« 小川直也、WWE Hall of Fameでは「お留守番」(10/03/11 No.4) | トップページ | DDT・飯伏は、いかにアウェイ戦を闘ったか(10/03/12 No.2) »

2010-03-12

丸藤、苦悩。NOAH来襲の怪覆面は、やっぱりあの”ガイジン”(10/03/12 No.1)

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント
東京スポーツ(紙面) 間違いない。グラマーエンジェルズに聞いたら、あの男が来るって。どうしよう。太二が潰されちゃうよ。

杉さんを励ますつもりがこんなことになるとは。2丁目で泥酔したオレが悪いのか…
» www.tokyo-sports.co.jp

 丸藤副社長が苦悩しているのは、例の杉浦の代打選手のこと。緊急事態のNOAHを助けるつもりのグラマーエンジェルズが連れてくる「あの男」とは、やはりY2P-160kg。吉江豊の化身という評判もっぱらの、カナダ出身選手。そんな衝撃の事実が判明しました。

 まあ普通ならばそれほど苦悩する話でもないですし、言っては悪いけど、それほど驚異の外敵というわけでもない。真壁、川田と比べれば1枚落ちる感が否めません。

 ただ丸藤がおそれているのは、選手のケガなんだとか。もはや異常事態といっていいほど欠場選手が続出しているNOAH的には、これ以上のケガ人は避けたいところなんですが、そこにあの驚異の体重150キロを誇る男の参戦です。ジュニアの石森からしたら、ぶつかるだけでケガする可能性がある爆弾との闘いを強いられるわけです。

 しかも東スポの補足に納得ですが、石森は3.28横浜大会でジュニア王座に挑戦します。もし、この大事な試合がケガで流れたら…と思うと丸藤の苦悩は深まらざるを得ないということです。

 グラマーエンジェルズが、脳天気に

東京スポーツ(紙面)
東京スポーツ(紙面) 貴の代わりにワタシたちのかわいいおデブちゃんを出してあげるわ
» www.tokyo-sports.co.jp

 と決めちゃったみたいなんですよね、吉江参戦。とりあえずは、よかれと思って。

 NOAHにとっては貧乏神といいますか。語尾に「なのねん」とかつけたくなるといいますか。

 ただ、これ書いてて思いましたけど、結構スリリングかもしれませんよね。無責任な立場からすると。石森がケガせず試合を終えられるか、これ以上怪我人を増やさずに済むか、そういう角度で試合見ると、かなり燃えられるかもしれません。これをクローズアップして煽れば、ただ体がぶつかっただけでもどよめきが起こるプリミティブな会場になるかもしれません。

 ってまあ不謹慎ですかね。でも、起こってることはもうしょうがないですから。その起こっていることをいかにプラスに転じていくか。マイナスでなくしていくか。今のNOAHにはそれしかないと思うんですよね。

 一つ余計な心配ですが、Y2Pがコミカルな試合をするとだいぶ気まずいといいますか。これまで明るめとはいえNOAHの外敵路線を歩んできた吉江のイメージが一気に無に化す可能性もあるといいますか。グラマーエンジェルズが付いてるから尚更気になります。でも今のファンはそんな固いこと言わないですかね。明るい外敵吉江を楽しむ余裕もあるでしょう。いいか悪いかはともかくとして。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。ちょっとランク落ち着いちゃってますが、レスログ、頑張ってるなと思ったらクリックしてください)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

(注目の吉江のblogには、とんかつ屋とラーメン屋の情報が…)

(川田とミラノが並んでる! 現役選手の意地でしょうか。右サイドバーで「全日本3.21両国」及び「2月」についてのアンケートを実施しています。是非是非ご意見を。2月アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。週プロアンケートは終了。貴重なご意見ありがとうございました)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

« 小川直也、WWE Hall of Fameでは「お留守番」(10/03/11 No.4) | トップページ | DDT・飯伏は、いかにアウェイ戦を闘ったか(10/03/12 No.2) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

丸藤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/47787371

この記事へのトラックバック一覧です: 丸藤、苦悩。NOAH来襲の怪覆面は、やっぱりあの”ガイジン”(10/03/12 No.1):

« 小川直也、WWE Hall of Fameでは「お留守番」(10/03/11 No.4) | トップページ | DDT・飯伏は、いかにアウェイ戦を闘ったか(10/03/12 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート