« 2010年5月21日 | トップページ | 2010年5月23日 »

2010年5月22日の4件の記事

2010-05-22

追走王・小川直也、NOAH・丸藤正道を全速尾行。されどコメントは「逃げる者は追わず(キリッ」(10/05/22 No.4)

 小川さんが、また僕らプロレスファンを楽しませてくれます。IGF終結宣言を出した丸藤とNOAHに対しての挑発です。

東京スポーツ(紙面) 小川のコメント

 丸藤君は怖いんだろうな、IGFが。選手層の厚さを見て、ビビったんだろ。ジョシュ(バーネット)、ザ・プレデター、ネクロ(ブッチャー)…ハンパじゃないヤツが多いから、自分じゃ使い物にならないと思って逃げたんだろ。きれいごと言うんじゃねえよ、この弱虫が!

» www.tokyo-sports.co.jp

 観客動員の次は、豪華外国人。自分の能力に関係無いところばかり誇るのは、僕たちプロレスファンにツッコミどころを残しておいてくれるためでしょう。男色ディーノ理論ですね。知能犯。ていうか、前代未聞の挑発ですね。感心。

東京スポーツ(紙面) 小川のコメント

 ウチの師匠(猪木)は摂生にうるさい。調整不足で上がらせることができなかった選手が、何で挑戦できるんだ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 IGF大阪大会を「負傷欠場」した高山がGHC戦を行うことに異義を申し立てる小川さん。猪木がリングに上がらせなかったみたいない口ぶりですけど、そうなんですかね。メディカルチェックみたいのがあったのかしら。僕も前日キャンセルの件はどうしたものか、前売り買ったファンに迷惑かけたんじゃないかしら、と気にかけていたので興味があるところ。

 ていうか、小川さんもだいぶ体調悪そうだったように見受けましたが、上がれましたよね。あっ、あれ100%ですか…。なんだか、その…すいません。

東京スポーツ(紙面) 小川のコメント

 文句言うんだったら引っ込んでないで全員、出て来い! ノアの凄さを証明したいなら、IGFで全面戦争やったほうが効果抜群だぞ。別に凄さを証明したくないなら、テメーんとこでやっとけばいい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 NOAHの凄さを証明したいなんて誰も言ってないのに…。老婆心ですかね。案外気のいいところがあるんですよ。キャプテンは。気のいいキャプテンだからこそ自分のギャラの高さが人に迷惑かけてないか気になるんですよね。だから自分が出向くんじゃなくIGFで待ってるんですよね。

東京スポーツ(紙面) 小川のコメント

 今のNOAHに俺のギャラを払えるの? この言葉を聞いて「何くそ」って思うなら来るものは拒まず。逃げるものは追わず。

» www.tokyo-sports.co.jp

 払える云々はともかくとして、払う価値があるものにお金を払う、そうでないものにはキッチリ財布の紐をしめていく、それが成功者のお金の使い方ではあるでしょう。一般的にね。小川さんの価値がどうだかはよくわかりませんけど。

 全般に「逃げるものは追わず」といいつつ、追いかけまくってる小川さん。ちょっと心と体のバランスにあやういところが見られるかも。やっぱり体調が悪いのかもしれません。お大事に…。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 鈴木みのるにも「アントニオ猪木って呼び捨てにするんだったら、覚悟を決めて来い」だそうです。呼び捨て話を引っ張りますね。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 カシン人気がここでも…。右サイドバーで「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」「小川の活きる場所」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「小川の活きる場所」アンケートは明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

 

シッシーと一緒に泣こう! NOAHマイティ井上引退記念興行、今夜G+で生放送(10/05/22 No.3)

 最初にお詫びと訂正を。ちょっと前に、シッシーが田園コロシアムでアニマル浜口の名を叫んだ感動秘話を引用させていただきましたが、あれ

週刊プロレスmobile  宍倉清則のいまのキモチ

つまり「こんばんわ事件」で笑われたラッシャー木村さん。そのムードを変えようとする浜口さん。それはまるで自分も笑われているように感じて、自分は記者なのに叫んでしまったのです。

» www.sportsclick.jp

 ファン時代じゃなくて、記者時代だったんですって。そりゃあ当時のロッシーもびっくりしますよ…。

 思い込みでファン時代だと書いてた僕が恥ずかしい。ある意味シッシーをみくびってました。訂正してお詫びします。

 

 ていうか、よりシッシーらしいエピソードになりましたね。僕もこうありたいものと真剣に思います。そのくらい好きなものがある人生って(職業意識云々をぬきにすれば)素敵なこと。張りがあっるってこと。僕も頑張らねば…。顧問、自分、頑張ります!(シッシー語録。まずは形から…)

 さて、そんな国際プロレス大好きなシッシーが、本日心待ちにしているのが、マイティ井上レフェリー引退記念興行。

 マイティ井上さん。国際プロレスの元エース。その後、全日本に移籍し、引退。全日本、そしてNOAHでレフェリーを務める。全盛期にはサマーソルトドロップを武器に、「和製マットの魔術師」と呼ばれていたことも。ゴムマリみたいな体型は写真でしか見たことがないけれど、昔のプロレスラー! という感じで惚れ惚れするものでした。

 僕は全盛期をリアルタイムで見てないんですが、全日末期の天龍に抗争をしかけていったとことか、サマーソルトドロップが晩年になっても銭のとれる技だったこととかよく覚えてます。名レスラーだと思います。僕なんかみたいな「にわかファン」と違って、全盛期を思い入れたっぷりに見ていたシッシーからすれば、神様みたいな存在だと思います。

 だけど、シッシーは会場には行かないんですって。後楽園ホールだから編集部のすぐ近くなのに、敢えて行かない。なんで? って思いますよね。あれだけ現場主義のシッシーが…。

 これにはシッシーらしい理由があるんです。

週刊プロレスmobile  宍倉清則のいまのキモチ

22日の後楽園「引退興行」はG+で生中継があるので、地方の人もリアルタイムで見ることが出来ます。私はもう、G+を見ることに決めてます。なぜなら、絶対に泣くからです(笑)。ならば人目を気にせず、思い切り泣きたい。オレ、ホント、国際プロレスが好きなんですね。オレの青春ですね。

» www.sportsclick.jp

 もう何も言いません。オレと私が混合する文章に全てが凝縮されてます。

 僕もG+生放送で観戦しますよ、シッシー! 一緒に泣きましょう!

 放送は18:00から。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

マイティ井上 - Wikipedia(基本として)

マイティ井上レフェリー引退記念興行対戦カード @NOAHオフィシャル(マイティさん以外どこに注目すればいいか…。とりあえず、第3試合でお手並み拝見かなぁ)

YouTube - ミル・マスカラス対マイティ井上【全日本プロレス中継】➀(音が割れてますし、全盛期というわけではないですが)

YouTube - ミル・マスカラス対マイティ井上【全日本プロレス中継】➁(その2)

 昨日のシッシーブログはほかにも読みどころ多数。今週週プロのマイティページの写真にはそれぞれ意味があるのだと力説。この思い入れこそ宍倉流。是非週プロモバイルでシッシーのキモチを確認してください。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 プロレスへの道しるべ! おっしゃるとおりですね。右サイドバーで「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」「小川の活きる場所」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「小川の活きる場所」アンケートは明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

 

世界タッグの武藤敬司に続き、鈴木みのるも三冠ベルト返上示唆? どうするどうなる全日本(10/05/22 No.2)

 河野の三冠挑戦発言を軽くあしらった、鈴木みのる。強いヤツしか興味がない、との発言は中邑真輔と通底するものがありますが、こちらの方がよりラジカル。

 強いヤツがいなけりゃ、別に試合しなくていい。まあそういうこっちゃ!

 という主張です。

プロレス/格闘技DX 鈴木みのるのコメント

(三冠戦は)いざとなったらやらなくもていいよ。獲ったから防衛しなきゃじゃないから。俺が強いからついてきただけだからな。それに俺がおびやかされてるならともかく、おびやかされてねぇもん。

» web.peex.jp

 おっしゃることはよく分かりますが、そこはIWAジャパンじゃない。浅野社長みたいなフレキシブルな社長もいません。

 防衛しないということはベルト返上も辞さないということ?

プロレス/格闘技DX 鈴木みのるのコメント

ベルトは俺のモンだもん。

» web.peex.jp

 可愛らしい理不尽発言です。もしかしたらルール分かってないのかしら。あれだけ船木武藤が騒いでたのに…。

 ちなみに「不甲斐ない河野の替わりに俺が挑戦する」と言っている諏訪魔には、

プロレス/格闘技DX 鈴木みのるのコメント

(諏訪魔とは)4月に決着がついてんだ。いや、4月じゃねえな。あいつのレスラー人生において決着ついてんだ。

» web.peex.jp

 既に闘う必要無しという姿勢。出直す余地すら認めず。河野に対する扱いよりひどいかもしれません。

 でも、気になるから色々挑発してるんじゃないですか? チャンカン準決勝の諏訪魔は素晴らしかったじゃないですか。展開的には、完全に鈴木みのるを力負けさせてましたよ。興味くらいはありますよね?

プロレス/格闘技DX 鈴木みのるのコメント

俺は諏訪魔に興味があるんじゃない。あいつの生意気な発言に興味があるだけだ。

» web.peex.jp

 そうですか。

 まあ生意気発言は競合関係にありますからね。つってもまだまだ大先生にはかないませんが。

 ちなみに大先生、三冠挑戦に値する相手が一人いると発言しています。ほかにも金言至言を大放出。詳細はプロ格DXでご確認ください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

5.21全日本天草大会試合結果 @全日本オフィシャル(この大会後のコメントです。諏訪魔、闘って認識を変えさせることができなかったのかしら)

全日本・武藤敬司、断腸の世界タッグ返上宣言。あの団体ならこんなことにはならなかったのに…(10/05/21 No.2)(文字どおりのエントリー)

 これ関連のエントリーをもう一本続けていくかもしれません。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ぐは、サムライさん入れるの忘れた! フッチーout、サムライinだったかなぁ。右サイドバーで「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」「小川の活きる場所」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「小川の活きる場所」アンケートは明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

獣神サンダー・ライガー、NOAH・丸藤正道の持つIWGPジュニア王座再挑戦を熱望………(10/05/22 No.1)

 5.3福岡で、公約どおりカサスからベルトを獲ったライガー。改めて丸藤戦を口にしています。

東京スポーツ(紙面) ライガーのコメント

 ベルトの流出は屈辱的だけど、丸藤がとんがってた時の自分を思い出させてくれた。これほどまでベルトを取りたいという気持ちになったことはないですね。でもこの世界、過去の実績は関係ない。今が大事。新日ファンの期待は全部俺が抱え込んでやりますよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 屈辱を受けたからこそ、ファイティングポーズを取りたい。

 まだまだ若いですね。他団体相手にトーナメント戦、タイトル戦で連敗となれば、進退を口にしてもおかしくない状況でしょうが。週刊ゴングなら「その意気やよし」とレポートするところでしょう(この言い回し、ゴングで覚えました)。

 ただ、無敵王者の丸藤ですから、闇雲に行って勝てそうに見えないですよね。相当の対策が求められる気がします。

東京スポーツ(紙面) ライガーのコメント

 丸藤はNOAHでヘビー級とやってるから打撃はダメ。丸め込みも向こうが上。絞め技や関節技でねちっこくいったほうが勝算がある。

» www.tokyo-sports.co.jp

 NOAHっぽくない試合で…ってことなんでしょうかね。他団体にも積極的に打って出ている丸藤ですから、あらゆる穴が塞がれてる気もしますが。ていうか、先日のタイガーマスクも、丸藤のねちっこい攻撃に腕を破壊されてしまったわけで…。

 米国JAPW遠征、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参戦と、慌ただしいライガーですが、それもIWGP戦の糧にしたい構え。

東京スポーツ(紙面) ライガーのコメント

 いろいろ吸収して試合に生かしたい。スーパージュニアの優勝者が挑戦権を得るのは願ったりかなったり。あのベルトを取り返すのは俺。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なるほど。

 そして、うーん。

 確かにライガーが元気なのは嬉しいし、頑張ってほしいとは思いますけど、なんか丸藤に勝つ絵が思い浮かばないといいますか。空中胴締め落としで電撃勝利も、ちょっとピンと来ません。

 そう思ってしまうのは、ライガーだけでなくてね。新日本の主要ジュニア選手はスーパージュニア合わせると丸藤に連敗してる選手が多いですから。ちょっと誰かに期待するという状況じゃない。本当に吉橋に託したくなるくらいの惨状です。

 ていうか、僕的にはもう、他団体の選手が丸藤からベルト獲ってもいいかなぁとも思いますね。あるいはそこまで行かなくても、丸藤が全団体練り歩いて、着実にIWGPジュニア防衛していくとかの方が面白いと思ったりします。今のまま、同じ挑戦者で2周3周する状況よりは健全でしょうし、ベルトの価値も上がるんじゃないでしょうか。

 そんなことを思うほど、今の新日ジュニアに期待ができなくなってしまっています。

▼アンケートにご協力ください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

丸藤正道VSタイガーマスクのIWGPジュニア戦。試合後手負いの敗者に大ブーイング…。何故?(10/05/08 No.4)(タイガーは腕を破壊されただけでなく、ヒーローとしての地位も…)

NOAH・丸藤正道、地獄防衛ロードで新日本との関係が悪化。一方で週プロとの蜜月は、より深化?(10/05/09 No.2)(丸藤に言われ放題の新日本)

 澤田ってジュニアですかね? 勢いで選択肢に入れましたが…。まあ違ってたら減量してもらいましょう。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 上井駅長は今何やってんでしょうかね。右サイドバーで「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」「小川の活きる場所」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「小川の活きる場所」アンケートは明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年5月21日 | トップページ | 2010年5月23日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート