« NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1) | トップページ | NOAH・潮崎豪、AAA世界タッグ獲りに意欲。そして新日本・棚橋弘至戦にも…(10/05/15 No.2) »

2010-05-15

元200%男・安生洋二、伝説団体WJに触れて、うまいことを言う(10/05/15 No.2)

東京スポーツ(紙面)

 --- 今、何%ですか

» www.tokyo-sports.co.jp

 こんなことをいきなり聞かれるプロレスラー、そして、

東京スポーツ(紙面)

 えぇ、50%(苦笑い)。私の人生は半分未払いです(半笑い)

» www.tokyo-sports.co.jp

 即座に%で回答できるプロレスラーは一人しかいません。

 往年のUWFインターナショナル、そしてハッスルで異能を発揮していた安生洋二です。

 13日付けの東京スポーツ「プロレス応援団長柴田惣一の『ズバリ直撃』に、安生洋二が登場しています。ひさしく見てなかった気がするので、「あの人は今…」的な趣がありますが、相変わらずの安生節です。

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 体中のあちこちをケガしている。Uインターとハッスルで燃え尽きた。50%ではリングにあがれない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 と、リング上から姿を消している理由を語りますが、引退は否定。

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 (今は)中休み。しばらく充電中。今は泉が私自身。

» www.tokyo-sports.co.jp

 今は総合格闘家泉浩のコーチ役に専念ということなのでしょう。

 インタビューでは、Uインター時代やハッスル時代、泉浩に対する評価等、興味深いことを語っている安生ですが、僕に一番フックしてきたのはこのコメント。自身のプロレス人生をサマったコメントです。

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 Uインターでは200%に振り切り、ハッスルでは300%に振り切った。右から左へ、おっと、ど真ん中もあった(爆笑)

» www.tokyo-sports.co.jp

 伝説団体WJについて触れてるんですね。長州VS天龍旗揚げ連戦まさかのキャンセルで躓き、伝説の金網格闘技興行X-1失敗、後楽園Wブッキング、と順調に坂道を転げ落ちた”地獄のど真ん中団体”WJです。しかし、安生、うまい言い回しですね。

 気になる安生のWJ評は?

東京スポーツ(紙面)安生洋二のコメント

 (WJには)団体の最初から最後までいたけど、いい団体だった。それだけ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 言葉を額面どおりにとらえれば、好意的。

 確かにWJでもマイペースに好き勝手やってた気が…。木村浩一郎曰く「一番強かった」わけですから、なんでもできて居心地がよかったというのはあるでしょう。ただ、あまりに言葉少ななのが、逆に訝しい気がしますね。色々思うところがある時期だったのかもしれません。

 本人は時流の先端を2回体験できていい格闘人生だったといいますが、所属したどの団体も、崩壊に至る経緯がミステリアス。というか、傍から見ると”泥沼”。そういう星の下に生まれてきたんでしょうかね、アンちゃん。いい格闘人生というより波瀾万丈という言葉の方がしっくりくるかもしれません。ネガティブな意味でなくね。いいも悪いも含めての波瀾万丈です。

 先日、誰が新日本に残ってたら新日本は盤石だったか…的なアンケートを実施しましたけど、安生も新日本に残ってたかもしれなかったんですよね。

 第二次UWF直前、前田日明解雇直後、旧UWFの選手はみんな新日本に残ってましたから。安生は当時、中野、宮戸との若手三羽烏の中で、一番新日本プロレスに順応してました。純プロレスが水にあうんでしょうね。ミスター200%を名乗る前までは、UWF(インター)でも知る人ぞ知る実力者みたいな地味な選手でしたから…。もしもあのまま新日本に残ってたらどんなポジションだったんでしょうか。年齢的にはまだ一線でいけそうですけど、そこまでは無理かな。永田さんみたいな域にはたどり着けてなかったでしょう。昔のドン荒川さんくらいのポジションだったかしら。あるいはあのリストラのときに、フェイドアウトしていったか…。

 いずれにせよ波瀾万丈な格闘人生で、よかったんでしょうね。色々な経験ができて、神田うのが知る唯一のプロレスラーにまでなったわけですから(kamipro情報)。って微妙な誉め言葉だな。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

WJプロレス - Wikipedia(基本として)

高田龍の夢か現か:実録『WJ』 序-1 - livedoor Blog(ブログ)(こんなのあったのね。長編。僕もまだ読み切ってません)

還暦・天龍、なお盛ん。伝説団体の忘れ物を取りに行く(10/01/22 第1位)(天龍も忘れていないWJ。天龍プロジェクト旗揚げ戦でも、同じようなコメントしてました。やっぱり忘れられない何かのある団体なんでしょうか)

 インタビュー、最後に現在のマット界について語った部分もいいですね。こっちでエントリー立ててもよかったかも。詳細は紙面でご確認ください。ちなみに来週にも続きが掲載される様子。水曜日発売号なのでよろしければ…(載らなかったらすいません)。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 川田の対戦相手アンケートのときとは全く違う票の集まり方ですね。面白い。右サイドバーで「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「4月印象に残ったこと」アンケートは今日が終了しました。ありがとうございました。小島退団のインパクトは大きかったってことですね。鈴木みのるの話題が束になってもかないませんでした。

« NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1) | トップページ | NOAH・潮崎豪、AAA世界タッグ獲りに意欲。そして新日本・棚橋弘至戦にも…(10/05/15 No.2) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48362660

この記事へのトラックバック一覧です: 元200%男・安生洋二、伝説団体WJに触れて、うまいことを言う(10/05/15 No.2):

« NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1) | トップページ | NOAH・潮崎豪、AAA世界タッグ獲りに意欲。そして新日本・棚橋弘至戦にも…(10/05/15 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート