« 2010年5月14日 | トップページ | 2010年5月16日 »

2010年5月15日の4件の記事

2010-05-15

第64代横綱・曙、”世界一性格の悪い男” 鈴木みのるの露払い役に(なるのかなぁ…) (10/05/15 No.4)

 三冠挑戦者争いでやや足並みが乱れた全日本・新世代軍。若さを露呈しましたね。もっともそのくらい元気なほうが面白くなるというもの。軍団壊滅にならぬ程度に、競い合ってほしいものです。三冠は魔物ですから…。

東京スポーツ(紙面) 曙のコメント

 仲間割れとかじゃなく、同じチームでもすきあらば三冠は狙っていきますよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 って、曙まで三冠狙いですか!

 「すわ現行世代軍まで足並みの乱れか」と思いましたが、仲間割れじゃないって言ってますね。

東京スポーツ(紙面) 曙のコメント

 鈴木さんとはシングルもやったことがないですし、純粋に楽しみ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 あくまでも純粋な意味での競い合いをしたいのだと主張。

東京スポーツ(紙面) 曙のコメント

 状況が変わっても三冠は僕が目指す目標のベルト。その前に立ちはだかる敵がいるなら打ち払うまでです。

» www.tokyo-sports.co.jp

 三冠を狙うヤツがいるなら、僕が蹴散らす。諏訪魔や河野には、指一本触れさせない。それが曙の主張です。

 「大将・鈴木のベルトだから」ではなく「僕が目指すベルトだから」触らせない、というロジックが気になりますが…。

 繰り言になりますが、三冠の魔力にとりつかれた曙は、過去にも無私の精神にみせかけた不穏発言(?)を連発、結果としてSMOPを崩壊に導きました。この発言を額面通りには受け取れません。打ち払うのは本当に新世代だけなのか…。

 ましてや、先日の鈴木コメントで、三冠は現行世代でまわしていくという談合的発言がありました。曙が、すっかりその気になっていてもおかしくない。

東京スポーツ(紙面) 曙のコメント

 一つの区切りとして前向きにアジアは卒業。ケアさんと世界タッグも狙っていきたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 唐突に、狙いは三冠ばかりじゃないと言い出す曙。言い過ぎてまずいと思ったんでしょうか。煙幕張っても大きいお尻が見えてます。やはり曙は現行世代軍の火薬庫ですね(妄想)。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

鈴木みのる、三冠ヘビー奪取! 掟破りの逆下克上宣言! そして船木誠勝の秘めた思いを代弁も…(10/05/03 No.1)(まだわかり合えてない現行世代軍)

 ていうか、ケア以外、みんななにかやらかしそうな気がするメンツですが。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 何故かコメントで永田さんの話題が出てるのが気になります。僕も大好きですけど。右サイドバーで「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「4月印象に残ったこと」アンケートは終了しました。ありがとうございました。小島退団のインパクトは大きかったってことですね。鈴木みのるの話題が束になってもかないませんでした。

NOAH・潮崎豪、AAA世界タッグ獲りに意欲。そして新日本・棚橋弘至戦にも…(10/05/15 No.2)

 青木とのタッグでAAA世界獲り(5.23新潟)を狙う潮崎。体の方はもう万全なんですかね。復帰の丸藤戦ではまだまだこれからという感じがしましたが…。

 タッグとはいえ、相手はモンスター森嶋猛と元祖スーパースター石森太二。イージーな相手ではありません。

東京スポーツ(紙面) 潮崎のコメント

 復帰した先シリーズは不完全燃焼だった。タイトル戦に勝つことで、勢いに乗れると思う。

» www.tokyo-sports.co.jp

 本人も先シリーズに不本意げ。ベルトを獲って潮崎健在をアピールしたいというのもあるかもしれません。

 また、王者になって、メキシコ遠征に行きたいというのもあるみたいなんですね。メキシコに対して”リベンジ”したいんだとか。

東京スポーツ(紙面) 潮崎のコメント

 俺もあのベルトを持って、もう一度メキシコに行きたい。前回は病気になり、サイフまで取られた。嫌な思い出しかない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 メキシコの嫌な思い出に打ち勝ちたい、と。

 これからってときの、おたふく風邪でしたからね。語感でファンから失笑を買った悔しい思いもあります。

 また、潮崎は言ってませんが、メキシコでシオザケ呼ばわりされた過去もあります。この、しょっぱいレスラーの代表でござい的な呼ばれ方にも、リベンジしなければいけないでしょう。

 更に、シオザケ…じゃなかった潮崎、もう一つのリベンジ、1.4東京ドームで苦杯を喫した棚橋弘至へのリベンジにも闘志を燃やしています。

東京スポーツ(紙面) 潮崎のコメント

 俺はこのベルトを手土産にして、棚橋選手に恨みを晴らしたい。お互いがあっちのチャンピオンのうちにできればいい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 同じくメキシコで6人タッグチャンピオンになっている棚橋戦への通行手形として、ベルトを獲りたいという潮崎。一定の説得力があります。

 ただ、棚橋はCMLL、潮崎はAAAですから、両者がチャンピオンになったら余計試合がしにくくなるといいますか…。現役IWGP王者・丸藤がIGFに参戦するだけで大騒ぎになったのですから、分かりそうなもんですが…。

 まあそういう、どの団体がどうだということには、思いのほか選手は無頓着なもの。ファンの方がよく分かってたりする場合がありますから。棚橋が別の団体のチャンピオンだってこと自体、知らないかもしれませんよね。

東京スポーツ(紙面)

 「まずはベルトを取る」と誓った若武者の目がダイヤモンドのように輝いた。

» www.tokyo-sports.co.jp

 こんなリリカルなことを書く前に、ちゃんと教えておいてあげてください。小坂”ダブルクロス”健一郎記者!

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年05月09日 | CMLLに遠征した棚橋弘至選手が、光の速さで6人タッグ王座を獲得!!(5月7日CMLL試合結果) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(棚橋の6人タッグベルト戴冠図。なぜにみんな腕組みなんでしょうかね。よくやってるけど)

時の人エル・サムライ、NOAHの伏兵・石森太二の登場で勘弁してほしい方向に(※解決済みです)(10/05/13 No.1)(チャンピオン側のコメント。石森はこの試合あんま眼中になさそうですが…)

【ニュース有象無象】華名と奈苗の危険な関係に新展開 ほか(10/02/06 第3位)(シオザケ呼ばわりを紹介したエントリー)

【ニュース有象無象】東スポ・小坂記者、驚愕のダブルクロス ほか(10/01/10 第3位)(小坂記者とは…)

 ダブルクロス好きの小坂記者のこと、わざと教えてないのかもしれません。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「『テメェみてぇなエリートさんは大嫌ぇなんだよ』に期待」。確かに潮崎って蝶よ花よと育てられた(あくまで)イメージがあるから、対立概念あって面白いかもしれませんね。勉強になります。右サイドバーで「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「4月印象に残ったこと」アンケートは今日が終了しました。ありがとうございました。小島退団のインパクトは大きかったってことですね。鈴木みのるの話題が束になってもかないませんでした。

元200%男・安生洋二、伝説団体WJに触れて、うまいことを言う(10/05/15 No.2)

東京スポーツ(紙面)

 --- 今、何%ですか

» www.tokyo-sports.co.jp

 こんなことをいきなり聞かれるプロレスラー、そして、

東京スポーツ(紙面)

 えぇ、50%(苦笑い)。私の人生は半分未払いです(半笑い)

» www.tokyo-sports.co.jp

 即座に%で回答できるプロレスラーは一人しかいません。

 往年のUWFインターナショナル、そしてハッスルで異能を発揮していた安生洋二です。

 13日付けの東京スポーツ「プロレス応援団長柴田惣一の『ズバリ直撃』に、安生洋二が登場しています。ひさしく見てなかった気がするので、「あの人は今…」的な趣がありますが、相変わらずの安生節です。

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 体中のあちこちをケガしている。Uインターとハッスルで燃え尽きた。50%ではリングにあがれない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 と、リング上から姿を消している理由を語りますが、引退は否定。

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 (今は)中休み。しばらく充電中。今は泉が私自身。

» www.tokyo-sports.co.jp

 今は総合格闘家泉浩のコーチ役に専念ということなのでしょう。

 インタビューでは、Uインター時代やハッスル時代、泉浩に対する評価等、興味深いことを語っている安生ですが、僕に一番フックしてきたのはこのコメント。自身のプロレス人生をサマったコメントです。

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 Uインターでは200%に振り切り、ハッスルでは300%に振り切った。右から左へ、おっと、ど真ん中もあった(爆笑)

» www.tokyo-sports.co.jp

 伝説団体WJについて触れてるんですね。長州VS天龍旗揚げ連戦まさかのキャンセルで躓き、伝説の金網格闘技興行X-1失敗、後楽園Wブッキング、と順調に坂道を転げ落ちた”地獄のど真ん中団体”WJです。しかし、安生、うまい言い回しですね。

 気になる安生のWJ評は?

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 (WJには)団体の最初から最後までいたけど、いい団体だった。それだけ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 言葉を額面どおりにとらえれば、好意的。

 確かにWJでもマイペースに好き勝手やってた気が…。木村浩一郎曰く「一番強かった」わけですから、なんでもできて居心地がよかったというのはあるでしょう。ただ、あまりに言葉少ななのが、逆に訝しい気がしますね。色々思うところがある時期だったのかもしれません。

 本人は時流の先端を2回体験できていい格闘人生だったといいますが、所属したどの団体も、崩壊に至る経緯がミステリアス。というか、傍から見ると”泥沼”。そういう星の下に生まれてきたんでしょうかね、アンちゃん。いい格闘人生というより波瀾万丈という言葉の方がしっくりくるかもしれません。ネガティブな意味でなくね。いいも悪いも含めての波瀾万丈です。

 先日、誰が新日本に残ってたら新日本は盤石だったか…的なアンケートを実施しましたけど、安生も新日本に残ってたかもしれなかったんですよね。

 第二次UWF直前、前田日明解雇直後、旧UWFの選手はみんな新日本に残ってましたから。安生は当時、中野、宮戸との若手三羽烏の中で、一番新日本プロレスに順応してました。純プロレスが水にあうんでしょうね。ミスター200%を名乗る前までは、UWF(インター)でも知る人ぞ知る実力者みたいな地味な選手でしたから…。もしもあのまま新日本に残ってたらどんなポジションだったんでしょうか。年齢的にはまだ一線でいけそうですけど、そこまでは無理かな。永田さんみたいな域にはたどり着けてなかったでしょう。昔のドン荒川さんくらいのポジションだったかしら。あるいはあのリストラのときに、フェイドアウトしていったか…。

 いずれにせよ波瀾万丈な格闘人生で、よかったんでしょうね。色々な経験ができて、神田うのが知る唯一のプロレスラーにまでなったわけですから(kamipro情報)。って微妙な誉め言葉だな。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

WJプロレス - Wikipedia(基本として)

高田龍の夢か現か:実録『WJ』 序-1 - livedoor Blog(ブログ)(こんなのあったのね。長編。僕もまだ読み切ってません)

還暦・天龍、なお盛ん。伝説団体の忘れ物を取りに行く(10/01/22 第1位)(天龍も忘れていないWJ。天龍プロジェクト旗揚げ戦でも、同じようなコメントしてました。やっぱり忘れられない何かのある団体なんでしょうか)

 インタビュー、最後に現在のマット界について語った部分もいいですね。こっちでエントリー立ててもよかったかも。詳細は紙面でご確認ください。ちなみに来週にも続きが掲載される様子。水曜日発売号なのでよろしければ…(載らなかったらすいません)。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 川田の対戦相手アンケートのときとは全く違う票の集まり方ですね。面白い。右サイドバーで「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「4月印象に残ったこと」アンケートは今日が終了しました。ありがとうございました。小島退団のインパクトは大きかったってことですね。鈴木みのるの話題が束になってもかないませんでした。

NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1)

 水曜SアリでゲストMCを務めた真壁刀義。丸顔好きだそうですね。あとチキンバンバンも。

 IWGPを獲った後だからかゴキゲンで、そんな話題になっても怒らなかった真壁。王座挑戦決定直後のSアリでは、視聴者からのスイーツに関する質問攻勢にキレまくり、僕の大好きな三田さんを恫喝してましたが、そんな姿勢はカケラもありませんでした。サポート役のあべちゃんと、実にわきあいい。ていうか、真壁、あべちゃんが好みなのかもしれません。そんな感じがプンプンしました。

 さて、そんな真壁がこの日も語っていたのはNOAHからの挑戦者問題。挑戦者は「テクニカルなレスラーよりブルファイターがいい」んですってよ。

 もはや露骨と言ってもいいでしょう。王者のプライドからか直接名前は出さないものの、言ってるも同じです。ヨネと力皇に(名指しせずに)呼びかけたうえで、ブルファイター挑戦してこいですからね。ファイトスタイルもさることながら、ブルといえばブルドッグ、ブルドッグといえば猛犬、猛犬といえば猛。そう、真壁の意中の相手は力皇猛に決まってます。マンガ好きの丸藤副社長もMMRばりの推理でそう気付いてくれるはず。そして、ブルファイターご本人も。

東京スポーツ(紙面) 力皇のコメント

 苦節13年でベルトを取ったのに、ウチから無視されてんだろ。あまりに哀れだから、俺が名乗り出てやるよ。そもそも俺とやりてえんだろ!? 遠回しに言わねえで俺の名を言えって。

» www.tokyo-sports.co.jp

 とうとう力皇が挑戦に名乗りをあげました。

 上から目線で。

 まあ力皇はデビュー5年でGHCベルトを獲得しています。苦節13年なんて笑っちゃうねと言う権利があるのかもしれません。

 ただし、現在ベルトを持っているのは真壁。力皇はどちらかというとくすぶっている(だいぶ気をつかった表現です)。勢いの差は大きい。真壁言うところの「手土産」が求められるところですが…

東京スポーツ(紙面) 力皇のコメント

 『手土産持ってこい』って言ってるけど、必要ねえだろ。お前が負けた杉浦と俺は引き分けてんだ。逆に『挑戦してください』って頭下げて来い。

» www.tokyo-sports.co.jp

 堂々の手ブラ挑戦宣言です。うーん、ワイルド。ただ、引き分けを前面に押し出さすのはどうかと思いますが…。ほかにないのかと。

東京スポーツ(紙面) 力皇のコメント

 ジュニアとヘビーのベルトをウチで独占するからな。

» www.tokyo-sports.co.jp

 今、一番新日本サイドが気にしているであろうことを言ってのける力皇。そういう最悪の事態を考えると真壁の責任は重大ですね。真壁のリアクションが気になるところです。

 僕的には「とんだエサ食いだよ! ブルファイターって言えば、ブル様。ブル猛だろう。森嶋猛に決まってんじゃねえか。森嶋猛の”猛”ってのもブルファイターそのままじゃねえか。な。あぁ? 力皇も猛だぁ? しらねえよ、そんなの。お相撲さんの下の名前なんかよ。勘違いもたいがいにしろよ、てめえよお」と、まずはあしらって出鼻を挫いてほしいものですが。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

あべ由紀子のなんちゃってプログ(妻とも最近議論になるのですが、あべちゃん綺麗になった気が。洗練されてきたといいますか。プロレス知識も地道に増えているので、ポスト三田さんの有力候補です。SアリXの彼女がちょっとアレだったので、まったく期待してなかったのですが…)

あべ由紀子のなんちゃってプログ : 真壁刀義のSアリーナ(真壁ゲストMC時のエントリー。写真から真壁のゴキゲンな様子がうかがえます。ていうかGKちゃん、更にゴキゲン。何やってんだ)

NOAHのリングにブル様登場(10/02/22 No.1)(ブル猛登場予告エントリー)

 実際、個人的には森嶋戦のほうが見たい。あのタッグ戦での(実質上も敗北の)リベンジを、是非。まあ力皇もかつて棚橋が煮え湯を飲まされた相手なので、そのリベンジも必要なのでしょうけど。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 雅央も雑草。おっしゃるとおりです。似たもの同士対決でうまくフィーバーすればいいのですが…なんか難しい気が…。右サイドバーで「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「4月印象に残ったこと」アンケートは今日が終了しました。ありがとうございました。小島退団のインパクトは大きかったってことですね。鈴木みのるの話題が束になってもかないませんでした。

« 2010年5月14日 | トップページ | 2010年5月16日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート