« 2010年4月20日 | トップページ | 2010年4月22日 »

2010年4月21日の4件の記事

2010-04-21

元女子プロレスラー・ブル中野さんの「真っ青ダイエット」、再び地上波で公開 (らしい) (10/04/21 No.4)

 20日の「魔女たちの22時」で公開された、ブル中野さんの真っ青ダイエット、世間的にもインパクトがあったみたいですね。部屋の内装や食器を青で統一して食欲を減退させる心理的ダイエットなんですが、3ヶ月で50キロ減という生きた証(それも魅惑的な女性! )があったことから、視聴者の興味を相当惹いた様子。職場でプロレスラーの話題が出たのなんて、三沢さんの悲しい事件以来でしたよ! といっても”元”プロレスラーですけどね…。

 さて、中野さんはこれが10年ぶりのテレビ出演。レア物です。しかし、残念ながらプロレスファンには視聴習慣のなさそうな番組で、存在すら知らない人もいらっしゃったはず。って、そもそもSアリやってる時間ですね、夜10時って。

 僕は週プロモバイルの…というかシッシーのtwitterで知ったので辛うじて見ることができましたが、見逃して残念に思っている人も多いんじゃないでしょうか。

 そんな悔しいプロレスファンに朗報あり。

ブル中野登場! - ロッシー小川ブログ  MY FAVORITE LIFE

 昨晩放送された「魔女たちの22時」(日本テレビ)にブル中野さんが出演していた。

(略)

 明日22日(木)には、TBS「スパモク!ダイエットSP」なる番組にも出演するみたいなので興味のある人は要チェック!

» blog.goo.ne.jp

 (中野さんの思い出が語られている全文は是非リンク先でチェックしてもらいたいわけですが、とりあえず今は別の話)

 明日22日のTBSにも、中野さんが登場するそうです。番組公式サイトには、ブル様(ってこっちのが言いやすいからこう言います)のブルの字もないですが、ブル様の裏も表も知り尽くしているロッシーの言うこと、信じてみてもいいのではないでしょうか。7時からの2時間番組。とりあえずチェックです。

 万が一出なくても、ダンプ松本は出るみたいですから、それを慰めに、ひとつ、ね。まあダンプは相変わらずのダンプでしょうが。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

TBS「スパモク!!」 公式サイト(ブル様の名前が無い…)

シッシー大暴れ! 週プロモバイルのtwitter(女子プロファンには役立つ情報もちょこちょこと。いえ、決していやらしい意味ではなく(シッシー語))

 雨闘句さんのためにエントリー立てました、はい。たまにはこういうのもね。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 小川良成も入れたい一人ではありました。あと当然、外道も…。右サイドバーで「90年代ジュニア」「天龍好敵手」「5.3レスリングどんたく2010」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。「レスリングどんたく」アンケートは終了するタイミングかしら。投票ありがとうございました。まだ投票できるなら、どうぞ。

鈴木みのる、小川直也の上から目線にびくともせず。2m金髪男と一緒にIGF襲撃へ(10/04/21 No.3)

 14日のIGF電撃参戦会見で言いたい放題だった鈴木。

東京スポーツ(紙面)4月16日付け 鈴木のコメント

 小川に猪木ゲノムが流れてるかどうか疑問。あいつ、チキンだろ。ペリカンの子供はチキンにはならない。

 仮にも暴走王を名乗ってるんだから暴走しないとね。

 小川の試合が数ヶ月に1回ってことは、(1試合で)数ヶ月分見せてくれるんだよな。

» www.tokyo-sports.co.jp

 健介戦を熱望中の小川に対して、IGFの選手権で闘えと要求、挑発していました。

東京スポーツ(紙面)4月16日付け 鈴木のコメント

 (王座に)興味がないなら、プロレスラーやめちまえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 対する小川は持ち前の知名度を楯にこれをバッサリ。

東京スポーツ(紙面)4月16日付け 小川のコメント

 そんな簡単に挑戦できるわけねえだろ。だいたい鈴木みのるって何者だ? 聞いたことねえぞ。澤田(敦士)にアンケート取りに行かせたら、全く知らなかった。大変なこっちゃ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 にべもなしという扱いで、事態は膠着状態だったのですが、いよいよ鈴木が動き出しました。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 どんだけプロレスを知らねえんだ? アイツの家は田舎すぎて新聞も雑誌もテレビもないのか? オレをいじめるなら、知り合いにいる2mの金髪男を連れてきちゃおうかなあ。ハッハ~。

» www.tokyo-sports.co.jp

 小川の茅ヶ崎豪邸を斬り捨てたうえで、帝王・高山善廣の存在をちらつかせます。IGFでもお馴染みの高山は、小川に煮え湯を飲まされていますので、願ったりかなったりの誘いでしょう。

東京スポーツ(紙面) 高山のコメント

 いじわるはよくないねえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 高山の好んで言いそうな言葉。やはり乗り気です。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 IGFにあがるなら小川しかいないでしょう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 と言う鈴木。これまでIGFのオファーを袖にしていたのを、ここに来て参戦決定ということは、自分が主役になれるタイミングだと確信しているということでしょう。鈴木はごく一部の例外を除いて、自分が存分にスポットライトを浴びられる場所にしか割り込んでいかないですからね。プロフェッショナルとしての矜持を持っています。となればIGFでは小川戦しかない。まあ、小川も似たようなところがありますから、話はややこしくなりそうなのですが…だからこそ面白いわけですね。

 個人的には鈴木と小川という組み合わせ、気になります。試合前の舌戦は熾烈を極めそうですし、試合自体もかなり面白くなりそう。それに加えて二人の対照性に目を惹かれます。

 プロレス転向後、自らの内外に全てを持ちあわせていながら、流浪し、今の地点に漂着してしまった小川と、プロレス再転向後、ほとんどプラスマイナスゼロの状態から全てを獲得し、今の地点まで上り詰めた鈴木。二人のここまでの道のりにはコントラストがあります。2004年1月4日、新日復帰1年足らずの鈴木が、ドームで”当時の”西村とのなんでもない試合で敗れたその日、小川もさいたまスーパーアリーナで敗れてはいます。しかし小川の対戦相手はゴールドバーグ。メイン戦。エースが旗揚げ戦で敗戦、今後に向けて…という構図です。二人の立ち位置には大きな差がありました。それを鈴木は自力でここまで持ってきたんです。団体を渡り歩くという不利な状況に身を置きながら。

 小川の銀メダル獲得までの道程を軽視する気はないですが、やはりプロレスファンは自分と共有してきた時間が濃密な選手を評価し応援してしまうもの。どちらもヒールとベビーフェイスの狭間に揺れる存在ではありますが、そういう意味ではやはり鈴木がベビーフェイスでしょう。僕も鈴木視点でこの闘いを見ていくことになるでしょうね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

鈴木VS西村詳報@スポナビ(鈴木のコメントがおとなしい…)

小川VSゴールドバーグ詳報@スポナビ(ハッスル1って凄い豪華だったのね。改めて見ると)

 眠い…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ハヤブサはねえ、僕も入れたかったんです。僕のアイドルでしたから。右サイドバーで「90年代ジュニア」「天龍好敵手」「5.3レスリングどんたく2010」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。今日は「レスリングどんたく」アンケート最終日です。駆け込み投票大歓迎です。

新日本・ライガー、NOAH・丸藤正道に再挑戦の方向。あの2人の影響かしら(10/04/21 No.2)

 現在右サイドバーで絶賛実施中の「90年代ジュニア」アンケートで他を寄せ付けない強さを見せているライガー。やっぱり偉大な選手だったんですね。なんとか差が付かないように「シビれた選手」という表現にしたのに、それでもダメ。「90年代を代表する選手」だったら、もっと差がついてるんでしょうね。おそろしい。

 そんな90年代のレジェンド、獣神サンダーライガーが、丸藤へのリベンジに燃えているようです。

新日本プロレスオフィシャルWEBサイト 4.18試合後のライガーのコメント

俺は何度も言うように、必ず丸藤(正道:プロレスリング・ノア)にリベンジするし、IWGP Jr.のベルトを巻く。それがいつになろうと、必ずその二つを公約どおりに実現してみせるよ。いつになるかじゃない。早い時期にだ。なぜなら(5/3)福岡で、俺はカサスに勝つよ。勝って(CMLL世界ミドル級)ベルトを獲って、そのベルトがあれば、もう資格は十分だろ?

» www.njpw.co.jp

 同様の発言を前日にもしているんですけど、そのときはまあ景気付けで言ってるのかと思ってました。でも2日連続で言ってるんですから本気なんでしょうね。ライガーVS丸藤は既に5ヶ月で2回。どんたく終わって仮に5月中に実現すれば半年で3回。なかなかのヘビーローテーションです。正直それほど連発するカードではないと思うのですが…。まあ、カサスに勝ってからの話ですけどね。

 こういうヘビーローテのカードというと、もう一つどうしても頭をよぎってしまうのが後藤VS田中。こちらは今度の「レスリングどんたく2010」で5回目。7ヶ月で5回。一昨日、久々の実現で話題になった、百田VS折原はかつてもっとやっていたでしょうけど、それはまあ性質が違う(比較するな)。長州VS藤波の頻度は後藤VS田中より上なんですが、不透明決着・不完全燃焼の多かった時代ですから参考にはなりません。辛うじて参考たるライバル対決、鶴田VS天龍が、3年で7回だったことを考えると、いかにハイペースであるかが分かります。

 今の新日本は信念からなのか、こういうのを恐れないんですよね。良くも悪くもといいますか、悪くも悪くもといいますか…。ライガーもこういう新日本マットの風潮にのっかってるんでしょうかね。

 さて、その先駆者、後藤が、田中戦について語っています。

東京スポーツ(紙面) 後藤のコメント

 いろいろなスタイルでやってきた相手だけど、どんなスタイルになろうと決着をつける。次が最後だ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まあ、それが賢明といいますか…。どんなにいい試合でも消費しつくされちゃうと何も残りません。もうちょっと間を置いたほうがいいと思われます。ていうか、以前もこれが決着戦的なこと言ってた気がしますが…。

 なにより後藤の最終目的は、田中との決着ではありません。目指すはIWGP戴冠。そして防衛ロード、のはず。

東京スポーツ(紙面) 後藤のコメント

 (中邑とのIWGP戦に敗れたが)ここでくじけていられない。5度目の失敗は許されない。また挑戦できるなら、すべて出し切ってから臨みたい。オレもやり残していることもある。田中ともだし、もちろん杉浦もまだ終わっていない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 次は杉浦ですね。今度は一発勝負で、ひとつ。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

藤波VS長州 名勝負数え唄の足跡(ピークの83年は6ヶ月で6回。ただし反則決着1回。リングアウト決着4回。この時代と一緒にはできないですよね、やっぱり)

中邑戦を控えた新日本・後藤洋央紀、またもNOAH・杉浦戦に意欲 (えーっ!) (10/03/30 No.1)(後藤の意欲を示すエントリーに見せかけて実は面白発言を紹介したかっただけのエントリー)

 しかし、なんで後藤だけ際だって連戦になっちゃうんでしょうか。謎です。プロレスに繰り返しは大切だと思うし、それを信念にするのはアリだと思うのですが、この頻度ではそれ以上の何かを感じてしまいます。試合巧者・田中との連戦を通じて後藤を促成栽培したいのか。ビッグマッチでの後藤戦をみんながいやがるのか…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ライガー旋風はとどまるところを知りません。右サイドバーで「90年代ジュニア」「天龍好敵手」「5.3レスリングどんたく2010」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。今日は「レスリングどんたく」アンケート最終日です。駆け込み投票大歓迎です。

 

ブル中野さんに続き、あの最強ガイジンも激ヤセ。体重が往時の3分の2に(10/04/21 No.1)

 日本テレビ系の「魔女たちの22時」に出演のブル中野さん、綺麗でしたね。クールビューティー。女子プロゴルファーを目指していた当時(もう10年以上前? 既に激ヤセ済み)も綺麗になったなぁと思っていましたが、今回はテレビ出演ということもありメイクもバッチリ。目が覚めるような変貌ぶり。年輪を重ねたことがマイナスでなく、妖艶な魅力すらありました。

 さて、中野さんは115キロから3ヶ月で50キロ減という事実がフィーチャーされましたが、こちらも負けてません。

 というか大丈夫?

 今月29日には試合にも出る現役選手なのに…。

 あのベイダーが激ヤセだそうです。

東京スポーツ(紙面) 関係者のコメント

 パッと見た印象では120キロを切っている可能性がある。

» www.tokyo-sports.co.jp

 往時は180キロあったのが120キロくらいということですから60キロの減。割合的にはともかくとして、減った体重では中野さんを凌いでいます。

 以前も紹介しましたが、ベイダーは腰と膝を手術したんですね。そのときに過酷な減量を強いられていたわけです。120キロといえばちょっと大きめのガイジンレスラーって感じ? 中西学が120キロかぁ。そんなベイダー見るとショック受けちゃうかしら。29日の対戦相手の一人藤波は、体調が整っていなければ、容赦無く潰すようなことを言ってましたけど、そんな気持ちになれるくらいだったらまだいいんですが…。

東京スポーツ(紙面) ベイダーのコメント

 俺様は絶好調だ。

 藤波よ、俺様が不完全な体調でリングに上がることを心配してくれてるらしいが、余計な心配をしていると、再び貴様の腰が破壊され、今度は完全に引退することになるだろう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 らしいコメントにはわずかに安心しますが、ホントに大丈夫? みちのくの「竹脇」だったかで見たダイナマイト・キッドには衝撃受けちゃいましたからね。全日本で引退直前のキッドでも(往時を知ってるからか分かりませんが)相当痛々しかったのに、それ見ててもアレでしたから。

東京スポーツ(紙面) ベイダーのコメント

 今回のカードは俺様自身の希望でマッチメークした新日本、全日本、ノアに至る俺様の闘いの歴史を象徴するカードだ。そして息子ジェシーが挑む、父親超えのテーマも含まれている。ベイダーファミリー史上最大の決戦だ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 過剰な売り文句が、ますます不安を駆り立てるといいますか。こうなると、虚勢に聞こえてしまうといいますか。確かにパートナーには息子がいて、あのスコーピオがいて、向かいのコーナーには藤波がいて、多聞がいて、橋がいてで何も間違ったことは言ってませんが…。ねえ。

 ベイダーには僕のつまらない不安を吹き飛ばす、迫力の試合を見せてほしいところ。我が心の最強外国人。期待してます。ガンバッテー!

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

ブル中野 - Wikipedia(基本として)

今週の魔法の扉 | 魔女たちの22時(中野さんのパートの内容。現在の写真もあり)

ブル中野様|井上貴子 オフィシャルブログ 「Marble...」 Powered by アメブロ(ダッコちゃんの中野さんとのツーショット。ダッコちゃんもいい年の取り方してますよね)

 中野さんの再現ドラマ、夏樹たいようとかも出てて面白かったです。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 天龍とのニアミスも取りざたされてるベイダーですが、それどころじゃないのかしら。右サイドバーで「90年代ジュニア」「天龍好敵手」「5.3レスリングどんたく2010」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。今日は「レスリングどんたく」アンケート最終日です。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年4月20日 | トップページ | 2010年4月22日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート