« 新日本・後藤洋央紀、…まああれだ、頑張って(10/05/18 No.2) | トップページ | 帝王・高山善廣、NOAH占領政権のマニフェストを披露。最終目標は、”恐れ知らず”の相棒と…(10/05/18 No.4) »

2010-05-18

平成のテロリスト・ビッグ村上が、新日本の”青大将”をロックオンしたようです(10/05/18 No.3)

 健介オフィスに参戦中のビッグ村上。南野タケシ、卍丸とのタッグがはまりすぎでヤバいですね。この手があったかと、びっくりする次第。街中で会ったらまずうつむきたい。声をかけられたらジャンプして財布が無いことをアピールしたい(電子マネー派ですから)。実にやばそうな3人です。

 その村上が、あの選手について語っています。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 「何やってんだ、そうじゃねえだろ」ってカツを入れたい人間がいる。ボクが以前、○○倶楽部に入ってた時、上がってた団体にいますね。ヒントはボクのマウスピースの色(=青)です。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ○○倶楽部といえば魔界倶楽部でしょう。新日本ですね。そこで「青」。村上がいた頃にはブルーウルフがいましたけど…って白々しいか。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 真壁の一夜明け会見の記事を読んだけど、いや違うだろうって思いましたね。「誰も挑戦してこねえのか」って言ってるのに、なんで(永田は)手を挙げないの。あのチェーンでぶっ叩いてやるくらいの勢いがあってもいい。真壁に取られてる場合じゃないだろう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 新日の”青大将”永田のことですね。

 村上が上がってたころの真壁といえば、グリーンボーイに毛が生えたようなもの。そんな真壁相手に何もできない永田がもどかしくてしょうがないということみたい。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 IWGPの象徴かな…それぐらいの実力と器を持った人間。

» www.tokyo-sports.co.jp

 と永田を評価する村上。

 テロリストらしからぬエールですけど…。

 って思い出しました。ちょっと前にこの2人、プライベートでの邂逅を果たしましたよね。そこでちょっとした絆ができたのかもしれません。そして、だからこそ今の永田をじっくり見てみたと。今どき見られる永田の映像といえば、3way戦か、井上相手の青義軍劇場。…まあ明らかにキワモノ路線ですよね。それを物足りないと感じたのかもしれません。

 これは、90年にアニマル浜口がやったような乱入劇があってもおかしくないでしょう。若手に道を譲り精彩を欠いていたあのころの長州の姿が、永田に重ならないこともない。「永田、燃えろ、燃えてくれー」と、馬乗りになって永田を殴り続けるシーンがあってもおかしくないはず。マウントパンチは村上の十八番ですし…。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 タッグを取ったんだから”2冠”を狙ったっていいんじゃない。あまりにもグズグズしてると、ケツを蹴り飛ばしにいくよ。ヒヒヒヒ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 って、最後の笑いから想像するに、メリケンサックでも装着しそうですが…。(大変なことになります)

 永田は厄介な人に期待されてしまったものです。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

健介VS村上、ひとまず幕。されど東スポの闘いは続く(10/02/13 第 位)(このときはIGFへの参戦を示唆してたんですよねえ…)

 棚橋のトラウマ(悪夢のノーピープル金網戦)も再燃でしょうか。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 あのころはよかった的な話があるわけですから、やっぱりいい時期があったわけですよね。実際のところ何が分岐点だったんでしょうかね。右サイドバーで「小川の活きる場所」「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« 新日本・後藤洋央紀、…まああれだ、頑張って(10/05/18 No.2) | トップページ | 帝王・高山善廣、NOAH占領政権のマニフェストを披露。最終目標は、”恐れ知らず”の相棒と…(10/05/18 No.4) »

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

永田」カテゴリの記事

コメント

先日のSXWでのクラッシックは、永田、中西、カシンのそろい踏み。タナと真輔が、ぼこられていた。今の永田さんからは、考えられない程、強い永田さんでしたね。中西は、今と変わらん気もする。飛躍すると思われていたけど、そのままみたいな感じ。
村上が上がっていたころは、本当に悪ガキ見たいな風貌でした。血気さかんでね。真輔も対戦してたけど、まだ2~3年の頃かな?
顔面血だるまで、村上に向かって行きました。
シングル対戦もしてますけど、勝てなかった。
真輔に、ロックオン・・・しないでね(笑)
でも、村上、元気そうですね。何よりです。はい!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48389488

この記事へのトラックバック一覧です: 平成のテロリスト・ビッグ村上が、新日本の”青大将”をロックオンしたようです(10/05/18 No.3):

« 新日本・後藤洋央紀、…まああれだ、頑張って(10/05/18 No.2) | トップページ | 帝王・高山善廣、NOAH占領政権のマニフェストを披露。最終目標は、”恐れ知らず”の相棒と…(10/05/18 No.4) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート