« 2010年5月10日 | トップページ | 2010年5月12日 »

2010年5月11日の2件の記事

2010-05-11

NOAH参戦中の佐々木健介、杉浦貴のGHCヘビーにスクランブル挑戦(したい)(10/05/11 No.2)

 5.9IGF大阪大会を右肩亜脱臼により欠場した高山。心配ですね。前日発表なんて緊急事態なのかしら、と思ってしまいます。

 一方で、IGFとナニがアレして欠場なのでは、と穿った見方をするむきもあるかもしれません。それがプロレス腐男子腐女子のとってしまう思考。悲しい性といいますか、今までいろんな局面でいろんな事態があったからの自己防衛本能と言いますか…。ちょっと様子を見てみたくなる思考です。

 だけどまっすぐな男、佐々木健介にはそういう斜め目線ゼロ。高山のNOAH欠場(するかもしれない)の穴を埋める気マンマン。

東京スポーツ(紙面) 健介のコメント

 俺はいつでもいけるように臨戦態勢を整えてる。気持ちもそうだし、体調面もそう。あのベルトをあきらめたわけじゃないし、いつでもいける位置にいる。

» www.tokyo-sports.co.jp

 グローバルリーグを優勝した高山が第一コンテンダーであろうところの、GHC挑戦に意欲です。NOAHの窮地を救う意思もあるのかもしれませんが、43になってもがっついてますね

東京スポーツ(紙面) 健介のコメント

 若手に負けねぇ。ジジイはもっと頑張るからな。

» www.tokyo-sports.co.jp

 でも、この”ジジイ”がコンディション抜群なんですよね。挑戦となっても全然不思議じゃない。

 ただ、次のコンテンダーは形式上、秋山ではないかと思いますが…。なんだかんだ言ってもAブロック予選落ちと準優勝では差があります。

東京スポーツ(紙面) 健介のコメント

 (グローバルリーグ予選落ちについて)言い訳はしたくないし、結果は受け止めてる。だけど下を向くつもりはない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 どこまでも前向きな健介を説得するのは難しそう。高山がケガをおして挑戦するのが、一番丸く収まりそうな気がします。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

佐々木健介、慢心で苦杯。NOAH・グローバルリーグ戦は混沌と(10/04/24 No.2)(なんとしてでも博多でタイトル戦やりたいんでしょうかね)

 いずれにせよ次期シリーズ開幕戦、5.22後楽園大会に高山が出場するのか気になりますね。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 いつの間にか武藤が100票超えてますね。右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。明日は「新日残ってほしかった選手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

新日本・真壁刀義、機械の体になりたい21世紀の鉄郎を挑発(10/05/11 No.1)

 「NOAHから挑戦名乗りをあげろ」と何度も言っているのに無情のノーリアクションを返されている真壁。ここでも人情紙風船ですね。あえて言えば丸藤が声をあげているわけですが、新日本及び真壁にメリットがないのでスルーでしょう。他団体のジュニア選手の挑戦を受けたとなれば、IWGPヘビーの権威低下が問題になるといいますか…。

新日本オフィシャル 5.8JCB大会試合後 真壁のコメント

いつだかのドームのウ○コチ○チ○いたろ? その片割れのデクノボー? 誰でもいいよ? 俺とやりたいって雄たけびあげねーか? ノア、てめーらのことだよ? 俺はいままでのクソチャンピオンと違う。ドンドン攻めていくぞ? アグラかいてっと、大変なことになるぞ。そんだけだ!

» www.njpw.co.jp

 だからと言って、それもどうなのという気がしますが。

 確かに真壁と遺恨のある相手といったら、(杉浦を除けば)この2人。あと仲田ドラゴン取締役。「俺がやると決めたら、まわりが止めてもやる」と言っていた真壁ですから、仲田取締役の線もゼロではないですが、やはりメリットもないですし、とりあえず名前を挙げているのはこの2人です。となると、今、この2人がIWGPベルトに一番近い?

 ただヨネの方は、1.4ドームで、びっくりするくらいの完敗を喫していますから、ちょっと挑戦はどうかなと思いますよね。

 となると、機械の体になりたい”21世紀の鉄郎”こと、力皇猛選手の挑戦が濃厚のように思えます。まあ、それにしたって、やはり必然性と実績が足りない気が…。

 そこらへんは真壁も承知しているようで、

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント

 もちろんただ言えば認めてやるって話じゃねえぞ。デッカイ土産持ってきたら考えてやるって話だ

» www.tokyo-sports.co.jp

 なんてことも言ってます。

 でも、これまでの真壁の軌跡を見るに、試合中乱入してぶちかまし一閃とかでも、熱くなって挑戦決定ということになると思われます。気持ちが優しそうな力皇には高いハードルかもしれませんが。

 それにしても、仮に挑戦が決まったとして、どちらの会場でやるのか、どのくらいの規模の会場でやるのか………申し訳ないですけど、凄く気になります。杉浦対真壁でさえアレだったのに。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

TAJIRIは永田とタッグ対決?真壁VS田上は回避へ。新日本ドーム大会マッチメイク(09/12/13 第3位)(乱入からのクォーラルボンバーで真壁戦が決まったヨネについてのエントリー)

真壁VS仲田GM、直接対決第2Rはノーコンテスト(09/12/27 第1位)(真壁と仲田GMの遺恨の一局面を示すエントリー。しかしヨネのコメントは今見てもひどい)

 鉄郎がなったのは”ねじ”でしたけど。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 前田日明さんの人気がこんなに健在とは正直意外でした。右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「全日世代闘争」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。明日は「新日残ってほしかった選手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年5月10日 | トップページ | 2010年5月12日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート