« 新日本・棚橋弘至、矢野通戦を次期IWGP挑戦者決定戦にする理屈を思いつく(10/05/02 No.3) | トップページ | NOAH・グローバルリーグ戦決勝後の秋山準、心に残る名言。そして高山は凄い顔…じゃなく、浅香戦を語る(10/05/03 No.2) »

2010-05-03

鈴木みのる、三冠ヘビー奪取! 掟破りの逆下克上宣言! そして船木誠勝の秘めた思いを代弁も…(10/05/03 No.1)

 全日本5.2名古屋大会、鈴木みのるが浜亮太を下し、三冠王者に返り咲きました。あの超重量級の浜をゴッチ式杭打ち葬。序盤、浜にペースを握られたものの、最後は力でねじ伏せました。

 試合後、船木、曙、ケアの3者をリングに迎え入れ、高らかに世代闘争の開始を宣言した鈴木。お前らの技は力だけだ、体重だけだ、俺らの技には魂の重さがある、と持論を展開。「勝てるもんなら勝ってみろ! 獲れるもんなら獲ってみろ!」と新世代を挑発します。

 元来、世代闘争とは、下の世代が上の世代に宣戦布告して始まるものと相場が決まっています。若さ故の勢いと野心、そしてちょっとばかりの傲慢さが爆発した結果が、世代闘争に発展するというもの。そもそも現行体制側は敢えて無駄な闘いをすることなく、権力を維持できるわけですからね。自ら闘いに打って出る理由なんてありません。それを自ら煽って、自ら闘争を仕掛けるのですから、鈴木は横紙破りな男です。

 ていうか、そうまでして闘いを挑む理由ってなんなんでしょう?

週刊プロレスmobile バックステージでの鈴木のコメント

昨日、今日プロレスをはじめたヤツが、昨日までオムツしてたくせに”プロレスってさ”とか、ムカつくんだよ。体重乗っけただけでチャンピオンになったヤツがよ、ボクが業界を引っ張りますんでとか、本当に腹が立つんだよ。

» www.sportsclick.jp

 ムカつくから、だそうです。このプリミティブな感情で全日本プロレスを回していくのですから大したもの。でもまあ、そもそもこういうプリミティブな感情のぶつかりあいこそ闘いの原点なのかもしれません。

 更に鈴木は、何故、現行世代の選手の魂の重さは違うのか、どんな経験が魂を重くさせたのかを、仲間(でいいんですよね)全員について説明していきます。こういうの、鈴木好きですよね。JCBでのGURENTAI解散宣言時にもこうやってメンバー一人一人への思いを語ってファンの涙を誘いました。

 ケアは○○だから、曙は××だから…、その2人の内容は週プロモバイルをご参照いただくとして、次はいよいよ船木の番。

 あの鈴木が、あの船木の魂の重さを語るなんてあり得ないことです。あいつは絶対許さない、あいつは逃げてばかりの人生だ、と船木をくさしていたのが記憶に新しいところなのに…。やはり本音は隠されていたのか、真実の発露はあるのか、と誰もが気になるところです。

週刊プロレスmobile バックステージでの鈴木のコメント

そして船木だってよ、いろんなものをテメエらに背負わされてよ、テメエはテメエのペースでやりてえのに、テメエらが勝手にいろんな物を押しつけてよ。負けてもう休みたいって言ったら、大騒ぎしやがって。そのあいだどんな思いをしたか、どんな思いで戻ってきたか、オマエらにはわかんねえだろ。

» www.sportsclick.jp

 「テメエら」というのはマスコミですかね。

 スターにはスターの孤独があるということを、鈴木は言いたいんでしょうかね。自分ひとりのものでない人生を歩み続ける辛さ、人の期待を背負いながら生きなければいけない辛さ、それがどれだけ魂を重くするか。人に成長を強いるのか。そういうことを鈴木は言いたいのでしょう。

 ていうか、鈴木、そんなこと考えてたんだ…。これ、聞いてた船木もビックリでしょうね。俺の気持ち、おまえ分かってくれてたんだ…って、ねえ。

週刊プロレスmobile バックステージでの鈴木のコメント

まあ、オレもわかんねえけどな(苦笑)

» www.sportsclick.jp

 ああ、適当だったんだ。

 まあまだまだ始まったばかりの軍団です。これから色々分かりあっていくんでしょう。

▼アンケートにご協力ください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

5.2全日本名古屋大会結果 @全日本オフィシャル(基本として)

鈴木みのる、そんなに言って大丈夫? (10/03/03 No.2)(金網戦前の鈴木の船木くさし その1)

鈴木みのる、理に適いまくり(10/03/04 No.1)(金網戦前の鈴木の船木くさし その2)

鈴木みのる、四面楚歌の三冠王者・浜亮太を更に追い込む。相撲ハンディキャップマッチも逆提案(10/04/14 No.3)(浜にここまで言うのも「相手の心を折るのが大好きだから」とか。やっぱりプリミティブ…)

 ケアと曙の理由もこじつけっぽいです…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 やっぱりブル様、北斗、豊田の三つ巴ですね。右サイドバーで「女子プロ凄かった選手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。明日は女子プロアンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 新日本・棚橋弘至、矢野通戦を次期IWGP挑戦者決定戦にする理屈を思いつく(10/05/02 No.3) | トップページ | NOAH・グローバルリーグ戦決勝後の秋山準、心に残る名言。そして高山は凄い顔…じゃなく、浅香戦を語る(10/05/03 No.2) »

スポーツ」カテゴリの記事

全日本」カテゴリの記事

鈴木みのる」カテゴリの記事

コメント

鈴木みのるは、本当に全日本の顔ですね。
新日ファンとしては、最近の真壁がみのると被ってて心配です。
みのるの方がマイクが上手いからなのか、真壁がスーパースターのわりに地味に見えてしまって・・・。
やっぱりスーパースターのキャラ付けは無理があるような気がします^^;

やっぱちょっと遅かったかもしれませんね<真壁政権
鈴木みのるに喰われそうな予感がなくもないですから

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48250176

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木みのる、三冠ヘビー奪取! 掟破りの逆下克上宣言! そして船木誠勝の秘めた思いを代弁も…(10/05/03 No.1):

« 新日本・棚橋弘至、矢野通戦を次期IWGP挑戦者決定戦にする理屈を思いつく(10/05/02 No.3) | トップページ | NOAH・グローバルリーグ戦決勝後の秋山準、心に残る名言。そして高山は凄い顔…じゃなく、浅香戦を語る(10/05/03 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート