« 2010年5月24日 | トップページ | 2010年5月26日 »

2010年5月25日の3件の記事

2010-05-25

傷心のタイガーマスク、新世代ダイナマイト・キッドのお眼鏡にかなわず?(10/05/25 No.3)

 5.8スーパーJタッグで一番輝いていた外人というと、まあ意見が分かれるかもしれません。人の好みは色々ですからね。

 でも、一番新日本っぽい外人、新日本で光りそうな外人というと、ズバリ一択! デイビー・リチャーズ! 間違い無しでしょう。いかにも鼻っ柱が強そうで、いかにも運動能力が高そうで、ちょっと目が離せない。何かをやらかしてくれそうな感じ。

 ましてやあの日の対戦相手は金本組でしたからね。今は丸くなったとはいえ、かつては外敵相手に容赦無いところを見せた金本相手でしたからね。ちょっとドキドキの試合になっていました。

 その向こう見ずなファイトスタイルから、早くも”新世代爆弾小僧”の名を頭に冠しているリチャーズ。デイビーなのにキッドとはこれいかに、と昔のファンなら思うかもしれませんが、まあ見てみてください。きっとキッドの面影を見るはず。願わくば僕の大好きだった、かつてのキッドのテーマ曲「カー・ウォーズ」で入場してほしいところですが…。って無理か。全日時代のテーマ曲だし。

2010年05月24日 | 「デヴィットは“デストロイ”する必要がある!」“新世紀の爆弾小僧”デイビー・リチャーズ来日直前コメント到着! | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

プリンス・デヴィット(5月30日後楽園大会で対戦)は俺が会ったどのレスラーよりストロングなハートの持ち主だ。打たれ強さもハンパない。まぁ、最後に勝つのは俺だけど、デヴィットを倒すには完全にヤツを“デストロイ”する必要がある。ヤツはギブアップなんて絶対しないだろ?

» www.njpw.co.jp

 ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参戦直前ということで、新日本オフィシャルでコメントを披露しているリチャーズ。

 Aブロック参加選手の中で一番気に掛けているのはデヴィちゃんみたい。「デストロイ」するまで言ってますしね。とことんやる相手だと腕を撫しています。

 ってリチャーズ、デストロイの言葉で、ピンとこなきゃいけない人がいるんじゃないの? デストロイの名を冠した技の使い手がいるじゃないですか。世界に名だたる第7位(何がはみなさんで調査)。最近大きな話題にもなったアノ人ですよ。

2010年05月24日 | 「デヴィットは“デストロイ”する必要がある!」“新世紀の爆弾小僧”デイビー・リチャーズ来日直前コメント到着! | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

タイガーマスク(6月8日ディファ有明大会で対戦)は、空中技&グラウンドともに“切れる”選手。容赦なくバンバン蹴ってくるし、固め技もパーフェクト。強敵であることは間違いないよ。

» www.njpw.co.jp

 そうそう、彼氏! 

 って、デヴィちゃんよりやや落ちる感じの評価ですね。ホントにややではあるけれど。「強敵であることは間違いない」ってのが、やや含みを持たせた表現ですからね。微妙な感じ。

 でも、このくらいならタイガーをライバルに見立てることは可能ですよね。爆弾小僧のライバルは虎覆面と相場が決まってますから。新日本オフィシャルもそれを後押しして、見出しをタイガーへのコメントにすればいいのにね。なんでしない? 何かのいやがらせ? いやがらせくらいならまだアレですけど、ホントにどうでも良くなった? 

 ブーイングまみれの傷心タイガーが、更に傷つくこと請け合いですよ。そもそも怪我を負った上でのあの仕打ちだったんですから、今もまだ立ち直れないくらいのショックなのでは?

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト タイガーマスクの日記

宮古大会、超×10大成功でした!

あれだけのチビッコが純粋に熱狂してくれるのは、本当に嬉しいですね。

試合後は、大変盛り上がった打ち上げ。

» www.njpw.co.jp

 って、結構普通に立ち直ってますね。

 これが小島や森嶋の日記だったら、結構テンション落ちてるところですが…。

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト タイガーマスクの日記

(宮古が)帰る日だけ晴れだったのには残念でしたが、自然が多く周りは当然海。素晴らしいところです!

 遊びにいくならですけど!(笑)

» www.njpw.co.jp

 手放しで誉めない、無用の毒もまた健在。

 タイガーは何も変わってない! 折れてない! 大丈夫!

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

金本・サムライVSリチャーズ・トンガ 詳報@新日本オフィシャル(こういう活きのいい外人、もっと呼んで欲しい)

YouTube - Dynamite Kid Theme - AJPW - "Car Wars"(名曲。音が出ます)

丸藤正道VSタイガーマスクのIWGPジュニア戦。試合後手負いの敗者に大ブーイング…。何故?(10/05/08 No.4)(スーパージュニアで汚名返上なるか)

 しかし新日本オフィシャルの改悪、なんとかならないものか。もうyoutubeの音が出るたびに…。昔は最高のサイトだっただけに残念。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 五郎ちゃんとも色々ありましたよね。僕がリアルで知ってるのは全日時代ですが。国際血盟軍で一回組んで、それからずっと後に五郎ちゃんをファミリー軍団に入れてくれって話をやってた気が…。何回かはファミリー軍団でやりましたよね。で、フェイドアウト、だったかなぁ。SWS移籍とかと関係ありましたっけ。右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

全日本・諏訪魔、相棒・河野真幸に、鈴木みのるとの喧嘩の仕方を教える(無責任に) (10/05/25 No.2)

 全日本・新世代軍には頑張ってもらいたいレスログ。若い力がのしていかないと嘘ですからね。未来がありません。なんとかなってほしいものとは思っているのですが、どうも押しが弱い気がしないでもありません。特に河野。伸びやかな大きい体は魅力たっぷりな、河野です。

 三冠挑戦を表明したときも「誰も挑戦表明しないんで僕がやります」的なことを言って専門誌からダメ出しされました。そんな消極的じゃダメだ、みたいにね(大きく意訳)。で、今シリーズ開幕戦では鈴木から「出直してこい」と言われ、「分かりました」でしょう。飲み込みが早すぎるよ、と。ていうか飲み込むなよ、と。やきもきするファンが多数いてもおかしくありません。

 ここはやはり諏訪魔の図太さを見習わなければいけない。いつも雄々しく怒ってますからね。鈴木に「誰が諏訪魔と三冠戦やるって言った?決着着いてるよ」と言われてましたが、どこ吹く風でしょう。キューピーちゃんみたいな体型して何言ってるんだよ、俺がお前の三冠ひっぺがしてやる、くらいのことを言ってくるはず。諏訪魔はそういう男です。

プロレス/格闘技DX 諏訪魔のコメント

(河野から三冠)挑戦権取るって言ったけど、河野が一生懸命やってる姿を見たら、挑戦って軽々しく言えないよ。

» web.peex.jp

 えぇ~! あっさりあきらめちゃうの? しかも河野のせいにして。めちゃくちゃやる気になってましたよね。

プロレス/格闘技DX 諏訪魔のコメント

俺は世界タッグを狙う。どんどん俺らでベルト独占していくよ。

» web.peex.jp

 そういう大義名分ね…。決着着いてるよと言われたら意地でも行くくらいの気持ちを見せてほしい気持ちもありますが…。まあ、浜とのタッグで世界タッグを狙っていくということですね。

 さて、紆余曲折ありましたが、結局河野のサポート役にまわることになった諏訪魔。

 自分が当事者じゃなくなったからか絶口調です。

東京スポーツ(紙面) 諏訪魔のコメント

 (鈴木を振り向かせるためには)俺みたいに傘をぶん投げたっていい。何ならあのトサカを切り落としたっていいだろ。俺はトサカ頭が嫌いだし、髪の切り方を教えてやるか。

» www.tokyo-sports.co.jp

 河野ももっと身のあるアドバイスを求めてると思いますが…。

 棚橋VS矢野に続く髪切り戦に発展するんでしょうかね。

 ていうか、髪切りブーム到来でしょうか。

 なにしろ、もうひとつ髪切り騒ぎが起こってるみたいですし。

プロレス/格闘技DX 

(近藤の髪切り予告をしていた)ヘイトの行動は迅速で、第2試合を終えたばかりの近藤を襲撃。マンハッタンドロップとアッパーカットで動きを止めるや、バリカンで髪を切りにかかった。

» web.peex.jp

 5月23日の宮崎大会で、近藤の髪切り(未遂)に及んだヘイト。この2人も髪の毛をめぐってきなくさい感じです。

 ていうか、もっとみんな周り見ながらやったり言ったりする方がいい気が…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

『RISE UP TOUR 2010』宮崎 日向市文化交流センター - 全日本プロレス(ヘイトによる髪切り未遂が行われた日)

全日本世代闘争に早くもひずみ。怒れる男・諏訪魔が内ゲバ宣言(10/05/13 No.3)(三冠奪取にもの凄くやる気を見せていた諏訪魔)

 ヘイトは全日本の風紀部長だそうですよ。TARU曰くですが。で、近藤のあの後ろ髪が気に入らないんだとか。まあ…気には…なるよね。

 って、600エントリー目! おめでとう! 自分!

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

ラッシャーさん、おつかれさまでした(10/05/25 No.1)

 ラッシャーさん、おつかれさまでした。

 僕の印象に残っているラッシャーさんは義兄弟タッグやファミリー軍団のラッシャーさんです。一線で闘っていたころの試合もビデオやらテレビやらで見ましたが、やはり一番自分がプロレスを追いかけていた頃の印象が一番残っています。ライブで観ていた頃の印象が色鮮やかです。

 最強タッグの天龍・ハンセンVS馬場・木村、素晴らしかったです。序盤、相手の奇襲攻撃で戦闘不能となった馬場さんの分までひとりで闘ったラッシャーさん。油ののりきった天龍とハンセンを相手に、7分間のローンバトルを強いられましたね。ブルドッキングヘッドロックで、風雲昇り龍と不沈艦を相手にするなんて、竹槍でB29というヤツです。それでも愚直に闘い続け、力尽き、最後は馬場さんを見殺しにするしかなかったラッシャーさん。馬場さんを抱きしめて泣いていましたね。アホだなんだと言われても、僕はこの試合を義兄弟視点で見て感動しました。努力の尊さを知りました。報われなくても美しい姿があるのだと思いました。

 ただ、こういう試合がラッシャーさんの一番の魅力というわけではありませんでした。少なくとも僕にとっては違いました。最強タッグが終わって、新春ジャイアントシリーズからは、いつものラッシャーさん。そのラッシャーさんが好きでした。

 義兄弟タッグからファミリー軍団入りしたラッシャーさんは、ラッシャーさんの試合を観るために会場に行こうとなるタイプの選手ではありませんでした。そういっては身も蓋もないかもしれませんが、華やかなスター選手というわけではありませんでした。でも、会場に行ってラッシャーさんの姿を見ると、「ああ、いつものラッシャーさんだ」とほっとする気分になりました。僕らは全日本の会場に、鶴龍や四天王の激しいプロレス、はらはらする白熱戦を観に行きながら、ラッシャーさん達がいつもどおりであることを確認して安心するような気分になっていました。

 年輪を重ねたラッシャーさんが、いつものメンバーでいつもどおりの試合をしてくれる、それだけで安心した気分になる。変わらないことが嬉しい。偉大なるマンネリ。そういう選手でした。試合後の客席からの、マイクパフォーマンスをねだるコールも、みんな、いつものラッシャーさんを確認したかったんだと思います。そんな、常に、抱腹絶倒なことを言っていたわけではなかった。でも、いつものように声を出して笑いたくて、そのきっかけをラッシャーさんに出してほしくて、いつものしゃがれ声で喋ってほしくて、僕らはマイクコールをしてたんだと思います。

 それはプロレスラーとしてのラッシャーさんを低く見るとかそういうわけではなくて。プロレスラーには誰にも役割があって、人によって時によって場合によってそれぞれ輝いたり輝かなかったりするのだと思います。ラッシャーさんにはああいう輝きかたをする僥倖があり、それを活かしていた、僕らに気前よく還元してくれていた、そういうことです。

 新日時代のエピソードのように、飼い犬がノイローゼになるほど家にいやがらせをされ、嫌われるというのは、ヒール冥利に尽きるかもしれませんが、優しそうなラッシャーさんには似合わない話です。ファミリー軍団の副将として、悪役商会相手にいつもどおりやるさまはバッチリ似合っていました。国際から新日本、UWF、そして全日本と渡り歩いたラッシャーさんの青い鳥は、そこに確かにあったと思います。

 青い鳥というほどの安住の地なんて、そう誰にでも見つかるものではありません。ラッシャーさんの人柄が青い鳥を呼び寄せたのかもしれません。僕に何が分かるということもありませんが、NOAHの「終身名誉選手会長」なんて職についていて、今日までNOAHに籍をおいていたことが、それを物語っているのではないかと思います。

 

 現在のNOAHのリングに目を向ければ、あのころのラッシャーさんの役割を、田上や雅央が引き継きつつある気がします。ラッシャーさんからすればまだまだかもしれませんが、頑張っていますよ。マイティ引退記念試合の雅央なんか、一世一代ともいうべき大仕事(それでも雅央ワールド内)で、マイティさんの”おくりびと”になりました。堂々としたもんです。何も心配することなんてありません。だからあとのことは何も気兼ねなく。

 安らかにおやすみください。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

ラッシャー木村 - Wikipedia(偉大な足跡。マイクパフォーマンス集あり)

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|ラッシャー木村氏が誤嚥性肺炎のため68歳で永眠=ノア(リンク先に引退発表の模様へのリンクもあり)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ニュース詳細][2010年5月24日][訃報](NOAHオフィシャルの訃報)

2010年05月24日 | 【訃報】ラッシャー木村さんが逝去 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(新日本オフィシャルの訃報)

ラッシャー木村さん死去の報:渕 正信オフィシャルブログ - 酔々ブルース(マイクでの、永遠のライバル(標的?)のひとり、渕さんの追悼エントリー)

 マイク・ジョージだったか誰かが来日したとき、ラッシャーさんへのマイクコールに反応してたのを思い出しました。誰でしたっけ。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 金網! なるほど! 吉原社長はどうしようかと思いましたが、そっちは考えもしませんでした。右サイドバーで「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは明日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年5月24日 | トップページ | 2010年5月26日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート