« 2010年5月25日 | トップページ | 2010年5月27日 »

2010年5月26日の4件の記事

2010-05-26

蝶野正洋、得意のあのポーズにそれほど愛着がなかったことが判明(10/05/26 No.4)

 最近あまり目立った動きを見せていない蝶野。久しぶりにリングでその勇姿を見たいところ。退団当初、スガちゃんが言っていた復帰時期「夏」が近づいてきてますし。

 ていうか、やっぱりプロレスラーが輝く場所はリングでしょう。

 たとえ試合はまだできなくとも、リング上から「アイ・アム・チョーノ!」と”がなる”姿を見せてくれればいい。あの、不思議な迫力のある魔法の言葉を聞きかせてほしい! そう思ってしまいます。

 そう。

 「アイ・アム・チョーノ!」。

 何故か納得してしまうんですよね、あの言葉。聞くとパブロフの犬的に拍手とかしちゃう。なんの意味もないのに。

 って、そうとも言い切れないのかな。あれだけファンを熱狂させるわけだから、サブリミナル的な何かがあるかもしれないし。宗教画のように深遠な意味が隠されてるのかもしれないし。MMRに解題させたら凄いメッセージがあるのかもしれないし…。もしかしたら、本人にしか分からない、計算しつくされた意味があるのかもしれません。

長野と蝶野が夢タッグ!6・18「長野デー」でコラボTシャツ発売:巨人:スポーツ報知

 「I am CHONO!」といえば、蝶野が高く掲げた両手親指で自分を指しながら叫ぶ決めぜりふ。1980年代に米国などで武者修行した際に誕生したという。「客観的に見れば、名前を名乗っているに過ぎない。しかし、若手はアピールが大事だ」と本人も愛するセリフ。

» hochi.yomiuri.co.jp

 ああ、やっぱり単なる自己紹介だったんですね…。

 しかし世のなか何が幸いするのか分かりません。この単なる自己紹介がプロレス界から、球界へと世界を超えます。蝶野言うところの、「プロレスが外に打って出る」足がかりになるようです。

長野と蝶野が夢タッグ!6・18「長野デー」でコラボTシャツ発売:巨人:スポーツ報知

 We are CHONO! 巨人・長野久義外野手(25)とプロレスラー・蝶野正洋選手(46=フリー)との夢のタッグが実現することが25日、分かった。新人では異例の「長野久義プレーヤーズデー」と銘打たれる6月18日の中日戦(東京D)を蝶野が初観戦することが内定。同日、蝶野の決めぜりふ「I am CHONO!」のロゴを拝借した特製・長野Tシャツが発売されることも決まった。

» hochi.yomiuri.co.jp

 ナガノだかチョウノだか分からない例の選手のTシャツに、あのセリフが乗っかります。ハマの番長とのコラボもあった蝶野ですから、「裏切り者!」との声もあるかもしれませんが、プロレス驀進のためです。やむをえません。

長野と蝶野が夢タッグ!6・18「長野デー」でコラボTシャツ発売:巨人:スポーツ報知

 ファンから「ながのですか? ちょうのですか?」としばしば尋ねられるという長野の発案で、「I am CHONO!」というロゴを胸に、「not NAGANO」を背面にプリントした特製Tシャツが、同日から発売される。

» hochi.yomiuri.co.jp

 長野選手本人の発案なんですね。蝶野を生観戦したこともあり好意を抱いているとか。珍しい苗字同士、シンパシーを感じる部分もあるのでしょう。背面がマシンの入場ビデオテイストなのが若干気になりますが………まあ蝶野とトム&ジェリー的タッグ組んでたこともありますし、そこらへんも考えているのかもしれませんね(どんなマニアだよ)。

長野と蝶野が夢タッグ!6・18「長野デー」でコラボTシャツ発売:巨人:スポーツ報知

 くしくも前夜(24日)のオリックス戦、長野は本拠地初アーチとなる決勝6号ソロを放った。「オレも観客席から長野君のホームランが見たい。え~オラ! ダイヤモンドを一周したら、ホームベース上で「アイアムチョーノ」ポーズを見せてくれ。ホームランを打ったら、今後は長野君がこのポーズを使ってほしい。俺は喜んで譲る。アイム、チョーノ、ユーアーチョーノ!」と蝶野も大喜び。

» hochi.yomiuri.co.jp

 記事の最後では大盤振る舞いを見せる蝶野。長野選手がグラウンドであのポーズを見せたら、喜んでポーズ譲るんですってよ。

 ていうか、そんな簡単に譲っちゃうんだ。

 思い入れとかないのかしら。

 鶴見五郎ちゃんが、怪奇派のコスチューム売っちゃった(?)のと同じくらいにはショックです。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

長野久義 - Wikipedia(基本として)

長野と蝶野が夢タッグ!6・18「長野デー」でコラボTシャツ発売:巨人:スポーツ報知(こちらにも)

 元記事、スポーツ新聞らしい面白い記事ですね。是非、全文の確認を。ちなみにtwitterこちらの方のつぶやきで、このニュースを知りました。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ウルトラセブンって高杉のことかと思いました。アンケート間違っちゃったのかしらと。右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

ラッシャー木村さん追悼記事で知った、ちょっとアレな豆知識(10/05/26 No.3)

 しめっぽくない話。

 我らが東スポ柴田さんが、ラッシャーさんの追悼記事を書いています。当然、東スポで。

 デスマッチからファミ悪抗争と振り幅の大きかった闘いの歴史に、プロレスの奥の深さを知ったという柴田さん。確かに日本のプロレス史のバラエティ性を凝縮していた感はあります。

 そんな柴田さんの追悼記事の中に、えーっ!と思う記述があったのでピックアップ。ラッシャーさん全盛期の、国際プロレステレビ放送の話です。

東京スポーツ(紙面)

 当時、東京12チャンネル(現テレビ東京)で月曜午後8時から中継されていた。しかし流血試合はゴールデンタイムにオンエアするにはあまりにも陰惨。そのため、音声だけを流し、白鳥が水面を泳ぐ映像に切り替わるのが常。

» www.tokyo-sports.co.jp

 …そんなシュールな放送やってたんですね。いや、ファンクスVSブッチャー・シークがやはり陰惨で画面の差し替えがあったのは知ってますが、あれは静止画。白鳥が泳いでる映像ってまさかのチョイスですよ。

 今となっては地上波バラエティの手法ですよね。見苦しい映像になったときに、やはりそんな映像になってね。笑い声と悲鳴が響く中「何してはるんですか、岡村さん」とかナイナイ矢部の声がして、みたいな。そういうアレですよね。

 あるいは時代背景的に、これは白鳥しかないだろうという何かがあったんでしょうか。こういうのって時代背景と切って考えることはできないですから…。

 ていうか、これでみんないてもたってもいられなくて、会場に足を運んだりしたんでしょうか。そういう効果もあったんでしょうか。いや、そうであったら国際プロレスも、もう少し…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 血だるまで頑張れば頑張るほど、その姿が放送されなくなったラッシャーさんを思うと、ちょっと可哀想ですね。国際プロレスとラッシャーさんには、やはり陰があります。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

小島聡、全日本プロレス退団後は海外へ(10/05/26 No.2)

 全日本退団を控え、現在総決算シリーズを戦っている小島。ことのほか白星が多いですね。ここまで7戦して6勝。負けたのは鈴木みのる・船木誠勝組というやむをえないチーム相手のみ。それ以外は全部小島が勝利打点をたたき出しています。若手相手が多いとはいえ、花道、という感じですね。

 そんな絶好調の小島、退団後はちょっと海外武者修行を考えてるみたい。

東京スポーツ(紙面) 小島のコメント

 (退団後は)周りとやみくもに連絡はしないで、自分を見つめ直すために時間を有効に使っていきたい。大剛さんのところで腰を据えて過ごしてみようかと考えている。

» www.tokyo-sports.co.jp

 大剛さんといえば、昔からのファンには懐かしいジョー大剛。90年代の新日本の若手は、海外武者修行でここに立ち寄り肉体改造にいそしむのが通例でした。天山もそうですよね。本名の山本から天山になったのも、確か大剛さんの勧めから。真壁はケンカしたんでしたっけ。ちょっとうろおぼえ。いずれにせよ、大剛さんのもとでリフレッシュするのが小島の狙い。さすがに肉体改造云々はもう言わないんですね。

 まあ、日本では確かに雑音も多いでしょう。心落ち着かないこともあるでしょう。週プロとか読めば、鈴木みのるあたりのコメントも目につくでしょうし…。

プロレス/格闘技DX 5月23日試合後リング上 鈴木のマイク

 小島、お前、今シリーズ限りで辞めるんだってな。おめぇなんて、いてもいなくてもおんなじだし、強くもねぇ。さっさとどっかへ行っちまえよ!

» web.peex.jp

 リング上の話とはいえ、負けたあとここまで救いの無いマイクされるとへこみますよね。新世代みたいな位置にいるならまだしも。

 実際、小島、相当鈴木には悩まされたみたい。

プロレス/格闘技DX 5月23日試合後 小島のコメント

 この約4年間、鈴木みのるによくも悪くも振り回してもらった(略)

 正直、いなきゃいいと思ったこともあったし、苦手意識もあった(略)

» web.peex.jp

 小島らしい素直な心境の吐露ですね、これは。

 ってまあ、鈴木のせいでやめるような書きぶりになってしまいましたが、そうではないはず。

 単に、雑音と言ったら………ということで例示してみました(おい)。

 いずれにせよ、リフレッシュした明るく元気な小島をまた見せてもらいたいですね。小島にはそれが似合ってます。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

大剛鉄之助 - Wikipedia(ジョー大剛のことです)

5.23全日本宮崎大会結果 @全日本オフィシャル(鈴木組が小島組に勝った日)

 鈴木のコメントはどういう狙いがあるんでしょうかね。単にムカついたからというのも有力ですが。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 カズも過去の戦績をひっさげて、順当に票を伸ばしてますね。右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

三沢光晴さんとラッシャー木村さん、ちょっといいエピソード(10/05/26 No.1)

 僕は知りませんでした。

 昨日の東京スポーツ最終面はラッシャー木村さん追悼特集。というか、プロレス面も追悼特集。業界に与えたインパクトの大きさを感じます。2004年の引退後、表舞台から離れ、ほとんど姿を見せていなかったというのに。

 そういえば最後に表舞台に姿を現したのは、去年の6月、三沢さんの葬儀の時のようですね。病気と怪我で衰えた体を人に見せたくなかったというラッシャーさんも、三沢さんの訃報に触れてはそういうことを言っていられなかったということでしょう。

 三沢さんは、こんな計らいをラッシャーさんにしていたそうですから。

東京スポーツ(紙面) 

 01年に木村さんが還暦を迎えた時、全日本に移る前の期間で年金未納問題があったことが判明。このままでは年金が受け取れないため、三沢さんは払い込みが完了するまで、引退後もノア社員として雇用することを決めたという。木村さんはノアの社員として生涯を終えたのだ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 最後までNOAHに籍を置いていたというのは、こういうことだったんですね。

 三沢さんはNOAH設立時のラッシャーさんの行動に恩義を感じていて、その恩に報いたということです。男気のある三沢さんらしいエピソードですし、三沢さんにこう思わせるラッシャーさんの人柄も偲ばれるエピソードです。

 ほかにも馬場さんとのエピソードや木村さんとゆかりのある選手・関係者のコメントもあり、充実の東スポ。詳細は紙面で御確認ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

ラッシャーさん、おつかれさまでした(10/05/25 No.1)(おつかれさまでした)

 マイクパフォーマンス小特集もあり。昔どっかのスポーツ新聞で今日のマイクみたいなコーナーありませんでしたっけ?もう記憶が定かじゃないですが。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

  「「嫁さんもらいなさい」のコメントは不滅…って、エエンかいな(笑) 」よくないですね! 渕くんにもここで一念発起してもらって…。右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年5月25日 | トップページ | 2010年5月27日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート