« 2010年4月22日 | トップページ | 2010年4月24日 »

2010年4月23日の3件の記事

2010-04-23

”弾丸”田中将斗、長州VS藤波「名勝負数え歌」に対抗意識メラメラ(10/04/23 NO.3)

 

(繰り言が始まります。読みたくない方はご面倒ですがブラウザを閉じてください。すいません)

 田中将斗のテーマ曲”D・A・N・G・A・N”、名曲ですね。本当にそうかどうかはともかくとして、僕にはそう思えます。FMWの会場で浴びるほど聞いてるから、すっかり刷り込まれてる感じ。でも、FMWエンタメ路線の頃の田中って、不人気だったんですよね。ブーブー言われる不人気じゃなくて、シーンとなっちゃう不人気。試合は今がそうであるように素晴らしかったんですけど、あれだけの個性派の中に入っちゃうと、ね…。不遇なレスラーナンバーワンって感じでした。今の安定した人気ぶりには隔世の感がありますよ。

 その田中、(ここでも何度か取り上げてますが)現在、後藤との「名勝負数え歌」的なものを展開中。5ヶ月に4度のシングル連戦を2勝2敗でくぐりぬけ、今度は5戦目を闘おうとしています。そうなると気になってくるのが、かつて名勝負数え歌の名前をほしいままにした長州VS藤波のこと。

東京スポーツ(紙面) 田中のコメント

 ファンの頃は分からなかったけど、何度も同じ相手とやってお客さんを納得させるっていうのは大変なこと。しかも、あの2人はお客さんを飽きさせない勝負を何年間もやってきた。

» www.tokyo-sports.co.jp

 確かに偉大なことです。今なお「名勝負数え歌」といえば藤波VS長州です。僕的には越中VS高田も良かったですけど…。

東京スポーツ(紙面) 田中のコメント

 今回(5.3福岡)で後藤とは白黒はっきりつける。そして藤波-長州の域に達せられるものを残せればいい。ボクが後藤に勝って、ついでに2人から『名勝負数え歌』の称号を剥奪しますよ。そういう闘いをしなくちゃいけない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 今は「平成の名勝負数え歌」と呼ばれているという、後藤VS田中。その「平成」という冠が気に入らないんです。

 「名勝負数え歌」といったら後藤VS田中、そんなパラダイムシフトを起こしたい田中。奪い取りたい田中。

東京スポーツ(紙面) 田中のコメント

 福岡で歴史に挑む価値はある。

» www.tokyo-sports.co.jp

 勝つだけでなく、内容でも相応のものを見せるという宣言なんでしょう。

 ただ、どうなんでしょうね。

 僕なんか、「もうちょっと力抜いた試合した方がいいんじゃない?」と思ってしまいます。福岡だからとかそういう話じゃなく、ね。

 これまでの田中VS後藤は、いかにもこの二人らしい全力試合ばかりでした。

 常に両者が死力を尽くし最上級のフィニッシュで敵を粉砕する、そういうアティテュードが悪いとはいいません。むしろ尊敬できます。しかし、連戦シリーズ全部がそれでは、観る方も疲れてしまいます。1試合で、ご馳走様となってしまいます。

 思えば長州VS藤波「名勝負数え歌」は、「まだまだこれでは決着じゃないよ」と言いたくなる試合ばかり。反則、リングアウトが、あまたあります。でも、それが「数え歌」的にはよかったといいますかね。その場その場は不完全燃焼感が残っても、それが次回への引きになりました。互いが全力を尽くしたら決着はどうなるかわからない、そういう思いが更なる熱狂を呼びました。本当はどっちが強いんだ? とクラスの話題にもなったでしょ? それが「名勝負数え歌」という連戦シリーズの原動力になってたんじゃないでしょうか。

 今の全力試合には頭が下がりますが、その都度その都度、完全決着が付いているのですから、「次やる意味って何?」という気にもなります。もうちょっとお互いに変化が出てからの試合が見たいな、と単純に思ってしまいます。試合自体が悪いんじゃなくて、短期間に繰り返してやる必然性が無いという感じ? 鶴龍対決は途中から完全決着ばかりになりましたが、間隔のバランスが良かったかもしれません。「また鶴龍ゥ?」とか全然なりませんでしたからね。鶴田がパワーボムでピンとか、アクシデンタルな試合もありましたし…。

 一度くらい、後楽園あたりでジャパニーズレッグロールとかリングアウト決着になっちゃえばいいのに…、と思うのは僕だけでしょうかね。反則スレスレの指極めサブミッションでも可(越中VS高田)。そういう試合こそ印象に残っていく気もしますが。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

YouTube - 1982.10.8 藤波!俺はお前のかませ犬じゃない!!!!(全てはここから始まりました。ブラック軍団懐かしい、がまかつ懐かしい。微かな記憶ですが…)

藤波VS長州 名勝負数え唄の足跡(もう一回、張ります)

 SEXY STORMもDANGANと同じ意味で名曲になってます、僕的には。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 新日本・NOAH・IGFの三つ巴からのスタートですね右サイドバーで「5月ビッグマッチ」「90年代ジュニア」「天龍好敵手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。本日は「天龍好敵手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

鈴木みのる&丸藤正道、再び! 敵は小川直也! 場所はIGF! 驚きだらけの試合が実現(10/04/23 No.2)  

 難しい男・鈴木が認める、数少ない後輩レスラーの一人、丸藤。鈴木とのタッグは、GHCタッグを取った経験あり。コンセプトのなさそうな組み合わせでしたが、不思議な魅力のある、刺激的なチームでした。

 丸藤も当時の刺激が忘れられないようで、3ヶ月くらい前にはタッグ再結成のラブコールを送ったことがありましたよね。そのときはにべもない返事を返した鈴木でしたが、ここにきて気分屋の本領を発揮です。タッグ再結成のオファーを、自ら投げかけました。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 (IGFに乗りこむ)パートナーを誰にしようかと思ってたら、久々に新しいことをやりてえなって気分になった。ちょうど久々に丸藤からメールが来たついでに『俺とIGF、出るか』って聞いたら、丸藤も『いいですよ』って即答だった。丸藤をIGFに連れて行って、小川と遊んでやるよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 再結成だけでも軽いサプライズなんですが、相手が小川、組む場所がIGF、とは更に驚きです。インクレディブル! NOAH(三沢・力皇)と小川の対決は9年前に実現していますが、あのときの戦場は橋本真也のゼロワン。それなりの信頼関係が息づいていた場所でした。それが今度は猪木カラー濃厚なIGF。となれば、話は別の様相を呈してきます。はっきり言って、三沢健在ならば実現不可能な話。三沢は猪木への不信感を隠していませんでしたからね。十年一昔とはいえ、ビッグサプライズです。

 と思っていたら、IGFは動きが速い。

 正式に5.9IGF大阪大会のカードを発表してきました。

IGFニュース|現IWGP Jr.ヘビー級チャンピオン参戦決定

 

小川 直也・澤田 敦士 VS 鈴木みのる・丸藤正道

» www.igf.jp

 しかも、もの凄い扇情的な見出しつけてきましたよ、これ。NOAHの選手というよりも現IWGP王者ということに重きを置いているのがIGFらしいところ。

 それにしても、面白いカードです。澤田のところにプラスアルファのある選手が入ればなお良いのでしょうが、色々あるのでしょうし、納得もできる組み合わせ。ネクロ・ブッチャーVSミノワマンといい、健介ファミリーの参戦といい、最近のIGFのブッキングはツボを押さえています。冴えています。素直に讃えたいところです。

 また、相変わらず出し惜しみしないというのもいいですね。何日か前の東スポによれば府立のチケットは既に当初販売予定分を完売状態。当初がどのくらいだったのか分からないのでアレですが、無理に豪華カードにしなくてもいいはずなんです。丸藤の場所に佐藤光留入れたっていいんです。というか戦力バランス的にはそっちの方がしっくり来るはず。それを敢えて丸藤を呼ぶのですから、これも讃えたいところです。

 ただし、新日好きの僕的には讃えてばかりではいられませんね。一応IWGPの名前が出てますからね。丸藤には、いいところを見せてもらいたい。

 そして当然、NOAHファンの思いはもっと強いはず。グローバルリーグ、この試合の直前にあるIWGP戦と、身辺整理モードに入っている丸藤ですが、整理したところで負けてよしというわけではなし。…いや、負けたっていいか。小川はそれくらいのバリューはある男。だけど、試合後にJCBのときのようなことは言わせない方がいいでしょう。

 JCBでの健介・勝彦組との対戦後、「若いヤツらは若いヤツら同士でやりあえばいい」的な上から目線コメントを放ち、勝彦との格の違いを表現した小川。試合観ていた人間からすると口あんぐりなコメントでしたが、観てない人間はそういうもんなんだと錯覚してしまいます。まだ若くポジションもない勝彦ですから、それほど話題にもなりませんでしたが、丸藤は現在のノアの象徴。若き精神的支柱です。話は大きく違ってきます。

 週モバで取っていた3月MVPアンケート、いくらなんでも先月の丸藤が選択肢にあるのはどうなのと率直な疑問を書きましたが、結果はYAMATOに次いでの2位。ドラゲー色が強くて、NOAHの速報はさらっとしか流せない週モバでやったことを考えれば、1位と等くらいでしょう。やはりファンは丸藤を支持しているんだなぁと改めて思いました。大チョンボ後の後楽園でも、丸藤への声援の温かいこと。みんなやっぱり丸藤に賭けているのです。

 それが、コメントで「澤田とやってろ」的なあしらいを受けたら、ファンはショックだと思いますよ。丸藤幻想、ひいてはNOAH幻想も崩れてしまうかもしれません。貧すれば鈍する感の拭えないNOAHですが、ここは正念場。小川を黙らせる試合をしなければいけないでしょう。

 って、すっかり丸藤だけの話になってしまいましたね。それだけ丸藤参戦のインパクトが大きいということ。本当に面白いことを仕掛けてきました、IGF(と鈴木みのる?)は。

▼アンケートに御協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|丸藤がIGF電撃参戦、小川直也組と対戦(その他5.9の決定カードあり。鈴木が一緒に乗りこむと言っていた2m金髪はジョシュと対戦。あの煽りはなんだったのか…)

 ようやく今週が終わった。来週終われば一段落かなぁ。課題は山積ですが。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「90年代ジュニア」「天龍好敵手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。本日は「天龍好敵手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

全日本プロレス、一喜一憂。武藤敬司、退院。小島聡、退団へ(10/04/23 No.1)

 

 僕が仕事にかまけてる間にいろいろあった全日本プロレス。今日も大切なアレだけど、これだけはエントリー立てときましょう。 

東京スポーツ(紙面) 武藤のコメント

 やっぱり外の空気はいいねえ

» www.tokyo-sports.co.jp

 右膝手術で入院中だった武藤敬司が20日、退院しました。東スポ既報どおり予定を前倒しです。自分の手で車イスを操りの退院。

 リハビリは順調とか。65度しか曲がらなかった膝が直角に曲がるようになって、伸ばせなかった足も12度分改善ですって。何はともあれ嬉しい話です。

 あまり無理しないでほしいところと、以前書きましたが、

東京スポーツ(紙面) 武藤のコメント

 全治半年と言われたけど、全治は一生だよ。結局、最後はどこで自分と折り合いをつけるかだからな。とにかく復帰が一つ目の目標だ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 全治はないのだから、いつ復帰してもそれほど変わりはない、というのが武藤のスタンスみたい。

 まあ武藤が決めることだからアレですけど、やっぱりゆっくり休んでほしいなぁとは思いますよね、選手としての武藤には。

 ところが武藤的には、ますますそんなこと言ってられなくなるスクープが、昨日の東スポ1面に。

東京スポーツ(紙面) 小島のコメント

 5月いっぱいで全日本プロレスを退団します。今発表されている試合には出場します。その後の試合に関しては会社と相談したい。4月29日の後楽園大会で自分の口からファンのみなさんにご報告させていただきたいと思います。

» www.tokyo-sports.co.jp

 これは青天の霹靂。素直にびっくりしました。

 退団理由は大きく言って2つ。

東京スポーツ(紙面) 小島のコメント

 欠場することが分かっていながら契約を更新すれば、2年前に右腕を手術したときのように全日本に迷惑をかける。それは本意じゃない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 小島、左肘の尺骨神経が麻痺しているんだそうです。指が思うように動かず、痺れが慢性化。握力が20キロまで低下しているんだとか。プロレスするような状態じゃないですよね。既に手術の日程が決定済み。6月2日。全治は3ヶ月の見込みですって。

 それで試合が身辺整理モードに入ってたのかなぁというのが素直な感想。F4解散、浜に三冠を奪われる、チャンカン惨敗…。

 しかし全治3ヶ月なら退団するほどのことでもないとは、ファンの誰もが思うところではないでしょうか。

 加えて新しいチャレンジをしたいのだという小島。

東京スポーツ(紙面) 小島のコメント

 全日本にいることで安心しきっている自分がどこかにいた。甘えともいえるかもしれない。武藤さんからの卒業というか…。この間の三冠戦で、若い世代の成長を肌で感じることもできた。結果は残念だったけど、ある意味、ひとつの役目を果たせたような気もする。新しい挑戦をしてみたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 新しい挑戦がなんなのか、そこまではまだ教えてくれてません。4月29日にはその一端でも垣間見せてくれるんでしょうか。

東京スポーツ(紙面) 小島のコメント

 自分は現役バリバリだと思っている。まだ先のことは考えていない。手術と治療に専念したい。小島聡の歩く道を応援してもらえればうれしい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 うーん。正直いろいろ思うところはあるけれど、それを言葉にするのにはまだためらいがあります。小島に対してネガティブな感覚ではないですけどね。実はこれを書いてるのは2回目。一回2時間かけて書いたのをもう一度書き直してます。2時間っつーのが僕のまとまりきらない感を象徴してるといいますか…。まあ、もうちょっと様子を見たいところ。

 ちなみに武藤の反応はこんな感じ。

東京スポーツ(紙面) 武藤のコメント

 しょうがねえよ。

 小島も生きていかなきゃいけない。俺が新日本を出たのもそれぐらいの時期だった。小島は俺を追い抜こうとしてきたわけだし、(自分からの)”独立”を考えたっておかしくない。

 本来なら俺のいない全日本の先頭を引っ張る立場だった。でも、ひじのケガがあったり自信がなかったのかもしれない。それもしょうがない。これから誰がリーダーシップをとるのか。それはそれで楽しみだね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 自分も独立を体験しているからか、さばさばしています。

 個人的には「小島も生きていかなきゃいけない」というコメントがどうしても気になります。欠場したって生きていけると思います。なんで退団しなければ生きていけないのか…。チャンカン優勝しなかったらただ働きだからでしょうか? 違いますよね。少なくともチャンカン優勝しなかったからとかいう理由ではないはず。うーん。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

小島聡が口を開く「退団ということは事実ですから」~カズ、諏訪魔、浜も全日本・高知大会でコメント: カクトウログ(カズ、諏訪魔、浜らのコメントあり)

全日本・小島、あの毒舌・太田章氏を唸らせる劇勝(4.11全日本JCB)(10/04/11 No.5)(このときは生き様を見せる試合をしていた小島でしたが)

 色々悶々としてしまいます。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 カシンとペガサスの2位争いに注目ですかね。右サイドバーで「90年代ジュニア」「天龍好敵手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。本日は「天龍好敵手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年4月22日 | トップページ | 2010年4月24日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート