« 2010年5月7日 | トップページ | 2010年5月9日 »

2010年5月8日の4件の記事

2010-05-08

丸藤正道VSタイガーマスクのIWGPジュニア戦。試合後手負いの敗者に大ブーイング…。何故?(10/05/08 No.4)

 (記憶だけを頼って書いているのでディティールに誤りがあるかもしれません。あしからず。追記:ニアライブを見てマイクの内容等を修正しました)

 物凄いブーイングでした。

 丸藤正道対タイガーマスクのIWGPジュニア選手権は、試合後のタイガーマスクへの大ブーイングで幕を閉じました。

 当初、ブーイングに対して、「NOAHのファン、どんどん丸藤を応援しろ。それを俺がぶっ潰す」的なことを言い、NOAHファンの一部が騒いでいるかのような扱いをしていたタイガーでしたが、最後には新日本ファンからもブーイングが起こっていることを理解。「新日本ファンのみなさん、お怒りは分かります」とマイクを軌道修正し、事態の収拾を図りました。しかしそれは遅きに失したリテイク。堰の切れた怒涛の怒りはとどまるところを知りません。レフェリーストップにより敗れてしまった”悲運のヒーロー”が、大ブーイングのなか退場するという異例の事態となりました。

 どうしてこんなことになってしまったんでしょうか。

 

 試合の序盤はタイガーの時間。あまり順調だと最後に息切れするのではないかと思わせる展開。

 この試合は新日本が負けられない試合でした。負ければ新日本の”怨敵”IGFにIWGP王者が上がることになります。それは、熱狂的新日本ファンにとっても由々しき事態です。好調であっても、簡単に安心するわけにはいきません。

 途中から丸藤の執拗な腕攻めでイニシアチブが逆転。丸藤の時間。ハイライトのひとつとなった腕へのタケコプターは、タイガーが唾棄した”オタク的なプロレス技”です。それに苦しむタイガーの心中やいかにと言うところですが、新日本ファン的にはちょっと一息だったかもしれません。試合はおそらく長期戦。攻められながら様子を見て、最後の最後に勝機を逃さなければいい。タイガーの勝利を信じるファンの多くはそう思っていたのではないかと思います。

 しかし、そういう展開にはなりませんでした。

 そのままズルズル、丸藤の腕攻めに嵌って行くタイガー。反撃を試みるも決定打には遠く及ばない。腕へのダメージが蓄積されるばかり。

 流れの中で、丸藤がタイガードライバーを狙いに行く。そのまま体勢が崩れたか、うまく決めたか(ここらへん失念。そんな重要なシーンと思っていなかったのかも)を経て、腕ひしぎ逆十字に移行。そして猪木がアンドレに決めたような腕固めを決める丸藤。粘るタイガーの腕を、強引に支配します。タイガーの握り締めた拳の指を、力づくで剥がして行く姿に「強すぎる!」と声があがる。流れの中の1アクションだった技が洒落にならない決まり方に…。

 そこから試合をレフェリーが止めるまでにそう時間はかかりませんでした。20分超と長い時間でしたが、ええ?ここで? という印象のフィニッシュです。

 

 正直、負け方が良くありません。中盤から攻め込まれ続け、そのままズルズルいってしまった。大きな見せ場が無かった。また連敗という事態も重い。NOAHに煮え湯を飲まされてばかりの新日本ファンですから、そこにもフラストレーションが残る。

 更に、よくないことが重なります。

 タイガーがマイクを握ったのです。

 この時点で既にイヤなムード。敗者がマイクを握るというのをファンは好みません。

 「俺はギブアップしていない。おまえなんかの技でギブアップなんかするか」

 力尽きて負けたのではないというアピールは、この場合逆効果。興奮している観客からは、「余力があるのになぜ負けた?」というある意味誤読とも言うべき解釈が導き出されます。

 かてて加えて、ズルズル負けた印象の悪さが残っています。「ギブアップしなかっただけで、明らかに負けだろう」という解釈になります。

 相乗効果でブーイングは必然。

 そこにブーイングをNOAHファンのものと勘違いしたかのような発言が重なるのですから、もはや事態を収拾する術はありません。全ての抵抗をやめて退場する以外には。

 大きく私見を挟めば、これまでのタイガーのそっけない試合に対する不満の誘爆があったように思います。タイガーの”失態”を受けて、これまでの不満が爆発した部分もあったのではないかと推測します。もしこれが試合でファンとの信頼関係が築かれている選手であったら、もう少し軟着陸が出来たのでは………、と思わないでもないです。

 いずれにせよ一度堰を切ってしまった感情を、元に戻すのは容易ではない。タイガーマスクのヒーローとしての再起には、相当の困難がつきまとうと見ました。少なくともJCBホールでブーイングを送ったファンの応援を取り戻すためには、かなりの労力が必要でしょう。

twitterに新日本スーパーJタッグトーナメント観戦中のつぶやきがあります。あまり内容はありませんが、よければどうぞ)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

新日本の虎仮面・タイガーマスク、闘いを前に猫になる。「丸藤正道選手はいいヲタクでした…」(10/05/08 No.2)(今日勝ったら「「猫かぶってただけだったんですね」と書くつもりでしたが…)

 しかし本当にこれでいいのかな、新日本プロレス。メインでみんな喜んではいたけど…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」「全日世代闘争」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

新日本・真壁刀義、プロレス大賞特別選考委員・内舘牧子先生に現実を見せたい(10/05/08 No.3)

twitterに新日本スーパーJタッグトーナメント観戦中のつぶやきがあります。あまり内容はありませんが、よければどうぞ)

 真壁の政権奪取会見、人の世の情けの”薄っぺらさ”を感じましたね。まさに人情紙風船です。

 あれだけ、大きくとりあげるなよ、こういうのは微妙な問題があるから表に出すぎるとぽしゃっちゃうんだ、と真壁が言ったのに、藤田との対戦希望を書き立てるマスコミ。週プロmobileは記事本体にちょこっと書いてるだけですが、スポナビは見出しですよ。見出しに書いたら目立っちゃうじゃないですか。まあオフィシャルサイトですら隠さなかったくらいですから、やむを得ないとは思いますが(オフィシャルが隠さないということはまんざらでもないってこと?)。

 ただそんな時でも東スポは刀義の味方。いつものIWGP戦後ならでかでかと裏一面で「真壁、藤田と防衛戦! 世界格闘技統一構想」くらいの大風呂敷を広げるのですが、一切触れず。さすが業界の良心です。

 となれば、真壁の東スポ取材へのコメントも滑らかになるというもの。東スポプロレス大賞選考委員に対しても優しくなるというものです。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント

 内舘、俺が現実を見せてやるからな! 俺の防衛戦、必ず見に来い、コラ!

» www.tokyo-sports.co.jp

 内舘呼ばわりですけどね。

 去年のプロレス大賞授賞式の内舘先生のお言葉「来年以降、必ずMVPを取るべき才能だと思ってます」に、思うところがあった真壁。IWGPを獲るのはMVPへの一里塚。そろそろ内舘先生に会場に来てもらっても恥ずかしくない、期待に応える姿を見ていただきたい、そうい思いがあるようです。口調的には体育館裏にでも呼び出してそうな風情ですが。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント

 みんな目標が小さすぎる。ヘドが出るよ。5,000~10,000人の会場なんて埋めて当たり前。どんな業界でも核がしっかりして、初めてほかの手足が広がるんだろ。何がいいてえか分かるよな? 俺が業界の核になるっていうことだよ。

 俺はこんなところじゃ満足いかない。IWGP取って、G1取って、MVP中のMVP取ってやるからよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 でも内舘先生の期待に応えようと思えばこそのMVP獲得宣言、いやMVP中のMVP獲得宣言ですからね。先生も分かってくれますよね。鈴木みのるに「品格が無い!」と言いきった先生の、困惑の表情も想像できてしまいますが。

2010年05月06日 | 「杉浦か? 杉浦以外にいるのか?」“新王者”真壁刀義がIWGP王座奪取会見でノアを大挑発!! | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

ノアのクソバカヤローがいるだろ? 俺は借りがあるんだよ。そのクソバカヤローたちに名乗る勇気があるなら、出てこいって!

» www.njpw.co.jp
2010年05月06日 | IWGP王者・真壁が貫禄たっぷりに発言!「3日経っても何も言ってこねぇ。ノアは腰抜け。クソ以下だ!」 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

タイトルマッチの日に言って、3日経っても何も言わねぇってことは、腰抜けなんだろ。どこが? (プロレスリング・)ノアがだよ。俺、言っとくぞ。頭きてっからな。クソ以下だ、この野郎

» www.njpw.co.jp

 こうやってNOAHの選手に挑戦してこいと言ってるのも、NOAH好きの先生に、よりイージーに見てもらいたいという気持ちの表れかもしれませんし、ひとつ、広い心でお許しください。何故、好きな選手がこっぴどくやられる様を見せつけられなければいけないのか…とお思いでしょうが。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年05月06日 | 「杉浦か? 杉浦以外にいるのか?」“新王者”真壁刀義がIWGP王座奪取会見でノアを大挑発!! | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(政権獲得会見の模様)

2010年05月06日 | IWGP王者・真壁が貫禄たっぷりに発言!「3日経っても何も言ってこねぇ。ノアは腰抜け。クソ以下だ!」 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(囲み会見の模様)

新日本・真壁刀義、中邑真輔を下しIWGPヘビー初戴冠も…(10/05/04 No.1)(真壁の政権獲得試合についてのエントリー。今度はすっきりした勝ちを期待したいところ)

 すいません、やっつけちゃいました(てへ)。それにしても防衛戦初戦からNOAHとやる気みたいですね。意外。内舘先生の話抜きにすると、杉浦の防衛ロードを意識してって意味もあるんでしょうかね

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 そうなんですよねぇ、出てった選手がいるから今の新日本があるわけでね。でもそこを色々考えるのもまた楽しいところ。右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」「全日世代闘争」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

新日本の虎仮面・タイガーマスク、闘いを前に猫になる。「丸藤正道選手はいいヲタクでした…」(10/05/08 No.2)

 丸藤正道とタイガーマスクのIWGPジュニア戦調印式が行われました。細かくあげてくといちいち興味深く、長くなりそうなので、僕的に一番フックしてきたこの発言をピックアップ。

2010年05月07日 | 決戦直前! タイガーが「オタク」発言撤回も、両者「エグイ技でいく」宣言!!(IWGPJr.調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

チャンピオンに“プロレスオタク”と言ったんですけど、これは悪い意味じゃなく、ずっと試合を見せてもらってあれだけリングを大きく使って、リングのすべてをあれだけ使える、素晴らしいという意味を含めて、プロレスを大好きで研究しているという意味で言わせてもらった言葉です。

» www.njpw.co.jp

 5.3レスリングどんたくでの

週刊プロレスmobile  5.3レスリングどんたく タイガーマスクのIWGPジュニア戦後コメント

あれだけね、吉橋だなんだ、コケにされて、オレはもうキレたよ、本当に。アイツのオタクなプロレスはたくさんだね。あんなオタクみたいな技ばっかりのプロレスは。

» www.sportsclick.jp

 この発言を撤回するものですね。

 闘いを前にこの弱腰。

 明らかな悪口を、無理矢理賞賛にエクスチェンジ(できてませんが)。

 何があったというのでしょうか。

本来なら、「オタクをオタクと言って何が悪いんだよ。このオタク野郎」くらい言ってアクセル踏みたいところですが、突然の大ブレーキですからね。どこかから(といっても限られますが)のクレームがあったのかしら。いいコメントだと思ったんだけどなぁ…。

 いや、これまで書くタイミングがなかったんですけど、あの「オタクなプロレス」発言、僕にフックしまくってたんですよね。善悪の価値判断は抜きにして、丸藤のプロレスの一側面を的確に表現してると思うんです。理にかなわない動きが独自ムーブにあるじゃないですか。ああいうのって良くも悪くもプロレスファンの発想だな、と思うんです。それを抜群の動きで説得力つけて見せるから丸藤は凄いんですけど、そこらへんバッサリ切り捨てるのがタイガーらしいなと。ネガティブな部分だけクローズアップして言うのがいいセンスだなぁと。さすが、折に触れプチ問題発言を繰り返すタイガーっぽいなぁと感心してたのに…。この釈明は苦しいというか…ちょっとがっかりしてしまいました。

 囲み会見での丸藤の「噛みつかない虎は虎じゃないでしょう」という発言も、この釈明を聞いて出た発言かもしれませんよ。まさに丸藤の言うとおり猫になってしまったように思えます。

 丸藤は開き直って、

2010年05月07日 | 決戦直前! タイガーが「オタク」発言撤回も、両者「エグイ技でいく」宣言!!(IWGPJr.調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

え~“プロレスオタク”の丸藤です! いま、この世の中、オタクがブームを作ってる部分もあると思うんで、“オタク”という言葉に抵抗はないんですけど、それだけプロレスを楽しんでいるという証拠でもありますし。

» www.njpw.co.jp

 なんて、”タイガーの釈明後に”言ってるのに。

2010年05月07日 | 決戦直前! タイガーが「オタク」発言撤回も、両者「エグイ技でいく」宣言!!(IWGPJr.調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

――丸藤選手もエグイ技でいく?

丸藤「ま、何をもってエグイというのか、って部分なんですけど。お客さんやマスコミが見て『こりゃエグイな!』と感じるものでしょうし、僕とタイガーマスク選手では「エグさ」の表現も違うと思いますし。同じようなエグイ攻撃はできないと思いますけど、僕なりの『エグさ』で勝負します」

» www.njpw.co.jp

 なんて、オタク好きするコメントしてるのに。

 二人の心の余裕が違い過ぎると言いますか。これではIWGPジュニア奪回に黄信号という気もします。

 まあ、あまりにもキャッチーで収まりのいいフレーズすぎたので、やむにやまれずの撤回なのかもしれませんがね。試合中に変な野次が飛ぶかもしれませんし。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年05月07日 | 決戦直前! タイガーが「オタク」発言撤回も、両者「エグイ技でいく」宣言!!(IWGPJr.調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(調印式の模様)

2010年05月07日 | 「噛み付かない虎は虎じゃない」(丸藤)5/8「SUPER J TAG」IWGP Jr.囲み会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(囲み会見の模様)

ガオガオ吠えるのはヤツだけじゃない! タイガーマスクも色々吠える(10/03/30 No.4)(丸藤との再戦がタイガーの宿願だったことが分かるエントリー)

サイコロジーなんていらねえよ、冬(1.30新日本後楽園大会を観て思うこと)(10/01/30 第1位)(丸藤VSデヴィちゃんの試合に興奮したエントリー。今読むとタイガー批判になりますね、これは)

 もう今日試合なんだぁ…って、急遽決まったから「もう」感あるの当たり前か。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 出会ってしまったのが運の尽きですね。右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」「全日世代闘争」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

三冠王者・鈴木みのる、また「正論」(10/05/08 No.1)

 全日本で始まった世代闘争。人気面では新世代に分が悪そうですね。現在右サイドバーで実施中の世代闘争アンケートでもそれが端的に分かります。

 今見ても圧倒的な人気の差だなと思いますけど、最初の40くらいの票までは新世代に票が入ってなかったですからね。僕の見た限りだと。このままだとみんな空気読んで新世代に票を入れないのではないか、やばい黙示の合意がなされるのではないか、と思ったくらいです。

 本当は、もう少し新世代が実績つくってから闘争が始まったほうが良かったんでしょうね…。そんな悠長なこと言ってられないアレもあるんでしょうが。

 さて悠長なこと言ってないのは鈴木みのるも一緒。体勢が整おうが整うまいが、いや整ってないからこその正論を新世代にぶつけます。

東京スポーツ(紙面) 鈴木みのるのコメント

 諏訪魔が「三冠は全日本の所属が持っていなきゃダメだ」とか言ってたけど、お前らがだらしなくて俺が強いからここにあるんだろ? そもそも誰も俺を倒したことねえじゃん。当然だけどな。

» www.tokyo-sports.co.jp

 確かに所属の浜が負けてしまったから鈴木の腰に三冠があるわけで…正論でしょう。

 敢えて言うと、チャンカンで鈴木は浜に負けてます。だから「誰も俺を倒したことねえじゃん」はいかがなものかと思いますが、金網で船木に完敗したあとも「俺は負けてない」と言い続けた鈴木のこと、あれも「負けてない」のかもしれません。

東京スポーツ(紙面) 鈴木みのるのコメント

 そんなにベルトが大切なら木箱にでもしまっとけよ、バ~カ

» www.tokyo-sports.co.jp

 木箱にしまったくらいなら強奪しそうな鈴木ですが、確かに丁重に扱うのにはそれが一番。雰囲気的にベスト。これも正論でしょう!

 これだけ新世代を舐めている鈴木ですから、当然試合でも力の差を見せつけるのかと思えばさにあらず。

東京スポーツ(紙面) 鈴木みのるのコメント

 曙だって船木だってケアだっている。こいつらの方がよっぽど魂がある。いっそのこと、この3人で(三冠防衛戦を)回しちまうか、ハッハ~。

» www.tokyo-sports.co.jp

 この暴君に言葉で勝てないことは実証済み。ならば闘いで勝つしかないのですが、それを受けないと放言する鈴木。これでは新世代も現行世代を超えようがないというものです。そもそも自分が持ち出した世代闘争なのに…という恨み節も聞こえてくるでしょうが、これこそまさに鈴木流の「正論」。鈴木の「正論」は鈴木に都合良く決まったときが真骨頂。正義は鈴木がつくるもの、それが鈴木のアティテュードです。

 口が立ち、人気があり、試合でも強く、勢いまで加速している鈴木。まさに今がプライムタイム。勢いくらいは新世代がリードして然るべきですし、それなりに頑張ってるとは思うのですが、鈴木の前ではどうしても見劣りしてしまう。全日本新世代の上には本当に厄介な重しがのっかっています。NOAHの世代交代以上の難関に思えるこの闘争、まずは次期シリーズで「鈴木の目を瞠らせる闘いぶり」が必要になってくるでしょう。鈴木を同じ土俵にあげることが先決です。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

鈴木VS諏訪魔(諏訪間)初対決詳報 @スポナビ(さすがにこの頃の諏訪魔は鈴木に勝てそうに見えません。体は大きいですけどね)

チャンピオンカーニバル 鈴木VS浜 詳報 @スポナビ(鈴木が負けた動かぬ証拠)

鈴木みのる、理に適いまくり(10/03/04 No.1)(鈴木が正論を述べているエントリー)

 今日もおでかけする羽目に…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 やはり小島退団のインパクトが相当大きいですね。右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」「全日世代闘争」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« 2010年5月7日 | トップページ | 2010年5月9日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート