« 新日本・永田さん、(一部)プロレスファンの聖地で、永島オヤジと再会(10/04/07 No.4) | トップページ | 全日本・諏訪魔もまた、金網の呪いに…(10/04/08 No.2) »

2010-04-08

NOAH・杉浦、グローバルリーグ秋山戦にGHC王座賭ける意向も(10/04/08 No.1)

 5.2日本武道館で闘う秋山と杉浦。杉浦の挑発に、秋山は引退賭ける悲壮決意を語るといった展開を見せていたわけですが、今度は杉浦が賭けるものがあると言ってきました。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
東京スポーツ(紙面) 向こうがそれだけのものをかけてくるんだから、こっちも何かかけないと失礼だ。もしオレが秋山戦の時点で予選敗退が決まっていたらタイトルマッチにする。ベルトをかけてやってやるよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 GHCのベルトです。

 ただし条件付きではあります。

 って、いくらなんでも予選勝ち抜き争いはしているだろうと思うのですが、

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
東京スポーツ(紙面) (骨折した左肘は、医者からGOサインが出ているものの)ウエートをやってると力が入らないことがある。
» www.tokyo-sports.co.jp

 という状況だから分からないということかもしれません。

 まあ、そもそも、

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
東京スポーツ(紙面) せっかく武道館でやるんだから、お互いにまだ分からないっていう状態で持っていくのが一番いい。
» www.tokyo-sports.co.jp

 という杉浦の、リーグ戦を盛りあげるためのハードル設定ということもあるみたいですね。今一番お客さんのことを意識した発言をしている杉浦らしい話ではありますが…。

 でも会社が許さないですかね。こういうリーグ戦勝者が、次期王座挑戦者になるというのが今のプロレス界の既定路線みたいになってますから。百歩譲って決勝戦にかけるくらい? それも杉浦が残った場合に。ただ、最近のGHCタッグ戦決定に至るドタバタぶりを考えると、もしや…ということも…ないんでしょうね。まさに至宝という扱いをしているベルトですから。

東京スポーツ(紙面) 杉浦のコメント
東京スポーツ(紙面) あの人(秋山)はまだまだやってくれないと。世代関係無しに盛り上げましょう。
» www.tokyo-sports.co.jp

 最後は持ち前の世代闘争論を引っ込めてのエールを送る杉浦。盛り上がってほしいと思います。本当に。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(色々なプロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

小橋建太、久々にNOAHに姿を見せる。NOAHマットに対しても久々のコメント(10/03/30 No.2)(引退決意語る秋山に、小橋がエールを送っていることに触れたエントリー)

 杉浦が帰ってくると、ヘビー級の方は体制が整ってきたということになるんでしょうかね、一応。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 え、そんなルールがあったんですか! 知らなかった。そうだとすると本当に問題ある裁定だったんですねぇ。いや、そうでなくても問題あるアレではありましたが。右サイドバーで「3月印象に残ったこと」「4.10NOAH後楽園」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。今日はNOAH後楽園アンケート最終日です。

« 新日本・永田さん、(一部)プロレスファンの聖地で、永島オヤジと再会(10/04/07 No.4) | トップページ | 全日本・諏訪魔もまた、金網の呪いに…(10/04/08 No.2) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

>え、そんなルールがあったんですか! 

ほんと、そんなルールあったんだあ。勉強になった。
だけどそもそも、荒れに荒れて収拾つかないから「無効試合」なんだろうに、それを即日再試合ってルールに無理があるんじゃ? 整合性に欠けるというか、「再試合できるんなら最初からやれよ」というか。両リン→即・再試合ならわかるけど。

>無効試合の場合は基本的に同日、そのまま再試合を行う

確かにノアオフィシャルサイトの「ルール」の「GHC選手権ルール」(http://www.noah.co.jp/rule.php)に

>基本的に引き分けは時間切れの場合のみとする。
>両者リングアウト、両者KO、両者反則、無効試合の場合は基本的に同日、そのまま再試合を行う。
>一方の選手が拒否した場合は放棄試合とみなし、拒否した者が敗者となり、続行の意思がある者が勝者となる。
>双方共に続行の意思がない、または双方共に続行の意思があってもレフェリーが続行不能と判断するような場合は王座空位となりGHC管理委員会預かりとなる。
と書いてあります。

ただ「基本的に」というのが曲者(例外を認める余地がある)ですね。

なるほど。Mr.Xさん、詳細ありがとうございます。
でもよく考えたら後楽園の試合はノンタイトルでしたから、GHCルールの適用外でしたね。

雨闘句さん:
>後楽園の試合はノンタイトル
・・・ホントだ。
何を思ったのか、ご指摘いただくまでずっとタイトル戦だとばっかり思っていました。
お恥ずかしい限りです。

ときに、丸藤は
「王者が最後の試合でコケてしまったら、それまでのレスラーがどんなにいい試合をしていてもお客さんはすっきりしない気持ちで帰ることになる。常にお客さんに、また会場に足を運びたいと思わせるような試合をしなければいけない」
と言っていました(NumberPLUS『プロレスに殉じた男 三沢光晴』より)。
この発言はGHCヘビー級王者の責任という文脈の中での、いち選手としての発言でありますが、3.20はまさに「王者が最後の試合でコケてしまった」大会になってしまいました。
選手としての丸藤は天才だと認めますが、現場責任者としての丸藤の能力はどうなのかな、と思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48027983

この記事へのトラックバック一覧です: NOAH・杉浦、グローバルリーグ秋山戦にGHC王座賭ける意向も(10/04/08 No.1):

« 新日本・永田さん、(一部)プロレスファンの聖地で、永島オヤジと再会(10/04/07 No.4) | トップページ | 全日本・諏訪魔もまた、金網の呪いに…(10/04/08 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート