« 2010年5月11日 | トップページ | 2010年5月13日 »

2010年5月12日の3件の記事

2010-05-12

アントニオ猪木、小川直也に見切りをつける(10/05/12 No.2)

 IGF大阪大会メインイベントのダイジェスト、Sアリーナで見ました。正直、かなり辛いものがありました。あのプロレスの達人、鈴木みのるや丸藤正道をもってしても、どうにもならなそうな空気感が…。

 プロレスのリングには、プロレスのリング特有の物理法則があって、その物理法則の中でレスラーは闘っているのだと認識してますが、小川は鈴木達と別の世界にいたように思う。鈴木みのるとアサター(IWAジャパン浅野社長が青汁注射により変身した、なれの果て。この前デビュー戦をダイジェストで放送)、どちらの世界に近いかと考えて、僅差で鈴木みのるの方かなというくらいのアレ。2月の健介組戦のほうが、まだやれてた気も…。もしかしたら体の調子よくないのかしら。分からないですけど。

 そんな印象を持ったのは猪木も一緒だったのかもしれません。

東京スポーツ(紙面) 猪木のコメント

 (メインの試合については)不満ですね。(興行は)期待通りにいかなくても、終わりよければすべてよし。でも(前夜は)俺が締めなきゃ、締まんなかったでしょ。誰って言う必要はないけど、どうしてこんなに元気なくなっちゃったの?

» www.tokyo-sports.co.jp

 辛らつな口ぶりで(おそらく)小川批判です。いつも猪木が締めてますから、いつもどおりといえばいつもどおりだったんですけどね。

 ただ、一つ違ったのがアレ。キックボクサーの角谷がデビューしたこと。この角谷にアントン、可能性を見いだしているみたいなんですね。

東京スポーツ(紙面) 猪木のコメント

 角谷のほうがよかった。KO宣言して、期待に応えてみせるというね。専門的に言えば(技術は)甘いけど、結構向かっていっていた。逆に一番プロレス的だった。

» www.tokyo-sports.co.jp

 この新鋭の登場により、小川のアラが目立つということなのでしょう。角谷も賛否両論ある感じと聞きますが…。

東京スポーツ(紙面) 猪木のコメント

 もうちょっと新しいスターを作っていくしかない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ともあれ、小川以外の選択肢づくりに踏み出す決意を固めた猪木。K-1ワールドグランプリ制覇が目標の角谷に、プロレス修行もさせるんだとか。更にジョシュの所属するCSWに格闘技武者修行にいかせる特別待遇も考えているとか。あとは元若麒麟への期待もあるらしい。

 これらの発言が小川を発奮させるためのものなのか、本気で思うところがあるものなのか、今後の動向に注目していきたいところです。やっぱり猪木と小川の対立構造に立ち返っていくのか、という気もしますが。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

チャイニーズアキ姫の日記:IGF GENOME12観戦記/ わたしのタキシード仮面は浮沈艦(角谷に辛らつ。小川にも)

IGF『GENOME12』観戦記 その8|なおちっちのブログ(こちらの方も小川にご立腹。角谷には難点あるものの好意的というところ。プロレス向きって感じなのかな)

サトルノコトノハ:GENOME12~アントニオ猪木デビュー50周年記念大会~ 6ダーッ!! - livedoor Blog(ブログ)(こちらの方も…。特に意図を持ってえらんでるわけではなく検索上位3つ的な感じでこれですから…)

 時間がないなぁ。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「新日残ってほしかった選手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

新日本・棚橋弘至、念願のanan登場決定! でもなんか中邑真輔との埋めがたい差が…(10/05/12 No.2)

 中邑に先を越されて悔しかった棚橋ファンのみなさん、祭りですよ。ワッショイ!

東京スポーツ(紙面) 見出し 

 棚橋 見てくれオレのチャラマッチョ 念願のanan初登場

» www.tokyo-sports.co.jp

 ワッショイ! ワッショイ!

東京スポーツ(紙面) 

 人気女性誌「anan」(マガジンハウス社刊)に念願の初進出が決まった棚橋は「チラリズム」をテーマに自慢の肉体美を披露。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ワッショイ! ワッショイ!

東京スポーツ(紙面) 

 棚橋は同誌の5月19日発売号「妄撮男子」なる企画に登場する。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ワッショイ! ワッショイ!

 …って、えぇ?

 いかにも色物的なアレですね。いや「女性を被写体に写真上で衣服の一部を破くスタイルのグラビア」”妄撮”は、僕もよく知ってて、出始め当時、日本の欲望ビジネスもここまで来たかと感心したわけですが、これの男子版なんてやるんですか? 更に凄い時代になったものです。 え、既にスタート済み? 中邑が登場した号で初出? 過去の実績があるんですね。

 さっそくネットで検索してみると…なるほど。これは妄撮だ。知らない方はリンク踏んで確認してください。男の僕もなんかどきどきしたので、刺激強いのアレな人は見ない方がいいかもしれませんが。

 これに棚橋が出る、と。

 ファンとしては嬉しい話ですが、それなりに二の線で登場の中邑とはかなりの違いが…。

 まあ気を取り直していきましょう。

 祭りですからね!

 気になる衣装は工事現場の作業員!

 ヘルメット被って作業中!

 って、(グラビア的には)あからさまな色物じゃん!

 ここでも随分差がついてる気が…。

 更にその号のanan特集「オトコの謎」には、「何故男の人は浮気をするのか?」なんて記事もあるみたいで、明らかに棚橋は針のムシロ。過去の傷跡がうずくはず。ていうか、それが狙いか。さらし首か。

東京スポーツ(紙面) anan編集部のコメント

 マッチョ好きの女性も増えていますし、明るいキャラクターが今回の企画にピッタリだと思い出演をお願いしました。

» www.tokyo-sports.co.jp

 といいつつも、ギラリと光るナイフを隠し持ってるanan。月影先生ならずとも「anan…恐ろしい子!」と言わざるをえません。

 ここまでの仕打ちにも棚橋のコメントは明るい。

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 IWGPに続いて中邑に先を越されてたけど…。ついに俺のような超肉食系男子がクローズアップされる時代が来たな。ハハッ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 何も考えてないのか。

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 ダルビッシュ選手が(2007年に同誌で)表紙を飾って以来、意識してますからね。専属モデルになれれば…。何ならリングネームも棚橋”anan”弘至に変えますよ!

 いつでもフルヌードになる準備はある。

» www.tokyo-sports.co.jp

 いや、大きな野望の前に今は臥薪嘗胆なのか。今はふぬけと見せかけての大石内蔵助オペレーションなのか。

 今後の棚橋のananへの攻勢にも注目です。

 棚橋弘至の闘いはまだ始まったばかりだ!

 (少年ジャンプならばここで連載終了)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

From Staff|棚橋弘至 オフィシャルブログ powered by Ameba(これはanan登場を示唆してたわけですかね)

新日本・中邑、「anan」からの仰天オファーにも余裕の笑み(10/01/13 第2位)(ananへの中邑登場発表時のエントリー)

 棚橋の上半身裸作業着写真に添えられたキャプション「これじゃただの露出狂だ…」。東スポからもかなりの格差をつけられてます。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 今残ってたらレジェンド枠かなぁ。そこに収まりきらない気も。どんな立ち位置だろ。右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「新日残ってほしかった選手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

マット界に衝撃! 小川直也、万人が納得できるコメントを披露!(10/05/12 No.1)

 今更ですが、先々週の小川直也の週プロインタビュー、話題呼んでましたよね。超”上から目線”のインタビューに、「言っていることは正論だけどお前が言うな」的な意見がネット上で沸騰。あっちにぶくぶく、こっちにぶくぶく、”異論”百出となりました。まあ小川のインタビューについてはいつもこうですか。賛否両論がつきまといます。本人の中では「話題性を狙っての確信犯だ」的なアレがあるんでしょうけど…。

 さて、そんな小川直也が、珍しく万人が納得できそうなコメントをしたので紹介します。

 舞台は、東スポのIGF上海万博興行記事。上海万博のサウジアラビア館(またはカタール館)でIGFの興行を打ちたいという猪木の思いつきを、ビッグマッチ後恒例の大風呂敷記事に仕立てた例のアレです。 「上海市に隣接する蘇州市から熱烈な大会開催のオファーを受けて」いてIGF大阪大会にも視察団が来てたらしいですし、猪木は中東との特別な関係もあるしで、「猪木ならばもしかして、本当にもしかしてだが…」と思わないこともないこの記事、取材過程で、猪木の

東京スポーツ(紙面) 猪木のコメント

 海外だからと手を抜くんじゃなく、小川やジョシュ・バーネットも連れて行く

» www.tokyo-sports.co.jp

 とのコメントを受けた東スポが、さっそく”当事者”小川を直撃します。

東京スポーツ(紙面) 小川のコメント

 何年か前に某老舗団体の蝶野(正洋)君が企画してたヤツ(プロレスEXPO?)より全然上だね。でもオレは何も聞いてないぞ…。

» www.tokyo-sports.co.jp

 誰もが納得してしまうコメント。

 プロレスEXPOよりは…ね。閑散とした両国国技館は業界を揺るがしましたから。選手招聘夢プランの順調な縮小、直前くらいまでホントにやるのかどうかわからなかったパブ不足と、当時、好事家達の好奇の視線を釘付けにしましたから。この前の蝶野との挑発合戦も、ここをつけば一矢報えたかもしれないのに…と今更ながら思うアレっぷりでしたよ。これなら小川、万人の支持が得られるかもしれません。若干身の丈に合いすぎなきらいもありますが…。

 ただ、このコメントへの同意も、結局、興行が実現できたらという条件がついてしまいます。やったというだけでプロレスEXPOには、最低限の価値があるし、一定の評価が与えられますので…。あえていうとハッスル最後の両国興行(中止)と比べたコメントにすれば、ベストだったかもしれません。最悪でもいい勝負になります。

 なにしろ

東京スポーツ(紙面) 猪木のコメント

 (万博興行の開催にあたっては)リングをひとつ持っていきゃいい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 猪木は「体ひとつで行けばいい」的な呑気なコメント出してますしね。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

angle JAPAN: 色々あったEXPOも最後はノーサイド!蝶野「あの絵を作るための大会だった」(閉会式が全てとの蝶野コメント、ダブルミーニングでしょうか)

衝撃の事実!「プロレスEXPO 2010」がネパールで開催中! | ブラックアイ2(それでも継続(?)してるのだから、たいしたもの。やっぱ今回の記事と一緒にしちゃいけないのかしら)

 でもハッスル最後の両国は、万博とかけらも関係無いからダメか…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「4月印象に残ったこと」「新日残ってほしかった選手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「新日残ってほしかった選手」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年5月11日 | トップページ | 2010年5月13日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート