« 西村修VS前田日明、場外戦勃発か? って不発でしょうね(10/03/26 No.2) | トップページ | 新日本・中邑、後藤相手に上から目線も…(10/03/27 No.1) »

2010-03-26

かつての「新日第三世代」総崩れ現象に、とうとうあの男が立ち上がる(10/03/26 No.3)

 新日本プロレスニュージャパンカップでの永田、中西の一回戦敗退。寂しかったですね。世代闘争が新しいステージに入ったことを印象づける出来事でしたが、同時に後進の台頭著しい新日本でしぶとく生き残っていた第三世代の「終わりの始まり」を予感させました。

 全日本プロレスの小島。3.21両国で、キャリア1年4ヶ月の賛否両論男”浜”に三冠王座を奪われてしまいました。渕曰く三冠王座の価値を下げる行為。戦犯といわれても仕方がない状況。このblogのアンケートでも小島のふがいなさを嘆く声がありました。

 そしてこれを”崩れ”というのは違うのかもしれませんが、参院選出馬を決めた西村。当選となればプロレス界ではパートタイマー。存在感は大きく薄れてしまいます。

 大谷も本来の力を出し切っているとは言えず、カシンはあの調子。金本も長期欠場中。まさにかつての「新日第三世代」総崩れの感。レジェンド達の方が元気に見えるくらいです。「天下を取り損なった世代」と誰かも言っていたこの世代、本当にこのままフェイドアウトしちゃうんでしょうか?

 こんな状況に、とうとうあの男が立ち上がります。

東京スポーツ(紙面) 天山のコメント
東京スポーツ(紙面) (永田・中西一回戦敗退とか)そういうの見てると一日も早く、と思いますし。ウズウズしているというのもありますけど、7ヶ月も休んでる自分としては焦りも出てくる
» www.tokyo-sports.co.jp

 天山広吉です。脊椎及び右肩の負傷で長期欠場となっていたあの男がとうとう始動します。東スポで緊急メッセージです。

 といっても東スポの記事を見る限り、本当にまだまだ始動という言葉どおりのようで、

東京スポーツ(紙面) 天山のコメント
首はだいぶよくなった。本格的にはできないですけど、一から体を作り直さなければならないですし。
» www.tokyo-sports.co.jp

 落ちた体を戻していく段階。リビルド中ですね。

 いまだ、リハビリと並行して軽いトレーニング中心の練習をしている段階なんだとか。

 しかし、夢は大きく

東京スポーツ(紙面) 天山のコメント
G1という目標は持ってやっていきたい。
» www.tokyo-sports.co.jp

 長期欠場に追い込まれた悪夢のG1での復帰を目論みます。5ヶ月後です。

 

 東スポを見ていた限りでは、契約交渉が2度決裂したままだった天山。その後(僕的には)音がなかったことから、もしかしてこのままフェイドアウト? とも考えてしまいましたが、復帰の方向のようでなによりです。

 といっても過度の期待はできないんでしょうね。頑丈だった天山の面影が、欠場前には無かったですから。そもそも第三世代総崩れの端緒は、天山の長期欠場という説もあります。あの95年、凱旋帰国当時のように行かないのは当たり前でしょうし、狼群団の頃のように、nWoジャパンの頃のように、蝶野との名タッグ、天コジ、おでこに爪楊枝…って、思い出すまま打ってるうちになんとも言えない気分になってきました。懐かしいあの頃が甦ってきます。僕が一番プロレスを追いかけていた時代です。僕はそれほど天山に思い入れがあったわけではないんですが、やはりプロレスは積み重ねてきた時間がものをいいますね。90年代のあの頃、常に視界に入ってきていた天山が、知らぬ間に僕のなかに累積されているようです。

 飯塚、杉浦、中邑、永田、後藤、中西…、リベンジすべき相手も目白押しの天山。飯塚との遺恨戦も、この男が一番よく似合う。小島とのタッグもやはりこの男が適任。やるべきことはまだまだあります。がんばって復帰にこぎつけてほしいものです。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他新日第三世代情報あるかもしれません)

プロレス最新情報@にほんブログ村(上のになければこちらから)

第三世代 (プロレス) - Wikipedia (第三世代ってプロレスに限ってもいろいろ定義があるんですよね。お笑い第三世代とかもそう。どこらへんが第三世代なのかはっきりしないといいますか)

 本日、人事異動の辞令が出てしまいました。更に忙しくなりそうな予感。なるようになるのでしょう、いろいろと。

 よければクリックを。 このBLOGへの一票になります。 はい。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ハンセンとホーガンの一騎打ちですね。右サイドバーで「新日第三世代」「新日ガイジン」「浜三冠戴冠」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。武藤テーマ曲アンケートは終了しました。楽しかった!

« 西村修VS前田日明、場外戦勃発か? って不発でしょうね(10/03/26 No.2) | トップページ | 新日本・中邑、後藤相手に上から目線も…(10/03/27 No.1) »

スポーツ」カテゴリの記事

全日本」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47916342

この記事へのトラックバック一覧です: かつての「新日第三世代」総崩れ現象に、とうとうあの男が立ち上がる(10/03/26 No.3):

« 西村修VS前田日明、場外戦勃発か? って不発でしょうね(10/03/26 No.2) | トップページ | 新日本・中邑、後藤相手に上から目線も…(10/03/27 No.1) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート