« 2010年5月17日 | トップページ | 2010年5月19日 »

2010年5月18日の4件の記事

2010-05-18

帝王・高山善廣、NOAH占領政権のマニフェストを披露。最終目標は、”恐れ知らず”の相棒と…(10/05/18 No.4)

 5.9IGF大阪大会を欠場した高山善廣。IGFからは、「右肩亜脱臼」「選手生命」といった文字が躍る、ものものしいリリースがあったように記憶しますが、NOAH5.22後楽園大会には出場の方向とか。7.10有明大会では杉浦とのGHC選手権も決定しています。奇跡の回復です。100%の状態でないというアレもありますが…まあ、色々あるのでしょう。

東京スポーツ(紙面) 高山のコメント

 チャンピオンなのにリーグ戦の決勝に上がれなかった、高山善廣認定GHC暫定王者の杉浦貴と戦ってやる!

» www.tokyo-sports.co.jp

 GHC戦正式発表前の取材で、こう宣言していた高山。

 負傷が完璧に癒えぬままであろう状態にも、問題なしという口ぶりです。

 元”猿回しの猿”、”腰巾着”の杉浦相手ならば、臆するところはないということでしょうか。

 ていうか、「臆するところはない」どころじゃないみたいですね。

 思いは既に、杉浦戦を飛び越えているのですから。

東京スポーツ(紙面) 高山のコメント

 真壁もキングコングを名乗ってるけど、俺の猿だった人間。スギからベルトを取ったら、新日に乗りこんで真壁のベルトを奪う。2本になったら、鈴木みのるの3本のベルトと、どっちが強くてカッコイイか比べるため、全日に乗り込む。

» www.tokyo-sports.co.jp

 NOAH平定後のマニフェストを披露する高山。

 杉浦から、真壁、鈴木へと続く過去への巡礼。

 これでレスラー人生の総仕上げだ! とでも言うような連戦シリーズを口にしました。

 ていうか、一人重要な過去を忘れてるような気もしますが…。

東京スポーツ(紙面) 高山のコメント

 すべてのベルトをかっさらったら、旅館のオヤジんところに行って、温泉につかるか。

» www.tokyo-sports.co.jp

 これで決まったフォアカード。ジャッカー電撃隊もびっくりですね(古い)。今や旅館の若旦那、大森隆男とのタッグ再結成を示唆します。

 といっても再結成はリング外限定の話でしょうね。リング内でのタッグ結成は、週プロで明確に否定しています。

週刊プロレス1525号 高山のコメント

(タッグ再結成を)見たいと言ったって無理だね、あの状態の彼じゃね。

(略)

(昔は)面白かったかもしれないけど、復活して面白くできるとは思えない。

» www.sportsclick.jp

 かつてのノーフィアーファンとしてはちょっと寂しい話です。

 でも高山が大森のことをほのめかすだけで安心感が。過去にはかなり辛らつな発言もありましたので…。

 

 しかし、ちょっと惜しい。

 あと一人過去への巡礼を行えば、フォアカードからロイヤルストレートフラッシュ的な感じになるのですが…(なんの話だ)。

▼アンケートにご協力ください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

GHC王者・杉浦がV3かけ高山と対戦、ドロップキック解禁も宣言=ノア(スポーツナビが報じたGHC戦決定)

帝王・高山善廣、余裕のNOAH”絶対王者二世”襲名宣言。他団体王者も禽獣扱い(10/05/06 No.1)(真壁・杉浦の猿扱い、ここでも)

高山独裁政権、「NOAHタッグ戦線」解体を宣言(する予定)(10/02/16 第1位)(過去の高山独裁政権マニフェスト。未遂に終わりましたが)

若旦那(見習い)・大森隆男、新日本のリングに復帰。勝利をサポートも、既にキモチは経営者(10/04/18 No.2)(最近の大森エントリー)

 今日も4つエントリーできた…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 まあ確かに今更感はありますよね。でも「プロレス復興」と言ってるのは言ってるし、「貢献できるものならしてもらいたいなぁ」くらいは思ったりして。右サイドバーで「高山善廣史を彩った男」「小川の活きる場所」「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

平成のテロリスト・ビッグ村上が、新日本の”青大将”をロックオンしたようです(10/05/18 No.3)

 健介オフィスに参戦中のビッグ村上。南野タケシ、卍丸とのタッグがはまりすぎでヤバいですね。この手があったかと、びっくりする次第。街中で会ったらまずうつむきたい。声をかけられたらジャンプして財布が無いことをアピールしたい(電子マネー派ですから)。実にやばそうな3人です。

 その村上が、あの選手について語っています。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 「何やってんだ、そうじゃねえだろ」ってカツを入れたい人間がいる。ボクが以前、○○倶楽部に入ってた時、上がってた団体にいますね。ヒントはボクのマウスピースの色(=青)です。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ○○倶楽部といえば魔界倶楽部でしょう。新日本ですね。そこで「青」。村上がいた頃にはブルーウルフがいましたけど…って白々しいか。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 真壁の一夜明け会見の記事を読んだけど、いや違うだろうって思いましたね。「誰も挑戦してこねえのか」って言ってるのに、なんで(永田は)手を挙げないの。あのチェーンでぶっ叩いてやるくらいの勢いがあってもいい。真壁に取られてる場合じゃないだろう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 新日の”青大将”永田のことですね。

 村上が上がってたころの真壁といえば、グリーンボーイに毛が生えたようなもの。そんな真壁相手に何もできない永田がもどかしくてしょうがないということみたい。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 IWGPの象徴かな…それぐらいの実力と器を持った人間。

» www.tokyo-sports.co.jp

 と永田を評価する村上。

 テロリストらしからぬエールですけど…。

 って思い出しました。ちょっと前にこの2人、プライベートでの邂逅を果たしましたよね。そこでちょっとした絆ができたのかもしれません。そして、だからこそ今の永田をじっくり見てみたと。今どき見られる永田の映像といえば、3way戦か、井上相手の青義軍劇場。…まあ明らかにキワモノ路線ですよね。それを物足りないと感じたのかもしれません。

 これは、90年にアニマル浜口がやったような乱入劇があってもおかしくないでしょう。若手に道を譲り精彩を欠いていたあのころの長州の姿が、永田に重ならないこともない。「永田、燃えろ、燃えてくれー」と、馬乗りになって永田を殴り続けるシーンがあってもおかしくないはず。マウントパンチは村上の十八番ですし…。

東京スポーツ(紙面) 村上のコメント

 タッグを取ったんだから”2冠”を狙ったっていいんじゃない。あまりにもグズグズしてると、ケツを蹴り飛ばしにいくよ。ヒヒヒヒ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 って、最後の笑いから想像するに、メリケンサックでも装着しそうですが…。(大変なことになります)

 永田は厄介な人に期待されてしまったものです。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

健介VS村上、ひとまず幕。されど東スポの闘いは続く(10/02/13 第 位)(このときはIGFへの参戦を示唆してたんですよねえ…)

 棚橋のトラウマ(悪夢のノーピープル金網戦)も再燃でしょうか。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 あのころはよかった的な話があるわけですから、やっぱりいい時期があったわけですよね。実際のところ何が分岐点だったんでしょうかね。右サイドバーで「小川の活きる場所」「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

新日本・後藤洋央紀、…まああれだ、頑張って(10/05/18 No.2)

 スポナビの、6.19新日本大阪大会一部決定カードを

真壁vs.力皇でIWGP王座戦、棚橋と矢野が“髪切りマッチ”=新日本プロレス

■新日本プロレス「DOMINION 6.19」

6月19日(土)大阪府立体育会館 開始18:00

<IWGPヘビー選手権試合 60分1本勝負>

[王者]真壁刀義(G・B・H)

[挑戦者]力皇猛(プロレスリング・ノア)

※真壁は初防衛戦

<IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ イリミネーションルール 60分1本勝負>

[王者組]永田裕志(青義軍)、井上亘(青義軍)

[挑戦者]ジャイアント・バーナード(Bad Intentions)、カール・アンダーソン(Bad Intentions)

[挑戦者]高橋裕二郎(CHAOS/NO LIMIT)、内藤哲也(CHAOS/NO LIMIT)

※王者組は初防衛戦

※従来の3WAY戦ルールで試合を行い、2チーム敗れた時点で試合決着となる。最後まで残ったチームを勝者とする。

<スペシャルシングルマッチ ルーザー・ボールド・ルール>

棚橋弘至

矢野通(CHAOS)

※敗者髪切りマッチ。試合に敗れた選手はリング上で丸坊主となる。

(略)

<G・B・H vs NOAH スペシャルシングルマッチ>

本間朋晃(G・B・H)

モハメド ヨネ(プロレスリング・ノア)

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 と引用したくなる今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 みなさん既にご存知のとおり、「(略)」の部分にはスペシャルシングルマッチ後藤洋央紀VS田中将斗が入るわけなんですが…。「何度目だナウシカ」ならぬ「何度目だ後藤VS田中」です。まあ、なんというかこれは新日本と僕の闘いですね。ドンキホーテみたいな気分になってきました。

 でもなんか熱くなったら負けな気がするんですよね。ここはいかにそつなくこのモヤモヤを取り除くか。スマートにこの場をやり過ごせるか。そういう闘いのような気がします。

 巨人VS阪神だって3日連続でやることあるぞ、とか、日本シリーズだったら10日で7試合だぞ、とか考えて気を和らげると…なんだかいけそうな気がしてきました。後藤VS田中問題なんて、ちっぽけなもんです。Sアリだって一日に何回再放送してるんだって話ですし、CSのキッズステーションだってどんな再放送パターンなんだと…って、いかんいかん、気を抜いたら冷静じゃなくなってきました。

2010年05月17日 | 「僕はアルティメットロワイヤルも体験してる!」永田が新ルールに意欲! 後藤は田中に「カウントなしルール」要求!? | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

前回の福岡大会でああいう結果(田中将斗選手とダブルKO)に終わってしまって、試合に勝っても素直に喜べない自分がいて、試合の中でも彼の顔がちらつく。そういう状態が続いてます。彼とはシングルで6試合目になるんですけど、彼を認める部分があるからこそ、勝ちたい。

» www.njpw.co.jp

 まあ…その…頑張ってください。そもそも後藤には(あまり)罪も無い気がします。試合自体はいつも水準以上の試合だし、全国のファンが生で観たいというアレもあるかもしれません。行く道極めてください。

 ただ、この展望はね。

2010年05月17日 | 「僕はアルティメットロワイヤルも体験してる!」永田が新ルールに意欲! 後藤は田中に「カウントなしルール」要求!? | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

(真壁選手は意識する?)

そうですね。過去には『G1』の決勝、『NEW JAPAN CUP』の決勝でも真壁選手に勝ってますし、挑戦者として名乗りを上げる資格はあるかな、と。ただ、自分の中で“終わってない部分”があるんで、そこが終わってからですね

» www.njpw.co.jp

 あと1、2年は挑戦できないんじゃないでしょうか。終わりそうにないから。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

新日本・ライガー、NOAH・丸藤正道に再挑戦の方向。あの2人の影響かしら(10/04/21 No.2)(あの2人とはこの2人です)

”弾丸”田中将斗、長州VS藤波「名勝負数え歌」に対抗意識メラメラ(10/04/23 NO.3): レスログ(結局僕はこう思ってます)

新日本・真壁刀義、NOAH・力皇猛の挑戦表明に回答。そして後藤洋央紀も斬新な今後の抱負を披露(10/05/16 No.1)(「いつでもいい」ならもうちょっと後でも…)

 これで

 田中に勝利→終結宣言→IWGP挑戦→惜しくも敗北→バックステージに田中乱入「なんで俺に勝って、あいつに負けるんだ」→再戦

 をまた繰り返したら、後藤のファンになろうと思います。もう負けを認めるしかありません。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 確かに、武藤なら…というのはあるかもしれません。やだよ俺めんどくせえもん、とか言いそうですけど。右サイドバーで「小川の活きる場所」「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

余裕の三冠王者・鈴木みのる、超党派軍を手足のように(10/05/18 No.1)

 新世代軍の鈴木討ち宣言に、俺が楯になるといわんばかりだった曙。まあ「俺が狙ってる三冠だからお前ら触るな」くらいの話なわけですが。あわよくば大将・鈴木の寝首をかくくらいの気持ちもあって、それを隠してもいないわけですが。

 しかし、三冠王者・鈴木は、そんな曙の「すきあらば三冠を狙っていく」発言を、きっちり受け止めてみせます。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 立場は変わっても俺は変わらねえ。強いヤツにしか興味ない。それくらいの緊張感があった方がいい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 鈴木みのるは漢! そして神! 闘いの神!

 と瞬間思いましたが、やはり色々思惑があるみたい。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 河野だの、諏訪魔だの、坊やたちを平らげたヤツに(挑戦権を)やるか。曙、船木、ケア…アイツらの生き方はすげえよ。まあ、俺のほうがすげえけどな、ハッハ~。

» www.tokyo-sports.co.jp

 河野と諏訪魔を討ち取ったヤツに挑戦権をやる、と。

 褒美をつかわすぞ、と。

 曙の三冠欲を刺激していく、あざとい作戦。そしてそれを船木、ケアにも展開していく構え。

 超党派軍の3人を完全に手下扱いです。鈴木近衛兵団の完成に笑いが止まりません。これで三冠防衛ラインも万全…なんでしょうかね。

 盟友を手駒扱いの鈴木、三冠への欲でSMOPを崩壊に導いた曙、金網の病に絶賛感染中の船木、そして、えーと、普通のケア。

 かつて新世代軍の足並みの乱れを指摘したレスログですが、なんだかこっちの方がいつ潰れてもおかしくない気がしてきました。崩壊を防ぐキーマンは、やはりケアですかね。超党派軍の心のオアシスになってほしいところ。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

全日本世代闘争に早くもひずみ。怒れる男・諏訪魔が内ゲバ宣言(10/05/13 No.3)(新世代の足並みの乱れ)

第64代横綱・曙、”世界一性格の悪い男” 鈴木みのるの露払い役に(なるのかなぁ…) (刺激され甦る、ダークサイド曙)

全日本・船木誠勝、また金網(10/04/19 No.3)(このタイトルの投げやり加減に僕の思いが)

 全日本いろいろ面白そうなのに観客動員苦しいですね。Sアリ見て寂しかったです。僕も行かなかったからアレですけど…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 真壁と小橋、やっぱり見たい人がいるんですね。実現すれば感慨深いですが…。右サイドバーで「小川の活きる場所」「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« 2010年5月17日 | トップページ | 2010年5月19日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート