« 2010年5月26日 | トップページ | 2010年5月28日 »

2010年5月27日の4件の記事

2010-05-27

NOAH・力皇猛、G1参戦宣言一番乗り。夏祭り初参戦に向け、ノリノリ(10/05/27 No.4)

 休火山から活火山に変貌を遂げた力皇猛。動かない山のフドウが、バージョンアップです。

 あれだけ言ってれば、もう言い残したこともないと思うんですが、さすがは東スポ。時の徳川政府が、生かさぬよう殺さぬようそうしたように、独自コメントを絞り出します。

東京スポーツ(紙面) 力皇のコメント

 (真壁の)口車に乗ってるヒマはねえ。何も先のプランがねえ王者に興味なし。

» www.tokyo-sports.co.jp

 真壁のノープランを見透かしての発言ですが、いかにも何か考えてそうな口ぶり。

 「三沢さんがいた頃は言われるがままに動いていたんだ」と堂々カミングアウトした力皇が…。「三沢さん亡き後は自分で考えて動いている」と言いながら何もアレしてるように見えなかった力皇が…。いったい何を考えてるというんでしょうか。

東京スポーツ(紙面) 力皇のコメント

 ここの象徴ベルト取って、夏の祭りに出てやる。オメエ以外に魅力的なレスラーがいっぱいいるから、まとめて相手してやる。今からG1の出場枠を1つ空けとけっ!

» www.tokyo-sports.co.jp

 出ましたG1参戦宣言! 所属選手の誰よりもはやい! 疾きこと風のごとし! 山のフドウ返上で風のヒューイ襲名も近いかもしれません。格的には、ちょっとダウンかもしれませんが…。

 しかし、驚きの大風呂敷ですね。なんで、こうも人が変わったんでしょうか。

 って、これにはどうも、ワケがあるようです。

東京スポーツ(紙面) 力皇のコメント

 (先日帰らぬ人となったラッシャー木村さんは)同じ相撲から来た自分をいつも気にかけてくれた。木村さんも新日本で暴れ回ったときいているし、俺も! 

» www.tokyo-sports.co.jp

 そうきましたか…。こういう話になってくると時節柄ちょっとアンタッチャブルな感が…。

 しかし新日本はそこで神妙になってはいけません。両国は元来、力皇の庭。ホームリングでの試合に向けモチベーションが上がること間違いないでしょう。万一、IWGP王座となれば、増長は更に進行します。理不尽要求も増えること間違いないでしょう。無論、G1リングは、土俵に変更。あの闘志みなぎるG1のテーマも、朗々とした相撲甚句に差し替えです。勢いを増した力皇ならば、そのくらいのことを言い出してもおかしくない!

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

南斗五車星 - Wikipedia(大人のコモンセンスですね)

YouTube - Fudo tribute. Hokuto No ken Tributo a Fudo della Montagna フドウ. Re-up,original user suspended.(山のフドウトリビュートなんてあんのね。好事家はいたるところに…。ていうか、フドウでかすぎだろう)

NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1)(調印式前にもワイルドさの兆しを見せていた力皇)

 おかしいのは僕ですね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

週刊プロレス・宍倉清則顧問(愛称:シッシー)、国際プロレス…というかプロレス豆知識を披露(10/05/27 No.3)

 超”国プロ派”宣言のシッシー。

 新日伝説の田園コロシアム大会。国際軍団の、歴史に残る名挨拶(?)に対し、記者の立場にも関わらず声援を送ったことは有名ですね。プロレスファンはこうありたい! 立場をわきまえずに、ガンガン行きたい! 僕が上司だったら諫めると思いますが。

 若気の至り、とのエクスキューズもあるかもしれません。でも、ラッシャーさん追悼文における、

週刊プロレスmobile  宍倉清則のいまのキモチ

新日本や全日本時代のことは書きたくない。

» www.sportsclick.jp

 という駄々っ子発言からも分かるとおり、立場をわきまえない姿勢はいまだ健在です。

 まあ、この発言については国際プロレスからのファンならそういう人もいるよなぁ、といったシンパシーを感じなくもないですが、同じエントリーの

週刊プロレスmobile  宍倉清則のいまのキモチ

私は元々、猪木ファンだったので(1980年まで限定!)

» www.sportsclick.jp

 これは間違い無く勇み足でしょう。明らかに言わなくても済むことですから。無駄に波風立ててどうするつもり! でもそんな率直なシッシーが大好きなんです。外交トークが苦手なのが、逆に信頼できるって感じです。

 さて、そんな勇み足シッシーがプロレス豆知識を披露してくれました。もちろん国際プロレスがらみです。

 新しいものをいち早く取り入れることで有名だった、かの団体。

 日本人覆面選手、女子部の併設、金網デスマッチと、本邦初の試みを多数行ってきましたが、日本で初めて入場テーマ曲を使った団体としても、その名を知られています。

 でも、これが先日レフェリーを引退したマイティ井上さんの発案だったことは、知らない方も多いのではないでしょうか。

週刊プロレスmobile  宍倉清則のいまのキモチ

(マイティさんが)

「向こう(ヨーロッパ)では入場するときに、選手が好きな曲を流すんですよ。ロシア民謡とかかけて、これがいい雰囲気なんですよ」という話をテレビのディレクターに提案すると「やってみましょう」となって、49年9月に初来日した「恐竜」ビリー・グラハムの第一戦の後楽園で「ジーザス・クライスト・スーパースター」を流したのが、日本でのテーマ曲の第1号である。

» www.sportsclick.jp

 マイティさんの、ヨーロッパ遠征での経験がキッカケになったんですね。ホント、知りませんでした。知ってる人には当然のアレなのかもしれませんが。

 ちなみにマイティさん、遠征前に入場テーマ曲の存在を知っていて、ある女性歌手のレコードを持っていったんだそうです。昭和40年代の曲ですけど、僕でも知ってる曲。そしてシッシーも言ってますけど、あきらかに入場テーマには似合わない曲。近藤有己が昔使ってたエンヤのアレより似合わない感じの調べ。女性歌手から直接もらったレコードなので嬉しくなって使った、というのもあるんでしょうね。男の子ですから。

 誰のなんという曲かは、週プロモバイルで御確認ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

国際プロレス - Wikipedia(基本として)

 シッシーの追悼文、吉原社長とのエピソードも含めて興味深いです。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 スーパージュニアアンケート、僕的には意外な展開です。右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

 

新日本・真壁刀義、NOAHの”山のフドウ”力皇猛に気押される(10/05/27 No.2)

 これまで、「歯車」、「21世紀の鉄郎」、「ハート様」との異名を(このblogの中だけで)ほしいままにしてきた力皇猛。

 とうとう真壁刀義からも素敵なニックネームを授かりました。

 IWGP戦調印式で。

2010年05月26日 | 「新日本と真壁は一緒に沈没する!」“挑戦者”力皇、真壁を徹底的にコキ下ろす!(IWGPヘビー級選手権調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

■王者・真壁刀義のコメント

「……ま、当初よ、『組まれてるから、やります』オーラ丸出しのコメントでよ。なんだろな? 『動かざること山のごとし』か? それ気取ってるようなタコスケだと思ったけどよ? 言うじゃねぇか? おもしれぇよ。

(略)

当日? “鬼神”となって立ち向かってこいよ、山の不動さんよ? それだけだ!」

» www.njpw.co.jp

 表記がちょっとアレですが、「山のフドウ」ですね。そう北斗の拳でお馴染み、心優しい力持ち。チビッコ達のアイドル超人(そんな表記でいいんだっけ)です。気のよさそうな力皇、しかも動かないことこのうえなかった力皇にピッタリな感じ。

 だけど「言うじゃねえか?」のコメントでも分かるとおり、今回このフドウが目の覚めるような毒舌を連発しました。これまでおとなしめの力皇でしたから、尚更インパクトがありました。

 あの真壁も苦笑して気押され気味。

 ちょっと発言をピックアップしていきましょう。

2010年05月26日 | 「新日本と真壁は一緒に沈没する!」“挑戦者”力皇、真壁を徹底的にコキ下ろす!(IWGPヘビー級選手権調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

(着席したまま真壁のほうへ身を乗り出し、指を指して)オイ、おまえも含めてだけどよ、聞いとけよ、そこのクソヤロー! まだわかってねぇから言ってやるけどよ、新日本がノアより下ってこと、まだわかってねぇコイツら。

» www.njpw.co.jp

 新日本とNOAHどっちが上か下か的な発言は、選手からはなかなか出てきませんでした。デリケートな問題だからですかね。どちらかというと個人闘争的な形に収斂していた感じ。それを突然持ち出してくるのだからインパクトがあります。

2010年05月26日 | 「新日本と真壁は一緒に沈没する!」“挑戦者”力皇、真壁を徹底的にコキ下ろす!(IWGPヘビー級選手権調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

オレがヘビーのベルトを取りにきたら、コイツがチャンピオンか? この雑草ヤローが?

» www.njpw.co.jp

 真壁本人が言っているとはいえ、「雑草扱い」来ました。自分で挑戦名乗りをあげながら、とぼけてみせるのも素敵。相手の言葉を失わせます。

2010年05月26日 | 「新日本と真壁は一緒に沈没する!」“挑戦者”力皇、真壁を徹底的にコキ下ろす!(IWGPヘビー級選手権調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

6月19日はな、新日本沈没という歴史的な日になる。そしてコイツは新日本を沈没させた歴史的なチャンピオンになるんだよ。(真壁に向かって)覚悟しとけよ? わかってんのか?

» www.njpw.co.jp

 大風呂敷がいい感じですね。方舟の乗組員だけあって、表現も海の男風。

2010年05月26日 | 「新日本と真壁は一緒に沈没する!」“挑戦者”力皇、真壁を徹底的にコキ下ろす!(IWGPヘビー級選手権調印式) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

オレにとっては、一つのステップだよ。ノアの中で最近、結果を出してないから。ちょっと弱い新日本に乗り込んで、ジュニアのベルトもノアにあるし、ヘビーのベルトも獲って、一つのアクセサリーをさ、手に入れてさ。

» www.njpw.co.jp

 自分がくすぶっていることを認めながら相手を挑発。こういう捨て身の攻撃にはちょっと対応しづらいですよね。こんな俺でも新日本なら最強というアティテュードがいい。

2010年05月26日 | 真壁と力皇の過激な舌戦がさらにヒートアップ!!/IWGPヘビー調印式囲み会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

(真壁の印象は?)金髪野郎。金髪鎖ジャラジャラ野郎だよ

» www.njpw.co.jp

 と、ここで突然急ブレーキ! 大味なだけの発言。いつもの力皇的な、アレの無さを露呈しますが、

2010年05月26日 | 真壁と力皇の過激な舌戦がさらにヒートアップ!!/IWGPヘビー調印式囲み会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

--チャンピオンの品格としては物足りない?

力皇「品格も何もねぇだろ。この会社に品格あるの? Jr.のベルトも流出しっぱなし。これでヘビー獲ったらもう終わりだろ? あとは細々とタッグのベルトで頑張っていくんでしょ

» www.njpw.co.jp

 すぐに痛いところをついてリカバリー。確かにIWGPジュニア奪回のためのなりふり構わぬマッチメイクには品格ありませんでしたし。

2010年05月26日 | 真壁と力皇の過激な舌戦がさらにヒートアップ!!/IWGPヘビー調印式囲み会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

--IWGPを獲っても、防衛戦をやるつもりはない?

力皇「やる必要ないでしょ! 防衛戦(苦笑)。なんかやらなきゃいけないって決まりがあんの? 沈没すんだよ? 獲ったら。まぁ、俺はシングルのリーグ戦でもあんまり結果がよくなかったからね。獲れば、少しはGHCの近道になるんじゃない? 少しだよ? 少しだよ、少しだよ(と強調)」

» www.njpw.co.jp

 世界タッグ防衛期限切れ問題で悩み抜いた武藤社長に聞かせたい言葉。浅野社長的マインド。リキ、おそろしい子。

 しかもIWGP獲ったとしても、GHCにはほど遠い位置にいると、再び自分の身を捨ててのアピールですからね。歯車イズム爆発! 何言っても、それはガイシュツ、さっき認めてますが何か?と切り返されることでしょう。

2010年05月26日 | 真壁と力皇の過激な舌戦がさらにヒートアップ!!/IWGPヘビー調印式囲み会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

--対新日本プロレスとの対抗戦は久々の出陣となりますが?

力皇「昔から、俺は三沢(光晴)さんに『行け』と言われたら、どこだって行くつもりでいたから。今は三沢さんがいなくなって、行くか行かないかのゴーサインは自分で全部決めてるから。そういう意味で、久しぶりに燃え上がるものがあるね。楽しみだよ。ワクワクしてるよ」

» www.njpw.co.jp

 だから、最近くすぶってたんだ…と思わないでもないですが、三沢さんのビッグボスぶりを示しているのだからプロレスファンの好感度もアップ。

 全体的にますらをぶりを遺憾なく発揮したコメントですね。自分を取り繕うこともなく。細かいことは気にしない感じで。おおざっぱだからこそ、迫力があります。真壁が気押されるだけのことはあるというところ。

 対抗戦ではNOAHが優勢だということも改めて呈示されて、一気に対抗戦臨戦モードにチェンジ。今後の闘い模様にも注目です。

 

 しかし、この闘い、真壁だけの問題じゃないですよね。

 新日本自体、今、ファンに面白くない思いをさせているわけですから。

 NOAH相手に煮え湯を飲まされ続けているわけですから。

 右サイドバーでとっている「丸藤からのベルト奪取、誰なら乗れる」アンケートでも、

棚橋。体の大きさ、格(ヘビー級戴冠記録あり)も釣り合いますし。

 こんな回答が出て来てます。新日本はヘビーが出てこないと取りもどせないよ、的なイメージが浸透してきているのかもしれません。

 新日本にはファンのため、こういう空気を打ち消してほしいところ。強い新日本を見せてほしいところ。

 IWGPヘビーの防衛は当然必須でしょうが、まずはスーパージュニアで他団体勢を打ち破り、丸藤への挑戦権を獲得しないと…。新日本の底力を示して、無敵王者丸藤の牙城を切り崩さないと…。ただ、個性派の外部選手揃いだけに、丸藤以外にもリベンジ相手が出来てくるかもしれませんけどね。

 そう考えると、スーパージュニアにも注目です。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 やっつけちゃった!

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ドクターデス。東スポ追悼記事で初めて見ました。諸先輩方からコメントいただき嬉しいです。今のプロレスも楽しんでくれていたらもっと嬉しいです。僭越ですが。右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

”九龍”9番目の龍・ウルティモドラゴン、もう一人の龍・藤波辰爾を操る(10/05/27 No.1)

 みちのくプロレスの9番目の龍、びっくりしましたね。

 ウルティモ・ドラゴン。

 よもや、あの悪童集団”九龍”の隠れボスが、究極のベビーフェイス・ウルティモドラゴンとは思いませんでした。日本でのヒールって、これが初めてですかね。ちょっと記憶にありません。

 ただ、本人きっと日本でもやってみたかったんでしょうね。映像見たら凄えノリノリ。フフフハハハハ! と高笑いする様が堂に入ってる。憎たらしいヒールになりきってる。実写版タイガーマスクが似合いそうですね。キザ兄ちゃんと黄色い悪魔の両立、ハマりそうです。

週刊プロレスmobile

 6年前みちのくプロレスから選手の大量離脱があったとき、闘龍門メキシコからこのリング上にいる俺の大切な弟子たちを送りこんだんだよな。

(略)

 新崎人生、お前はアメリカのWWFとかで活躍した。確かに素晴らしい選手だよ。だけどな、しょせん、賞味期限なんだよ。サスケ! 政治家になるといってプロレスを捨てた男が政治家をやめたからといって、またこのリングに戻ってきやがって。プロレスのリングはな、そんなに甘くねぇぞ!

(略)

 新崎人生、そしてグレート・サスケ。悪いけどな、これからこの九龍が、このみちのくプロレスの主役だ!

» www.sportsclick.jp

 また、このバックグラウンドがハマってるんですよね。九龍にはメキシコでウルティモが教えた選手ばかりが揃ってるんです。ハヤトも闘龍門メキシコに短期留学してます。後から考えれば全て辻褄が合っているんです。6年越しで! 大河ドラマと推理小説のいいとこどりみたいな展開。面白い。

 この後のマイクでは、敵味方問わず選手達を翻弄していたドラゴン。若干悪ノリ気味くらい。みちのくのリングの誰よりもキャリアがあるのが強みです。今後しばらくは、やりたい放題のドラゴンがみちのくのリングをコントロールしていくのでしょう。

 さて、ドラゴンがコントロールするのはキャリアの浅い選手達ばかりではありません。あのリビングレジェンドにしてもう一匹の龍、藤波辰爾をも操る腹づもりでいます。

 時は5月29日。場所はアレナ・メヒコ。ウルティモ・ドラゴンプロデュース興行「ドラゴマニアV」です。

東京スポーツ(紙面) ドラゴンのコメント

 (マスカラスとのタッグでは)ぜひダブルのフライングクロスチョップをしてもらいたい。オールスター戦では鶴田さんと3人のドロップキックはあったけど、クロスチョップはなかったと思う。藤波さんを飛ばせます。

» www.tokyo-sports.co.jp

 マスカラスと夢のオールスター戦以来のタッグを組む、レジェンド藤波に空中戦の競演を強いる予定なんだとか。

 プロモーター権限で行くのか、おだてなだめすかしてやらせるのか。

 いずれにせよ藤波の体調次第のような気はしますが…。

 まあ見てみたいと言えば見てみたい…かな?

 ただ、メヒコのファンに、オールスター戦の再来だ! とか言っても分からないですよねぇ。やっても自己満足の世界になってしまうといいますか。プロデューサーだからなんでも提案できるんでしょうが。

 僕だったらありのままのドラゴン藤波を見てもらいますね。ドラゴンリングインでメヒコのファンの度肝を抜いてやりますよ! 窮地のときには、まさかのドラゴンストップ! 強制終了! メヒコっ子の心にトラウマを残します。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|“仮面貴族”マスカラスと藤波が夢の合体!=5.29ドラゴマニア(基本として)

 眠い…

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 確かに健介オフィスと新日本の絡みは見たいですね。起田対石井ちゃんとか暑苦しそうで素敵。右サイドバーで「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」「高山善廣史を彩った男」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。高山アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

« 2010年5月26日 | トップページ | 2010年5月28日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート