« MVPはGackt。これ、しょうがない(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07) | トップページ | プロレスは、いかに戦国を闘ったか(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07 No.3) »

2010-03-07

合戦とは何だったのか。やっぱ武藤は貫禄がある(3.6戦国武将祭さいたま)(10/03/07 No.2)

 前回のエントリーでは合戦周辺のことを書きましたが、今回は合戦のことをちょっと。

 意欲的でした。

 試合周辺は。

 試合は各合戦の中に組み込まれています。合戦は、声優により演じられるドラマからスタート。リング上に語り手(これも声優)、ステージに武将役の声優が並んで、声のドラマを演じます。大きなビジョンにはそれに合わせて、CG紙芝居的な映像が流れる仕組み。舞台の上で台本読んでるのが興ざめな感はあるんですが、そういうものなのでしょう。「あの声優の演じてる姿が見られる!」ってのがキモなんでしょうしね。

 そうそう、声優がその役で初めて喋ってビジョンに映るとき、声優ファンからキャーーって声が飛ぶんですね。これ、面白い。WWEでロック様(僕のWWE知識が古いもんですいません)が、ビジョンに映ったらキャーーってなるじゃないですか。スキットのとき。ああいう感じです。って、ちょっと伝わりにくいですかね。日本プロレスファンにも分かりやすくいうと、高木がぼよんぼよんギャルの電話番号消されて途方にくれ「どっかにぼよんぼよんいないかなぁ」と嘆いてたとき、横でポールダンスしてる唯我が映り込んだあの瞬間みたいな感じ。マッスル4でランジェリー武藤が映り込んだあのときと言ってもいいでしょう。…えー、もっと伝わりにくいですね、すいません。しかも微妙に違うし。ともかく、こんなところでWWE的世界が感じられるとは思いませんでした。

 で、話戻しますけど、ああいう異文化ファンが盛り上がるときって、プロレスファンはやさぐれてしらけムードになるものと相場が決まってるんですが、今回はさにあらず。思ったより、みんな楽しんでる様子。歴史物語っていう軸があるからなんでしょうかね。非常に好意的な空間でした。

 そして声優演じるドラマが終わると、パフォーマンスに突入。多くのパフォーマーが登場してステージ上やステージ花道脇で何かを表現。あえていうと、ここらへん蛇足な感なきにしもあらずなんですが、許容範囲でしょう。特に会場から拒絶反応は見られませんでした。

 そうそう、合戦する武将のCG、ビジョンに並べて、対戦カードを一枚画で紹介するんですよ。WWEでやってるこんな感じで。これも面白いですね。今や日本のプロレスでもこういうの出したりしますけど、やりたい放題のCGだとバラエティ感が凄いんです。本家WWEも顔負けのゴージャス感が漂ってきます。ちなみに表示される対戦カードに選手名は無し。武将名のみ。こだわってます。

 そしていよいよ選手入場。入場曲は選手の入場曲でないオリジナル。ゲームで使ってる音楽なんでしょうかね。そこらへん良く分かりませんでした。

 どの選手も武将のコスプレで入場。

 やっぱり武藤の我が物顔感は凄い。第一試合、しょつぱなの入場なのに実に堂々。俺がスターだ、文句があるかという感じで入場してきます。しかもノリノリ。はい、誰も文句言いません。

 あとはAKIRAはさすが。雰囲気ある、けれんみたっぷりの入場。こういうとき舞台俳優の経験が生きてくるんでしょうかね。舞台俳優といえば船木もそうですが、こちらも別の意味で雰囲気があったといいますか。けれんみはゼロなんですが、リアルに合戦に出向く感じでした。まあ、いつもどおりが、あの場にはまっていたというところ。けれんみをなくしたスティーブ・ブラックマン(これも古いね)みたいですね、船木。高山は出てくるだけで凄い。でかくて迫力あるから。首のまわりのなんかよく分からないでかい玉(数珠?)も素敵です。飯伏幸太はテンパってる感じですが、コスプレの嬉しさも隠せない感じ。妙な半笑い。この日一番素の自分のまま入場したのは飯伏かもしれません。そして試合で一番パフォーマンス出してたのも飯伏かもしれませんね。

 なかなか試合に触れられませんが、もう一回だけ続きます。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください。ああ、10時付けで「にほんブログ村」の方、最高位獲得。同率ですからすぐランクダウンでしょうが)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

(姫武将の水野裕子ちゃんも格好良かったです、はい)

(ミノワマンとネクロはホントに面白かった。いい意味でのデタラメ試合。ファンタスティック。ちょっとタイミング無くてエントリーにはできませんでしたが…。右サイドバーで「2月」及び「週プロ」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。「秋山と全日本」アンケートは終了しました。ご意見ありがとうございました。まさか船木がトップとは思いませんでした。過去アンケート置き場に移動済み)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« MVPはGackt。これ、しょうがない(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07) | トップページ | プロレスは、いかに戦国を闘ったか(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07 No.3) »

DDT」カテゴリの記事

NOAH」カテゴリの記事

その他インディー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

全日本」カテゴリの記事

飯伏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47745798

この記事へのトラックバック一覧です: 合戦とは何だったのか。やっぱ武藤は貫禄がある(3.6戦国武将祭さいたま)(10/03/07 No.2):

« MVPはGackt。これ、しょうがない(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07) | トップページ | プロレスは、いかに戦国を闘ったか(3.6戦国武将祭・さいたま)(10/03/07 No.3) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート