« ケンドー・カシン、見捨てられる。(10/03/21 No.3) | トップページ | 新日本・中邑、棚橋抹殺指令出していた(ただし東スポ見出しで)(10/03/22 No.2) »

2010-03-22

全日本プロレスに新時代! 浜政権、樹立さる(3.21全日本・両国)(10/03/22 No.1)

 びっくりしました。

 3.21両国大会メインイベント。三冠選手権試合。20分15秒、リョウタハマーからの体固め。チャンピオン小島聡が敗れて、浜亮太が三冠王者になりました。武藤無き全日本プロレスマットの命運は身長176cm、体重203kg、そしてキャリア1年4ヶ月の「珍獣」浜亮太に委ねられることになります。

 正直、不安も残る試合展開でした。特にスタミナ面。たとえば小島を場外に追撃に行く展開。降りたはいいがエプロンに突っ伏してしまった瞬間がありました。明らかなスタミナ切れ。スピーディーに行かなければいけないシーンなのにと、やきもきします。

 逆に浜が場外に落ちているシーン。四つん這い状態からなかなか立ち上がれない浜。カウントはそう進んでいない局面。小島が場外に追撃に行き、浜をリングに戻しました。ゲスト解説の武藤は「何追っかけてんだ、小島」と声を荒げていましたが、場内はクリーンな展開に拍手。実況も、小島はリングで決着をつけたいのだと讃えます。

 でも、瞬間、僕には違う印象が残りました。小島が業を煮やしていたように見えました。間延びした展開を嫌ったように見えたのです。

 この試合は局面局面で間延びした感覚がありました。浜がちょっと気を抜いてしまうとそうなる感じ。そこを小島がなんとかコントロールしたという印象があります。両国のメインで大やけどなんて、誰もしたくないでしょうからね。この試合、小島のコントロールなしには、メインとして成立しなかったかもしれません。

 ただし浜だからこそ出せるインパクトは、そういう不安をある程度払拭させるものでした。小島も言っていましたが、瞬発力には確かに驚きのものがあります。ひとたび動けば会場に期待感。シャイニングウィザードも不細工でしたが大きなどよめきが起こりました。また、小島がラリアットを打ち抜き、浜をマットに叩きつけたときは大歓声。展開がそんな大歓声が起きるところではなかった(ようにみえた)のにです。浜を打ち抜くというのは、それだけインパクトがあるように映るということ。これは得難き個性でしょう。

 メジャー団体の日本人チャンピオンは昔からオールラウンダーです。それぞれ個性はありますが、基本的には、どんなことでも平均的にこなせて、かつプラスアルファのある人間がチャンピオンの座を勝ち取ります。いや、チャンピオンに限らずですかね。レスラーがレスラーとして認められるためには、どんなことでも平均的にこなせなければいけない、明らかに劣る部分があれば足きりされてしまう。それが日本のメジャー団体というものでしょう。

 浜戴冠は、そういうレスラー観、チャンピオン観へのアンチテーゼに見えます。言ってみれば”一芸入試”系チャンピオンの誕生です。そういう意味では凄く面白い展開。今後、浜が日本のメジャーシーンにどういう地平を切り拓いていくのか、興味が出てきます。

 チャンピオンになると、守りのファイトを見せなければいけない局面が出てくるはず。スタミナもろもろに難のある浜がそこをどう捌くのか。気になるところ。ファンの見る目も厳しくなります。チャンピオンなのに…とことあるごとに言われます。当たり前のことですが、そういう声を封じ込めなければいけません。

 奇しくも次期シリーズはチャンピオンカーニバル。待った無しで真価が問われるシリーズです。タッグでお茶を濁すこともできず、ポジションが人をつくると悠長なことも言ってられない中、浜がどんなチャンピオンぶりを見せるのか、注目していきたいと思います。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(浜及び全日本情報あります)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェックであなたもプロレス博士に(イヤなあだ名です))

小島VS浜@スポナビ詳報(浜のマイクアピールあり。泣きながら腹が波うち、乳房が揺れるさまが気になりすぎて、見ているこっちは泣けませんでした。でもそれでいいんだと思います、浜は)

全日本プロレス「2010プロレスLOVE in 両国 vol.9」@スポナビ詳報(大会全体俯瞰するならこっち)

男泣きの戴冠! 浜、史上最短デビュー1年4カ月で三冠王者に=全日本プロレス@スポナビ(スポナビの記事)

浜亮太3冠王者!最速1年4カ月/全日@ニッカン(ニッカン記事)

浜、史上最速3冠奪取!涙の“横綱襲名”@デイリー(デイリー記事)

大金星!浜亮太が3冠王座 王者小島聡をパワーで圧倒@トーチュウ(トーチュウ記事)

 しかし小島はどうなってしまうんでしょうかね。F4は解散させられ、三冠は奪われ、アジアは戴冠失敗(獲ってても西村が昨日休業宣言したから返上の運命でしたが)。全てを失ってしまった小島の今後にも注目でしょう。

 よければクリックを。 このBLOGへの一票になります。 はい。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 どんな挑戦者が来ても面白そうだし、いつ負けてもおかしくないし、防衛戦の注目度は上がりそうですね。右サイドバーで「浜三冠戴冠」「武藤テーマ曲」「グローバルリーグ戦」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。グローバルリーグ戦アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« ケンドー・カシン、見捨てられる。(10/03/21 No.3) | トップページ | 新日本・中邑、棚橋抹殺指令出していた(ただし東スポ見出しで)(10/03/22 No.2) »

スポーツ」カテゴリの記事

全日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47875564

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本プロレスに新時代! 浜政権、樹立さる(3.21全日本・両国)(10/03/22 No.1):

« ケンドー・カシン、見捨てられる。(10/03/21 No.3) | トップページ | 新日本・中邑、棚橋抹殺指令出していた(ただし東スポ見出しで)(10/03/22 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート