« 新日本・ライガー、NOAH・丸藤正道に再挑戦の方向。あの2人の影響かしら(10/04/21 No.2) | トップページ | 元女子プロレスラー・ブル中野さんの「真っ青ダイエット」、再び地上波で公開 (らしい) (10/04/21 No.4) »

2010-04-21

鈴木みのる、小川直也の上から目線にびくともせず。2m金髪男と一緒にIGF襲撃へ(10/04/21 No.3)

 14日のIGF電撃参戦会見で言いたい放題だった鈴木。

東京スポーツ(紙面)4月16日付け 鈴木のコメント

 小川に猪木ゲノムが流れてるかどうか疑問。あいつ、チキンだろ。ペリカンの子供はチキンにはならない。

 仮にも暴走王を名乗ってるんだから暴走しないとね。

 小川の試合が数ヶ月に1回ってことは、(1試合で)数ヶ月分見せてくれるんだよな。

» www.tokyo-sports.co.jp

 健介戦を熱望中の小川に対して、IGFの選手権で闘えと要求、挑発していました。

東京スポーツ(紙面)4月16日付け 鈴木のコメント

 (王座に)興味がないなら、プロレスラーやめちまえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 対する小川は持ち前の知名度を楯にこれをバッサリ。

東京スポーツ(紙面)4月16日付け 小川のコメント

 そんな簡単に挑戦できるわけねえだろ。だいたい鈴木みのるって何者だ? 聞いたことねえぞ。澤田(敦士)にアンケート取りに行かせたら、全く知らなかった。大変なこっちゃ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 にべもなしという扱いで、事態は膠着状態だったのですが、いよいよ鈴木が動き出しました。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 どんだけプロレスを知らねえんだ? アイツの家は田舎すぎて新聞も雑誌もテレビもないのか? オレをいじめるなら、知り合いにいる2mの金髪男を連れてきちゃおうかなあ。ハッハ~。

» www.tokyo-sports.co.jp

 小川の茅ヶ崎豪邸を斬り捨てたうえで、帝王・高山善廣の存在をちらつかせます。IGFでもお馴染みの高山は、小川に煮え湯を飲まされていますので、願ったりかなったりの誘いでしょう。

東京スポーツ(紙面) 高山のコメント

 いじわるはよくないねえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 高山の好んで言いそうな言葉。やはり乗り気です。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 IGFにあがるなら小川しかいないでしょう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 と言う鈴木。これまでIGFのオファーを袖にしていたのを、ここに来て参戦決定ということは、自分が主役になれるタイミングだと確信しているということでしょう。鈴木はごく一部の例外を除いて、自分が存分にスポットライトを浴びられる場所にしか割り込んでいかないですからね。プロフェッショナルとしての矜持を持っています。となればIGFでは小川戦しかない。まあ、小川も似たようなところがありますから、話はややこしくなりそうなのですが…だからこそ面白いわけですね。

 個人的には鈴木と小川という組み合わせ、気になります。試合前の舌戦は熾烈を極めそうですし、試合自体もかなり面白くなりそう。それに加えて二人の対照性に目を惹かれます。

 プロレス転向後、自らの内外に全てを持ちあわせていながら、流浪し、今の地点に漂着してしまった小川と、プロレス再転向後、ほとんどプラスマイナスゼロの状態から全てを獲得し、今の地点まで上り詰めた鈴木。二人のここまでの道のりにはコントラストがあります。2004年1月4日、新日復帰1年足らずの鈴木が、ドームで”当時の”西村とのなんでもない試合で敗れたその日、小川もさいたまスーパーアリーナで敗れてはいます。しかし小川の対戦相手はゴールドバーグ。メイン戦。エースが旗揚げ戦で敗戦、今後に向けて…という構図です。二人の立ち位置には大きな差がありました。それを鈴木は自力でここまで持ってきたんです。団体を渡り歩くという不利な状況に身を置きながら。

 小川の銀メダル獲得までの道程を軽視する気はないですが、やはりプロレスファンは自分と共有してきた時間が濃密な選手を評価し応援してしまうもの。どちらもヒールとベビーフェイスの狭間に揺れる存在ではありますが、そういう意味ではやはり鈴木がベビーフェイスでしょう。僕も鈴木視点でこの闘いを見ていくことになるでしょうね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

鈴木VS西村詳報@スポナビ(鈴木のコメントがおとなしい…)

小川VSゴールドバーグ詳報@スポナビ(ハッスル1って凄い豪華だったのね。改めて見ると)

 眠い…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ハヤブサはねえ、僕も入れたかったんです。僕のアイドルでしたから。右サイドバーで「90年代ジュニア」「天龍好敵手」「5.3レスリングどんたく2010」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。今日は「レスリングどんたく」アンケート最終日です。駆け込み投票大歓迎です。

« 新日本・ライガー、NOAH・丸藤正道に再挑戦の方向。あの2人の影響かしら(10/04/21 No.2) | トップページ | 元女子プロレスラー・ブル中野さんの「真っ青ダイエット」、再び地上波で公開 (らしい) (10/04/21 No.4) »

その他インディー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

鈴木みのる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48141810

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木みのる、小川直也の上から目線にびくともせず。2m金髪男と一緒にIGF襲撃へ(10/04/21 No.3):

« 新日本・ライガー、NOAH・丸藤正道に再挑戦の方向。あの2人の影響かしら(10/04/21 No.2) | トップページ | 元女子プロレスラー・ブル中野さんの「真っ青ダイエット」、再び地上波で公開 (らしい) (10/04/21 No.4) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート