« 新日本・真壁刀義&本間朋晃、NOAHの反体制ヒールDISOBEYをメッタ斬り(10/05/19 No.2) | トップページ | 元暴走王小川直也の弟子、NOAH・丸藤正道を挑発。対する丸藤もまんざらでもなく…(10/05/20 No.1) »

2010-05-19

元200%男・安生洋二、「安生洋二史」を語るのに欠かせない男達を語る(10/05/19 No.3)

 現在、右サイドバーで絶賛実施中の「高山善廣史を彩った男」アンケートで、快走を続ける安生洋二。好き勝手を極めたゴールデンカップスの伝説は、まだまだ人々の心に残ってるんですね。分かります分かります。

 カップスVS冬木軍の抗争とか実にゴキゲンでした。タコに女性用下着にガムテープ、脇スプレー、数々のデスマッチアイテムがリング周辺に飛び交う闘い。そんな冬木VS安生頂上決戦を、1.4東京ドームにラインアップした新日本プロレスも、やはりゴキゲン。奇跡爆発。3wayIWGPタッグ戦なんか可愛いもんですよ。youtube専門チャンネルにこの試合アップされないかしら…。

 って、全く高山置いてけぼりになってますが、このエントリーの主役は安生洋二。東京スポーツに安生洋二インタビュー後篇が掲載されたんですね。今回は「安生洋二史」を語るうえで欠かせない男達を、安生自ら語っています。

東京スポーツ(紙面) 安生のコメント

 接点はないし、10年以上会ってない。

 (略)

 先に手を出してきたのは彼。損した気分をずっと抱いてた。キッカケをつくってリング上で戦いたかったんだけど…今でもあの人がどういう方だったか、よく分からない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 分かりますね。前田日明評です。僕的「安生史」に欠かせないレスラー第3位です。殴打事件で遺恨の安生と前田。「囲め囲め」とか話題になりましたね。エキサイティングな時代でした。この二人がリングで戦ったら…ちょっと歴史が変わってたかもしれません。

東京スポーツ(紙面) 安生のコメント

 唯一、尊敬できるレスラーであり兄貴分。常にコンタクトしているし会っている。(略)

» www.tokyo-sports.co.jp

 これはどうでしょう。分かりますかね。高田延彦評です。僕的第2位。

 安生はUインターとハッスルで2回天下を取ったとうそぶいているんですが、その2回とも高田と一緒でしたね。高田に寄り添う役どころでした。因縁深い。って、インター末期は若干抗争もしたんでしたっけ。寄り添うだけじゃなく。安生がヒールっぽい感じで。でもまあ団体末期に抗争するのは、気のおけない関係だったからこそとも言えるでしょう。

 その高田とも安生とも因縁深いのがヒクソン・グレイシー。道場マッチで安生を破り、ドームで高田を破り、U系幻想を粉砕しました。日本のプロレス界・格闘技界を変えた男です。安生史を彩る男、文句無しの第1位。

東京スポーツ(紙面) 安生のコメント

 (略)

 私自身はヒクソンにやられた時、マジで死のうと思った。でも、切り替えは早い方なんで…生きるか、死ぬかの経験をしたかなと。

» www.tokyo-sports.co.jp

 切り替えは確かに早かった。そして、このあとの吹っ切れぶりがゴールデンカップスの栄光につながりました。アンケートのコメントにもありましたが、ゴールデンカップスがなければ高山も吹っ切れずノーフィアーは無かったかもしれない。歴史を変えたわけですね。ていうか、安生ってもの凄いキーマンですね。高田と”2回天下を取って”、U系幻想を崩壊させる端緒となり、気づいてみたらノーフィアーの源流。前田戦こそ実現しませんでしたが、殴打事件という実力行使は、当時色々とあれだった前田日明へのなんらかの抑止力になったかもしれません。良くも悪くも日本マット界の変動に関わりまくってます。

 ヒクソンに対する思いを尋ねられた安生。

東京スポーツ(紙面) 安生のコメント

 会えば握手する。総合格闘技イベントの道を切り開いた人。彼とのことはいい思い出…です。

» www.tokyo-sports.co.jp

 恩讐を超えていることをアピールします。

 …ヒクソンもいい思い出だと思っているかもしれませんね。色々な意味で。安生との道場マッチをきっかけに日本で商業的成功を勝ち得たわけですから…。安生はヒクソンの人生も変えたんです。やっぱりマット界のキーマンといわざるを得ません。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

元200%男・安生洋二、伝説団体WJに触れて、うまいことを言う(10/05/15 No.2)(東スポインタビュー、前篇です)

 かつての盟友・宮戸優光についても、ややよそよそしく語っていた安生。そろそろIGFと揉めるのではないかとも。何故なのかは…紙面をご確認ください。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 馬場さんは高山を凄く買ってたんですよね。あと武藤敬司も高山をアメリカに連れて行きたいと言っていました。世界を知る者は、高山を評価するってことなんでしょうか。右サイドバーで「高山善廣史を彩った男」「小川の活きる場所」「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。明日は「真壁NOAH防衛」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 新日本・真壁刀義&本間朋晃、NOAHの反体制ヒールDISOBEYをメッタ斬り(10/05/19 No.2) | トップページ | 元暴走王小川直也の弟子、NOAH・丸藤正道を挑発。対する丸藤もまんざらでもなく…(10/05/20 No.1) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48402511

この記事へのトラックバック一覧です: 元200%男・安生洋二、「安生洋二史」を語るのに欠かせない男達を語る(10/05/19 No.3):

« 新日本・真壁刀義&本間朋晃、NOAHの反体制ヒールDISOBEYをメッタ斬り(10/05/19 No.2) | トップページ | 元暴走王小川直也の弟子、NOAH・丸藤正道を挑発。対する丸藤もまんざらでもなく…(10/05/20 No.1) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート