者だけで一興行打てなくもない状況に追い込まれているNOAHがこれからどうなっていくのか、基本新日好きの僕でさえ心配になります。

 こういうときこそ夢がほしいですね。

 90年2月10日の新日本プロレス東京ドーム大会。WCW勢の出場キャンセルにより目玉カードがなくなり命運尽きた新日本プロレスを全日本プロレスがサポート。オリンピックス、天龍、タイガーマスク、ハンセンを貸し出して、興行を希に見る大成功に導きました。僕も見に行きましたけど、会場に入いきれなかったファンがドームの外からビジョンを見ようと躍起になっていたのを記憶しています。あれで馬場さんの株もグンと上がりましたよね。

 あの話から比べると随分話の規模も小さくなりましたが、NOAHのお家の一大事です。他団体がサポートに名乗りをあげれば美しい話だと思うのですが…。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

(ホント、どうにかならないもんでしょうかね。ますます丸藤の負担が大きくなりそうで…)

(川田が随分肉薄してきてますね。右サイドバーで「2月」及び「週プロ」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年3月8日 | トップページ | 2010年3月10日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート