« グレート・ムタの金網電流戦動画問題から、「名実況」「神実況」について考える(10/04/10 No.2) | トップページ | 新日本・中邑と棚橋、熾烈なトップ争い再燃! (10/04/10 No.4) »

2010-04-10

DREAM・笹原EP、ライトヘビー級GPに全日本・船木担ぎ出しも(10/04/10 No.3)

 僕にとってはいつまでも”冴えないハッスルGM”であるところの、DREAM・笹原EP。ハッスルの爪痕は深いですね。ってまあ僕の中だけかもしれませんが。

 最近では苦戦ぶりを報じられることもあるDREAMですが、ここが元気がないと格闘技界全体の灯も暗くなる感じ。日本の総合格闘技イベント界をしょって立っているのは間違いないDREAMですから、笹原EPには、格闘技ファンのため、もう一踏ん張りしてもらいたいところです。

 そんな笹原EPの目下の悩みは、5.29さいたま大会で開幕するDREAMライトヘビー級グランプリの参加選手(と東スポは言っている)。「参加希望選手が殺到している」そうですから、悩みなんてなさそうなもので、せいぜい嬉しい悲鳴がなんちゃらとかそんなものかと思ってしまうのですが、どうも何かが足りないと思っているようです。

東京スポーツ(紙面) 笹原EPのコメント
東京スポーツ(紙面) (船木選手に)ウチのリングに戻ってきてほしい。今のDREAMには生きざまを見せられる選手が少ない。船木選手はそれができる数少ない選手の一人。プロレス界の勲章、CC優勝を引っ提げて、ぜひライトヘビー級GPにお越しいただきたい。枠は用意します。
» www.tokyo-sports.co.jp

 船木が足りないんだそうです。チャンカン王者としての、という条件がついてますが。

 ってまあねえ。

 そういうプロレスラーがまた出てくればかっこいいなぁとは思いますが、今やプロレスにシフトチェンジして、ようやくファンの支持を勝ち得る兆しが出てきている船木ですからね。鈴木との金網戦も良かったし、僕は未見ですが諏訪魔戦の評判もいいし。プロレス開眼遠くなし、というところでしょう。本人も以前言ってましたけど、ここはプロレスに専念するのが吉。ていうか、DREAMの中ではどちらかというと競技派(でいいのかな?)の笹原EPにも、それほどメリットがある話だとは思えませんが。

 まあメリットという意味においては、笹原EPも船木も、東スポでPRできたし、東スポも紙面が大きく埋まった。記事になったこと自体でwin-win-winなんでしょうが…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他DREAM及びプロレス情報へはこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

笹原圭一 - Wikipedia (基本として)

 本気で船木を招聘するなら金網戦を用意するべきでしょうね。今の(東スポ上の)船木なら、間違いなくこれでコロッですよ。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「名実況、神実況」、「3月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。明日が締め切りとなりますので、お早めに。

« グレート・ムタの金網電流戦動画問題から、「名実況」「神実況」について考える(10/04/10 No.2) | トップページ | 新日本・中邑と棚橋、熾烈なトップ争い再燃! (10/04/10 No.4) »

スポーツ」カテゴリの記事

全日本」カテゴリの記事

コメント

ハルクトーナメントを発案したのが笹原です。
谷川さんのほうが「マジメ」ですよ。

瀕死のDREAMには船木がまだ必要なんです。
船木もDREAMに出るべきです。
全日本に逃げるなよと。
鈴木もDREAMに出ればいいんですよ。
過去に既存のプロレスを否定し、「真剣勝負」を望んでた奴らが、今では全日本で金網デスマッチをやるなんて滑稽ですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48043924

この記事へのトラックバック一覧です: DREAM・笹原EP、ライトヘビー級GPに全日本・船木担ぎ出しも(10/04/10 No.3):

« グレート・ムタの金網電流戦動画問題から、「名実況」「神実況」について考える(10/04/10 No.2) | トップページ | 新日本・中邑と棚橋、熾烈なトップ争い再燃! (10/04/10 No.4) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート