« 2010年3月16日 | トップページ | 2010年3月18日 »

2010年3月17日の3件の記事

2010-03-17

傷心男が、同じく傷心の新日本・永田さんと出会い…(10/03/17 No.3)

 棚橋とストロングマンが表紙の週刊プロレス1517号。華々しく3ページを飾ったのは、同じく棚橋とストロングマン。

 2ページ獲得は中西VS田中、永田VS裕二郎、内藤VSアンダーソン。

 ここらへんまでがNJC一回戦の勝ち組でしょうかね。まあ、順当な感じ。エース、名勝負、売り出したい選手が、ほどよい感じで組み合わさっています。

 2分の1ページに押し込められた選手達は、残念ながら今回負け組……といっては言い過ぎですかね。1試合で勝ち組、負け組といっても仕方が無い。プロレスはゴールのないマラソン、そう武藤も言ってました。

 そう思うところなんですが…

新日本プロレスオフィシャルWEBサイト NJC1回戦・矢野VS本間:試合後のコメント
本間「もう……正直、俺は新日本プロレスに来て4年、4年連続出場……。でも、今日負けちまったら、なんも意味ねぇよ! 俺なんかいてもいなくても意味ねぇよ。日本最強、いや世界最強の新日本プロレスにいてもよ、なんにも変わんねぇよ。もう何もかも自信ねぇよ……。
(略)
なんかレスラー・本間朋晃が終わっちまったような気がしてきた。
(略)
なんか、もう今日で春が終わった、いや、俺のレスラー人生が終わっちまったような気がして……。
(略)
……もう何がなんだかわからねぇよ、もう。もうダメかもしんねぇや……」
» www.njpw.co.jp

 もの凄い負け組オーラを発散している方が、約1名。

 矢野に負けて一回戦敗退。

 マホンこと本間です。

 好きな有名人はEXILEとタッキー&翼!(今週週プロ付録の選手名鑑より。マストバイ!)

 引用してる僕ですら気が滅入り、「(略)」の数も増えるこのコメント。まあ、ここまで言わなきゃ気が済まないほど、落ち込んでいるのでしょうね。それにしたって自分を責め過ぎですが…。

 週プロもつられて「この春、本間朋晃のレスラー人生が終わる!?」と見出しを打つこの落ち込みよう。

 誰か本間のそばについていてあげないと!

 本間ファンならずとも、そう心配になるところです。

 そんな我々の気持ちを察したのかなんなのか、、

永田裕志のサンダーデスブログ: 無念
熊谷大会
なんか急に本間とのシングルが組まれた。本間は練習熱心でいつも全力投球で試合に望んでいる。そんな本間と試合してちょっとだけ救われた感じがした。本間に感謝!
» nagata.janbari.tv

 永田さんが登場しました。

 同じくNJC一回戦で不本意負けとなった永田さんが、熱いメッセージです。

 さすがは酸いも甘いもかみ分けた永田さん、「おまえはダメじゃない、俺はいつもお前の練習熱心さひたむきさを見ている」との優しいメッセージ。本間を側面からさりげなくサポート。男はこうありたいです。

 と、思う一方で、

 永田さん得意の青義軍リクルート? と思わなくもない僕がいます。

 汚れちまった僕ですよ。

 でも、「『復活を賭ける』のが青義軍」という魔法のキャッチフレーズに、今の本間はぴったりといいますか。永田さんの「終わっちまったら、復活するしか道はねえじゃねえか」との檄が聞こえてくるといいますか。なんかリクルートするのにもってこいな気がしますよね。

 春はお別れの季節で、みんな旅だっていく…と歌ったのは、EXILEならぬ80年代のディーヴァ達でしたが、果たして、本間にとっても、この春が真壁とのお別れの季節になるのか。どうか。

 …ってならないですよね。強い絆だし。

 それでもちょっと、妄想9割で期待したいと思います。そろそろ新日本にも地殻変動が欲しい時期です。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他新日本情報等あり)

プロレス最新情報@にほんブログ村(その他新日本情報等あり)

新日本オフィシャル 永田VS本間(このとき永田さんのコメントは…やっぱblogのは怪しい)

曙、空気を読んで青義軍入り(レスログ内・青義軍リクルート話その1。「復活を賭けるのが青義軍」はここから)

永田、また見境無く(その2)

【ニュース有象無象】新日本 永田、自分のことは棚にあげ ほか(その3)

新日本・永田、青義軍リクルートに余念無し。くすぶり続けるあの男にも食指(その4)

YouTube - おニャン子クラブ じゃあね (卒業式で合唱しました)

 青義軍入り最大のネックは「青シャツ」ですね。本間が「黄色」を棄てられるのか…。

 「ここまで来て総当たりじゃないとは」。まあそもそもそこはあるんですよね…。総当たり総当たりマスコミが言ってた気がするんですが…。右サイドバーで「グローバルリーグ戦」「週プロとゴング」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。全日本アンケートは終了しました。船木VS鈴木が圧倒的な支持を見せつけました。「奮起すべきが奮起せねば団体の未来はないでしょう」。そのとおりだと思います。

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

全日本・船木、防衛無きまま世界タッグ返上へ。動揺は隠しきれず…(10/03/17 No.2)

 武藤の長期欠場により、世界タッグ返上を余儀なくされそうな船木。まあ仕方がないですね。

 復帰時期は分からないと言っていた武藤ですが、膝にメスを入れるとなれば相応の休養期間が必要なはず。東スポの見立てでは半年から1年。東スポじゃない、れっきとしたリングドクターの意見では、引退も考えねばという話。さすれば武藤との王座は返上するしかありません。6ヶ月間防衛戦をしない場合はベルト剥奪なのです。

東京スポーツ(紙面) 船木のコメント
東京スポーツ(紙面) まだ武藤さんと相談はしていませんが、ベルトは返上すると思います。金網マッチが終わったらすぐに防衛戦をやろうと思っていたんですが…。覚悟はしていたんですが、欠場と聞いて『えっ』と思いました
» www.tokyo-sports.co.jp

 覚悟はしていたのに、あっさり「えっ」ですから、相当のインパクトだったのでしょう。

 コメントからも動揺が隠しきれません。

東京スポーツ(紙面) 船木のコメント
武藤さんが復帰して(新王座)決定戦となれば、暫定王者としてエントリーする権利はある
» www.tokyo-sports.co.jp

 暫定王者の概念がどうだとか野暮なことは抜きにしても、復帰まで新王座が決定してないということはないでしょう。全日本の商売もあがったりです。

 鈴木戦に向けての意気込みを語るも動揺継続の船木。

東京スポーツ(紙面) 船木のコメント
せっかく武藤さんに金網まで用意してもらったので決着をつけますよ。武藤さんが抜けて車で言えば(全日プロは)三輪車になった。ちょうどいい変革期ととらえて今まで以上のものを見せないと
» www.tokyo-sports.co.jp

 三輪車で今まで以上に頑張ったら、カーブでひっくり返ること必至です。

 ていうかそんな瑣末なアレはともかくとして、いつもの船木ならもっと心に迫る比喩ができたはず(例:再起不能、放送禁止。って比喩じゃないや)。

 かように動揺は人を変えます。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他全日本情報等あり)

プロレス最新情報@にほんブログ村(その他全日本情報等あり)

武藤・船木組王座奪取の際のスポナビ(このとき観客の野次に反応したのが”船木らしい”)

angle JAPAN: 船木が武藤との同期タッグで純プロレスのベルト初戴冠!世界Jr次期挑戦者は大和に(観客とのやりとり採録あり)

暫定王座 - Wikipedia (ためになります。統一戦って言いたかったのかしら)

三輪自動車の長所と短所 - 教えて!goo (これも勉強になるなぁ)

 全日本両国大会の命運は船木と鈴木の金網戦にかかってます。頑張って。って10年前には想像できない話ですね、これ。いろんな部分で。

 僕も写真、週プロ派でしたね。ゴングの方がいいなんてご意見も結構ありましたが。右サイドバーで「グローバルリーグ戦」「週プロとゴング」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。全日本アンケートは終了しました。船木VS鈴木が圧倒的な支持を見せつけました。「奮起すべきが奮起せねば団体の未来はないでしょう」。そのとおりだと思います。

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

NOAH・杉浦、秋山に最終通告(10/03/17 No.1)

 とうとう田上社長まで復帰未定の欠場に追い込まれたNOAH。こんな時期に「体調不良」を理由に欠場ですから、逆にただ事じゃない気がします。って、実際は「ただ事」なのかもしれませんがね。田上社長、マイペースっぽい雰囲気がありますから。ていうか「ただ事」であってほしいです。

 ともあれ、これで残存選手にはまた負担が増えるところ。副社長の丸藤にも更にプレッシャーがかかるはず。これは大変。

 ただ、プレッシャーがかかるのは欠場選手も一緒かもしれません。一刻も早く復帰しなければという思い、更に強まることでしょう。特にGHC王者でありながら左肘の骨折で欠場中の杉浦には忸怩たる思いがあるはず。社運を賭けた(?)グローバルリーグ開幕も、待った無しで控えてます。

 そんな杉浦が、グローバルリーグ戦について語っています。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
東京スポーツ(紙面) オレが気になってる選手は秋山準。
» www.tokyo-sports.co.jp

 注目選手に秋山を指名。確かに1.24後楽園での丸藤戦には復活の兆しがありました。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
一回欠場して、戻ってきても本調子じゃなかった。これで、また戻ってきてくれればいいけど、何か元気ない感じだったらオレが潰してやる。
» www.tokyo-sports.co.jp

 あら、そっちの意味なの。査定して、場合によっては引導渡してやるってことなんですね。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
前は見ていて怖いくらいの迫力があった。でも、今は怖くない。リングでも控えめな感じだし(秋山への)お客さんの声援も変わってきている。
» www.tokyo-sports.co.jp

 意外に冷静な分析です。確かに丸藤戦以降、そんなにインパクト残してないんですよね、リング上。リング外でも、諏訪魔と絶賛炎上中(とろ火にて)の舌戦があるくらい。控えめと表現して全くおかしくない。そして、お客さんの声援も変わってます。象徴的だったのが、丸藤戦での秋山コール。窮地に立ってる選手に送られるそれでしたからね。格下を見る優しい視線のそれだった、と杉浦が考えてもおかしくない。

 というか、杉浦も既に格下扱いです。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
(同じAブロックの)佐々木さんは安定している。秋山準にひっかき回してもらわないと。フツーに参加して、フツーに目立たないで終わっちゃったら、もう終わりだよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 リーグ戦を引っかき回すトリックスターの役割に任命します。あの怖かった秋山を、いつかのG1のヒロさん扱いですよ。

 元来、王者、杉浦はNOAHの上世代に厳しい発言をしていましたが、それが復活してきた感じです。ギラギラするのが戻ってきたのは嬉しいところ。無論先輩への檄という側面が大きいでしょうがね。一方この発言を受けて、秋山がどう反応するのかにも注目したいところです。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他NOAH情報等あり)

プロレス最新情報@にほんブログ村(その他NOAH情報等あり)

田上明選手 欠場のお知らせ(NOAHからのリリース)

全日本・諏訪魔、また怒る。相手はNOAHの秋山(10/02/05 第3位): レスログ(秋山VS諏訪魔のとろ火舌戦1)

NOAH・秋山、全日・諏訪魔をネチネチと(10/02/08 第4位): レスログ(秋山VS諏訪魔のとろ火舌戦2)

全日本・諏訪魔、NOAH・秋山のネチネチ指導を拒絶(10/02/27 No.5)(追記あり): レスログ(秋山VS諏訪魔のとろ火舌戦3)

 ちなみに怪我の回復は順調とのこと。「今週中にはギプスも外れる驚異的な回復力」を見せているんだとか。練習もこの日から再開で「下半身を中心に1時間半ほど汗」と東スポは報じています。

 しかし添えられた写真には「リハビリ」と称し男セン面を読む杉浦の姿があり、「下半身」に「1時間半ほど汗」とはどんな汗だったのかと突っ込みたくなります。

 グローバルリーグアンケート、ポジティブな意見も多く、なによりです。右サイドバーで「グローバルリーグ戦」「週プロとゴング」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。全日本アンケートは終了しました。船木VS鈴木が圧倒的な支持を見せつけました。「奮起すべきが奮起せねば団体の未来はないでしょう」。そのとおりだと思います。

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 2010年3月16日 | トップページ | 2010年3月18日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート